ジャニーズ jr チャンネル 再生 回数。 美少年・岩崎&HiHiJets・高橋、YouTube再生回数に悩み 松本人志が2人にアドバイス

ジャニーズJr.の公式YouTubeが不人気すぎる! 「10万回に届かないことも……」高齢Jr.のリストラもあり得る?|日刊サイゾー

ジャニーズ jr チャンネル 再生 回数

年内で引退しジャニーズ事務所のタレント育成やプロデュースに専念するが、ミュージックビデオ(MV)を初プロデュースしたことで話題となっているの6人組グループ・(ストーンズ)。 ジャニーズJr.チャンネルで5日に公開された「JAPONICA STYLE」はすでに100万再生を突破(6日後6時半時点)。 さらなる伸びが期待されるなか、今注目のSixTONESについて紹介する。 SixTONESは、(22)、(23)、(23)、(24)、(23)、(21)で構成。 2012年放送のテレビドラマ『私立バカレア高校』に出演した6人で2015年に結成された。 グループとしては今年で4年目を迎えた舞台『少年たち』シリーズでは同じくジャニーズJr. グループ・Snow Manと主演を務め、デビュー前にして単独公演も成功させている。 また、今年だけでも高地は『ブラックペアン』(TBS)、ジェシーは『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日)にゲスト出演。 森本は『部活、好きじゃなきゃダメですか? 』(日テレ)にレギュラー出演、松村は映画『坂道のアポロン』に出演。 この人気に拍車をかけたのはYouTubeでの飛躍。 海外ではショーン・メンデス、BTS(防弾少年団)、カミラ・カベロ、DUA LIPAなど数億回の再生回数を誇るアーティストらが起用された『YouTube アーティストプロモ』キャンペーンに抜てき。 今回のMVもこのキャンペーン用に制作され、都内各所に彼らのポスターが掲出されている。 今年3月に開設されたジャニーズJrチャンネルでは、ジャニーズJr. の中から名乗りを上げた5グループが各曜日を担当し、毎週午後8時にコンテンツ配信している。 SixTONESは毎週金曜日担当しており、横浜アリーナで行われた単独ライブ『ジャニーズJr. 祭り 2018』のライブ映像ではチャンネル内トップとなる252万再生を記録。 このほかにもレコーディング映像などの音楽コンテンツ、ドライブ企画やドッキリなどのバラエティーに寄ったものなど、それぞれのポテンシャルやチーム感を感じさせる内容が充実している。 YouTubeキャンペーンのキャッチコピーは『ジャニーズをデジタルに放つ新世代』。 YouTubeという活躍の場を武器に、新世代のアイドルグループとしてこれまでにないスタイルを築いていくかもしれない。

次の

ジャニーズJr.の公式YouTubeが不人気すぎる! 「10万回に届かないことも……」高齢Jr.のリストラもあり得る?|日刊サイゾー

ジャニーズ jr チャンネル 再生 回数

今年3月に鳴り物入りでスタートした、YouTubeのJr. 公式ネル。 Snow Man、Travis Japan、、、HiHi Jetsの5組がそれぞれ曜日を担当し、週に1本ずつ動画をアップするというものだが、その再生回数が伸びず、かなりの苦戦を強いられている。 「スタートして約4カ月ですが、最近の1本あたりの再生回数は10万~20万回くらい。 10万回に届かない動画もちらほらあります。 人気YouTuberであれば100万回超えも余裕だということを考えると、人気としてはちょっと寂しい数字ですね」(芸能ライター) 動画の内容はというと、デカ盛り料理を食べてみたり、1,000円コーデに挑戦してみたり、新たなB級グルメを考案してみたりなど、よくあるYouTuber動画と近い雰囲気だ。 「チャレンジものの動画はそこまで過激なことをするわけでもないため、物足りなさは否めず、再生回数も少なめ。 その一方で、たまにアップされるライブ映像などは再生回数が多くなっています」(同) この現状に対して、厳しい予想をする業界人も少なくない。 テレビ局関係者はこう話す。 「これまでジャニーズのタレントというと、Jr. であっても、やはり人気が高いという前提でキャスティングしていましたが、YouTubeを見る限りだと、まったくそんなことないと言わざるを得ない。 10万回も再生されないようなタレントを番組に出したところで、数字が取れるわけもない。 いわば、もそのへんのタレントと変わらないということがバレてしまったのです。 ジャニーズの天下も、おしまいですよ」 ジャニーズ内部でも、Jr. に対するシビアな動きがあるのではないかとの予想も出ている。 「ジャニーズ事務所は、いったんメジャーデビューさせたグループに関しては、そう簡単に解散させないという伝統があります。 裏を返せば、長く人気が続かなさそうなグループについては、デビューさせないということ。 現在YouTubeで動画を配信している5組から次なるデビュー組が出てくると予想されますが、ここで結果を出せていないグループに対して、見切りをつけてくる可能性もあるでしょう。 2歳(2018年7月17日現在)のSnow Manだ。 「ジャニーズ内で最も運動神経がいいといわれるグループで、パフォーマンスは素晴らしいのですが、世間的に人気が出そうかと言われれば、ちょっと微妙なんですよね……。 ジャニーズとしては舞台制作における大きな戦力となるグループなので、すぐにリストラというわけにはいかないにしても、扱いが難しくなっているのも事実でしょう」(同) ジャニーズ事務所にとってはデメリットが多いようにも見える、YouTubeの公式チャンネル。 早期撤退を決断するべきなのかもしれない。 あわせて読みたい•

次の

ジャニーズ、YouTube「Jr.チャンネル」の本音ーー再生数意識し「自分で何回か……」告白(2019/02/14 08:00)|サイゾーウーマン

ジャニーズ jr チャンネル 再生 回数

はじめに 2020年に入って、トラジャのの動画再生回数が以前より増えています。 去年後期の新規動画一週間の再生回数は、通常20万代で時々30万代、最高で64万でした。 しかし、今年の新規動画一週間の再生回数は、通常50~60万、最高で88万、最低でも35万と、急激に増えています。 なぜか、急に。 去年と今年で動画の内容が大きく変わったわけでもありません。 2019年の年末から2020年の年始にかけて、再生回数が増加する要因が何かあったのではないかと思い、ブログにまとめてみました。 主に年末年始でトラジャに関連した事柄と、再生回数の推移からのアバウトな考察です。 チャンネル自体の変化 2020年1月22日のデビューのため、12月18日の動画をもってジャニーズJr. チャンネル卒業。 後任に少年忍者。 チャンネル登録者数、再生数の増加。 音楽番組、バラエ番組、CM、雑誌など。 「オランナ100」の新WebCM。 10月14日,15日 「Austin Mahone Japan Tour 2019 」ルゲストとして出演 11月22日「」出演。 12月27日 ウルトラスーパーライブ2019 嵐のバックダンサーとして出演。 以上4つが主な要因ではないでしょうか。 チャンネル)の注目度の上昇 Social Bladeのグラフによると、登録者数・チャンネル全体の総再生回数は、チャンネル開設以来3つの山があります。 2018年11月、2019年8月、2020年1月です。 おそらく、1番目の山は、『 アーティストプロモ』キャンペーン及び 『JAPONICA STYLE』のミュージックビデオ公開の影響。 2番目の山は、コンサート「ジャニーズJr. 8・8祭り〜東京ドームから始まる〜」での、デビュー発表、3番目の山は、2組のデビューによるメディア露出が関わっていると考えられます。 特に3番目の山が高く、この時期と、トラジャの動画の再生回数が増加した時期とは重なります。 おそらく、2組の動画を観るためにジャニーズJr. チャンネルに訪れた視聴者の一部が、トラジャや他のグループもついでに、視聴するようになったのではないでしょうか。 つまり、ジャニーズJr. チャンネル)の注目度の上昇がトラジャの動画の再生回数増加に大きく関わっていると思われます。 しかし、ここまでの説明だけでは、5つのグループでトラジャだけが特出して再生回数が増え、それを維持している理由が見当たりません。 そこで、思い出されるのが、コンサート「ジャニーズJr. 8・8祭り〜東京ドームから始まる〜」です。 兄組と括られていた中で、トラジャ以外のグループがデビュー。 その日には、1週間で50万以上再生され 以来のヘッダー獲得となりました。 8.8の再生回数増加は、トラジャのみ置いていかれた状況・グループの未来へのファンの危機感が要因だと考えられるます。 そして、前述したジャニーズJr. チャンネル)の注目度の上昇 2番目の山 も要因の1つだと考えられます。 しかし、この再生回数増加は長続きしませんでした。 3,4週間後には、通常の再生回数に戻ってしまいました。 現在も、トラジャのみ置いていかれた状況はかわっていません。 そして、のチャンネル卒業を機に、ヘッダー獲得へのファンの危機感。 今回の再生回数増加と8.8の再生回数増加の状況は、類似しています。 しかし、今回の再生回数増加は、8.8の時とは違い2ヶ月以上継続しています。 の公開など。 このように羅列すると多いですが、10月以降の前述したトラジャのメディア露出は、この2,3倍以上でした。 10月以降のトラジャのメディア露出の積み重ねが、ファンの母数の拡大に繋がっている と思います。 そして、メディア露出だけではなく年末にコンサートのバックダンサーをしたことも忘れてはいけません。 年末にコンサートのバックダンサーをしたことによりのファンの方々に知ってもらう、もしくは、知ってる段階から興味を持ってもらうことに成功した印象があります。 これには、コンサートでの待遇がとても良かったことが大きく関わっていると思います。 私は、行ってないのですべての情報ですが、Lock Lock披露、MC参加、Last Danceでのソス、ト、ムビステに乗っての移動など。 特に、MCでは自己紹介や一発芸をしたり、先輩としたことや、それによりにレポが多く流れたことは大きかったのではないでしょうか。 10月以降のトラジャのメディア露出と12月,1月のコンサートでの好待遇なバックダンサーとしての出演、この2つが主な要因となりトラジャのファンが拡大したのでしょう。 そしてこのファンの母数の拡大が、動画の再生回数増加の継続の力になっていると考えられます。 総括 2020年に入り、このタイミングで突如再生回数が増えたのは、ジャニーズJr. チャンネル)の注目度の上昇とヘッダー獲得へのファンの危機感が影響していると考えられます。 そして、再生回数の増加が継続しているのはトラジャのファンの拡大が力となっているのでしょう。 ここまで、長々と書きましたが、とにかくトラジャの再生回数増えて良かった!!このひと言に尽きます。 再生回数の謎についての考察は以上になります。

次の