コロナいつ終わる。 「コロナいつ終わる?」救世主になりそうなウシオ電機の222nm

なぜ医療システムはインフルエンザには対応できて新型コロナには対応できないのか パンデミックはいつ終わるのか 生物学者の意見

コロナいつ終わる

やりすぎ都市伝説でコロナウイルスの裏側を暴露? 4月29日に放送された「やりすぎ都市伝説」でコロナウイルスの影で何が行われていたのかという特集をしていました。 世界中で大流行している、コロナウイルスはどこから来たのか?いまだに解明されていない事実ですが、数年前にビル・ゲイツがTEDという番組で公演していた内容が、まさにコロナウイルスに対する警告をしているような内容でした。 やりすぎ都市伝説で関暁夫さんの特集も組まれていましたが、コロナの終息をテレビではカットされていましたが、あの部分がすごく気になりますよね。 やりすぎ都市伝説ってリアルな話なのかどうかは不明ですが、かなり情報が詰まっている内容ですから、すごく引き込まれますよね。 この記事では、やりすぎ都市伝説で放送された、ビル・ゲイツのコロナの予言や、イルミナティーカードが意味する予言は本当なのかについて検証していきたいと思います。 この話が本当ならば、コロナウイルスはアセンションを意味しているのか?それとも単なる感染病で済まされる話なのか、今最も注目される話題ですね。 それでは御覧ください。 コロナウイルスを警告していたビル・ゲイツの内容! 4月29日に放送された、「やりすぎ都市伝説」で放送された内容は特に誰もが注目する内容でした。 世界中で猛威を奮っているコロナウイルス関連の内容から、世界を牛耳る一族の話まで普通では想像できないような内容が放送されていました。 その中でも特に印象深かったのは、数年前にビル・ゲイツが公演で話していた「コロナウイルスの予言?」についてです。 内容は、これまで人類が驚異と思っていた核がウイルスというものに変わっていくと話していました。 世界的に蔓延した「エボラ」や「スペイン風邪」などの情報を元に世界の医療は対応していく必要があるという警笛を鳴らしている内容でした。 実際コロナウイルスを予言していたというようなタイトルでは無いので、コロナウイルスを予言しているとはいい切れませんが、あまりにも現在起こっている出来事が、ビルゲイツが公演で話していた内容と酷似しているので、番組内では予言されているという表現がされていました。 この話が本当ならば、コロナウイルスが起こるべくして起こったと思う方も多いかもしれませんが、やりすぎ都市伝説はあくまでもフィクションと言う内容に留められていますから、あくまでも想像上のことなのかもしれません。 だとしてもあまりにもできすぎた話だと思いませんか? 関暁夫コロナの終息はいつ頃終わる? やりすぎ都市伝説の名物企画といえば「関暁夫」さんの都市伝説ですよね。 最近ではあまりにも癖が強い語り口調で内容が全く入ってこないという意見もあるようですが、取材を重ねている裏付けのある内容は引き込まれるものがありますよね。 番組内ではコロナウイルスの話題も語られていましたが、コロナウイルスの終息はいつになるのか、大事な部分がカットされていました。 関さんが伝えたい内容は放送コードギリギリの内容だったために、番組内ではカットされていましたが、「〇〇まで終わらないから」という〇〇の部分はかなり気になるところですよね。 アメリカのハーバード大学のまとめによると2022年まで一定距離を取る生活は続けなければいけないような研究発表もされているほど、相当厄介なウイルスだと感じました。 このコロナウイルスはいつになったら終息するのかは誰も想像できないような気がします。 スポンサーリンク イルミナティーカードは予言を当てている?こじつけか? かなり前から話題になっていることがあります。 イルミナティーカードという謎のカードが未来予想で的中しているという話があります。 本当かどうかわかりませんが、かなりこじつけのような印象を受けるのですが、正直予言をしているのならそれを予防するように警告してくれたらいいのにと思う反面。 こんな予言みたいなことは誰も信じないでしょうと思う気持ちもあります。 ただ、東日本大震災や、911なども予言している内容を見ると的中率は高いように思います。 — ナースマンJinVlog Downy999 コロナウイルスはどこから来て、いつ終わるのか? ここ数年でよく耳にするのは「感染源がわからないウイルス」の存在ですよね。 現在広まっているコロナウイルスも感染源はいまだに特定されていないし、中国武漢からでたとは世間的には言われていますが、誰も特定できる人はいません。 ここまで来たら関暁夫が言うところの人類を操作されているような考えになりそうですよね。 それにしてもあまりにも危機感を煽るような内容なので、この番組を見た方は本当にそんなことが世界の裏では行われているのかなと思う方も多いと思います。 信じるか信じないかはあなた次第と言う通り、この番組はフィクションという言葉では片付けられないように思いますね。 事実だとしても私達に出来ることは無いように思いますけどね。 関連記事 やりすぎ都市伝説の内容の補足とまとめ! この記事でお伝えした内容は「やりすぎ都市伝説」で語られたイルミナティーカードの内容やビルゲイツのコロナの予言?内容や、関暁夫のコロナ終息のカット部分はどういう意味なのかについてまとめていきました。 コロナウイルスが流行している中での都市伝説の内容はかなり攻めた内容だと思います。 番組の内容はあくまでもフィクションと言う位置づけで語られているので、信じるか信じないかはあなた次第となりますが、他人事ではない内容にかなり動揺が隠せません。

次の

正直、コロナっていつ終わると予想してる?: GOSSIP速報

コロナいつ終わる

この知識はこんな方におすすめ• いつまで続くのだろうか…• なんとか乗り越えたい いつまで続ける必要があるのか? 皆さん自粛中で辛い状況が続いているかと思いますが、そもそも、この自粛というものは、科学的に考えたらいつまで続けなくてはいけないのかということを今回は紹介させてもらいます。 大阪などは、自粛を解除するための基準として具体的な指標も示してくれていたりします。 実際に、状況としてどの辺りまでになれば、国や行政機関が言うような自粛を解除してもいい状態までなるのかということについては、世界的な研究者たちが議論してくれています。 念のために言っておきますが、海外のデータを元に分析したものですから、日本では、いわゆるロックダウンや外出禁止令まで出したりすることができませんので、どこまで当てはまるのかということについては考える必要もあります。 とはいえ、参考になるデータかと思いますので、そこからどこまで我慢する必要があるのかということをある程度理解していただけたらと思います。 2つの指標から感染パターンを予測 この自粛どれだけ続ければいいのかということについては、当然ですが、正確に予測したり答えに導くことは難しいものです。 ですが、南カリフォルニア大学が興味深いデータを出してくれているので参考になると思います。 世界36カ国のウィルスの感染パターンについて調べた分析で、主に2つの指標を調べて、自粛をどれくらい続ければいいのかということを解析してくれています。 まず1つ目として、 ウイルスの日次増殖率です。 これは1日ごとの感染者症例数の増加率です。 もう1つが、 累積症例の倍数までの時間です。 これは累積の感染者症例数が2倍になるまでの時間の長さです。 この2つを指標として調べてくれています。 どうやら、この2つの指標は感染パターンを把握するためにかなり信頼度の高い指標になると言われています。 ですから、1日ごとの新規感染者数の増加率と感染者数が倍になるまでの時間の長さをチェックすると、実際のウイルスの感染状況がある程度見えてくるとされています。 詳しい内容については、今回の参考文献を見ていただきたいところですが、結論として示されているのは、国がいわゆるロックダウンをしたり外出禁止ような強烈な行なった場合でも、少なくとも44日間はかかるとされています。 ですから、イタリアやフランスのように完全に外出禁止のようなことを行った場合でも、少なくとも44日間は続ける必要があるとしています。 つまり、都市をロックダウンさせて外出禁止にしたとしても、その効果が出るまでには44日間もかかるということです。 さらに、このようなロックダウンや都市封鎖のようなことを行い、感染ペースが落ちてきたといった効果が見えてくるまでには3週間が必要だとされています。 ですから、新規の感染者数が和らぐまでには3週間を必要とするということです。 そして、実際に、その感染者数がコントロール可能な段階になってくるまでには、およそ1ヶ月程度はかかるというデータもあります。 さらに、完全な封じ込めを達成するまでには、完全な自粛をしたとしても45日間かかると計算されています。 ですから、外出禁止にして国境を封鎖して、感染した人を完全に隔離するということをしたとしても、約45日程度は封じ込めまでに時間が必要になるということです。 要するに、 ちゃんと自粛ができていれば、3週間目ぐらいで新規感染者数のペースが徐々に落ち始めて、それがコントロール可能な段階に入ってくるまでにはおよそ1ヶ月ぐらいは必要になり、さらにそれを続けて45日ぐらい経ってくると、感染の封じ込めができるようになってくるのではないかというデータです。 日本では外出自粛ではあります。 ロックダウンなどよりは弱いかもしれませんが、みんなで1ヶ月ぐらい我慢してさらにそれが伸びていますが、その自粛がちゃんとうまくいっていれば、そろそろ効果も出てくるのではないかということが言えるのではないかなと思います。 自粛率によるシュミレーション ただし、この辺りについては気になる研究もあり、自粛は全員しているわけではありません。 もちろん、このような状況でも仕事で出なくてはいけない人もいるのは理解できますが、わざわざこんなタイミングでパチンコに行くような人もいるそうです。 先ほど紹介したデータは完全に外出禁止にした場合ですが、一定の人たちが自粛をしなかったりする場合に、自粛率がどれくらいあれば封じ込めの戦略がうまくいくのかということを調べてくれた研究もあります。 つまり、国民全体の何パーセントの人たちが、しっかり外出の自粛すれば効果が出るのかということを調べてくれています。 これももちろん完全な予測ができるデータではありませんし、まだまだ研究段階のものなので、そこも踏まえておく必要はありますが、参考にはなると思いますので紹介しておきます。 シドニー大学の研究で、数学的なシミュレーションを使って、オーストラリアにおける新型コロナの拡大や隔離対策がどのような状況になっていくのかということを調べてくれています。 今日本では、皆さん自粛をして頑張っていると思います。 もちろん、ずっと自宅の中にいないといけないというわけではありませんし、人混みを避けてさえいれば散歩をしたり必要な外出はしてもいいと思いますが、そのような人と触れないということを徹底している人が、国民の8割だったとしても4ヶ月もかかってしまうということです。 では、その割合がもっと下がったらどうなるのでしょうか。 ですから、日本でも自宅待機率を8割にしようということを言っている人がいますが、これもこのシュミレーションから見てみると結構正しいわけです。 これはあくまで数理モデルですから、どこまで実際に当てはまるのかということも考える必要がありますし、オーストラリアのデータですからどれぐらい日本に当てはまるのかということはわかりませんが、このような研究を見てみても、やはり、 出来うる限り家にいるというのが大事だということが理解できます。 後半の研究は数理モデルですから、そこまで悲観的に考えないとしても、大体ちゃんと自粛することができれば1ヶ月半から2ヶ月ぐらいで終息していくのではないかとか、ちゃんと続けることができていれば、長くても2ヶ月強から3ヶ月ぐらいで落ち着いてくるのではないかというデータも結構出ています。 あくまでそれぞれの研究なので、実際のところは分かりませんが、皆さんも何かと辛い状況かとは思いますが気をつけていただき、一緒にこの状況を乗り換えで行くことができたらと思います。 定期的な運動もとても大切です。 とはいえ、わかっていても運動するのは面倒だという人も多いでしょうし、外出できない中では長時間の運動も難しいと思いますので、自宅で簡単にできて、時間もかけずにできる効果的な運動について解説した動画を紹介しておきます。 1日たった4分で自分の免疫力を高めて体調を良くするための運動で、体型を保つことも出来るようになります。 ぜひチェックしてみてください。 今回のおすすめ本 今回のおすすめの本としては、1冊目は、やはり体調を整えるためにはを紹介しておきます。 これは、進化医学の観点から、体調を整えるためにはどうすればいいのかということを分かりやすく解説してくれている素晴らしい本で、体調を整えるための教科書として使える本です。 そして、2冊目は、です。 今回コロナウイルスによりウイルスとは怖いものだと皆さん思ったと思います。 ですが、このウイルス自体は生物にとって重要な役割も果たしているもので、生物はウイルスにより進化してきたものだという話が紹介されています。 ウイルスに対する理解を深めることができれば、もちろん、安心することはできなくても無駄に不安になりすぎることもなくなるのかと思います。

次の

なぜ医療システムはインフルエンザには対応できて新型コロナには対応できないのか パンデミックはいつ終わるのか 生物学者の意見

コロナいつ終わる

3月4日追記 新型コロナの感染が中国では減少していると言われています。 【AFP=時事】中国当局は3日、国内で新型コロナウイルスの感染者が新たに125人確認されたと発表した。 1日の新規感染者としては過去6週間で最少。 中国本土の感染者数は合わせて8万人を超えた。 yahoo. 3月4日追記 新型コロナにかかった人が、「喘息で使用する吸入」で改善されたケースがあったと、ニュースで言っていました。 新型コロナウイルスに感染して肺炎になった患者に対して、ぜんそくの治療に使われる吸い込むタイプの薬を投与したあと、症状の改善が見られたという報告が、日本感染症学会のウェブサイトに掲載。 — マムよし yoshimom123 ウイルスに対して効果があるわけではないので、喘息でない人が使うと危険な場合もあるという見方もしている人もいました。 私も咳喘息を持っていますが、確かに咳の症状を抑えてくれます。 「直撃! シンソウ坂上」という木曜放送の番組で、 新型コロナの猛威は世界中に広まっている状況です。 中止ではなく延期になることは、日本としても経済的損失が危ぶまれていたので非常に助かる内容ではあります。 上記の問題を、これからオリンピック委員会が話し合っていくのではないでしょうか。 ちなみに、聖火リレーは中止になり、延期に向けて日程を決め直す予定になっています。 組織委員会の森会長は24日夜、記者会見し 「聖火リレーはスタートせず、今後の対応を検討する。 大会の延期日程にあわせた新たな聖火リレーの日程を定めて、盛大なグランドスタートができるように準備する」と述べました。 nhk. html.

次の