ぼく の ぼったくり バー 2。 ぼくのぼったくりバー2 超倍速の バブルモード・ドンペリ祭り・闇金中毒について。

ぼくのボッタクリBARをじっくり遊んで徹底レビュー!

ぼく の ぼったくり バー 2

リセマラの終了ライン・狙いガチャ ぼくのボッタクリBAR2 超倍速のリセマラ終了ラインとしては、レアリティの高いホステスです。 最高レアリティはSですが、雇用するのに高い金額が必要なので注意が必要です シフト編成ではホステスは黒ィ宝石を使わなければ10人まで、客引きと用心棒は4人まで登録できます。 ゲームを進めていくとホステス不足になるので、なるべく多くの高レアホステスを当てておくと、序盤から攻略が楽になるでしょう。 リセマラで高レアキャラを当てたからと言っても、Sレアだとなかなか払えないので注意が必要です。 しかし、長い目で見ればSレアホステスは当てておいて損はないので、なるべく高レアキャラを序盤で当てておくと攻略が楽になるでしょう。 ぼくのボッタクリBAR2 超倍速の事前情報 ぼくのボッタクリBAR2 超倍速ってどんなゲーム? 『ぼくのボッタクリBAR2 超倍速』は、人気スマホゲームぼくのボッタクリBARシリーズの最新版です。 ゲームシステムは酒と料理を仕入れ、キャッチにお客を連れてこさせ、雇ったキャバ嬢を使って客に酒を飲ませ、用心棒を使って、ぼったくる非合法なBARを経営するシミュレーションゲームになっています。 プロローグ 借金返済のためにボッタクリBARを経営した、 あの地獄のような日々からはや2年。 不安に満ちた毎日を過ごしていた。 そんなある日、テレビから流れた、 「空間野要太」全国指名手配のニュース・・・。 借金を返す為、全国制覇をする為、 今再び、ボッタクリBARの経営に挑む!! C Ri Kwang Hyok.

次の

ぼくのボッタクリBAR(バー)2 全国制覇篇超高速の攻略

ぼく の ぼったくり バー 2

ついに登場した 「ぼくのボッタクリBAR2全国制覇偏」!!! 前作はダウンロードが100万件を突破するなど、経営シュミレーションゲームの中では群を抜いて大人気なアプリでした。 そしてついに!その第二段が2016年5月12日に公開されたわけです!! 「新システムが満載!キャラも店舗も沢山追加されてるー!」っと、 これを知った時には、いちボッタクリBARマスターとして感動さえ覚えました。 笑 早速、追加要素のことを知りたいとネットで検索をかけますが。。。 困惑が隠し切れない事態に対面してしまいました。 「公開されてからほぼ一年経つのに、攻略情報があまりにも少ない…! 泣 」 右も左も分からないままゲームを続けるなんて快適とは程遠いですよね。 「黒ィ石って??シフトって!?ランクってなんなんだー!?」 っと、お困りの方もご安心ください。 がっつりプレイ&探し回りかき集めた攻略情報をご紹介します! 目次• 今作からの追加要素 前作ではなかったシステムが沢山あり、私のように困惑されてる方もいらっしゃると思いますので、まずは各新システムと簡単な説明をしたいと思います。 各ステータスが少しだけ上がる。 シフト 営業中に「誰を使うか」を決めることができるシステム。 今作のキャラクターは全部でホステス75人、客引き8人、用心棒8人登場するが、ホステスは10人以上だと黒ィ宝石を使って枠を広げる必要があり、客引きと用心棒は4人まで登録できる。 スタミナ 上限は5固定で、1つ回復するのにリアルタイム10分掛かる。 ドンペリ祭り リアルタイム、 金曜日の19時~24時に行われる高級酒がとても売れやすくなるイベント。 稼ぎまくるにはもってこいだが、 警察の増えやすいバブルモードと相性が悪い。 黒ィ宝石不足もこれで安心! 「最初の3個とマップに落ちてる分じゃ全然足らない!」私が最初に頭を悩ませたのはこれでした。 笑 前作をプレイしていた時はすぐにホステスも客引きも用心棒も増えたのに今作じゃ確率で何が出るか分からないし、被るしで全然人手不足! 特にススキノなど 大型店舗でのホステス不足には相当苦しみました。。。 どうやら1個~3個をランダムで貰えるのは固定らしく、欲張って倍の金額を支払ったところで3個以上は増えないようです。 これは「一気に欲しいから倍額払っちゃおう!」と欲に目がくらみ私がやらかした失敗談なので、皆さまはくれぐれもお気を付けください。 頑張ってぼったくったお金がオーナーの懐を温めるだけになります。 笑 警察を激減させる方法があった! 今作をプレイしていて体感ですが、 警察が減りにくくなってるような気がします。 5~6人外をウロウロしてるのが当たり前に感じてきてしまうほどです。 そんな 警察を一気に激減させる方法、試行錯誤の末に見つけて参りました。 なるべく広い店舗 ススキノがオススメ で営業を開始し、全席埋まるのを待つ• 次に一組につきホステスを一人つけ、注文を一回ずつ受け放置• 営業残り時間が0になったら、全体に広がる「支払い」を全て適正価格で完了 10分前後掛かったとしてもスタミナの回復が10分なので次の営業に差し支えませんし、ほぼ放置なので「プチ休憩」としてプレイの合間に挟むというやり方もアリではないでしょうか?笑 まとめ• 追加要素の意味を先に知っておくとより楽しめる• 序盤の黒ィ宝石集めは借金返済にアリ!• 警察対策をして安定したボッタクリに励もう! これでもう「よくわからないから手つけにくいー難しいー!」ということは解消されたのではないでしょうか? 皆様が今作でも大いにボッタクリまくれることを願っております。 笑 こ の「ぼくのボッタクリBAR2」は現在、AppStoreにしか対応してないですが前作が2015年2月11日にAppStoreに登場し、約5か月後の7月16日にGooglePlayにも対応したので、 今作もGooglePlayに対応する期待は大いにありますね。

次の

ぼくのボッタクリBAR(バー)2 全国制覇篇超高速の攻略

ぼく の ぼったくり バー 2

トルコ、イスタンブールでの過ごし方 その時泊まった場所のおおまかな地図ですよ〜 ちなみにぼくが泊まった場所は ゲイの間では有名(らしい)なアクエリアスなんちゃらというお店の近くです。 特に気にせずAirBnbで予約を取ったのですが、 まさか宿を出るとお店のすぐ近くだったという・・・。 (貧乏旅なんで行ってませんが) ぼくはこのときいろいろ 後述 あっていけなかったんですが、 このあたりはハマムやらお風呂やさんなんかもあるようなんで、気になる人はチェックですな。 あとは タクシム広場でナンパされたりっていうのもあるようです。 あとでお金を要求されることもあるみたいなんで、オススメはできません。 あんまりこういう情報は健全なブログだと書きづらいですな・・・。 いつか別にNoteでも作ってやってみようかな。 おっさんからナンパされた と思っていた 今回宿についてから少し時間があったので街中をうろついてみることにしました。 フラフラしていると突然後ろからおっさんに話しかけられました。 突然話しかけられたのですが、「日本人はこのへんでは珍しいのかな」と思ったくらいで、そこまで警戒はしていませんでした。 (実際そういう名目で声をかけられて、少しおしゃべりして終わり、ということもありました。 ) おっさんが言うには、おっさんはホテルで働いていて仕事が終わってこれから帰るところだと言うことです。 思いの外流暢な英語を話します。 おっさん 「ごはんを食べよう」 僕も時間があったのと、また、一人旅が続いていて寂しかったと言うのもありますが、おじさんと一緒に食事をすることにしました。 おじさんはこの辺に詳しいようで、ご飯の美味しいお店を紹介すると言って街中のレストランの1つに入りました。 そのお店はケバブが美味しいお店だとのことで、実際ケバブはむっちゃ美味しかったです。 この時点で少し気になっていたのが、おじさんがビールを頼む時、ぼくの分のビールも一緒に頼んでくれたことです。 正直最後の最後でこっちに支払いをさせるつもりかとずっと思っていました。 (フィリピンではよくあること) この時点でその程度ならいいだろうかと思って、一緒に食事をしていたのですが食事が終わる頃になっておじさんが言いました おっさん「ここは私が持つ。 支払いをしてあげるよ。 」 ここで完全に確信しました。 これはホモのおっさんのナンパだ、と。 ぼく (ホモのおっさんでなければ、こんなにやさしくしてくれるわけがない。 ) 完全に都合よく思い込んでしまったわけですね。 脳内お花畑だって?そのとおりです。 こうして完全に警戒心を解かれたぼくですが、 おじさん「もっと楽しい場所に行こう。 行きつけの店があるんだ。 」 というので、断れない日本人よろしくのこのこと連いていったわけです。 そして連れていかれた場所がこちらです。 この辺は注意してね! ちょっと怪しげな地下への入り口(ちょっとだけ掘り下げられている半地下みたいな入り口)から中へ入ると、ちょっとしたクラブのようなお店につきました。 メニューを見せてもらって「まぁビール一杯くらいなら何とかなるか」と考えたのが完全に過ちでした。 ビールとともに付け合わせらしき果物が運ばれてきました。 そして、おっさんが果物をぼくの口に運んできます。 「あーんして」みたいな感じ。 内心 (このおっさんノリノリやんか・・・。 )と思っていたら、2人の女性があらわれました。 おや?これは雲行きが怪しい。 女の子が来た途端、おっさんは完全に女の子と話し始めました。 ここで、「 おっさん完全におれに興味ないな」って気づいたよね。 この時点でこのおっさんはやばいやつと気づいてしまいました。 そうです。 おっさんがほもならば僕と遊びたい理由があるかもしれませんが、そうでないなら、おっさんがぼくをここに連れてきた理由は 金しかないからです。 お酒を飲んでいると、となりのウクライナ人キャバ嬢がはなしかけてきます。 「どこから来たの?」とか「あたし水泳が大好きなの。 」とか言ってるけど、 どうでもいい。 帰らせてくれ。 そこで「もう帰る、会計はいくらだ?」と聞いたら、スタッフが来て「まあまてまて」とかいうんですね。 これは一刻も早く店を出ないとやばいな、とおもって、無理やりにでも会計を頼みました。 やっと会計の明細を見せてもらうと、 3000トルコリラ(10万円くらい)とか書いてある。 (グーグル先生で計算してみちゃったよ) 「あ〜やられたな」と思ったね。 やはりここはぼったくりバーなのでした。 まとめ ちょっと長くなりそうなんで次回に続きますね。 今考えるとあの時はウクライナ女性に 心底腹が立っていましたね。 いや、スタッフにも腹が立ってはいたんですけど、そのウクライナ女性が一丁前に夢を語ってた(「水泳の選手になりたい」と言っていた気がします)のがものすっごいムカついたんですよ。 人からぼったくった金でこいつは立身出世するつもりかと思ったら・・・。 結局グルだったおっさん(街中で声をかけてきた方)については、今となっては「どうでもいいや」と思えるんですが、人の内面を少しでも知ってしまったことで その腹立ちも倍増してしまったわけです。 実際ウクライナから出稼ぎで大変な思いをして来ている人たちもいますが、それとこれとは話が違います。 ウクライナの方々皆さんがこういう人たちではないと思いますが、たまたま出会った人が最悪だったという話しでした・・・。 The first four spaces will be stripped off, but all other whitespace will be preserved. For more help see コメント.

次の