仏壇 真言宗。 【楽天市場】掛け軸 > 真言宗 智山派 > オリジナル掛け軸:仏壇・仏具・位牌のひだまり仏壇

真言宗のお仏壇やお位牌、仏具の種類に厳密な決まりはありません

仏壇 真言宗

(仏具や掛軸の設置は含みません。 )不要の段ボールは、後片付けして持ち帰ります。 23号サイズ以上の大きな仏壇や、お一人でお住まいの方、女性やお年寄りの方のお住まいにはおすすめのサービスです。 (20号サイズの仏壇は、種類によって異なりますが15〜25キロ位の重さがあります。 )唐木仏壇・金仏壇・モダン仏壇、それぞれのカテゴリの商品の一番下に、サービス商品として紹介してあります。 店長からのご挨拶(プレゼントのお知らせ) 当店も、インターネット販売を始めて10年となりました。 最近は、半数以上の方がリピーターや紹介によるお客様となりました。 紹介までいただくことが当店の理想でもありました。 今後も少しずつ口コミで、当店の名前が広がっていくことを願っています。 ご協力よろしくお願いします。 お釈迦様の教えや、すぐれた仏教者の教えの中には、学ぶべきことがたくさんあります。 宗派にこだわらず仏教を広めていきたいと思っています。 そのためにも、誰でもが金銭に不安を感じるることなく、安心して求めることのできる仏壇仏具の提供を心がけます。 現在、皆様も一流ホテルを中心にご覧になったことがあろうかと思いますが、仏教聖典(普及版)を無料プレゼントさせていただいています。 在庫に限りもありますが、ご希望者の方は当店までご連絡くださいませ。 尚、PCからはスマホサイトは閲覧できません。 真言宗 真言宗の仏壇・仏具・掛軸について 仏壇・・・・、どの仏壇でも構いません。 ただし、浄土真宗などで使用する金仏壇はほとんど使用しません。 仏具・・・(花立・火立・香炉)が基本です。 続いて(花立・火立・香炉・仏器・茶湯器)です。 三具足や五具足が2個セットになったものや、線香差し、マッチ消しがついたりします。 仏膳椀は、ご先祖の命日に位牌を本尊の前に祀って供えます。 本尊・掛軸・・・真言宗の本尊は、大日如来ですが、信仰している仏様があったら、それを祀っても構わないということになっています。 真言宗のお寺でも、ご本尊が、阿弥陀如来というお寺さんもあります。 なぜなら、すべての神仏は大日如来が姿形を変えた応化身と考えているので、各寺の本尊も観音さま、お不動さま、お地蔵さんと様々です。 (下線部分は、法蔵館出版 「仏壇のはなし」から引用) また、当店は、白木(桧)のを、9450円(定価22785円)で紹介しています。 仏像を、お祀りになる方も多くなりました。 電話・FAX・メールでご連絡ください。 掛軸・・・通常は仏壇の大まかなサイズが記載されています。 上段から天井までの長さと掛軸の長さで選びます。 掛軸の紐の部分等余裕をもったサイズでお選びください。 上置き用で、高さ65cm位まで、または、台付で高さ130cm位までは、ほとんどが20代(長さ20cm)の掛軸となります。 ミニ仏壇でも20代の掛軸が収納できるように作られています。 仏像は、掛軸の長さと、仏像の総高さがほぼ同じものを揃えます。 仏具・・・仏具のセットは花立の高さで表記されています。 上置き用で、高さ65cm位まで、または、台付で高さ130cm位までは、花立の高さが7.5cmか9cmのものを選びます。 仏壇の高さが165cm以上の大型仏壇であれば、花立の高さが12〜15cmでお選びください。 位牌・・・位牌の標準サイズは4.0号(寸)で総高さ約20cmです。 ただし、掛軸や仏像よりも大きくならないようにします。 また、ご先祖様の位牌がすでにある場合には、ご先祖様の位牌より大きくならないようにします。 掛軸の長さに対して、8割程度の位牌の総高さがバランスが良いようです。 : 色をお選びください。 : 数量: 定価 955,500円 販売価格 305,800円 サイズをお選びください。 : 色をお選びください。 : スライド式経机付にするかしないかお選びください。 : 仏壇の設置サービス付き: 数量: 定価 オープン価格 販売価格 1,100円 サイズをお選びください。 : 掛軸を飾るための仏具をお選びください。 : 数量: 定価 オープン価格 販売価格 1,100円 サイズをお選びください。 : 掛軸を飾るための仏具をお選びください。 : 数量: 定価 オープン価格 販売価格 1,100円 掛軸をお選びください。 : サイズをお選びください。 : 掛軸を飾るための仏具をお選びください。 : 法名軸への書き代(手書き・毛筆・楷書): 数量: 定価 37,800円 販売価格 11,000円 サイズをお選びください。 : 金泥書きの有無(衣の上を金泥でなぞる): 数量: 希望小売価格 18,360円 販売価格 1,836円 サイズをお選びください。 : 名入れの方法(金文字の楷書): 家紋を入れる場合は選択してください。 : 戒名の連絡方法を選択してください: 数量: 定価 オープン価格 販売価格 16,500円 具足の数をお選びください。 : 六具足の場合の花立ての高さをお選びください。 : 八具足の場合の花立の高さをお選びください。 : 十一具足の場合の花立の高さをお選びください。 : 数量: 定価 オープン価格 販売価格 935円 サイズをお選びください。 (皿の直径): 色をお選びください。 : 数量: 定価 1,500円 販売価格 495円 サイズをお選びください。 : 色をお選びください。 : 数量: 定価 31,200円 販売価格 11,000円 サイズをお選びください。 : 色をお選びください。 : 数量: 定価 販売価格 3,240円 サイズをお選びください。 : 色をお選びください。 : 吊灯篭用コードを付ける場合は、付けるを選択してください: 吊燈篭、瓔珞用クリップ(2個セット)をつける場合は、付けるを選択してください: 数量: 定価 販売価格 4,000円 サイズをお選びください。 : 色をお選びください。 : 精進料理(フリーズドライ)をご希望の方は、ご選択下さい。 : 数量: 定価 オープン価格 販売価格 2,160円 色をお選びください。 : サイズをお選びください。 (長さ): 数量: 定価 販売価格 2,700円 サイズをお選びください。 : 色をお選びください: 数量: 定価 オープン価格 販売価格 10,800円 サイズをお選びください。 : 数量: 定価 オープン価格 販売価格 3,290円 サイズをお選びください。 : 玉の色をお選びください。 (1680円): 御詠歌その他経本をお選びください。 : 数量: 定価 オープン価格 販売価格 807円 色をお選びください: 数量: 定価 オープン価格 販売価格 11,000円 風雲リンのサイズをお選びください: 六角フトンの色をお選びください: リン棒の色をお選びください: リン棒台(幅8cm)の有無をお選びください: 数量:.

次の

真言宗のお仏壇の祀り方/仏具の選び方・並べ方

仏壇 真言宗

ご本尊 大日如来 お脇掛• 高野山真言宗 高野山金剛峯寺 こうやさんこんごうぶじ 和歌山県 醍醐派 深雪山醍醐寺 みくささんだいごじ 京都市 真言律宗 西大寺 さいだいじ 奈良市 東寺真言宗 教王護国寺 きょうおうごこくじ 京都市 大覚寺派 嵯峨山大覚寺 さがさんだいかくじ 京都市 御室派 大内山仁和寺 おおうちさんにんなじ 京都市 泉涌寺派 東山泉涌寺 ひがしやませんにゅうじ 京都市 善通寺派 五岳山善通寺 ごがくさんぜんつうじ 香川県 お唱えする言葉 南無大師遍照金剛 なむたいしへんじょうこんごう よく読まれる経典• 大日経 だいにちきょう• 金剛頂経 こんごうちょうきょう• 理趣経 りしゅきょう• 般若心経 はんにゃしんきょう 歴史 真言宗は、空海(774〜835)によって平安期に開創されました。 唐に留学した空海は、恵果和尚により密教のすべての教えを授かり帰国しました。 この教えを「真言宗」と名づけ、真言宗布教につとめました。 空海が高野山金剛峯寺において62年の生涯を閉じた後も、真言宗は、空海の霊廟がおかれる高野山金剛峰寺を本山とする高野山真言宗のほか、多くの派に分かれながらも発展してきました。 教え 真言とは仏の真の言葉を言います。 真言宗は、仏の言葉を心と体で体得し即身成仏を説く教えです。 すべての仏教は欲望を断つことを説いていますが、煩悩即菩薩、現実の世に仏になることを教えています。 お仏壇選びはもちろん、ご購入後のお仏事に関してもサポートいたします。

次の

【楽天市場】仏像 > 宗派から選ぶ > 真言宗:激安仏壇店

仏壇 真言宗

真言宗での仏具の基本は三具足や五具足 供養に使用する仏具 真言宗で用いられる仏具は、自宅の場合は基本的に三具足(みつぐそく)を用います。 三具足というのは、花立・ローソク立て・香炉の3つで、それぞれ花供養、灯り供養、香り供養に使われます。 日々のお参りでは、他に仏飯器(ぶっぱんき)と茶湯器(ちゃとうき)を使って、浄水供養と飮食(おんじき)供養も行います。 正式に祀りたい時には、三具足の花立とローソク立てを2本ずつにし「五具足(ごぐそく)」という形で「花・灯・香」の供養をします。 その他にも、線香差しやマッチ消しなどの供養をサポートする仏具も使用します。 仏具を選ぶ際に注意したいのは、同じ真言宗でも地域やお寺によってそろえる仏具が異なることがあるという点です。 仏具を購入する前には菩提寺や親戚に確認することをおすすめします。 寺院で使用される密教法具 自宅で使用される仏具とは別に、真言宗では寺院の儀式で使用される特別な仏具があります。 密教法具の中には、金剛杵(こんごうしょ)と金剛鈴(こんごうれい)というものが存在し、その使い方については真言密教の秘儀とされています。 真言宗の宗徒の方の中には密教法具を儀式の道具ではなく、お守りや厄除けとして自宅に飾る方もいらっしゃいます。 真言宗のお仏壇の選び方には細かい決まりはありません 真言宗のお仏壇を選択する際には細かいルールは存在しないので、どのタイプのお仏壇でも問題ありません。 ただし、浄土真宗などで使われる金仏壇は真言宗では使用ないので、一般的には唐木仏壇かモダン仏壇が使用されます。 また、お仏壇のサイズについては、棚などの上に設置できる上置き型と床に直接置く床置き型があるので、設置するお部屋の雰囲気やスペースに合わせて選びましょう。 真言宗のご本尊様の選択は必ずしも大日如来でなくても問題ありません 真言宗でのご本尊 真言宗でのご本尊は「大日如来(だいにちにょらい)」様を祀るのが一般的です。 宗派の中で大日如来をご本尊様として祀るのは真言宗だけとなっています。 一部には、大日如来ではなく、阿弥陀如来を祀っているお寺もありますし、真言宗智山派では阿弥陀如来や釈迦如来を祀るお寺もありますが、ご家庭においては、大日如来を祀る事が一般的なので、特にご自身が信仰する仏様が他にいない場合は大日如来を祀りましょう。 弘法大師と不動明王 真言宗では、ご本尊様の脇侍(わきじ)として、弘法大師と不動明王を安置します。 向かって左が不動明王、右側が弘法大師という配置になります。 また、真言宗のご本尊様や脇侍は仏像と掛け軸のどちらでも問題ありませんが、ご本尊様は仏像、脇侍は掛け軸で祀られる方が多いです。 お仏壇の中で最も重要なご本尊様はしっかりとした仏像をと考える人が多いというのが大きな理由となっていますが、ご自身の予算に応じて選択をすることがおすすめです。 真言宗のお位牌は豊富な種類の中から自由に選択できます 「お位牌に関しても真言宗では、色や形の指定はありません。 現在はお位牌の色やデザインも豊富にあるので、お仏壇のタイプや故人のイメージなどから選んでも問題ありません。 お位牌を置く場所が狭くなってきた場合には、「先祖位牌」や「回出位牌(くりだしいはい)」、「夫婦位牌(めおといはい)」という形でまとめることも可能です。 関連記事 ご本尊様とお位牌のサイズ お位牌の大きさは3. 5寸~4. 5寸の間であり、台座を合わせた総高は20cm前後になります。 注意する点は、お仏壇に設置したときにお位牌の高さがご本尊の高さを超えないものを選択するということです。 ご本尊様が仏像の場合は、お位牌が仏像光背を含めた全高より小さくするようにし、掛け軸の場合は掛軸表具の全高よりも小さくなるようにしましょう。 目安としては掛け軸の長さに対して、7~8割ほどのサイズのお位牌にするとバランスが良いとされています。 関連記事 真言宗での仏具を並べる注意点は御本尊の「左に不動明王」「右に弘法大師」 モダン仏壇を使用した真言宗の基本の仏具の並べ方 お仏壇に仏具を並べる場合にまずは、最上段の中央にご本尊様を安置します。 ご本尊様を中央とし、左に不動明王、右に弘法大師をお祀りします。 次にお位牌を設置します。 お位牌はご本尊様が隠れないように、一段低い位置に安置し、同じ段の中央には左側に湯茶器、右に仏飯器という配置で置きます。 その次の段には、中央に高杯(たかつき)を置き、向かって左に花立・右側に見台(けんだい)にのせた過去帳(かこちょう)を置きます。 そして最下段には、中央に前香炉を置き、その左側には線香差しとマッチ消し、前香炉の右側にはローソク立てやリンを配置するのがモダン仏壇を並べる際の基本の手順となります。 唐木仏壇を使用した真言宗の基本の仏具の並べ方 唐木仏壇の場合でも最上段の中央にはご本尊様を、左右に不動明王と弘法大使を配置し、お位牌はご本尊様より一番低い位置に安置するところまではモダン仏壇の場合と同じです。 お位牌の下の段には、仏飯器と湯茶器を設置しますが、仏飯器を2つ使用する場合は中心に置いた湯茶器をはさむ配置になります。 そして最下段には、中央に1対の高杯を置き、その左右の脇に1対の花立を設置します。 唐木仏壇はモダン仏壇より供養スペースが広いので、天井に留め具を付けて灯籠(とうろう)や瓔珞(ようらく)などの荘厳具(しょうごんぐ)を設置することが可能です。 お仏壇の前に置いた経机(きょうづくえ)を利用して、前香炉・ローソク立て・線香差し・リン・過去帳などはその上に設置すれば、お仏壇内を更に広く使えます。 真言宗ではお仏壇や仏具の選び方などについては特に厳格な決まりなどはありません。 ただ、ご本尊様やお位牌の選び方や配置は重要になります。 仏具の並べ方についてはここではモダン仏壇の場合と唐木仏壇の場合の基本の手順をお伝えしましたが、使用する仏具や数、並べ方というのはお寺様や地方に寄っても変わるものです。 ご自分のケースの正確な作法を理解したい場合が、やはり菩提寺のご僧侶などにお聞きになることをお勧めしておきます。 お仏壇まわりの大切な作法というものは、毎日お仏壇に手を合わせていれば自然と身につくものです。

次の