配信者 死亡。 総合リアルタイムランキング

ふわっちのヤバい配信者【運営も垢バンするレベル】|ふわっちのライバー|note

配信者 死亡

しかし中国には、数を稼ぐことに固執し、命を落としてしまった男性がいる。 海外サイト『Shanghaiist』は、中国の動画配信『聊聊 oliao 』で人気だった中国・大連出身の29歳のチュウという男性動画が、酒や油をがぶ飲みしたことにより死亡したと伝えた。 報道によると、チュウはや食用油のボトルを丸ごと1本一気飲みする動画を3か月前から毎日のように配信し続け、1回の配信につき、〜600元 約8300〜9900円 ほど稼いでいたという。 しかし、昨年のの配信後、突然具合が悪くなり、病院に向かうの中で死亡したそうだ。 チュウはまで3か月ほど体を張った動画をし続けたが、した動画の中には、酒や油を飲んだ後、急に体が震え出したり、痙攣したりするものもあったと同記事は伝えている。 なお、『聊聊』はこの事件を重く受け止め、同を停止したそうだ。 このが世界に広がると、上では「たった元のためにこんなことをするなんて馬鹿げている」「ここまでして目立ちたかったのか。 失ったものが大きすぎる」といった声が挙がった。 しかし、世界には動画の数を伸ばすため、ありえない行動に出る動画が他にもいるようだ。 、・ミッドランズ州に住む22歳の男性が、に動画を投稿するため、に頭を突っ込むというをし、救急隊員が駆け付ける騒動が起きた。 この男性は、の中にのように瞬時に固まる液体を入れ、そこに頭を突っ込んでみたという。 口にはを咥えていたので呼吸はできたが、液体が頭部を圧迫して状態に。 その様子を撮影していた友人が救出を図るもどうにもならず、救急隊員を要請したそうだ。 救急隊員はこの騒動について、「腹立たしい」としたという。 また、8月には・州に住む29歳の男性が、自身の2人の息子に下剤入りのを食べさせる動画をに投稿して批判を浴びた。 動画にはで泣きわめく息子らの姿も映っており、「」との声が相次いだことで、側はこの男性のを凍結している。 動画にとって、数を増やすことは重要なことだろう。 しかし、それ以上に大切なものがあることにも気づいてもらいたいものだ。 画像はイメージです 関連ニュース•

次の

新型コロナウイルスに関連した患者の死亡について|東京都のプレスリリース

配信者 死亡

溺死した男性の遺体を引き揚げる警察(東網より) 日本同様、中国の若者の間では動画配信で収入を得る者が増えている。 その数3億人といわれるが、注目を浴びるために危険な行為に及ぶ者も多く、事故が頻発している。 そんな中、人気配信者が生配信中に死亡するという事故が起こってしまった。 「半島網」(9月2日付)によると8月28日、江蘇省南京市の川で、人気動画配信者の男性が溺死した。 友人2人を連れ、市内の秦淮河で投網漁の様子を生配信していたという。 深夜1時からの配信にもかかわらず、およそ7,000人の視聴者が見守る中、事故は起こった。 友人2人と小型船上で作業を行っていたところ、配信者の男性がバランスを崩し、足を滑らせて、川に転落してしまったのだ。 カメラを片手に実況しながら、まさに網を巻き上げようとしていたときだった。 事故発生当時、夜で周囲は真っ暗だったうえ、雨で川が増水していたこともあって救助は難航。 視聴者たちの応援もむなしく、男性の姿は水面から消えた。 地元警察は、翌日午後4時過ぎになってようやく、心肺停止状態の男性を水中で発見した。 この地域の川では釣りが禁止されており、注意喚起の看板なども立てられていた。 警察は、2人の友人から事情聴取を行い、釣りを行った経緯などを調べている。 こうした動画配信中の死亡事故は、今回が初めてではない。 今年3月には大連市の男性が動画配信中に酒や油を大量に飲んで死亡する事故が、また5月には高層ビルで危険なパフォーマンスを行っていた動画配信者の男性が転落死している。 名を売りたいがため、PVを稼ぎたいがための命の危険を顧みない動画配信者に対し、サイト運営側はアカウント凍結などの措置を応じているが、対策としては十分とはいえないようだ。 (文=青山大樹).

次の

【鬼滅の刃】生存者・死者リスト表一覧!主要キャラの現状を解説!

配信者 死亡

「ふわっち ヤバい」で検索したあなたは、こんな噂を聞いたことがあったり、不安を抱えているのではないでしょうか? この記事では、ふわっちのやばいライバーについて解説します。 ふわっちはやばくありませんが、一部のふわっち上で活躍していたライバーはやばいと言われていました(今は運営の努力によりマシになってきた) 唯我氏:アカウントが無期限規制になった、前科多数の配信者 唯我氏は2011年頃から、ニコ生で活動をしていた配信者。 その頃から過去に窃盗や強姦などの犯罪歴があり、2019年にはリスナーから訴えられ民事裁判にかけられています。 以下が、訴訟の主な原因とされています。 脅迫 個人情報を無断に開示したプライバシーの侵害 それらに関する侮辱発言 2020年の2月、ついにふわっちではアカウントの無期限規制がかかったようです。 しんやっちょ氏:無免許運転で逮捕。 迷惑行為でも大物配信者 しんやっちょ氏は炎上系の配信者としてふわっちに限らず、知名度の高い大物配信者。 やばいふわっち配信者同士の交流も広く、コラボで迷惑行為に及んで度々炎上しています。 2018年には酒に酔った状態で店内の女性の顔を殴るなどの暴行事件を起こし、警察に逮捕されています。 さらに無人の交番に不法侵入し、ダンス配信を行ったことでもその場で逮捕。 そのほかにも、不謹慎な内容、ファンの個人情報を配信で勝手に流すなどの行為で何度も炎上しています。 ふわっちでは期間制限のBANを何度も受けています。 しかしアカウントの復活を繰り返し、現在はツイキャスやYouTubeでも活動を続けているようです。 唯我氏と喧嘩沙汰になり警察が出動した放送も ぜろわん氏は、ふわっちでは大物と言われる人気の配信者。 ランキング上位の常連であり、他のやばいふわっち配信者とコラボした配信が多いです。 やばいふわっち配信者同士のコラボ配信で、泥酔して道路に寝そべるなどの違法行為を配信。 さらにタクシーを捕まえて運転手に暴言を吐いたりと、迷惑行為を行なう配信者としても一定層のファンを獲得してしまっています。 【Pick UP!! 】しんやっちょ youtubarでぜろわんと唯我のイザコザが起きて店外に出る ぱるぱるが仲介に入っていたが唯我がぜろわんの左頬を殴り出血 彼女のくるは止める所かやるならやればいいじゃんと喧嘩を煽り自分の放送をつけだす始末 警察が到着し事情聴取しようとしたが唯我が逃亡した — ふわっち特派員yz fuwacheck つばにゃん氏:無許可の店舗撮影配信や、外部誘導で金銭の要求など 芸能事務所ホリプロに所属していた元女優で、フリーになってからニコ生でゲーム配信などの活動をしていたつばにゃん氏。 かわいらしい見た目と持ち前のセンスで人気の配信者です。 一方で配信内容やタイトルは過激なものが多く、過去に何度も炎上しています。 最近はふわっちだけではなくLINEなどを使った外部ツールに誘導後、リスナーと親睦を持ち、金銭を要求するなどの行為が問題視されています。 カラオケ音源の無許可利用 ライブ配信で人気のカラオケ配信でもつばにゃん氏は、最近話題になりました。 JOYSOUNDのカラオケ音源を勝手に使って配信をしたことで、リスナーが通報、注意喚起があったようです。 カラオケ音源の仕様に関して、「JOYSOUND」はふわっちの運営会社に対して過去に直接注意をいれています。 ふわっち運営も厳しく取り締まっているので、確実にライバーが悪いですね。 ふわっちが悪いわけではなくリスナーが悪い!凶悪な配信者の特徴 ふわっちの底辺配信者と言われる人々は、すぐにこのような配信に手を出します。 芸能人のスキャンダルに物申すコメント 自分自身の生活をさらけ出した捨て身の内容 配信者同士の煽り・罵倒合戦など…… ふわっちの優秀なシステムに便乗して、お手軽に視聴やNiceが稼げるスキャンダルや生々しい配信に手を出してしまいます。 死亡事故をネタにする倫理観のない配信者 2018年にふわっち配信者の「こうや」という方が亡くなっています。 他のふわっち配信者とも交流が多く、こうや氏が亡くなったという話は多くの配信者の間で話題にされました。 亡くなった原因は、詳しくは明らかにはなっていません。 しかし過去の配信やトラブルの履歴から、このどれかだろうと言われています。 大筋の内容は、こうや氏が亡くなった理由や本当に亡くなっているのかを証明する、という名目の配信。 交流があったふわっち配信者の金バエ氏、しんやっちょ氏と、こうや氏の元カノ・セフレを名乗る女性、さらに親族までもが登場しました。 信じがたい内容は、こうや氏が亡くなった時の写真を公開しそれを削除するというもの。 親族と電話をし、亡くなった事実を確かめる動きもあったようです。 写真の真意はさておき、不特定多数のリスナーが見る配信サービスでこのような内容を配信するのは異常です。 さらに視聴中のリスナーがライブ配信者に連絡を取る、配信場所を知っている同業者が現場に乗り込むなどの行為もあったようです。 配信者に同調してリスナーもやりたい放題ですが、配信者は放送を止めません。 ネット配信者が本当に亡くなっていたとしても、多くのリスナーはその真意を知ることはできません。 若くして人気のある配信者が亡くなったのなら、興味を持つリスナーが大量にいるのはふわっち配信者ならわかることです。 同じ配信者の死までも動画のネタにされてしまうことは、他の配信サービスでは即規制されて当然の内容です。 人生をネット配信に捧げる配信者と他人の人生に群がるリスナー どのネット配信サービスにも、配信業を本業にする専業配信者がいます。 ふわっちをメインとした専業配信者「せいZクレイジーパピヨン氏」の興味深いインタビューがあります。 「僕は全部さらけ出すスタイルです。 元妻も配信者なんですが、向こうが配信しながら養育費の取り立てにこられたときが一番バズりました。 テレビでもドキュメンタリー番組は人気があるジャンルで、それをテーマにすることは間違ったことではありません。 せいZクレイジーパピヨン氏の場合は、専業に至るため仕事を辞め離婚、そのトラブル模様まで配信しています。 覚悟のある振り切った事例ですが、配信者のトラブルやその人間模様を見て楽しむリスナーもリスナーでしょう。

次の