変わらないでそばにいて。 『建替え後も変わらない「江戸そば一筋」』by 砂場 : 並木藪蕎麦 (なみきやぶそば)

『変わらない? いや、変わっている』by kalimeris : 夕づる

変わらないでそばにいて

目次 そばを食べても太らないと言われる理由 まず、「そばを食べても太らない」と言われるのは、うどんやラーメンなどと比べると GI値と呼ばれる値が低いためです。 GI値とは、グリセミック指数とも呼ばれ、食品ごとの血糖値に与える影響を数値化したものです。 摂取する食品のGI値が高ければ高いほど、食後の血糖値が急激に上がってしまうので、より太りやすい食品とされています。 GI値が高い食品として知られているのが、米や麺類などの炭水化物が有名です。 特に うどんやラーメンなど小麦粉を原料としている食品とは特にGI値が高く、食後に急激に血糖値が上昇してしまいます。 しかし、そばの原料はそば粉なので、 小麦粉を主原料としている食品と比べると血糖値に与える影響が少ないため、ダイエットに良いと言われています。 もちろん、いくら食べても太らないというわけではありません。 GI値が低いといっても「他の麺類と比べると血糖値が急激に上昇しにくい」と言っただけです。 「そばだから大丈夫!」と言って暴食してしまえば、当然太ってしまうでしょう。 そばの落とし穴!ラーメン級に太りやすいそばも存在する? そばの原料はそば粉と言っても、みなさんが日常的に食べられているそばのほとんどは、そば粉の割合が半分以下です。 一般的なそばの原料はうどんやラーメンなどと同じで 小麦粉が一番多く使われています。 スーパーで売っている乾麺のそばの原材料を見るとそば粉ではなく、小麦粉が最初に書かれていると思います。 原材料の表示は多く含まれているものを最初に表記する決まりがあるので、小麦粉が最初に書かれていると言う事は、小麦粉がもっとも多い原料として使われているということです。 これはJAS法で割合が定められており、そば粉が3割以上入っていないと、そばと呼ぶ事が出来ないためです。 そばを販売する側もなるべく安い原料である小麦粉の割合を多くする事でコストを下げることを考えるでしょう。 そのため、 商品のパッケージに特に割合が書かれていなければ、そば粉の割合は最低ラインである3割です。 もちろん、小麦粉が多いとは言え、 そば粉もきちんと使われているので、他の麺類と比べると多少ダイエットに向いているかもしれません。 もはや色つきのウドン?お店で食べるそばに要注意 スーパーで売っているそばはJAS法の規定が適用されるので、基本的には原料に3割のそば粉が含まれて居ます。 3割未満の場合は、「そば粉2割」、「そば粉1割未満」と言った割合を明記しなければなりません。 しかし、一番問題なのが、レストランなどお店で食べるそばです。 きちんとしたそば屋さんであれば、そば粉の割合を8割にした「ニ八そば」や割合を10割にした「十割そば」を提供しています。 しかし、安いチェーン店などでは、 そば粉の割合は2割り以下、ヒドイ店だとそば粉1割り以下をそばとして提供している店もあります。 お店の場合、パッケージで売っているそばのようなJAS法が適用されないため、どんなにそば粉の割合を少なくしても、そばとして販売できることになっています。 ここまで、そば粉の割合が少ないとそばといえるようなものではなく、もはや色つきのウドンでしょう。 安いチェーン店やファミレスなどで食べるそばは そば粉の割合が全く分からないので、本当にダイエットに向いているかと言われると疑問です。 また、ヒドイ店だと、そば粉の割合を極限まで減らして、あとは着色料などで色をつけてしまうお店も少なからず存在します。 そば粉の割合が少なくなると、その分色も白くなってしまうので、そばらしさを出すために科学的な着色料で色付けを行っているのです。 もちろん、ここまでするお店は少数派だと思いますが極端に安い上に、色がしっかりついているそばを提供しているお店があったら疑った方がいいかもしれません。 そば粉たっぷり!ダイエットに最適な乾麺そば お店などで食べるとそば粉の割合が分からず、本当にダイエットに最適なのか分かりません。 そば粉の割合があまりにも少ないと、うどんやラーメンを食べた後にように血糖値が急上昇してしまい、結果として太ってしまいます。 また、スーパーなどで販売している一般的な乾麺のそばも、割合が特に表記されていなければ、基本そば粉の割合は3割だけです。 ここでは、ダイエットに最適な高そば粉割合の乾麺そばを紹介します。 滝沢更科 十割そば• また、十割そばはそば粉の割合が多い分、価格が非常に高いのが特徴ですが、 滝沢更科の十割そばは安価で購入できるのが特徴です。 価格は安いですが、そば粉の香りも強く、かなり濃い濃厚なそば湯も楽しむ事ができます。 価格や味などを考えれば、ダイエット中に食べる麺類としては最適といえるかもしれません。 山本かじの 国産の十割そば• 本来、原材料に関しては原産地を表記する義務がないため、一般的な乾麺のそばを購入しても原産地はどこだか分かりません。 実は日本で使われているそば粉のほとんどは 安価な中国産が利用されています。 ちょっと高くてもいいので、安心を買いたい方にオススメです。 山本かじの 伝統のニ八そば• アマゾンなどでは少し安く購入できます。 いきなり十割そばと慣れていない分、ちょっと食べずらいと感じる人も多いと思います。 そんな方は、そば粉の割合を少しだけ減らしたニ八そばがオススメです。 2割は小麦粉ですが、残りの8割はそば粉が使用されているので、十分ダイエットには適した商品でしょう。

次の

男は女を理解しないまま愛するーー角田光代訳『源氏物語』が伝える、千年経っても変わらない恋愛模様|Real Sound|リアルサウンド ブック

変わらないでそばにいて

1979年に発売されたウォークマンは90年代に販売の絶頂期を迎え、メディアを変えながら進化を続けています。 一方、89年に発売されたヘッドホンMDR-CD900STは、現在も販売が続く超ロングセラー。 両者を対比させながら、ソニーのオーディオの真髄に迫ります。 最高の音を楽しむという点でポリシーは一致している 携帯音楽プレーヤーの代名詞にもなっているウォークマンは、時代に合わせて常に進化を続けています。 メディアはカセットテープからCD、MD、メモリースティック、内蔵メモリーと、それぞれの時代において最先端をいくものを採用。 そして機能面でも、Bluetoothによるワイヤレス再生や、デジタルノイズキャンセリング技術、高解像度なハイレゾ音源再生への対応など、先進の機能をいち早く搭載してきました。 一方、モニターヘッドホンのMDR-CD900STは、1989年の発売以来いまも高い人気を誇るという驚異の超ロングセラーモデルです。 その音質は、音楽のプロフェッショナルの多くが「現在でも通用する」と太鼓判を押すほど。 リスニング用として愛用する一般ユーザーも数多くいます。 「絶えず進化を続けている」ウォークマンと、「普遍の音を鳴らす」MDR-CD900ST。 一見すると両者のポリシーは相反するようですが、実は「最高の環境で音を楽しむ」という目的の下では一致しています。 音を楽しむために、妥協することなく最新の技術を開発し続けるウォークマン。 音を楽しむために、完成の域に達している製品を目先だけ変えてリニューアルするようなことはしないMDR-CD900ST。 どちらも「ソニーらしさ」を体現している、究極の逸品といえます。 2MHzのハイレゾ再生に対応する最新モデル。 バランス出力端子やデジタルアンプ「S-Master HX」など、フラッグシップ機WM1シリーズで使われている高音質技術がふんだんに投入されています。 1インチ液晶タッチパネル。 左右の音声信号を完全に分離して、音を立体的に再現します いまだ現役で使われる伝説のモニターヘッドホン ソニー 実売価格1万6800円 1989年の発売以来、根強い人気を誇るロングセラー。 原音をそのまま再生することを目的とし、本来はプロが音楽制作の現場で使うモデル。 しかし、正確かつ精密な描写力から一般人の音楽鑑賞用としても愛用されます。 プロ御用達の品であることの証といえます 【解説してくれた人】 テクニカルライター 湯浅顕人さん MDR-CD900STは「聴こえる音が多い」ヘッドホン。 他モデルでは埋もれてしまう音もしっかり聴こえ、描写が正確です。 ウォークマンは、日本のオーディオシーンを作ったといっても過言ではないシリーズ。 いずれも間違いなくオーディオ機器の金字塔です! 協力:楽天市場.

次の

三菱商事・垣内社長が語る「変わらなければ未来はない」:日経ビジネス電子版

変わらないでそばにいて

けど、今でも現役で 変わらず活躍中。 お節の残りを食べながら、ボッーといろんな事を考える。 行きつけのお店も、泊まりに行く宿も、関わる人たちが同じく歳を重ねても、ずっとそこにあって(居て)欲しい。 最近、ホントにそう感じる。 長年、通っている近所のお店、経営者は 変わらないけれど働いているスタッフは何人もの人を見たなぁ(笑) 話しやすく親しみをもったスタッフが辞めたと聞くと、妙に寂しかったりするものだ。 好きだったメニューが「新メニューに 変わりました」っていうのも、さびしーというより、なんで?(笑) 変えないでよ!ってなる。 毎年購入する一年ごとの手帳 デザインが 変わるとホントに嫌! 使い慣れた物が一番なんだってば。 仕事場での事務処理や伝票類の 変化モロモロ・・・オバサンは変化に対応するのに時間が掛かる。 願わくば 変わらないでほしい。 同じがいい、そのままがいい、そのほうが心地いい。 変化を好まない・・・そんな年代になったんだわねぇ あけましておめでとうございます! 紅白は、私も見ましたが、なんだかもう「見たい」というよりも、風物詩の一つとしてこなしているだけな気がします。 さほど楽しくないし。 潔く、面白いDVDでも観ちゃった方がいいのかも?・・と思いつつも、毎年見ています^^; 新しい事に対応するのって、体力だけでなくかなりの精神力が必要ですからね~。 おっしゃること、わかります。 前に店舗経営のTVを見ていた時に、お店の季節商品など「新しいもの」の割合って、全商品のうち2割?3割?だったかな?それ以外は全て定番商品(変わらないもの)である・・と。 全体を見たときに、季節感や新しい感があるように見えて、実はほとんどが定番なんですね~。 自分的にも、人生それくらいがちょうど良いのかも?と思いました。 安心感プラス、ちょっとばかりの驚きとワクワク感。 正月早々、変な話で始めてスミマセン^^; 今年もどうぞよろしくお願いいたします。 wakyさん、今年もどうぞよろしくお願いしまーす^^ 昨年末の紅白は、後半だけ録画して後から見ました。 旦那が、高橋真梨子さんとレベッカだけ見れればいいっていうので~ そーいえば、wakyさんがお好きな大家族もの^^; あの芸能人になっちゃった大家族じゃなくて他の家族の石川さんち?でしたっけ あれ、昨日特番でやってて、しっかり全編見ちゃいました(笑) 19年も同じ家族の生活を追って、番組にしてるテレビ局もスゴイナと思いました^^; 店舗経営のTVのお話・・ふ~んなるほど~って思いました。 そういわれてみれば、毎日のように行ってるスーパーなど、季節ものや 特価品などは、店舗のエンドに(エンドってwakyさんお解りですよね^^;) どーんと置かれていますが、定番品(例えば調味料とか、乾物品とか)は いつもの定位置で尚且つ定番商品のような気がします。 ワタシ、前職が乳製品会社の営業のような仕事で、スーパーに商品をいい位置に 並べて貰う事と、いっぱい注文貰う事が仕事だったのですが、たまに商品陳列を 店舗の人に変わってお手伝いもするのですが、その時にお客さんによく話しかけられて 「前にここにあったあの商品・・もう作ってないの?」って^^; 他のメーカーさんは知りませんが、私が勤めてたメーカーは一度廃版にすると 二度と同じ商品は作らないのですよね・・・とはいえ、似たような(というかほぼ同じともいう^^;) 商品を名前を変えて、みたいなのはありますけど(笑) ん?なんか正月から私も変な話題ですみません^^; あけましておめでとうございます。 紅白、昔の紅白(30日とか放映だったかな?)のほうがいいかな。 (笑) 毎年、昔の紅白やるんだけどそっちのほうが好きかも。 で、今年のサプライズにはちょーがっかりんこ。 テレビに向かって「前田かよー、、」の突っ込みでした。 あっ、2日はジム行ったけどね。 satomiさんは、とんねるず嫌いなんだよね~。 「ひむらー!日村!!」でした。 (とんねるずの番組) 聖子ちゃん、あまりいじると崩壊するからあれくらいで(笑) 母が、テレ東の演歌?歌謡?番組見てて、「この人、昔はふっくらしていてかわいかったのに、、」と言ってたけど、 私がその人の原型を知らないのですが、相当いじりまくって原型をとどめてないそうです。 ってことで、今年もよろしくね! ろとさん、こんばんは!今年もよろしく~ パソメール覗いてくれたかしらん?^^; 今年のお正月、私もどっぷりマンションライフでしたよ(笑) 食う!寝る!の繰り返しだった~ ろとさんみたいに、元からスレンダーな人は、少しの体重増加も あれ?太っちゃった~になるだろうけど、あたしなんかは、もう平気(笑) 2、3キロ肥えても見た目大差ないしね^^; 格付けはじっくり見ちゃったけど、なんだかあの番組もそろそろマンネリかな。 予想が付いちゃうからイマイチ面白さにかけるわ。 あっガキ使も、私的には卒業かな(笑)ダウンタウンは同じ歳だけど そろそろ二人とも体力的に無理な感じが見ててするから。 ろとさんはダウンタウンは好きじゃなかったっけ? お正月の色々な番組は殆ど録画して、後から早送りしながら(笑)見る!っていうのが 我が家の定番になりつつありまする。 ろとさんのお母さんが言ってる、昔の歌手は・・・多分、弘田三枝子さんだと思われ^^; 確か、交通事故かなんかがきっかけで?整形を何度もしたってググると出てくるよ。 見てて可哀想だけど、ホントに原型とどめてないよ。 みゆみゆさん、こんばんは!今年もヨロシクです~^^ 昨日からもうお仕事だったんですね。 今年はお休みが短かったから、正月休み!って感じがしなかったですよね。 >うちも今年もたくさん旅行に行くぞ~~~!!! わぁーウチもウチも~(笑) 最近感じるんですけど(みゆみゆさんは活動的だからそんな事ないかな^^) 旅行はホントに体力があるうちに行かないと!って。 実家の母なんかを見てても痛感します。 連れていってあげたくても、歩く事自体困難になってしまったら どこにも行けないですもんね。 だから、私も元気で出掛けられる内に、いろんなとこ連れてって もらいたいです^^ 今年は・・・延び延び延期になってた女友達とのプチ海外旅行も いけたらいいなぁ^^ みゆみゆさんちは、サクッと海外行っちゃうものねぇ~ なんだか私は成田&羽田に行くまでが超~遠く感じます~^^; こばさん、こんにちは! 年末年始・・いろいろ大変だったのでしょうか・・ ゆっくり出来なかったのですかね・・ まぁでも生きていればいろいろあるよね^^; めげずにガンバロウ~(^^)v 紅白は、そうでしたねぇ ひろみ郷がトップで、聖子が大トリ(笑) 私達世代には、懐かしい面々で良かったです。 私も、なんかクリックしたら5000円のレジャー体験が ゲットできたんだけど、10000円以上の何かをしないと クーポン使えない!ってものでした。 なので使う事ないな(笑) by satomi-kazu at 13:42 by emi3393 at 06:58 by satomi-kazu at 23:58 by satomi-kazu at 23:01 by satomi-kazu at 22:54 by satomi-kazu at 22:36 by ルーシー at 21:49 by 2005-1127 at 16:36 by rinorino at 16:13 by mamimi-loves-leo at 15:23 by aiyaima at 00:40 by satomi-kazu at 21:40 by satomi-kazu at 21:42 by aiyaima at 23:16 by satomi-kazu at 23:42.

次の