ブリック アンド ウッド。 ブリック&ウッドクラブ_コース紹介/ゴルフ会員権はタクトへ

千葉のゴルフ場【ブリック&ウッドクラブ】

ブリック アンド ウッド

ミュアヘッド・フィールズとは当該ゴルフ場と、閉鎖型コミュニティである約9万坪を擁した土太郎村(ドタロウムラ)とで、構成されております。 土太郎村の開発は今をさかのぼる事約7年前の2010年より、ゴルフ場に隣接した自然豊かなエリアへ、出来る限り地産地消の材料での家造りとして着手されました。 2012年より第一期工事地区に家が建ち始め、昨年2016年には37軒となり、今後村全体で100軒ぐらいが建つ予定です。 この閉鎖型コミュニティである土太郎村へ、集まる人々の方向性は下記の4点に集約出来ます。 < 1. 新しい生き方の追及 2. 地産地消 3. エコフレンドリー 4. 直接民主主義 > 敷地内では4. 3メガワット規模の太陽光発電を行っており、住宅建設には村で伐採された杉やヒノキが使用されております。 また住民相互はプライバシーを尊重しつつも絆は強く、年6回開かれる村民定例会では様々な課題が話し合われております。 この様にして村民は、生き生きと豊かなライフスタイル実現を、目標としております。 当該ゴルフ場は1994年頃有志により『日本に無いクラブ』造りが発想され、そのコース設計をデズモンド・ミュアヘッドへ1996年依頼する事になりました。 2000年にコースが開場したのですが、会員構成は株主として、会員自らが経営に参画する方式としました。 会員がボランティアで自主運営して行くクラブですが、その経営基盤は会員の年会費と、会員による最低消費額負担制度(ミニマム・ユース)によって成り立っています。 クラブはスルーのセルフプレーを基本としつつも、プレーのみではなく会員相互の交流を主眼としたイベントなども数多く企画されており、また近年はジュニア対策にも力を入れています。 速足でミュアヘッド・フィールズを視て来ましたが、これは現在の日本がこれまでとは全く異なった社会構造へ突入し、新しい価値観の創造無しに未来が開けない事を、証明しようとしているのでは無いかと思われました。 ゴルフ場を含めた自給自足のコミュニティーを、垣間見る事が出来た様に思われます。 当該ゴルフ場の概略は、下記のリンクよりご確認頂けます。 リンク集.

次の

千葉のゴルフ場【ブリック&ウッドクラブ】

ブリック アンド ウッド

理想のゴルフクラブを目指して それは1994年のことでした。 日本の加熱した景気が去リ、多くのサラリーマンや起業家たちが長く暗いトンネルにスッポリはまった身をどうしたものかと暗瀧たる気分でいたころ、後のブリック&ウッドクラブ創始者となる坂征郎他数人がアメリカから帰国しました。 そして、その数人は久しぶりに日本のゴルフクラブで再会しました。 一人がこんな言葉を口にしました。 「日本のゴルフクラブは、なにかモゾモゾするな…」 「アメリカのゴルフ場のほとんどが、クラブは自分で持ち運びするのに、日本ではなぜキャディーさんが至れりつくせりするのか?」 「なぜスルーで回れず一時間近くも昼食をとらなければならないのか?」 「クラブハウスはあんなに立派な必要かあるのだろうか?」 アメリカから帰国したばかりの人々が、アメリカと日本のゴルフ場を比較すると、様々な点で開きがありました。 そして、そんな会話の後、自分たちのクラブが欲しい…、夢のような話に広がりました。 それから間もなくして、話は急展開します。 「自分たちの手によるゴルフ場作り」のチャンスが舞い込んだのです。 「ゴルフ場用地を入手できる!バブルに踊るのではなく、景気が低迷している今こそ、しっかりした計画を立てる好機だ!」 モゾモゾではなくスキッとした、今までにないような健全なゴルフクラブを仲間たちと手を携えて、自分たちで作ろうと考えたのです。 欧米では当たり前ですが、日本ではあリ得ないゴルフクラブ。 それは、完成したゴルフクラブにただメンバーが参加するだけではなく、メンバーみんなが作り上げていくゴルフクラブです。 クラブ運営のためのほとんどの仕事は、メンバー全員が話し合いをし、決定し、実行していく。 そして、出来上がってからもクラブを維持していくために、メンバーの力が必要になります。 そしてその力とは、権利と義務がセットとなった全員のボランティア活動です。 現在でも多くのメンバーがクラブ運営に関する何らかの委員会に属し、その代表の理事たちが月に1回会議を開き、クラブの運営を決めています。 自分たちのゴルフ場作りの夢は叶い、そして今、新たな道を進み始めているのです。 ミュアヘッドによる戦略コース 「今までにないまったく新しいゴルフクラブを作る」というメンバーたちの熱意を受け入れて、世界的に有名なコースデザイナー・デズモンド・ミュアヘッド(1924-2002年)が、ゴルフコースの設計をしてくれました。 ブリック&ウッドクラブのゴルフ場を設計するにあたって、クラブの代表者はミュアヘッドにいくつかの要望をのべました。 ゴルフコースは、自然を活かし、かつ戦略性に富んだコースに仕上げていただきたい。 また設計にあたっては、以下のA〜Dの4点に特に注意を払っていただきたい。 コースは、1 初心者にはやさしく2 中級者には気持ちよく3 上級者にはチャレンジングと、どのタイプのプレーヤーにも楽しめる、飽きのこないコースにしていただきたい。 コースの池や小川などの水周りは、自然と調和のとれた美しいものになるように仕上げていただきたい。 樹木の伐採については、なるべく自然破壊をおさえ、植栽については自然とのふれあいを大事にし、低コストでメンテナンスに費用のかからない、しかも美しいコースに仕上げていただきたい。 県道からクラブハウスヘの道路についても、コストを最小限に抑える工法で、美しく仕上げていただきたい。 出来上がったコースは、名匠デズモンド・ミュアヘッドが存分に腕をふるったタフなコースです。 「どんな感じ?」それは皆様の、ご自身の腕で味わってみてください。 voice ラウンドレビュー• 30代女性 「ぜひ、また行きたいです!」 なかなかトリッキーなコースで、とても楽しかったです。 ボール捜しさえなければ、スイスイまわれてストレスのないコースです。 是非また行きたいです!• 40代男性 「戦略的で楽しめます」 スループレイはリズムが良いですね。 コースも戦略的で楽しめます。 過剰なサービスを必要とせず、純粋にゴルフを楽しめる方にお勧めです。 60代夫婦 「最高のゴルフ場です!」 初めて行ったコース。 口コミ通り、コース管理が非常に良い。 今までプレーしたゴルフ場のなかでもトップクラスです。 アメリカンスタイルのスループレーで、純粋にゴルフを楽しむ人達には最高のゴルフ場です。

次の

ブリック&ウッドクラブのミニマムユースとは

ブリック アンド ウッド

理想のゴルフクラブを目指して それは1994年のことでした。 日本の加熱した景気が去リ、多くのサラリーマンや起業家たちが長く暗いトンネルにスッポリはまった身をどうしたものかと暗瀧たる気分でいたころ、後のブリック&ウッドクラブ創始者となる坂征郎他数人がアメリカから帰国しました。 そして、その数人は久しぶりに日本のゴルフクラブで再会しました。 一人がこんな言葉を口にしました。 「日本のゴルフクラブは、なにかモゾモゾするな…」 「アメリカのゴルフ場のほとんどが、クラブは自分で持ち運びするのに、日本ではなぜキャディーさんが至れりつくせりするのか?」 「なぜスルーで回れず一時間近くも昼食をとらなければならないのか?」 「クラブハウスはあんなに立派な必要かあるのだろうか?」 アメリカから帰国したばかりの人々が、アメリカと日本のゴルフ場を比較すると、様々な点で開きがありました。 そして、そんな会話の後、自分たちのクラブが欲しい…、夢のような話に広がりました。 それから間もなくして、話は急展開します。 「自分たちの手によるゴルフ場作り」のチャンスが舞い込んだのです。 「ゴルフ場用地を入手できる!バブルに踊るのではなく、景気が低迷している今こそ、しっかりした計画を立てる好機だ!」 モゾモゾではなくスキッとした、今までにないような健全なゴルフクラブを仲間たちと手を携えて、自分たちで作ろうと考えたのです。 欧米では当たり前ですが、日本ではあリ得ないゴルフクラブ。 それは、完成したゴルフクラブにただメンバーが参加するだけではなく、メンバーみんなが作り上げていくゴルフクラブです。 クラブ運営のためのほとんどの仕事は、メンバー全員が話し合いをし、決定し、実行していく。 そして、出来上がってからもクラブを維持していくために、メンバーの力が必要になります。 そしてその力とは、権利と義務がセットとなった全員のボランティア活動です。 現在でも多くのメンバーがクラブ運営に関する何らかの委員会に属し、その代表の理事たちが月に1回会議を開き、クラブの運営を決めています。 自分たちのゴルフ場作りの夢は叶い、そして今、新たな道を進み始めているのです。 ミュアヘッドによる戦略コース 「今までにないまったく新しいゴルフクラブを作る」というメンバーたちの熱意を受け入れて、世界的に有名なコースデザイナー・デズモンド・ミュアヘッド(1924-2002年)が、ゴルフコースの設計をしてくれました。 ブリック&ウッドクラブのゴルフ場を設計するにあたって、クラブの代表者はミュアヘッドにいくつかの要望をのべました。 ゴルフコースは、自然を活かし、かつ戦略性に富んだコースに仕上げていただきたい。 また設計にあたっては、以下のA〜Dの4点に特に注意を払っていただきたい。 コースは、1 初心者にはやさしく2 中級者には気持ちよく3 上級者にはチャレンジングと、どのタイプのプレーヤーにも楽しめる、飽きのこないコースにしていただきたい。 コースの池や小川などの水周りは、自然と調和のとれた美しいものになるように仕上げていただきたい。 樹木の伐採については、なるべく自然破壊をおさえ、植栽については自然とのふれあいを大事にし、低コストでメンテナンスに費用のかからない、しかも美しいコースに仕上げていただきたい。 県道からクラブハウスヘの道路についても、コストを最小限に抑える工法で、美しく仕上げていただきたい。 出来上がったコースは、名匠デズモンド・ミュアヘッドが存分に腕をふるったタフなコースです。 「どんな感じ?」それは皆様の、ご自身の腕で味わってみてください。 voice ラウンドレビュー• 30代女性 「ぜひ、また行きたいです!」 なかなかトリッキーなコースで、とても楽しかったです。 ボール捜しさえなければ、スイスイまわれてストレスのないコースです。 是非また行きたいです!• 40代男性 「戦略的で楽しめます」 スループレイはリズムが良いですね。 コースも戦略的で楽しめます。 過剰なサービスを必要とせず、純粋にゴルフを楽しめる方にお勧めです。 60代夫婦 「最高のゴルフ場です!」 初めて行ったコース。 口コミ通り、コース管理が非常に良い。 今までプレーしたゴルフ場のなかでもトップクラスです。 アメリカンスタイルのスループレーで、純粋にゴルフを楽しむ人達には最高のゴルフ場です。

次の