ブルートゥースイヤホンおすすめ。 【価格帯別】マニアが厳選!おすすめの高音質イヤホンランキング

水泳用bluetoothイヤホン人気おすすめ10選!とにかく水泳に合うイヤホンはこれだ!!

ブルートゥースイヤホンおすすめ

水泳用Bluetoothイヤホンとは? そもそも、水泳用Bluetoothイヤホンとはどのようなものなのでしょうか。 一番の特徴は、使用環境に適した防水性を有している点が挙げられます。 防水機能を備えた製品は数多くありますが、その性能を示している表示がある事をご存知ですか? その表示とはIPXという表示です。 例えば防水タイプと銘打たれていてもIPX7と書かれたタイプの防水性は以下を表します。 「 一時的に一定水深の条件に水没しても内部に浸水しない」 IPX7 この一時的は約30分、一定水深は1mを意味しており水泳には向いていない事が判ります。 水泳用Bluetoothイヤホンの定義として、防水表示がIPX8以上のイヤホンを選ぶ事が最低限必要な要素と言えます。 水泳用Bluetoothイヤホンのメリット 水泳用Bluetoothイヤホンを使用した場合のメリットは何が考えられるでしょうか。 当然、 スイミング中に好きな音楽を聴きながら泳げる事も大きなメリットの一つです。 単調で辛く感じてしまう事もあるスイミングも音楽を聴きながら泳ぐ事で楽しみながら泳げてモチベーションの向上に役立つでしょう。 また、水泳用Bluetoothイヤホンの中には加速度センサーが内臓されているタイプもあります。 加速度センサーが内臓されている場合、自分がどれだけ泳いだかを自動記録してくれるためカロリー消費量や泳いだ距離などをデータとして見る事ができます。 明確な目標がある方にとっては、トレーニング量を視覚化できるという事は大きなメリットになります。 ダイエットを目標としている方であれば消費カロリーを見れば達成感をより感じる事が出来るでしょう。 楽しみながら泳げるメリットや、機能性のある水泳用Bluetoothイヤホンを使用する事でデータの視覚化というメリットもあるのです。 水泳用Bluetoothイヤホンの注意事項 水泳用Bluetoothイヤホンを使用する上で注意すべき点について解説します。 まず、 プールやジムなどの施設によって水泳用Bluetoothイヤホンの使用を禁止としている場合が挙げられます。 これまでは• 水没による故障の危険性がある為• 音漏れによる周囲への迷惑を防ぐ為• 非常時における指示が聞こえない可能性がある為• イヤホンケーブルによる事故防止の為 以上の理由から禁止されているジムやプールが多くあります。 水泳用Bluetoothが普及してきた現在では、使用できる施設も増えてきましたが公営プールなどでの使用は未だに禁止とされる場合が多いようです。 自分が泳ぐ環境によって、せっかく水泳用Bluetoothを購入しても使用不可の場合もあるためしっかりと確認をしておきましょう 水泳用Bluetoothイヤホンの選び方!! 機能面 水泳用Bluetoothイヤホンを選ぶ際に役立つ機能面を解説します。 水泳用Bluetoothイヤホンには、単純に音楽を楽しむだけのタイプから様々な機能を兼ね備えたタイプまで幅広く選択肢があります。 基本的に、機能性を多く備えるタイプになるほど価格は高くなります。 音楽を再生するだけの機能性で問題ない方であれば、5000円前後で購入できます。 より多機能を備えた水泳用Bluetoothイヤホンは高価になっていくため予算や目的に合わせて選ぶと良いでしょう。 音楽を楽しむ以外で持つ機能性で代表的なものはやはり加速度センサー搭載タイプでしょう。 泳いだ距離や消費カロリーを記録できる為、より効果的に泳ぐ事ができます。 他にも、 使用中であっても周囲の音を聞くことが出来る様に骨伝導の仕組みで音を伝える機能を持つ水泳用Bluetoothイヤホンもあります。 自分が泳ぐ際に必要な機能はどういったものなのか?をしっかりと考えて機能を選ぶことをおすすめします。 形状 水泳用Bluetoothイヤホンの形状は大きく分けると2つに分類されます。 一つは、普通の音楽プレイヤーと同じように本体とイヤホンという二つのパーツから構成されているタイプ。 特徴としては本体を視覚的に操作できるため、操作面という点で優れている事が挙げられます。 普段の生活で音楽プレイヤーを扱った事があれば、特に操作が難しいと感じる事は無いと言えるでしょう。 もう一つは、本体とイヤホンが一緒になっている一体型水泳用Bluetoothイヤホンです。 一体型は、耳元に本体が付いている為慣れない内は操作にとまどう事があるかもしれません。 しかし、 激しい運動で本体が外れてしまうという心配が少ないという利点があります。 まとめると、激しい運動には一体型が向いていて運動強度が少なければ操作性に優れた通常型がおすすめとなります。 自分がプールやジムで行っている運動がどの程度の強度かによって選ぶと良いでしょう。 SONY NW-WS620シリーズ 「SONY NW-WS620シリーズ」は、メモリー内蔵のスポーツ用ウォークマンです。 性能面での特徴は防水性と防塵性の高さです。 プールはもちろん、海中や砂浜などでも使えるタフな仕様となっています。 また、水や塵などの侵入を防ぐために、USB端子がない構造です。 機能面での特徴は、外音取り込み機能と急速充電機能です。 周りの音を聞きたいときに、内蔵されているマイクが機能して音を取り込んでくれます。 装着していても、適度な音量であれば、音楽を聴きながら会話できるほどクリアに聞こえます。 電車内で音楽を聴きながらアナウンスも聞けるので便利です。 充電については、わずか3分の充電で1時間使用できます。 急いで使いたいけれど充電が残りわずかなときなどに便利です。 最新)SONY WF-SP900 「SONY WF-SP900」は、最先端の完全ワイヤレスイヤホンです。 主な特徴は、防水性と防塵性の高さ、音質の良さ、優れた操作性、快適な装着感の4点です。 防水性と防塵性は、NW-WS620シリーズと同様に高く、プールや海でも使うことができます。 音質は非常に素晴らしいです。 新開発のBAドライバーの採用により、繊細さと細やかさが一段とアップしています。 操作性の良さとしては、音量調節が簡単にできることです。 本体の表面を素早く2度タッチするだけで音量調節ができます。 ボタン操作がしにくい水中などで便利です。 屋内・屋外を問わず様々なシーンで使えるように、装着感にこだわっています。 耳の収まり具合いが大変良いです。 付属の水泳用イヤーピースは4種類のサイズがあり、装着位置は2段階での調整が可能となっています。 防水性能はIPX8と高いので、水泳だけでなく、サーフィンなどでも使用できます。 イヤホンは、軽量で柔らかく、特殊な構造により耳にしっかりとフィットします。 左右の耳それぞれに対応したイヤホンは、ステレオ高音質を提供してくれます。 また、microSDカードから音楽を再生するので多くの音楽を聴くことが可能です。 屋外でたくさんの音楽を楽しみたい方におすすめです。 Eplze新しいクール4GB防水IPX8スポーツ防水MP3プレーヤー カラー ブラック/ホワイト/ピンク/ブルー 形状 イヤホン 重量 約20g 連続再生可能時間 約6時間 低価格で使いやすいウォータースポーツ愛好家向け 「Eplze新しいクール4GB防水IPX8スポーツ防水MP3プレーヤー」は、スイマー、サーファーなどのウォータースポーツ愛好家向けに設計されました。 コンセプトは、ウォータースポーツ選手の運動能力に与える影響を最小限に抑えて使えることです。 コンパクトな軽量設計のため、快適な使用感で、持ち運びが便利。 また、イヤホンは耳掛け式になっているため、はずれにくくて使いやすいです。 最初は低価格品で始めたいという方におすすめします。 ただし、音質は価格相応のため、音楽をあまり気にしない方に向いています。 オンビートスイマー OB370SM カラー ブラック 形状 クリップ 重量 ー 連続再生可能時間 約10時間 水泳にも音楽にも集中できるお手頃価格の音楽プレーヤー 「オンビートスイマー OB370SM」は、水泳用として最適な完全防水のMP3プレーヤー内蔵ヘッドホンです。 イヤホンとしてだけでなく、耳栓としても機能します。 大きな騒音がするような場所でも、しっかりと音楽を聴くことができます。 余計な雑音が耳に入らないので、プレーに集中することが可能です。 連続使用可能時間は約10時間であり、水泳の途中に電池切れになる心配もありません。 値段はそれほど高くないので、お手頃な水泳用音楽プレーヤーを探している方におすすめです。 Temdan Bluetooth イヤホン カラー ブラック 形状 イヤホン 重量 約5g 連続再生可能時間 約24時間 長時間使用できて持ち運びが便利なコンパクトイヤホン 「Temdan Bluetooth イヤホン」は、24時間連続使用可能なワイヤレスイヤホンです。 イヤホンの防水性能はIPX8。 大きさは100円玉より小さく、重さ5g弱です。 耳の内部構造をもとにデザインされているので、耳のくぼみにもピッタリします。 長時間着用しても耳へのストレスが少ないです。 コンパクトな充電収納ケースは、耐水性と耐衝撃性を備え、付属のストラップを付けることにより、アウトドアでも使えます。 水泳はもちろん、他のスポーツやアウトドアなどで長時間使いたい方におすすめです。 Totemoi ワイヤレスイヤホン カラー ブラック サイズ イヤホン 重量 約5g 連続再生可能時間 約6時間 最新技術を搭載した操作が簡単な完全ワイヤレスイヤホン 「Totemoi ワイヤレスイヤホン」は、Bluetooth5. 0第3世代を採用した完全ワイヤレスイヤホンです。 防水性能は、IPX8の完全防水で高いです。 最先端技術の採用により、透き通った高音質を提供してくれます。 低音は迫力や質感がたっぷりで、中高音はクリアでバランスがよいです。 操作性もよく、ワンボタン設計により、あらゆる操作がイヤホン本体をタッチすることでできます。 尚、バッテリー残量は充電ケースにLEDで表示されるので、一目瞭然でわかりやすいです。 操作が簡単なので、ワイヤレスイヤホンの初心者の方におすすめです。 AGPTEK S07 カラー ブルー 形状 - 重量 18g 連続時可能間 約18時間 ウォータースポーツ専用で性能・機能が高い 「AGPTEK S07」は、優れた性能と機能を備えた高音質のMP3プレーヤーです。 水泳などの選手や愛好家向けとして設計されているため、防水性能が高いです。 海水対応、防塵性、耐熱性・耐寒性などの環境対応もしっかりと図られています。 独自技術であるデジタルノイズ低減チップの採用により、水中でもHIFI高音質の音楽を提供してくれます。 水中でも音楽を聴きやすくするために、ヘッドホンのコードは短くなっているので便利です。 ウォータースポーツ専用の音楽プレーヤーを探している方におすすめです。 Sewobye 8GB防水MP3プレーヤー カラー ブラック/ブルー 形状 - 重量 約20g 連続再生可能時間 約16時間 高い防水性能と音質が魅力の水泳に適した音楽プレーヤー 「Sewobye 8GB防水MP3プレーヤー」は、防水性能と音質が高い音楽プレーヤーです。 防水性能はIPX8で、ステレオジャックには腐食防止のために金メッキ加工が施されています。 HIFIロスレスの高音質で、水中でも素晴らしい音を提供してくれます。 また、16時間再生可能で、メモリー容量は8GBと大きく、メモリーの中の全曲のシャッフル再生が可能です。 イヤホンのコードが短いため、コードの長さを気にせずに水泳に集中することができます。 防水・音質ともに高いレベルの音楽プレーヤーを探している方におすすめです。 防水性能はIPX8で、プールなどの水中でも使用できます。 メモリー容量は4GBで、連続使用可能時間は約10時間です。 音楽をランダムに再生することもできます。 フィット感がよく、スポーツで激しい動きをしても取れません。 付属のイヤーピースが水中用と陸上用に別々になっているので嬉しいです。 デザインがシンプルなので、性別・年齢を問わず、誰でも使えます。 手始めにワイヤレスイヤホンを試してみたい方におすすめです。 Beker 骨伝導水泳防水MP3プレーヤー カラー ブラック 形状 ー 重量 34g 連続再生可能時間 約8時間 取付けが簡単で使用感の優れた骨伝導タイプ 「Beker 骨伝導水泳防水MP3プレーヤー」は、骨伝導タイプの音楽プレーヤーです。 音は振動により骨を通して直接内耳に伝わるので、イヤホンは不要です。 耳をふさがないので、束縛感などがありません。 小型軽量のため、ゴーグルのバンドの後頭部やスイミングキャップの内側に、簡単に取り付けることが可能です。 人間工学をもとにしたデザインにより、快適な使用感を長時間持続できます。 防水性能はIPX8で海水対応です。 イヤホンやヘッドバンドが不要な骨伝導タイプを好む方におすすめです。 Tayogo W01 カラー ブラック K 形状 ー 重量 約60g 連続再生可能時間 約5時間 シンプルで装着しやすい骨伝導タイプ 「Tayogo W01」は、ヘッドホン一体型の骨伝導タイプの音楽プレーヤーです。 防水性能はIPX8。 海水対応、防塵性、耐熱性・耐寒性など環境対応がしっかりと図られています。 パッドを耳の前方に当てて、ヘッドバンドで後頭部に固定して使います。 形状がシンプルなため、装着しやすいです。 メモリー容量が8GBと大きく、数多くの音楽をダウンロードすることができて、メモリーカードとしても使用できます。 ワイヤレスケーブルの取扱いがしやすい骨伝導タイプを好む方におすすめです。 この記事で紹介している商品一覧 商品画像 商品名 elecfanJ ワイヤレス充電式 スポーツヘッドセット Eplze新しいクール4GB防水IPX8スポーツ防水MP3プレーヤー オンビートスイマー OB370SM Temdan Bluetooth イヤホン Totemoi ワイヤレスイヤホン AGPTEK S07 Sewobye 8GB防水MP3プレーヤー WINTECH AMP-624WP Beker 骨伝導水泳防水MP3プレーヤー Tayogo W01 購入先 まとめ 水泳用Bluetoothイヤホンの選び方やおすすめについて紹介しました。 水泳用Bluetoothイヤホンと一口に言えど、機能性や形状によって価格も変わってきます。 何を買えばよいか悩んでいる方は、自分がプールでどのような練習をしているのかを振り返り水泳用Bluetoothイヤホンで何がしたいのかを考えると適したタイプが見えてきます。 ジムやプールによっては水泳用Bluetoothイヤホンの使用が禁止されている場合もあるため、購入前にしっかりと確認しておくことをおすすめします。 SPOSHIRUおすすめ情報! こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめする お得な情報をご紹介します! ストレスフリーの超快適マスク! すぐ乾くからムレにくい スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。 ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。 何度も洗えるから臭わない 毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。 2ヶ月使えば1日33円。 もう使い捨てマスクを買う必要はありません。 整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減 崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある 『立方骨』に着目! 立方骨を支えることで、足の骨格を修正。 直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。 また、全面に『ポロン素材』を使用。 衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。 足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!.

次の

3,000円以下のブルートゥースイヤホンのおすすめは?音質も価格も妥協しない3つの基準

ブルートゥースイヤホンおすすめ

音楽を楽しみたい方は両耳タイプがおすすめ 両耳タイプはイヤホンのケーブルがなくなったタイプで音楽を楽しみたい方に適しています。 おすすめのイヤホンはこちらです。 SoundPEATS サウンドピーツ Q30 Bluetooth イヤホン【全6色】 軽量でコンパクトな作りが特徴のイヤホンで連続再生なら8時間使用でき、防水で防塵使用で使い勝手も良いです。 しかも高速充電で1時間も充電すれば約7時間使える優れもの。 人間工学に基づいたデザインなので耳にしっかり固定され外れにくく、柔らかいフックが付いており長時間着けていても痛くなりにくい設計です。 定価は約5,000円ですがamazonでは3,000円台で購入できます。 安くて品質を求めている方に最適です。 ランニングなどスポーツ時に使うなら完全ワイヤレスが最適 両耳タイプとは異なり完全ワイヤレスなのでランニングやジムで使う時に便利なブルートゥースイヤホンです。 EmiLinx ワイヤレスイヤホン 両耳タイプのようなワイヤーもなく髪に引っかかったり、肌にあたることもないのでスポーツをする方に向いています。 完全ワイヤレスタイプは使用時間が両耳タイプの約半分ほどです。 EmiLinxの連続使用時間もさきほど紹介したイヤホンの半分の約4時間です。 ですが収納ケースでも充電ができるので1回の使用時間は短くてもそこまで不便を感じません。 EmiLinxの特徴は、イヤホンの外側をタッチするだけで音楽の再生やスキップ、通話などもワンタッチで操作できることです。 また両耳でも片耳でも使え、1セットを2人で使うこともできます。 防水性にも優れているので汗や雨などにも強く、夏の暑い日や雨の日でも気にせず使えます。 通常ワイヤレスイヤホンは、高いものだと20,000円以上しますし、EmiLinxと同じクオリティのイヤホンだと5,000円から7,000円ほどが相場です。 EmiLinxはこれだけ機能性に優れているのにもかかわらず 価格は3,000円台後半とコスパの高い商品です。 音楽よりも通話を重視したいなら片耳タイプが便利 「通話品質」に優れているのが片耳タイプです。 電話を良くする方やドライバーさんにおすすめです。 Glazata Bluetoothヘッドセット 片耳タイプは、音楽を聴くというよりも通話をするのがメインのブルートゥースイヤホンです。 完全ワイヤレスタイプのブルートゥースイヤホンと比較すると、、マイクの性能や通話品質は比べ物にならないほど良く、価格帯が安いのも魅力です。 イヤホンタイプ 両耳、片耳 でもマイクはついていますが、基本的には音楽を楽しむものなのでマイクの性能は片耳タイプと比べるとどうしても劣ります。 通話を良くする方や運転中にお使いになる方はこの片耳タイプがおすすめです。 片耳タイプの相場は2,000円台から4,000円台と比較的安いですが、その中でも Glazataは約1,500円とコスパが良く口コミなどの評価も高い商品です。 ソニー製のコスパが良いブルートゥースイヤホン オーディオ機器では国内外で定評のあるソニーは、ブルートゥースイヤホンでも人気があります。 ソニー製は高い!と思われがちですが、実は幅広い価格帯の商品があり、安価のイヤホンも多数あります。 今回はその中でコスパの良いソニー製のブルートゥースイヤホンを2タイプご紹介します。 ソニー SONY WI-C300ワイヤレスイヤホン2018年タイプ おすすめポイント• ソニー製なので 音質が良い• 連続8時間使用できる• 15gしかないので 長時間着けていても楽• 全4色 黒、白、青、ピンク ソニー製のイヤホンは10,000円~20,000円が相場です。 その中で5,000円台で購入でき、機能性も他の商品と比べても劣りません。 長時間音楽を聴く方や音質にこだわる方にもおすすめのブルートゥースイヤホンです。 安いだけのブルートゥースイヤホンは選んではいけない ブルートゥースイヤホンに限らず音楽機器は安くて粗悪な商品も多いです。 どこのメーカーかわからない商品や明らかに相場より安いものは粗悪品の可能性が高く、使ってすぐに壊れたり、音割れや通話切れを頻繁に起こします。 いくら安くてもお金を出して買うわけですから、購入前にしっかり口コミや販売元のサポートを確認しましょう。 ちなみに下記の画像はamazonで売られている安いブルートゥースイヤホンのレビューです。 商品名は明かしませんが、両耳タイプのイヤホンで1,000円以下の商品です。 レビューを書き込みしている方の30%以上が星1つの評価にしています。 このように安かろう悪かろうの商品も多いので購入前にどんな口コミがあるのか見ることも大切です。 古くて安いブルートゥースイヤホンはスマホとの規格が合わない? 今発売されているブルートゥースイヤホンの規格は、ブルートゥース2. 0、3. 0、4. 0のものが主流です。 ブルートゥースは、新しいバージョンになるほど通信速度が速くなり、通信範囲も広がり、電力の消費も少なくなります。 最新のスマホに搭載されているブルートゥースは、バージョン4. 0の規格のものがほとんどです。 なのでブルートゥースイヤホンもスマホの規格に合わせて選ぶようにすると充電が長持ちしやすくなったり、通信品質も向上します。 ちなみにイヤホンがバージョン3. 0でスマホの方がバージョン4. 0の規格違いでもブルートゥースは上位互換できるのでそのまま使えます。 その場合は、バージョンが低い方に合わせて接続されます。 ブルートゥースのバージョンは、3. 0と4. 0では消費電力の差しかありませんが、2. 0と4. 0では通信速度や範囲に大きな差があります。 ブルートゥースイヤホンを購入するなら最低でも3. 0以上のバージョンにしましょう。 まとめ 安いブルートゥースイヤホンでも機能や音質は優れている 今回紹介したブルートゥースイヤホンは、低価格で音質と機能性に優れたコストパフォーマンスが高い商品ばかりです。 音楽をよく聴く方なら両耳タイプ• 運動中の使用なら完全ワイヤレスタイプ• 運転中の通話重視なら片耳タイプ など、ご自身の生活に合わせて使い分けると良いでしょう。 amazonや楽天でも人気で口コミでも高い評価を得ています。 もし、気に入った商品があれば試してみてください。 うぇぶまにあおすすめのスマホグッズもどうぞ。

次の

防水Bluetoothイヤホンのオススメ5選!プールOKな商品も紹介!

ブルートゥースイヤホンおすすめ

By: スポーツ中にイヤホンを使用する場合は、運動中の汗や雨水などの侵入を防ぐ必要があるため、防滴・防水加工が施されているモデルがおすすめです。 防水性能は「IPX4」などと表示されていることが多く、数値は0~8で表されます。 使用数値が大きいほど防水性能が高くなり、スポーツ用としては「IPX4」以上の製品がおすすめです。 マラソンに出る機会の多い方など、雨天時の使用頻度が高い方は「IPX5」以上の製品を選ぶようにしましょう。 はずれにくいモノを選ぼう By: スポーツ中にイヤホンを使用する場合は、動きが激しくなることから、装着性の高い製品がおすすめです。 耳に引っ掛けて使うイヤーフック型は安定性が高め。 また、イヤーチップやイヤーピースの素材も確認しておきましょう。 ソフトシリコン製など、柔らかくて耳の奥までしっかりフィットする製品もおすすめです。 左右一体型か完全ワイヤレスイヤホンがおすすめ By: スポーツする際に邪魔にならないよう、イヤホンは左右一体型か左右分離型の完全ワイヤレスイヤホンがおすすめです。 左右一体型のイヤホンは、再生機器とイヤホンの間のケーブルがなく、左右のイヤホン同士はケーブルでつながれているタイプ。 完全ワイヤレスタイプよりも音質が安定するのが特徴です。 なかでも、ネックバンド型のモノであれば、外れにくく首からぶら下げて使用できます。 スポーツ中にイヤホンを着脱することが多い方はチェックしておきましょう。 一方で、完全ワイヤレスイヤホンは、再生機器だけでなくイヤホンにもケーブルが全くないタイプ。 スポーツ中でも邪魔にならないため、自分の動きたいように動きながら音楽を楽しめます。 ケーブルのわずらわしさから解放されたい方はチェックしておきましょう。 連続使用時間をチェック By: Bluetoothイヤホンは内蔵バッテリーで動作します。 持続時間は、数時間程度のモノから10時間以上のモノまで製品によってさまざま。 一度の運動で長時間音楽を聴きたい場合は、連続使用時間が長いBluetoothイヤホンを選ぶのがおすすめです。 なお、急速充電ができるモデルなら、もしバッテリーが切れてもすぐに充電ができるので、あわせてチェックしてみてください。 機能で選ぶ ノイズキャンセリング機能 By: ノイズキャンセリング機能は、周囲の騒音をカットしたい際に役立つ機能です。 車の走行音や周囲の話声などを抑えて、Bluetoothイヤホンから流れる音楽に集中できます。 また、ノイズキャンセリング機能は運動をしながら音楽を聴くときだけでなく、語学学習をしたいときや音声通話をしたいときなど、普段使いにも便利な機能です。 加えて外音取り込み機能のついているモデルなら、周囲の雑音をカットしつつ、電車のアナウンスなどの必要な情報だけを聞き取れます。 外音の大きさを調節できる製品もあり、街なかで使いたい方におすすめです。 マイク・リモコン機能 By: リモコンを搭載しているBluetoothイヤホンは、スポーツをしながら本体を操作したいときに便利です。 例えば、ケーブルにリモコンを搭載したモデルなら、前を向いて走りながらでも耳元でボリューム調節ができます。 また、リモコンにマイクを搭載したモノなら音声通話も可能です。 ただ、リモコンで操作可能な項目は製品によって異なるため、事前に確認しておきましょう。 心拍数測定機能 By: 心拍数測定機能はスポーツ時のデータを残したい方におすすめの機能です。 心拍数を測ることで運動量の目安にしたり、自分の体力を数値化したりできます。 運動の目安となるだけでなく、体調管理にも便利です。 特にランニングをする方は、心拍数を意識して走ることで周囲に惑わされず自分のペースを維持できます。 専用アプリで目標心拍数を設定したり記録したりできるモノなら、さらに便利です。 スポーツ用Bluetoothイヤホンのおすすめメーカー ソニー SONY By: ソニーは音響機器だけでなくさまざまな電子機器で高い技術力を誇るメーカーです。 LDACコーデックの開発メーカーでもあり、音質のよさが魅力。 高低のはっきりとした華々しいサウンドが特徴です。 幅広い価格帯のモデルを発売していますが、低価格のモノでも優れた音質を備えています。 ノイズキャンセリング機能を備えた製品や防水性能の高い製品など、機能が充実したモデルが多いのもポイントです。 サウンドピーツ SoundPEATS By: サウンドピーツは価格重視の方におすすめの音響機器メーカーです。 完全独立型や左右一体型のBluetoothイヤホンを取り扱っています。 5000円以下で手に入る安価なモノもあり、入門機としてもおすすめです。 2013年に設立した比較的新しい会社ですが、バッテリー持ちのよさやコストパフォーマンスのよさなどから人気があります。 ジェイビーエル JBL アクティブユーザー向けの完全ワイヤレスイヤホン。 IPX5相当の防水性能を備えているほか、耳を完全に塞がずとも周囲の音を自然に取り込める「Run-fit形状」を採用しているのもポイント。 タッチセンサーによる操作感度も良好です。 連続使用時間はイヤホン本体のみで約8時間、充電ケースとの併用で約26時間とスタミナも十分。 充電時間はイヤホン本体が約1時間、充電用ケースが約2時間となっています。 また、10分間の充電で約1. 5時間の再生が可能な「Fast Charge」に対応しているのも魅力。 長くハードに使い続けられるBluetoothイヤホンを探している方はぜひチェックしておきましょう。 アルミ調デザインを採用した、スタイリッシュな完全ワイヤレスBluetoothイヤホンです。 IPX7と高い防水性を有しているため、雨天時のランニングなどにも使用できます。 イヤホン本体は約2時間の充電で約10時間の連続再生が可能。 充電ケースに収納すれば約20時間の再生を可能にしており、スポーツを楽しむ際や通勤・通学に充電切れを心配せずに使用できるおすすめモデルです。 ハンズフリー通話やボイスアシスタント機能が便利。 右イヤーピース本体のボタンを2回押せば、Siriなどのボイスアシスタントを起動できます。 また、ボタンを1回押すだけで音量を下げられるため、トレーニング中に一時的に会話したいときなどに便利です。 汗をかいたり、急な雨に降られたりする野外環境での使用が多い方におすすめのBluetoothイヤホンです。 Qualcomm aptX audio対応で、高品質なサウンドを楽しめます。 ダイヤモンドコーティングを施したドライバーが、音質のよさを実現。 マイクには通話時の雑音を除去する「cVc8. 0 ノイズキャンセリング」が搭載されているため、通話相手にストレスを与えにくいのも特徴です。 専用のSoundcoreアプリをスマホに入れれば、イヤホンに搭載されたタッチパッドの操作をカスタマイズできます。 また、音の聞き取りやすさをアプリ上で測定し、自分だけのHearing Profileを自動で作成。 22種類のイコライザーから好みの設定に変更できるので、運動中や作業中でも音にこだわって音楽を聴きたい方にぴったりのモデルです。

次の