広島 カープ バティスタ。 バティスタの契約解除

広島、バティスタを解雇 ドーピング違反で断!薬物摂取故意か否か…明確にならず/広島カープ/野球/デイリースポーツ online

広島 カープ バティスタ

広島は2日、ドーピング違反で出場停止処分を受けていたサビエル・バティスタ外野手(28)との契約を解除したことを発表した。 昨年6月のドーピング検査で陽性反応を示したことが8月17日に発表され、同年9月から6カ月の出場停止処分を日本野球機構(NPB)から科されていた。 球団は本人の禁止薬物摂取が故意か否かの調査を続けたが、それが明確にならなかった点が契約解除最大の理由だと説明した。 球団のシビアな処置がバティスタに下された。 17年から結んだ6年契約の契約満了を待たずしての契約解除。 出場停止期間最終日だったこの日、自由契約選手として公示された。 鈴木清明球団本部長は「契約の継続をやめようと。 原因を突き止められなかった」と契約解除に至った理由を説明した。 球団はバティスタの母国・ドミニカ共和国にトレーナーを派遣して調査。 しかし本人の禁止薬物摂取が意図的であったかどうかを確認できず、今回の判断を下した。 「『故意でない』と言えないし、総合的に判断して」と同本部長。 摂取の経緯が不透明な状態であることが、球団の判断を裏付ける最大の理由となった。 契約解除は日本時間2月27日付で行われ、本人にその旨を伝えた際には動揺もあったという。 摂取が故意であるか否かに加えて、バティスタ本人のモチベーションも球団の判断材料となった。 ドミニカ共和国でのウインターリーグでは不振続き。 球団は遠く離れた地からでも、本人の意欲をくみ取ろうとした側面もあった。 だが松田元オーナーは「本人がどれだけ一生懸命やるか、遠くから見ていたけど…」と、結局その意欲が伝わらなかったことも契約解除の一因と説明した。 昨季は103試合で打率・269、26本塁打、64打点。 だがチームはバティスタの長打力よりも、キャンプから台頭を続ける若手選手の成長に期待した。 佐々岡監督は「球団の方針に従うだけです」とした上で「戦力的にはキャンプを通して堂林、安部、ピレラが好調を維持してくれている。 松山も含めて、いるメンバーで戦っていきたい」と話した。 指揮官と同じく、松田オーナーも「伸びている若手の間口を広げる方がいいんじゃないかと。 監督も変わったばかりだし、勝ちたいから」と今回の事態に関しての考え方を示した。 だが、しかるべき措置の裏には勝つための将来的なチームビジョンがあったと言える。

次の

X.バティスタ(広島東洋カープ)

広島 カープ バティスタ

広島は2日、ドーピング違反で出場停止処分を受けていたサビエル・バティスタ外野手(28)との契約を解除したことを発表した。 昨年6月のドーピング検査で陽性反応を示したことが8月17日に発表され、同年9月から6カ月の出場停止処分を日本野球機構(NPB)から科されていた。 球団は本人の禁止薬物摂取が故意か否かの調査を続けたが、それが明確にならなかった点が契約解除最大の理由だと説明した。 球団のシビアな処置がバティスタに下された。 17年から結んだ6年契約の契約満了を待たずしての契約解除。 出場停止期間最終日だったこの日、自由契約選手として公示された。 鈴木清明球団本部長は「契約の継続をやめようと。 原因を突き止められなかった」と契約解除に至った理由を説明した。 球団はバティスタの母国・ドミニカ共和国にトレーナーを派遣して調査。 しかし本人の禁止薬物摂取が意図的であったかどうかを確認できず、今回の判断を下した。 「『故意でない』と言えないし、総合的に判断して」と同本部長。 摂取の経緯が不透明な状態であることが、球団の判断を裏付ける最大の理由となった。 契約解除は日本時間2月27日付で行われ、本人にその旨を伝えた際には動揺もあったという。 摂取が故意であるか否かに加えて、バティスタ本人のモチベーションも球団の判断材料となった。 ドミニカ共和国でのウインターリーグでは不振続き。 球団は遠く離れた地からでも、本人の意欲をくみ取ろうとした側面もあった。 だが松田元オーナーは「本人がどれだけ一生懸命やるか、遠くから見ていたけど…」と、結局その意欲が伝わらなかったことも契約解除の一因と説明した。 昨季は103試合で打率・269、26本塁打、64打点。 だがチームはバティスタの長打力よりも、キャンプから台頭を続ける若手選手の成長に期待した。 佐々岡監督は「球団の方針に従うだけです」とした上で「戦力的にはキャンプを通して堂林、安部、ピレラが好調を維持してくれている。 松山も含めて、いるメンバーで戦っていきたい」と話した。 指揮官と同じく、松田オーナーも「伸びている若手の間口を広げる方がいいんじゃないかと。 監督も変わったばかりだし、勝ちたいから」と今回の事態に関しての考え方を示した。 だが、しかるべき措置の裏には勝つための将来的なチームビジョンがあったと言える。

次の

広島、バティスタを解雇 ドーピング違反で断!薬物摂取故意か否か…明確にならず/広島カープ/野球/デイリースポーツ online

広島 カープ バティスタ

プロフィール 本名:サビエル・アレクサンデル・バディスタ 生年月日:1992年1月18日 27歳 出身地:ドミニカ共和国サン・ペドロ・デ・マコリス 利き腕:右投げ右打ち ポジション:一塁手、外野手 2009年に大リーグのシカゴ・カブスと契約したものの、最高でA級までしか昇格できず、ルーキー級に降格した2013年のシーズン途中で退団。 その後、故郷のドミニカ共和国へ戻り自主トレを行っていたところ、2015年に カープアカデミーへ入所。 2016年3月9日に、育 成選手としてカープに入団しました。 1年目から多くの実戦経験を積み、2017年は39試合の出場で 打率. 363、14本塁打、38打点とその時点でウエスタン・リーグ3冠王という成績を残し、6月2日から見事に支配下選手としての契約となりました。 バティスタは2試合連続安打。 バティの調子とともにチームの得点力も急降下な訳だけど、それだけ存在が大きくなっているということ。 この時期をいかに短くするかが大事。 何とか立て直そうとする強い意識は伝わってくる。 きっとまた爆発してくれる。 この年は、1軍での出場は61試合ながら11本塁打を記録。 ウエスタン・リーグでは公式戦で21本塁打を放ち、 本塁打王を阪神タイガースの陽川尚将選手と共に獲得しました。 2018年は前年を上回る99試合の出場で、規定打席未到達ながら丸佳浩選手 現ジャイアンツ 、鈴木誠也選手に次ぐ チ ーム3位の25本塁打を放ち、 シーズンでの本塁打率は302打席で10. 92という非常に高い数字を残しました。 この数字は、ネフタリ・ソト選手に次ぐリーグ2位となります。 口の中で謎の膨らみ!? バティスタ選手が 試合中に口の中を膨らませていることについて、その膨らみが何なのか話題になっています。 これについては色々と推測されており、当初はマウスピースなのではとされていました。 確かに打撃中、特にバットがボールに当たる瞬間は奥歯に大きな力が掛かります。 近年では高校野球でも使っている人がおり、彼が使っていても不思議はありません。 しかしながら、 彼の口の中の膨らみは片側に集中していることから、マウスピースの可能性は低そうです。 その他に、ハイチュウではないかという憶測もありました。 メジャーでのプレー経験が無いとは言え、彼が食べていても不思議ではありません。 しかしながらハイチュウはガムと異なり、ずっと口の中から消えないものではないため、この可能性も低そうです。 最も有力なのが 噛みタバコです。 日本人にはあまり馴染みがないかもしれませんが、アメリカではかつて土の球場が多かったことから口の中が乾燥することを防ぐため、噛みタバコを噛むことは公にも認められていました。 また、煙による肺活量の低下がないことから、現在でも愛用する外国人選手は多いです。 彼が噛みタバコを口の中に含んでいると推測できる大きな理由は、 試合中にグラウンドやベンチで痰を吐く光景をよく見ることにあります。 これは噛みタバコが ニコチンを含む物質であり、飲み込めないためです。 片側の頬だけが膨らんでいる様子と、頻繁に痰を吐き続ける行為を合わせて考えると、噛みタバコと推測するのが最も妥当でしょう。 まとめ いかがでしたか?ちなみに2019年のバティスタ選手は、 6月19日現在で全67試合全てに出場し チームトップの18本塁打。 打率と打点もチーム1位の鈴木誠也選手に次ぐ. 290、42打点と大活躍。 初の規定打席到達も十分に考えられそうです。 チームのリーグ4連覇に向けて、この先もチームに貢献するバッティングを見せて欲しいですね。

次の