イオン モール 四日市 泊。 イオンタウン四日市泊 2019年11月16日(土)開業!全108テナント一覧!最新情報も!

イオンタウン四日市泊

イオン モール 四日市 泊

イオンタウン四日市泊のオープン日 オープン日がやっと発表されました。 11月16日(土)にグランドオープンです。 イオンタウン四日市泊のテナント 1F イオンタウン四日市泊のテナントは 、108の専門店とマックスバリュが出店することになりました。 ファンション関係では、GUとユニクロが同時出店するのが注目ですね。 ユニクロなら国道1号線沿いにあるので、これまでとあまり変わりませんが、GUは鈴鹿市か桑名市まで行かないといけなかったので助かりますね。 その他は、Honeys、ほていや、Right-On、MeersAnswerなどがあります。 飲食では、レストラン&カフェ11店、フードコート9店、食物販9店が出店します。 中でも スターバックスが入店するのが嬉しいです。 鎌倉パスタをはじめ、倉式珈琲、サイゼリア、店外にはケンタッキーフライドチキンもありますよ。 カルディコーヒーファームもあるので、珈琲の試飲をひそかに楽しみにしています。 その他にも、沖縄の人気ステーキ店「やっぱりステーキ」、握りたてを特急レーンで運んでくれる回転ずしの「新 握一番」、伊賀のもくもくファームが手掛ける「農場カフェ」、京都嵐山の「清修庵」、日本酒と伊勢湾直送の海鮮が楽しめる「海の台所 鱗屋」、地元四日市で有名なタピオカの「ボバカフェ」あります。 「やっぱりステーキ」は、千円からご飯食べ放題でしたよ。 会社の同僚を誘って行きたいです。 生活雑貨では300円均一の「スリーピー」が、家電はジョーシンが出店します。 携帯ショップも、スマホのau、ソフトバンク、ドコモ、Yモバイルが一箇所にまとめてありますので、契約時には比べてみるのもいいかも。 変わったお店として、羽毛布団も洗えるコインランドリー「ランドリーカーサ」があります。 自転車販売はイオンバイク、スーパーは、24時間営業のマックスバリューです。 日永カヨーはスーパーサンシが入店しているのですが、品揃えが違うので期待できます。 運動系では、24時間営業の「エニタイムフィットネス」、ホットヨガスタジオ「アミーダ」、「ポジティブストレッチ」があります。 ホンダの本拠地がある鈴鹿市に近いからでしょうか、ファミリー向けモータースポーツ施設として「MIE Route 1 Circuit」が開店します。 日本初のショッピングセンター内に、EVカートのコースが設置されるんですよ。 2F 2Fのフードコートには、サイゼリア、餃子の王将、ペッパーランチ、マクドナルド、パルメーラ、四代目横井製麺所をはじめ、四日市出店初「おさかなごはんbowl kitchen」、三重県初出店のから揚げ専門「鶏匠縁屋」、「名古屋めしかま濃」、鈴鹿の「中華そば大林」もあります。 地元ならではのお店があって嬉しいです。 グッズでは、ダイソー、三重県初出店のニトリ「デコホーム」があります。 スポーツオーソリティ、東急ハンズ、BOOK PARK「ミヨッカ!?」、スタジオアリスもあるので助かりますね。 お子さん向けには、「イオン新体操」、そろばん教室88くんやセイハ英語学院といった学習教室もあります。 イオンゴールドカード、イオンラウンジ会員証、イオンオーナーズカードがあれば、三重県下最大級の「イオンラウンジ」が使えます(10:30~19:00)。 空港のラウンジみたいですね。 専門店の営業時間は、 ・物販・サービス専門店10時~21時 ・レストラン10時~22時 ・ウエルシア9時~23時 で、年中無休です。 残念ながら、イオンタウン四日市泊には映画館と温泉は設置されませんでした。 映画館であれば、近鉄四日市駅前の109シネマズかイオンシネマ鈴鹿、イオンシネマ東員に行くしかないですね。 温泉は、天然温泉ジャブ(三重県四日市市波木町1077-73)が近いです。 イオンタウン四日市泊の保育園 イオンタウン四日市泊店には、保育園が開設されますよ。 「 イオンゆめみらい保育園」と言います。 開園日は365日、7時から20時まで預かってくれるとか。 布団の持ち込みが不要で、音楽に合わせて歌ったり、踊ったりするリトミックもあります。

次の

イオンタウン四日市泊店|24時間営業のフィットネス ジム|エニタイムフィットネス・四日市

イオン モール 四日市 泊

aeontown. pdf より引用 気になるのはイオンタウン四日市泊はリニューアル後にどんな施設になるのか。 イオンタウン四日市泊の 完成予想図はある? 完成予想図は 現段階ではまだ発表されていません。 イオンタウン四日市泊は どんな商業施設になるのか いったいどんな施設になるのか・・・ 気になりますよね。 ここでは自由は発想で、 考えてみたいと思います。 イオンタウン四日市泊は クローズドモール型に生まれ変わる? 一口にイオンといっても ご存知のとおり店舗ブランドはたくさんあり、• イオンモール• イオンタウン• イオンスタイル などなどのブランドを展開し、会社もわかれています。 たとえば、 イオンモールはイオンモール株式会社が運営。 イオンタウンはイオンタウン株式会社が運営。 などです。 今回のイオンタウン四日市泊はイオンタウン株式会社の運営ですので、イオンタウンが行うショッピングセンターをみてみます。 イオンタウンが展開するショッピングセンターの形態は 3種類! イオンタウンが展開するショッピングセンターの形式は3種類。 下にまとめてみました〜。 屋根がなくオープン。 駐車場を囲むようにして各専門店や店舗が並びます。 イオンタウン荒尾(熊本県)や イオンタウン野田七光台(千葉県) まず、従来のイオンタウン四日市泊ですが おそらくイオンタウンの中で一番多いであろう 典型的な『 オープンモール型』ですね。 マックスバリュがメインに敷地内に複数の専門店が入っています。 クローズドモール型もありなくない? それは、なんといっても敷地面積にあります。

次の

イオンタウン四日市泊

イオン モール 四日市 泊

概要 [ ] 旧店舗 [ ] 東亜紡績 現・ 泊工場跡地を 同社とが共同で再開発し 、「パワーシティー四日市」として1995年 平成7年 3月15日に開業した。 約10万m 2の敷地に 、開業時点で9棟の建物で構成された形式のショッピングセンターで 、様々な業態のカテゴリキラーなど28店舗が出店していた。 開業時にはイオングループの当時の新業態であった「」と「」が初めて同時に出店したほか、ケーヨージャスコ「」も出店するなどイオンが当時総合スーパー以外で展開し始めていた大型店を揃って出店していた。 この「マックスバリュー」は第1号店「江刺店」に次ぐ2号店であった。 またイオングループ以外では、玩具などの大型店 やが5,000m 2を超える大型の娯楽施設 などが開業時に出店していた。 核店舗の1つ「マックスバリュ四日市店」は、開店当初はジャスコの直営店であったが、2001年8月20日に 吸収分割 方式によってが運営を引き継いだ。 イオンリテールの運営していた中小型ショッピングセンターをの運営に委託することになったことに伴って同社の管理運営に移行し 、 平成23年 11月21日に「 パワーシティ四日市」から「 イオンタウン四日市泊」に名称が変更された。 平成30年 、建て替えのため一旦閉店。 新店舗 [ ] イオンタウンは10月29日に起工式を行い、本格的建設工事に着工。 2019年4月24日、先行してスーパービバホーム四日市泊店がオープン。 11月16日、メイン棟含めた全店舗がグランドオープンした。 この際に核店舗のマックスバリュ四日市店がマックスバリュ四日市泊店に店舗名を変更。 イオンタウンと名乗る施設の中では表記上、イオンタウンユーカリが丘に継いでなんと、日本で2番目に大きい店舗となっている。 新店舗は約700m北側の敵対関係にありイオンタウン四日市泊の開業により日永カヨーにとって大きな痛手となった 沿革 [ ]• 7年 - イオン初のパワーセンターとして「パワーシティ四日市」が開業。 平成13年 - 核店舗のマックスバリュの運営会社がからに変更。 平成23年 - 施設名称をパワーシティ四日市から「イオンタウン四日市泊」に変更。 平成30年 - 建て替えのため全区画閉店。 平成31年 - 別棟ホームセンターが先行してオープン。 2019年 元年 - グランドオープン。 令和2年 - 最寄りバス停名を「泊町北」から「イオンタウン四日市泊」に変更し、敷地内に移設。 テナント [ ] 新店舗は全108店舗、そのうち三重県初出店が22店舗、四日市初出店が45店舗、地元 三重県に本社がある 企業が22店舗となっている。 過去にあった大型テナント [ ] スポーツオーソリティ 先述の通り、開業時点では「マックスバリュー」や「メガマート」、「ビッグ・バーン」といったイオングループの大型店のほか 、「トイザらス」 やの大型の娯楽施設「ガルボ」 、メンズプラザアオキなどが大型のテナントとして出店していた。 その後、競合の増加により、商圏が合わなくなった「メガマート」、「ビッグ・バーン」はそれぞれ「スポーツオーソリティ」の日本2号店 、「オフィスマックス」の日本1号店 とイオングループが海外の会社と提携した新規形態店舗への入れ替えが行われた。 その後テナントの入れ替え、運営者変更などがあり、24時間営業でが運営する「マックスバリュ」、「スポーツオーソリティ」、「トイザらス」などが代表的な大型のテナントとなった。 閉店時に存在した大型テナント [ ]• :5,747m 2 開業時は3,195m 2• :4,220m 2• ・:2,654m 2• ザ・ダイソーイオンタウン四日市泊店• 三洋堂書店イオンタウン四日市泊店• スギ薬局イオンタウン四日市泊店• ライトオンイオンタウン四日市泊店• 四日市泊アミューズメントパーク 旧SC運営中に閉店したテナント [ ]• :4,220m 2 後のスポーツオーソリティ• :4,765m 2 セガエンターテイメント四日市ガルボ屋内遊園地:5,000m 2超 後の服部家具センター部分 ・マクドナルドパワーシティサテライト店 (開業からしばらくは当施設内にマクドナルドが2店舗あったが片方は閉店し、後にワイモバイルとなる。 ) 旧イオンタウン四日市泊時代の構造 [ ] パワーシティ四日市時代はメインゾーンと、サブゾーンが完全に分かれており雨の日には少し不便であった。 (メインゾーンは、今で言うイオンタウン本館の場所、サブゾーンは今で言うスーパービバホームの場所) メインゾーンにあったテナント (現在のイオンタウン四日市泊本館の場所)• マックスバリュ• セガエンターテイメントの四日市ガルボ(後に服部家具センターとなる)• トイザらス・ベビーザらス• ザ・ダイソー(後にサブゾーンへ移店)• スギ薬局• 三洋堂書店(ダイソー移店跡に開業)• ケンタッキーフライドチキン• マクドナルドパワーシティ店(後にイオンタウン四日市泊店となる。 ベビーフェイスプラネッツ• 歌行燈• サイゼリヤ• 四日市泊アミューズメントパーク(セガエンターテイメントの四日市ガルボが閉店後セガとは別の場所に四日市泊アミューズメントパークが開業)• スポーツオーソリティ(メガマート閉店跡に開業、国内2号店) サブゾーンにあったテナント (現在のスーパービバホームの場所)• オフィスマックス(後に閉店し、ダイソーとふとんのタナカ)• グッドウィル(後に閉店し、ホビーショップタムタム)• マクドナルドパワーシティサテライト店(同施設に2店舗もいらないことから、後に閉店し、跡にワイモバイルが開業) 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 2018年8月1日. 2018年8月21日閲覧。 2018年9月3日閲覧。 日本食糧新聞社. 1995年9月30日• 2018年8月30日. 2018年10月26日閲覧。 2017年12月31日. 2018年7月1日閲覧。 イオンタウン株式会社 2018年10月24日. 2018年10月24日閲覧。 株式会社 2017年12月5日. 2018年3月9日閲覧。 日本食糧新聞社. 1995年3月29日• 日本食糧新聞社. 1995年2月6日• , p. 674. 日本食糧新聞社. 1995年9月30日• - マックスバリュ中部ニュースリリース、2014年8月20日閲覧。 日本経済新聞社. 2013年10月24日• 株式会社 LIXIL ビバ 2019年4月9日. 2019年4月12日閲覧。 イオンタウン株式会社 2019年10月30日. 2019-11-31閲覧。 , p. 695. , pp. 675,695. 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 旧店舗のウェブアーカイブ• - アーカイブの仕様上ヘッダーがイオンタウン四日市泊 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の