どんなときもwifi 安い。 通信障害に注意!どんなときもWiFiがつながらない場合の返金・無償解約について徹底解説

料金プラン|【公式】どんなときもWiFi

どんなときもwifi 安い

項目別オススメWiFi• ただし、 どんなときもWiFiは3年目以降、料金が500円Upして3,980円になります。 2年限定で使うなら良いですが、そのあとは他社への乗り換えを検討した方が良いかと。 一方、 限界突破は3年目以降も料金変わらずです。 『2年間の総額』でも見てみましょう。 また、どんなときもWiFiの方は3年目以降500円Upするため、長い目でみても限界突破WiFiの方が安いです。 そして、 補償内容もどんなときもWiFiの方が良いでしょう。 どんなときもWiFiでは、故障の場合は新品と 交換、水没・全損の場合は中古品Aランクと 交換です。 交換だと修理中使えない…!といったことがないので良いですよね。 限界突破WiFiは「交換」の文字がなかったので、修理中はWiFiが使えない状態になるのではと思います。 とはいえ水没させたり故障させてしまうことはなかなかありません。 補償内容まではあまり気にしなくて良いのかも?しれません。 月額料金の差と補償オプションの差で相殺されましたね。 2年間限定で使う&補償オプションを付ける方は、料金以外の比較結果を重視した方が良さそうです。 ただしこれはどこの無制限WiFiでも同じ。 完全なる無制限のポケットWiFiはありませんのでご注意ください。 とはいえ明確な基準が無いのでなんとも言えませんけどね。 というわけで制限される可能性はあるため、 「制限時の速度」にも注目すべき。 どんなときもWiFiの制限時速度は 384kbps。 384kbpsだと軽い通信(LINE、Twitter等)なら問題ないと思いますよ。 限界突破WiFiは制限時の速度の記載が見つかりませんでした。 128kbpsとかだったら使い物になりません… 記載していただきたいですね…! というわけで 通信制限の点では、 どんなときもWiFiがオススメです。 (とはいえ、通信制限をするのはキャリア側。 どんなときもWiFiと同様384kbpsではと思いますけどね。 どんなときもWiFiの端末はスタイリッシュで良いですが、 限界突破WiFiの端末は 液晶付き。 スマホがなくても この端末だけでも地図や翻訳アプリ等を使用することができます。 また 接続可能台数は、 どんなときもWiFiが 5台、 限界突破WiFiは 8台。 多くの機器を接続したい方は限界突破WiFiの方が良いでしょう。 見た目の好みは別れるかと思いますが、 端末の機能面から考えると限界突破WiFiの方が良いでしょう。 どんなときもWiFiは利用可能国を 2つのエリアに分けていて料金も2パターンでわかりやすい。 一方、 限界突破WiFiは 国ごとに異なる&使える容量ごとに料金が異なります。 使える日数が異なるため、単純には比較できません。 海外での使い方によってどちらを選ぶかが変わってきます。 例えば、 LINEやTwitterで文字のやりとりをする程度であれば通信容量は少なめなので、 限界突破WiFiが安くて良いでしょう。 しかしながら 限界突破WiFiは 更新月が3ヶ月あるのが特徴的。 めずらしいですね。 他社だと更新月は1ヶ月間のみというところが多く、解約したかったのに更新月がいつの間にか過ぎてた…!といったこともよくあります。 その点限界突破WiFiは3ヶ月あるため、2年で解約したい場合、 更新月を逃さず解約金を払わずに解約できるでしょう。 また、 3年目以降の解約費用が5,000円とかなりお安いのもいいですね。 こういった点を考慮すると、 解約に関しては 限界突破WiFiの方が良いでしょう。 明らかにこっちがいい!といえる比較項目はあまりありませんでしたが、 大きく差があるのは料金と解約についてです。 (補償オプションをつけても120円安い。 ) さらに、 3年目以降も限界突破WiFiの方が安いです。 (どんなときもWiFiの料金が、3年目以降500円Upの3,980円になってしまうため。 さらにもしその更新月を超えてしまっても、解約費用は5,000円で済みます。 5,000円はかなり良心的ですよね。 と、いうわけで 料金と解約を重視するなら限界突破WiFiをおすすめします。

次の

Mugen WiFi どんなときもWiFiを徹底比較!安いのはどっち?

どんなときもwifi 安い

どんなときもWiFiはお支払い方法によって、月額料金が異なります。 そのため、同じプランを申し込んだとしても、支払い方法が違うだけで、こんなに違うの・・・? とならないために! クレジットカード払いは、口座振替より 月額500円安いため、どんなときもWiFiを2年間使用した場合、口座振替を選ぶより 12,500円おトクになります! なお、口座振替を選択した場合、月額料金とは別に口座振替手数料200円が発生します。 送料はお客様負担 返却期限までに返却がない場合、返却時に故障が見られる場合、返却物に欠品がある場合は機器損害金として18,000円 税抜 を請求させて頂く場合がございます。 また契約事務手数料・決済手数料・付属品の合計額を代金引換にてお支払いいただきます。 お支払い方法に関係なく、法人契約の場合は身分証などのご提出が必要になります。 2台以上ご契約の場合はお支払い方法に関係なくお申込み審査させていただきます。 また充電器を別途ご購入いただいた場合も初回ご請求に1,800円 税抜 を合算してご請求させていただきます。 明細等はお送りしておりませんのでご了承ください。 利用国エリア 2 中東・南米・アフリカ•

次の

ギガ無制限ポケットWiFi5社をおすすめ全比較「どんなときもWiFi」と「よくばりWiFi」の違いは?「MUGEN WiFi」「限界突破WiFi」「めっちゃWiFi」

どんなときもwifi 安い

この記事でわかること• 話題の「どんなときもWiFi」と「よくばりWiFi」を比較する• ともに無制限にギガが使える優秀なポケットWi-Fiである• よくばりWiFi(公式): どんなときもWiFiは初月日割りになります。 2年間の合計費用もよくばりWiFiの方が安い 初月と翌月が無料になる上に、月額料金が30円安いので、 2年間の合計費用もよくばりWiFiの方が安くなります。 2年間の合計費用 どんなときもWiFi めっちゃWiFi 86,520円 79,700円 料金的メリットが大きいのは、圧倒的によくばりWiFiです。 どんなときもWiFiもよくばりWiFiも補償内容は一緒 どんなときもWiFiもよくばりWiFiも、端末補償オプションがあります。 料金はよくばりWiFiの方が安いです。 端末補償の料金 どんなときもWiFi めっちゃWiFi 月額500円 月額380円 加入しておくと、故障や水没した際に無料で修理・交換が可能です。 未加入の場合だと、何かあった場合に弁済金が18,000円もしますので、補償は加入をおすすめしています。 よくばりWiFiは端末補償も2ヶ月無料 よくばりWiFiの月額料金2ヶ月無料は、端末補償への加入が条件です。 なんだか騙された気がしてますが、実はこの 端末補償も2ヶ月無料となっています。 そのため、最初の2ヶ月間は端末補償に入って2ヶ月無料を適用させて、不要だと思った方は外せば問題ありません。 どんなときもWiFiもよくばりWiFiも、ルーターはレンタル品なので返却が必要です。 いざというときのために、端末補償には加入しておいたほうがいいでしょう。 現在、よくばりWiFiは「春のよくばりキャンペーン中」につき、今申し込んだ方のみ「3年目以降は端末の返却が不要」になります。 2年経ったら端末補償を外してしまいましょう。 どんなときもWiFiは3キャリア対応ですが、よくばりWiFiはソフトバンクにしか対応していません。 どんなときもWiFi:3キャリアのLTEに対応 どんなときもWiFiは、ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアに対応しています。 ただし、ほとんどソフトバンクにしかつながりません。 一応、その場所によって最適な回線につながる、ということになっていますが、十中八九ソフトバンクです。 稀に他の回線につながりますが、速度が遅くなりやすいという傾向があります。 よくばりWiFi:ソフトバンクのLTEのみ よくばりWiFiはソフトバンクのLTE回線にしか対応していません。 ソフトバンクがつながらないところでは、圏外になるということです。 ただし、このご時世 ソフトバンクだけが圏外になるような場所はほとんどなく、ほぼ全国どこでもつながると言っても過言ではないでしょう。 むしろ、ソフトバンク以外にはつながらないので、逆に通信が安定しやすいという考え方もできます。 速度に大きな差はない どんなときもWiFiもよくばりWiFiも、同じルーターを使います。 どちらも、 平均すると20~40Mbpsほど出ているので、大きな差はないと考えて大丈夫でしょう。 日常的に使う分には特に支障をきたすことはありません。 いっそソフトバンクにしかつながらないよくばりWiFiの方が安定していると感じています。 ドコモやauにつながってしまったばっかりに速度が遅くては意味がないですよね。 「春のよくばりキャンペーン」中につき、よくばりWiFiが非常に良心的な設定となっています。 よくばりWiFi:3年目以降の違約金なし 更新月以外の違約金 どんなときもWiFi よくばりWiFi 1年目 19,000円 18,000円 2年目 14,000円 9,500円 3年目~ 9,500円 春のよくばりキャンペーン中につき 無料 表のとおり、よくばりWiFiは3年目以降の違約金がありません。 なぜなら、そのときにはもっと良い条件のポケットWiFiが出ている確率が非常に高いから。 なので、正直3年目以降のことはあまり考えなくていいのです。 ただし、うっかり更新月で解約を忘れてしまった場合のことをふまえると、違約金が少ないに越したことはありません キャンペーン中とはいえ、3年目以降の違約金がないよくばりWiFiは非常に良心的と言えますね。 総合評価:よくばりWiFiの勝利 総合評価としては、よくばりWiFiの方が優れていることがわかりました。 どんなときもWiFiがよくばりWiFiより秀でているポイントは「口座振替で契約ができる」「サービスとしての実績」の2点です。 この2点を重要視するのであれば「どんなときもWiFi」を選ぶと良いでしょう。 それ以外の人は、素直に「よくばりWiFi」を選んでおきましょう。

次の