機械システム工学科。 学部案内 :: 機械システム工学科

佐賀大学理工学部 機械システム工学科

機械システム工学科

本コースで学んだ皆さんが、将来の社会において優秀な機械技術者あるいは教育・研究者として活躍されることを私たちは期待しています。 本コースの源は1923年(大正12年)に創設された福井高等工業学校機械科にありますが、その後の幾度かの変遷を経て、現在の大きな学科(コース)になったのは1988年(昭和63年)です。 90余年にわたる輝かしい伝統と実績のもとに、本コースの卒業生は本学の工学部では最多です。 皆さんの先輩諸兄は産官学の各界において幅広く活躍しており、企業を支える管理者・中堅技術者、さらには後輩をリードする指導者として社会から高い評価を得ています。 この間、1965年(昭和40年)には大学院修士課程が、1992年(平成4年)には大学院博士課程が設置されました。 高度科学技術を支えるための最新の教育・研究体制を充実させています。 1999年(平成11年)からは、大学改革に伴って新機械工学科がスタートしました。 ものづくりの基盤を支える機械工学科のおもしろさを発見し、高度な知識の必要性や社会における機械工学の位置づけを把握して、将来を視野においた開発設計能力を育てられるように教育研究分野を「機能創成工学」、「熱流体システム」、「システム制御工学」の3講座に改編しました。 2016年(平成28年)からは、新たに機械工学コース、ロボティクスコース、原子力安全工学コースの3コースによる機械・システム工学科がスタートしました。 皆さんは、低学年において教養としての共通教育科目や数学、物理といった専門基礎科目を履修するでしょう。 また、並行して3年次終了までに機械工学の理解に欠かせない実験や実習、並びに広範な学問分野に関する講義を受講することになります。 そして、最終学年では、それまでに習得した諸分野の知識・技術を総合的に組み立て、一人一人の創造力を十分発揮できる卒業研究が用意されています。 卒業研究を無事終え、さらに勉学を望む人には大学院への進学が、また一足早く社会で活躍したい人には就職が待ち受けています。 大学院(博士前期課程)では、より高度な専門知識の修得および研究を通して自ら課題を解決する能力に磨きをかけることになります。 近年、大学院修了生に対する採用要望が高いため、学部卒業生の約4割が博士前期課程に進学しています。 前期課程修了生は博士後期課程に進学できます。 ここでの3年間は、的を絞った研究テーマの研究を通し、課題を自らが設定できる能力を養います。 そして、学位論文を完成させ、学位(博士)を取得し、大学、大企業や諸研究機関での教育・研究・開発などの仕事に従事することになります。 機械工学コースの教育課程の特色 本コースでは平成16年度から日本技術者教育認定機構(JABEE)に対応した教育プログラムを開始しています。 本コースのJABEE準拠教育プログラムについてはをご覧ください。 企業・採用担当の皆さまへのお願い 2020年度卒業予定者の就職・採用活動について、機械工学コース就職担当からのお願いです。 詳しくはをご覧ください。

次の

佐賀大学理工学部 機械システム工学科

機械システム工学科

人や環境と関わるロボットたち 安全・安心で持続可能な社会を構築し、高レベルな健康維持および医療支援を実現するために、これらの目的に関連する多様で複雑な問題を解決し、高い付加価値を生み出し、社会を快適化するための機械システムが求められています。 そのようなシステムの開発には、システム工学、制御工学、ロボット工学、設計工学、生体工学、マイクロ・ナノテクノロジなどの学問領域を主体とする広範な知識と教養を有するとともに、それらを横断的な視点から活用できる人材が不可欠となってきています。 本学科では上記の学問領域の基礎を教育することにより、求められる理想社会を構築する機械システムを創り出すことのできる創造性豊かな人材を育成します。 知能機械コース 「知能機械」は、多様で複雑な問題を解決し、高い付加価値を生み出し、社会を快適化する「機械制御・知能化システム」および「サービス情報・ロボット工学」に関連する学問研究領域です。 知能機械システムの開発には、機械工学を主体とする広範な知識と教養を有するとともに、分野横断的な視点から活用できる能力が必要不可欠です。 知能機械コースでは、このような学問領域の基礎および機械システムに共通する学問を学び、ついで制御理論、システム設計、ロボット開発などの先端的・専門的学問分野についても学修します。 これらにより、高度専門的でありながら、横断的・俯瞰的な視野をも有することができる科目群を備えています。 生体機械コース 「生体機械」は、高度に発展しつつある生命科学を機械工学に採り入れ、医学と工学との連携(医工連携)にも密接に関係する新しい学問研究分野です。 すべての人に対する「高レベルな健康の維持」とそれを実現するための「医療の支援」は、今後ますます重要となる社会的ニーズです。 これらを実現するためには、「医用工学・生体工学」および「人間工学・福祉工学」などの身体の機能を把握・維持・強化・再建する工学技術の習得と研究開発が不可欠です。 生体機械コースでは、このような学問領域の基礎、および機械システム工学に共通する学問を最初に学びます。 次いで、細胞レベルから個体(人体)レベルに至るマルチスケールにわたる生命科学・工学に関する先端的・専門的学問分野についても学修します。 これらにより,高度専門的でありながら、横断的・俯瞰的な視野をも有することができる科目群を備えています。 カリキュラム 機械システム工学科では「知能機械コース」と「生体機械コース」のふたつの教育課程を設けており、2年次後期より各コースに所属し、各専門分野について学びます。 知能機械コース 「安全・安心で持続可能な社会」を実現するため、「機械制御・知能化システム」および「サービス情報・ロボット工学」に関連する学問領域の基礎および機械システムに共通する学問を学び、ついで固有の専門分野について学びます。 当該分野の基本的な問題に対して学修した知識を適用し、知能機械システムを創り出すことのできる創造性豊かな人材を育成します。 生体機械コース 「高レベルな健康の維持および医療の支援」を実現するため、「医用工学・生体工学」および「人間工学・福祉工学」に関連する学問領域の基礎および機械システムに共通する学問を学び、ついで固有の専門分野について学びます。 これにより、当該分野の基本的な問題に対して学修した知識を適用し、生体機械システムを創り出すことのできる創造性豊かな人材を育成します。 求める学生像 主な就職先 本田技研工業 東京都庁 ファナック 東海旅客鉄道(JR東海) トヨタ自動車 川崎重工業 SUBARU(旧:富士重工業) エヌ・ティ・ティデータ(NTTデータ) 大日本印刷 エヌ・ティ・ティ・コムウェア(NTTコムウェア) 日本国土開発 スズキ マツダ 日産自動車 いすゞ自動車 東日本旅客鉄道(JR東日本) 東芝 ニッキ オリンパス ダイキン工業 LIXIL KDDI 東日本電信電話(NTT東日本) 日本電気(NEC)富士通 横河電機 イトーキ 森永製菓 特許庁 日本郵政 茨城県庁 主な進学先 東京都立大学大学院 東京工業大学大学院 東北大学大学院 北陸先端科学技術大学院大学 電気通信大学大学院 東京医科歯科大学大学院 東京大学大学院 *本学科の前身となる「機械工学コース」、「知能機械システムコース」、「経営システムデザインコース」の合算情報を掲載しています。 (2014~2018年度実績) 教員一覧 入試情報(2019年度入試) 詳細については、必ず「入学者選抜要項」(7月初旬頃公表予定)及び「学生募集要項」(10月下旬頃公表予定)にてご確認ください。 () 一般選抜 試験教科• (前期)• 第1次選抜(大学入試センター試験)5教科7科目 国、地歴・公民、数、理、外• 第2次選抜(個別学力検査)3教科3科目 数、理、外• (後期)• 第1次選抜(大学入試センター試験)5教科7科目 国、地歴・公民、数、理、外• 第2次選抜(個別学力検査)1教科1科目 数 推薦入試 選考方法等• 一般推薦入試• 第1次選考:出願書類• 第2次選考:面接、口頭試問及び小論文• 指定校推薦入試• 出願書類及び面接により総合的に判定• 都立工業高校等特別推薦入試• 出願書類及び面接により総合的に判定 入学者の受入れに関する方針(アドミッションポリシー) の「アドミッションポリシー」をご確認下さい。 卒業の認定に関する方針(ディプロマポリシー)/教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラムポリシー) の「ディプロマ・ポリシー&カリキュラム・ポリシー」をご確認下さい。

次の

機械工学コース

機械システム工学科

当機械システム工学科では,上記の人材育成を目指して,学習・教育到達目標を次のように定める.• 人間社会と自然環境の調和を目指し,グローバルな視点から多面的に物事を考察することができる.• 良識を備え,技術者として社会に対する責任を認識できる.• 機械工学習得に不可欠な,基礎数学と力学の応用力を身につける.• 機械工学の基礎およびその応用力を身に付ける.• 工作実習,設計,製図を通してものづくり(作りmake,造りdesign,創りcreate)の素養を身につける.• 実験などを計画・遂行し,結果を工学的に考察することに関して,課題の発見,問題解決ができる.• プレゼンテーションをはじめとする国際的な技術コミュニケーション能力を身につける. カリキュラムの特色 本学科は,機械工学およびその関連領域において,専門的な基礎知識およびその応用力,ものづくりの素養を身につけた技術者となる人材を育成するための教育を行っています.また,本学科の教育課程は,JABEE(日本技術者教育認定機構)認定プログラムであり,卒業生はJABEEプログラム修了者としての資格が得られます. 1年次においては,機械工学を学ぶための動機付けを行なう新入生導入教育「創造工学入門」を始めとして,「教養教育科目」と専門科目を学ぶ上での礎となる数学,力学,図学などの「専門基礎科目」を中心に学びます. 2年次においては,機械工学の基礎を担う流体力学,熱力学,材料力学および機械設計,工作実習,設計製図などの「専門科目」の必修科目を中心に学びます. 3年次においては,「専門科目」の選択科目を中心に学び,専門科目に関するより深い知識を身につけます. 4年次においては,各教員の綿密な直接指導の下で『卒業研究』を行い,それまでに修得した知識と育んできた能力を生かして,新しいものを作り出すことや,未知の問題の解決を図ることへの挑戦を行ないます.また,卒業論文作成や試問会でのプレゼンテーションを通して,資料調査,文書作成,コミュニケーションの能力を身につけます. 学習・教育到達目標を達成するために必要な授業科目の流れ 研究分野案内 環境流動システム学分野 流体エネルギーの環境融和を目的として,流体機械や流体関連機器の開発と高性能化までを工学的また医工学的な観点より総合的に検討することを主な課題としています.具体的には,流体機械(タービン,ポンプ,ファン,医療用マイクロポンプ等)の小型・高性能化のための研究や,蒸気タービン,翼周り,冷凍サイクルのエジェクターなどで生ずる二相流動場の解明および高性能な機器の研究・開発に取り組んでいます. 熱エネルギーシステム学分野 エネルギー有効利用による地球環境負荷の低減を目的として,熱・物質移動現象の解明からエネルギー変換機器の高性能化までを総合的に検討しています. 水素タンクへの高圧水素充填法や水素中の高沸点不純ガス成分の凍結問題,金属材料製造に必要な液体による高温面の冷却速度制御法,さらにはフロン系冷媒に代わる次世代冷媒を用いた冷凍空調機器について,冷媒の熱物性やサイクル解析,熱交換器の伝熱促進技術を用いた高性能冷凍空調システム,地中熱利用ヒートポンプなどの研究開発に取り組んでいます. 先端材料システム学分野 近年,産業分野で用いられる材料に課せられる要求は,多様かつ過酷なものとなってきています.しかし,種々の材料の組織レベルでの変形や特殊環境下における材料特性など,高精度な製品の設計・評価に必要な情報の多くが,未だ明らかにされていません.そこで,力学的・材料学的観点から実験的な研究を進めるとともに,実験だけでは解明困難な現象をコンピュータシミュレーションにより明らかにすることにも取り組んでいます. 設計生産システム学分野 持続可能な社会を実現するための「ものづくり」を目指して,高耐久性、高信頼性,高能率,高効率をキーワードとした設計・加工技術開発に取り組んでいます.摩擦はエネルギー消費の直接原因であり,摩耗は機械の損傷に繋がります.私たちは摩擦や摩耗に対処する有効な手段である潤滑と表面工学に関する研究を展開しています. また,最新のプラズマ技術等を駆使して,耐摩耗性の表面薄膜製作技術に関する研究開発も行っています. 知能機械システム学分野 機械システムの各種問題解決に必要となるセンシングシステム,メカトロニクスの課題に取り組んでいます. センシングシステムに関しては,高次元逆問題の基礎研究と人間の持つ感覚を実現する知能化センサシステムの開発を主な課題として取り組んでいます. メカトロニクスに関しては,インターネットを用いたロボット群制御,機械と人間の次世代インタフェース技術,適応ロバスト制御の理論と応用を主な課題として取り組んでいます. 受賞者 平成30年度 日本トライボロジー学会 奨励賞• 佐藤善紀 助教 第35回計測自動制御学会九州支部学術講演会学生発表交流会 優秀発表賞• 機械システム工学専攻 1年生 峰松慎一郎 日本機械学会 九州学生会第48回学生員卒業研究発表講演会優秀講演賞• 機械システム工学科 4年生 竹村実央• 機械システム工学科 4年生 時津勇作 Young Author Award at 22nd International Symposium on Artificial Life and Robotics• 機械システム工学専攻 1年生 馬場大地 日本機械学会 三浦賞• 機械システム工学専攻 2年生 中村真嘉• 先端融合工学専攻 2年生 新郷忠真 日本機械学会 畠山賞• 機械システム工学科 4年生 新宮勇人 日本設計工学会 武藤栄次賞• 機械システム工学専攻 2年生 大黒龍一郎• 機械システム工学科 4年生 吉島正朗 理工学部学生表彰• 機械システム工学科 2年生 澁谷光一郎• 機械システム工学科 3年生 花田裕二 平成27年度 International Tribology Conference Tokyo 2015 Poster Award for Young Tribologists• 佐藤善紀 助教 JACM Young Investigator Award• 只野裕一 准教授 平成27年度衝撃波シンポジウム Best Presentation Award(若手プレゼンテーション賞)• 先端融合工学専攻 2年生 小川祐司 日本機械学会 九州学生会第47回学生員卒業研究発表講演会優秀講演賞• 機械システム工学科 4年生 土谷大輔 第34回計測自動制御学会九州支部学術講演会学生発表交流会 優秀発表賞• 機械システム工学専攻 1年生 大黒隆一郎 日本機械学会 三浦賞• 機械システム工学専攻 2年生 上野聡士• 先端融合工学専攻 2年生 笠原暢 日本機械学会 畠山賞• 機械システム工学科 4年生 峰松慎一郎 日本設計工学会 武藤栄次賞• 機械システム工学専攻 2年生 白濱智大• 機械システム工学科 4年生 石若広太郎 理工学部学生表彰• 機械システム工学科 2年生 花田裕二• 機械システム工学科 3年生 吉島正朗 平成26年度 日本機械学会第26回計算力学講演会優秀講演賞• 只野裕一 准教授 第19回分子動力学シンポジウム MD部門若手奨励賞• 機械システム工学専攻 2年生 片山慧士 平成26年度衝撃波シンポジウム Best Presentation Award(若手プレゼンテーション賞)• 先端融合工学専攻 2年生 野原直樹 BEST PAPER AWARD - International Conference on Optical Communication Systems• 辻村健 教授• 機械システム工学専攻 2年生 牟田繁喜• 機械システム工学専攻 2年生 眞崎雄一朗• 泉清高 准教授 第33回計測自動制御学会九州支部学術講演会学生発表交流会 優秀発表賞• 先端融合工学専攻 1年生 笠原暢• 先端融合工学専攻 1年生 黒田純司 2014 International Conference on Advanced Mechatronic Systems - Best Paper Award• 佐藤和也 教授• 先端融合工学専攻 1年生 田中将徳 日本機械学会 三浦賞• 機械システム工学専攻 2年生 松野雄飛• 先端融合工学専攻 2年生 野原直樹 日本機械学会 畠山賞• 機械システム工学科 4年生 田中雅哉 日本設計工学会 武藤栄次賞• 機械システム工学専攻 2年生 牟田繁喜• 機械システム工学科 4年生 小村健 理工学部学生表彰• 機械システム工学科 2年生 阿南翔• 機械システム工学科 3年生 大石剛史 平成25年度 日本機械学会 三浦賞• 機械システム工学専攻 2年生 大平竜太郎• 先端融合工学専攻 2年生 中原隆史 日本機械学会 畠山賞• 機械システム工学科 4年生 鶴若菜 日本設計工学会 武藤栄次賞• 機械システム工学専攻 2年生 湊義敬• 機械システム工学科 4年生 藤原誠也 第31回計測自動制御学会九州支部学術講演会 学生発表交流会優秀発表賞• 先端融合工学専攻 2年生 小牟禮信哉 日本機械学会 九州学生会第44回学生員卒業研究発表講演会優秀講演賞• 機械システム工学科 4年生 永野拓也• 機械システム工学科 4年生 吉原唯 日本冷凍空調学会 アジア学術賞• 宮良明男 教授 日本冷凍空調学会賞 会長奨励賞• 博士後期課程 Jalaluddin 計測自動制御学会 計測部門論文賞• 寺本顕武 教授 理工学部学生表彰• 機械システム工学科 2年生 田中雅哉• 機械システム工学科 3年生 上野聡士 JABEE JABEE認定基準に適合 JABEE認定を受けることのメリット• JABEEは, 大学などでの技術者教育が社会の要求水準を満たしていることを認定する機構である. JABEE に認定されると, 技術士一次試験が免除される教育課程として文部科学大臣から指定される. その結果, 技術士として活躍する道が大きく開かれる 機械システム工学科では, 次の項目を実施している• 濃い講義内容• 厳密な採点• ものづくり重視• 卒業論文, 実験, 実習におけるプレゼンテーションの導入• 中間試験の答案を返却• 3回を越える欠席は自動的に再履修• 学科全体のプログラムであるため,認定後の卒業生はJABEEの資格を得る アクセス 地図.

次の