甘えてた 英語。 英語に「甘え」という言葉はない?日本語の「甘え」と依存の違いは?

甘えるは英語でどう表現するのでしょうか ー 「甘やかす」から「お言葉に甘える」まで様々な日本語を英語にしてみよう

甘えてた 英語

外山周です。 英語にない日本語について、アメリカ人のホストパパと語ったシリーズです! 今日は日本語の 「甘え」について語った時のことを記事にします。 あなたは 「甘え」って何ぞや?という定義について、英語で(または日本語ででも)説明することができますか? 私はやはり出来ませんでした!(笑) 最近やっと日本語でなら説明できるかも?と思えてきたので、今日は私のホストファミリーとの会話から、「今ならこう説明するだろう」という内容までを書いてみたいと思います! 「甘え」と「依存」の違いが分からない まず今から1年半前(平成29年夏)にパパと会った時の会話を紹介します。 パパは、どこかで 「日本には独特の甘えという概念があって、それが組織の中で用いられている」というような記事を読んだのだそうです。 それですごく興味を持ったそうで、「甘えってつまり何なの?」という話になりました。 この時の私は、パパに「甘えなんて軟弱だ」と思われているような気がして、防戦一方の会話となりました。 うーん、そうかなぁ。 まぁそうかもね。 ・・・。 この時パパには上手く言えなかったけれど、「そうかもね」と言いながら、実はちょっとモヤモヤを感じていました。 アメリカと日本は正反対。 だから真ん中を目指していけばいいと、パパは言います。 でも真ん中を目指すことが日本にとって良いことだとは、全然思えなかったのです。 「自分の力を信じれるようになる」だけではなくて、その力を民のため、社会のために使おうとする。 それが日本古来の和であって、本当の日本の強さだったのだということは、日本の古典を読めばすぐに知ることができます。 こういう文化的な背景に 「甘え」も根ざしてきたのではないか?と漠然と思っていました。 だから単純に「ミックスする」とか、「お互いに学ぶ」と言われると、モヤモヤしちゃうんですね。 他国に学ぶのではなく、日本古来の精神性を学んでいくことこそが、今後の日本を豊かにするのではないかな?と思っています。 ママのおじいさん(移民一世)の話 ちなみに、日系アメリカ人三世のママも、 「甘え」について移民一世だったおじいさん達の話をしてくれました。 「甘え」っていうのは、 自分が自分らしく振舞っても相手が受け入れてくれるって信じることで、そのくらい その人との繋がりを信じられることだよ。 ホストママのエピソードが近いかもしれません。 日本には昔から「滅私奉公」という言葉があって、組織や相手のために「自分」を抑えて尽くすことが、ごくごく当たり前だという文化的背景がありました。 だからこそ自分らしく振る舞い、思ったことを言い、またそれを受け入れてもらえる相手がいるということが、すごく優しくてありがたいことだったのでしょう。 一方アメリカは、自分の主張は言語でハッキリ言うのが当然の文化です。 組織のために尽くす文化もないので、英語に「甘え」に匹敵する言葉が育たなかったのも当然ですね。 日本の文化と国民性の中だからこそ、「甘え」という言葉が生まれ育ってきたのです。 とは言え私は長い間、「甘えてんじゃねーよ!」という精神で過ごしてきました(笑)。 でも最近は、素直に甘えられるということが嬉しいなって思います。 同時にとても難しいとも感じます。 自分らしく振舞うのだと自分で決められる自尊心と、絶大な自信、それプラス相手への信頼があって初めて、「甘える」ことができるのだと思うのです。 これがないと簡単に「依存」に転じてしまうし、甘えを抑圧しすぎると「超自立」になって苦しくなってしまいます。 依存と自立の絶妙な中間にある、人との繋がりこそが「甘え」。 これが「甘える」という一単語になっている日本語とは、なんと深い言語でしょうか。 関連記事.

次の

甘え(アマエ)とは

甘えてた 英語

こんにちは。 現在4歳の女の子 みいちゃんと、2歳の男の子 とうくんを育てているワーママの えみです。 今回は、4歳のみいちゃんとの関わり方で私が悩んでいたことについて紹介します。 自分でできるのに、「やって」と言ってきたとき… 4歳のみいちゃんは、衣服の着脱や食事、トイレなど、日常生活で必要なことのほとんどを、自分ですることができます。 でも 「できる」と「やる」は全く別で、できることでも気分が乗らないときは自分ではやりたがりません。 「えっ、みいちゃん自分でできるやん」 と言っても、 「いやだ、お母さんがやって」 と、頑なに自分で着ることを拒みます。 自分でできることは、自分でやったらいいんじゃないかと思うのですが、それをそのまま伝えると、 「いやだ!お母さんがやってよ〜」 と泣き出してしまうこともあります。 子どもの要求にどこまで対応したらいい? これが、ジャンパーだけなら別にいいのですが、日によっては、 「服脱がせて」 「靴履かせて」 「食べさせて」 「パジャマ着させて」 と、日常生活のありとあらゆるものを、私にしてほしがるときがあります。 しかもこれらは、「できないこと」ではなく、みいちゃんがやる気を出せば、何の問題もなく「できること」ばかりなのです。 ここで、これらの要求にどう対応するか、悩みが出てきます。 抱っこやスキンシップというのは、何歳になっても応えてあげたい「甘え」だと思うけど、こういった 「自分でできること」まで親が手伝うのは「甘やかし」なのではないか…。 それにこんなことを何度も繰り返ししていると 、「何でも誰かにやってもらう癖」がついたらどうしよう…。 という悩みです。 悩み解決のヒントをくれた、明橋先生の本 そんなとき、明橋大二先生の書かれた『3~6歳の これで安心 子育てハッピーアドバイス』を読み、この悩みに直結する内容が見つかったのです。 以下、書籍の内容をそのままご紹介します。 【質問】 2、3歳のころは、あまり手がかからなかったのですが、4歳になって、下の子が生まれてから、「やって」「行かない!」など甘えやわがままがひどくなりました。 夫からは、「おまえが甘やかすからだ。 そんなことしていたら、収拾がつかなくなる」と責められます。 【答え】 自分でできることを「やって」と言ってきて、その求めを受け入れたら収拾がつかなくなるのではないか?と心配する親御さんがあります。 状況にもよりますが、少なくともご相談のようなケースでは、 子どもの甘えを受け入れることは本当に必要なことで、一度、受け入れたら、どんどん収拾つかなくなるということは決してありません。 保育園の先生からも、似たような相談を時々受けます。 「親が忙しくて寂しい思いをしている子に、優しく接していると、甘えがどんどんエスカレートして、自分にくっついて体中触ってくる。 その様子を見て、周りの先生から『もっと厳しく突き放したら、そんな行動は出さないんだ。 あんたが甘やかしているからだ』と責められる。 どうしたらいいでしょうか」 というようなものです。 もちろん、体中触ってくることで、保育士さんがつらい思いをしているなら、それは子どもに伝えて「それはやめてね」と言っていいですが、しかし甘えを受け止めること自体は決して間違っているとは思いません。 そのように 激しく甘えが出てくるということは、それだけがまんしてきたからです。 ですから、その甘えを受け止めるのは、必要なことです。 まず本来は、親に出すべきですが、出せないときに、まずは保育士さんに出してくる、ということがあるのです。 それは、甘えを適切に出せるようになるために必要なプロセスなのです。 そのうえで、本当に甘えたいのはやはり親なので、親に甘えられるように、親も子も少しずつ支援していくのが、保育士の役割です。 だから甘えを受け止めることが悪いことでは決してない。 むしろ、ようやくそこで子どもが自分の気持ちを出せるようになった。 それは子どもにとってたいへん幸せなことです。 2、3歳の頃は、あまり手がかからなかった、ということですが、本来は、2、3歳のときは、いちばん手がかかるときです。 それがあまり手がかからなかったということは、何らかの理由で子どもががまんしていたのではないかと思います。 それが、下の子が生まれたのをきっかけに、出てきたのだと思います。 甘えを受け止めると、収拾がつかなくなるように思われるかもしれませんが、どんどんひどくなっていくかというと、決してそうではありません。 ずっと受け止めていくと、どこかで底を打つということがあります。 そうしたら、だんだんまた自分でやっていけることが増えていきます。 どんどん悪くなる状況だけを見ていると、不安になるのも無理はないと思いますが、決してそうではなく、むしろしっかり甘えを出せた子が、いずれしっかり自立していく、ということを知っていただきたいと思います。 (『3~6歳の これで安心 子育てハッピーアドバイス』明橋大二著より) そうか、「やって」というのもひとつの甘えだったんだ! そして、そんな「甘え」を受け止めてもいいんだ。 むしろみいちゃんには、それが必要なことなんだ。 そう思うと、とてもホッとしました。 それからは、みいちゃんに「ジャンパー着せてよ」とせがまれても、 自信をもって対応することができるようになりました。 「甘え」と「甘やかし」の違いを、こう整理してみた また、どういうときに親が手を貸すのがいいのか、少し自分の頭を整理してみました。 このメルマガにもあったように、 子どもが「お母さん、やってよ」と言ったときに、親が手を貸すのは自分の中でOKにしました。 でも、 子どもが何も言っていないのに、先回りして親が手を貸すのは、できるだけやめようと思いました。 とはいえ、忙しい日常の中では親がやってしまうほうが早いこともあるので、全ての場面でできるかというと難しいこともあるのですが、心掛けとしては気をつけています。 子どもの気持ちはジェットコースターのように、 「自分でやりたい」と「やってほしい」気持ちの間で激しく動いているので、 「昨日は自分でやるって言っていたのに、今日はお母さんにやってほしいの?」 と、こちらがついていけなくなることもあります。 でも、 「今の子どもの気持ちはそうなんだ」と受け止めて、「子どものペースに合わせて」親として子どもに必要な対応をとっていけたらいいな と思っています。 まとめ• 子どもが自分でできることを「やって」というのも、ひとつの甘え。 そんな甘えは受け止めていい。 子どもが「やって」と頼んできたことに手を貸すのはOK。 子どもが何も要求してないのに手を出すのはNG。 毎日、ジェットコースターのように、甘えと自立の行ったり来たりを繰り返す子どもの気持ちを、「今はそうなんだ」と受け止めることが大切。 本の詳しい情報はこちら.

次の

土居健郎の『甘えの構造』のぬるさ

甘えてた 英語

「甘えんぼさん」は baby で表現できる 幼子は甘えるものです。 それは当然。 敢えて「甘えんぼ」と表現する場面は、実際は、いい大人が恋人にしなだれかかるような場面ではないでしょうか。 (赤ちゃんみたい)のように表現した方が、言わんとするニュアンスが伝わるでしょう。 も、同じ意味合いで使えます。 なお、どちらの表現も、状況や言い方によっては「ガキかよ」「子供じゃないんだからさあ」という意味合いにも転じます。 「しぐさが愛らしい」のような言い方でも趣旨は伝わる 甘えるようなしぐさ(見つめる、触れてくる、など)を、「愛らしい」という意味合いの表現(たとえば や 、 など)で形容すると、甘えんぼのニュアンスを表現できます。 しぐさは the way ~ で表現できます。 見つめかたは the way you look at me 、触れかたは the way you touch のように表現できます。 The way you squeeze up to me is so adorable. (君がギュッてしてくる仕方がとても愛らしくてもう) …… 直接に言わないまでも「甘えん坊」のニュアンスは伝わります。

次の