剣盾 水タイプ。 【ポケモンソードシールド】「水(みず)」タイプのポケモン一覧【ポケモン剣盾】

【ポケモン剣盾】ウォッシュロトムの育成論と対策

剣盾 水タイプ

わざ1 わざ2 わざ3 わざ4 育成論と使い方 安定感を求めるならおくびょう スカーフ運用はひかえめも選択肢に入るが、最速ドラパルトや準速スカーフヒヒダルマを抜けなくなる。 これらのポケモンを見れるようになるおくびょうが無難。 先手のボルトチェンジが強力 最速スカーフであれば、多くのポケモンの先手を取れる。 ボルトチェンジを撃ち逃げして少しずつ負担をかけよう。 また、交代読みで地面タイプにハイドロポンプが決まれば、倒せなくても大ダメージを与えられる。 おにびとトリックも優秀 厄介な物理受けに、トリックでスカーフを押し付けるのも強力な選択肢だ。 もしくはおにびを採用し、相手の物理アタッカーの攻撃性能を下げるという手もある。 おにびを採用する際は、 交代かダイマックスでこだわりを解除する必要がある点に気をつけよう。 中途半端にSに振っても見れるポケモンが少なく、振り切るくらいならこだわり型の方が使いやすい。 優秀な耐性を活かして戦う 水ロトムは、 「かたやぶり」を考慮しなければ弱点が草タイプのみ。 チョッキを持つことで、多くの特殊アタッカーに対して強気に出られる。 不利対面ではボルトチェンジで撤退して、少しずつ負担をかけよう。 後出しは危険 チョッキ型は、素早さの低さがネック。 有利対面だからと言って後出しすると、立て直せない被害を受ける可能性が高い。 基本的に後攻になることを念頭に入れ、交代読みでの繰り出しを狙おう。 かたやぶりで突破も有効 「かたやぶり」であれば、地面タイプでも弱点を突けるようになる。 ただし、ドリュウズの場合は、 ハイドロポンプで大ダメージを受けてしまう点に注意。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の

【ポケモン剣盾】恵まれない水御三家インテレオンに光を!!【種族値と育成論】

剣盾 水タイプ

ボーノと申します。 皆さんシーズン5お疲れ様でした。 今回は自分が何シーズンか使っていた構築について、ある程度納得できる結果が残せたので、区切りとして簡単にまとめたいと思います。 拙い記事になりますが最後まで見ていただけると嬉しいです。 まず、水統一が苦手にするであろうナットレイに打点の持てる積みアタッカーのガメノデスから構築をスタートさせた。 ただ、ガメノデスは積んでしまえば抜き性能は高いが、このダイマックス環境下では無邪気に積める機会も少ないため、起点づくり要員としてトリトドンを採用。 次にダイマックスを切らずとも積みアタッカーとしての仕事をこなせるパルシェン、汎用性を持ちながらナット、アーマーガアで止まらない積みアタッカーの両刀ギャラドス、受けル崩しのラプラス、最後にパッチラゴンを上からしばきたいという安直な理由で爆誕したスカーフアシレーヌを添えて、結果として雨を主軸としない水統一が完成した。 後続の積みアタッカーを無償で積ませたいという思いから採用。 努力値はHD方面、C補正ありラプラスのフリドラを最高乱数以外切って耐え、残りBという感じ。 こちらのパーティに刺さっているように見えるのか、カビゴン、水ロトムあたりは高確率で選出されるので対面をうまく操作すれば、上述の動きができることも少なくなかった。 また、理想ムーブができなくとも、元々の耐久とリンドのみを持たせることによって、最低限の起点を作ることができるのが優秀だった。 水ポケモンでいえばシャワーズでも同じような動きができるが、今回は電気耐性のあるトリトドンに軍配が上がった。 サブウエポンが冷凍ビームなのは今シーズンよく見かけるようになった身代わりドラパに好き勝手させないため。 ついでに、身代わり持っているエルフーン、サザンドラあたりの打点にもなって使い勝手が良かった。 このポケモンは統一に限らず、どの積みアタッカー組ませても強いと思っているので、今後ほかのパーティでも活躍させてみたい。 一度、殻を破ることができれば、なかなか止まることがなく、高火力格闘技を打てる水統一では貴重な存在。 かたいツメ補正の乗った馬鹿力は非常に火力が高く、+2馬鹿力でHBナットがちょうど確1。 また、積みアタッカーをあくびで流そうとするカビゴン、ブラッキーあたりに馬鹿力が刺さるのも評価が高く、その点ラムのみとの相性が非常に良いポケモンだと感じた。 +2ダイロックでダイマックスラプラスが飛ぶのもGOOD。 他のウエポンに関してもこれで確定だと思っていて、地震はドヒドイデ、パッチラゴン、ギルガルドへの打点。 そして、岩技がロックブラストなのはミミッキュにワンチャン残すため。 ストーンエッジと比較してダイロックの威力も変わらないため、岩技がロックブラストで困る場面はほとんどなかった。 また、この構築に関して言えば水技が欲しくなる場面はほぼなかった。 岩タイプであるため、ダイロックを打つことでD耐久が上がるのも非常に重宝した。 できれば最速で採用したいが、仮想敵へのダメージがギリギリであるため、泣く泣く準速での採用。 1破りで最速スカーフダルマを抜けないのは内緒。 弱点が多く、少々扱いにくいポケモンであるが、環境に岩技の通りが良いこともあって、ポテンシャル自体は非常に高く、この構築を3桁に連れて行ってくれた立役者だったと思う。 特筆すべきところはないが、ミミッキュに対面有利、非ダイマックス状態で火力を出せるのがとても偉かった。 選出数こそ、そこまで多くなかったが、見せあいの圧力はある程度あるようで、相手の選出を読ませやすくしてくれた影の功労者だったと感じた。 飛行技、水技で積みアタッカーとしてのギャラの最低限の汎用性を持たせつつ、構築単位で苦手なナットレイ、アーマーガアで止まらないことをコンセプトに半ば無理やり作り出したポケモン。 CはダイバーンでH振りナットが最低乱数以外1発。 Sはキッス等を意識して最速、残りAといった感じ。 竜舞を見せることで、相手視点積みアタッカーに見えるため、止めに来たナット、アマガにダイバーンが素直に通ることが多かった。 また、副産物として+1ダイジェットでギリ足りないダイマックス状態のアイアントにダイバーンで確定取れるのも強い。 物理方面の火力を削っているが、珠を持っていることもあり、そこまで火力不足を感じることはなかった。 また、ワガママを言えば草技か地面技が欲しいが、何よりダイウォールが打てるという理由で竜舞が切れなかった。 物理方面が2ウエポンでも積みアタッカーとしての仕事は十分にこなしており、ダイジェットの強さを改めて認識したポケモンだった。 HB方面アーマーガアのボディプレ2耐え、Sは4振りアーマーガア抜き。 殴りながら壁を張れるポケモンが弱いわけがなく、受け構築はもちろんのこと、通常の構築相手にも安定した活躍を見せてくれていた。 ただ、上位帯になるほど対策が進んでいるように思い、選出のタイミング、選出時の動かし方の難しさを感じた。 一撃技をつのドリルにしている理由はひとえに構築単位で激重のラプラスへの打点。 環境にいる霊タイプがドラパ、ミミッキュ、ギルガルドぐらいなので、零度を打ちたくなる場面はほぼなかった。 また、今作の1撃必殺技には相手にダイマックスを強要させる力もあると考えており、つのドリルを見せて相手をビビらせてから、ダイマックスターンを切らせるという動きが強かった。 70%の外しに賭けるよりも確実な1ターンをという心理は今後の対戦でも生きると考えており、1撃必殺技の新たな可能性を感じた。 現環境のパッチラゴンは珠か弱保しかいない前提() Sはスカーフ込みで最速100族抜き。 現在の環境下で100族抜きは結構多くのポケモンを上から殴ることができ、スカーフ持ちとしてはSが低めだが、十分に役割は果たしていたと思う。 サブウエポンの吹雪については、これまた構築単位でゲロ重のカットロトム、ゴリランダーへの打点。 CSベースのロトムなら確1がとれ、耐えられれば、Sに割いてないと断定して、後続のポケモンが上から処理するというルートをとっていた。 上から殴ることを想定されないポケモンで殴ることで、相手の立ち回りの計算を崩せるのがスカーフ枠の強みであると考えており、このポケモンはもとの火力の高さもあってか、試合をこちらのペースに持っていけることも少なくなかった。 純粋にS振っているアシレーヌが使いやすく、ダイマックスを切っても強いなど予想以上に汎用性が高かった。 このポケモンはいろいろなカスタマイズができるポケモンだと感じており、今後も様々な型で育成してみたいと感じた。 ラプラスに自覚を見せてもらうしかない。 ・ヒヒダルマ 先に積みアタッカーを展開した状態で対面させないと崩壊待ったなし。 パルの襷を盾にしようにもとんぼで逃げられる。 起点を作ろうにも、無補正ハチマキで起点づくりトリトドンが、つのドリル程度の確率で何もできずに飛ばされる。 意地ハチマキはクソ漏らして降参。

次の

【ポケモン剣盾】ウォッシュロトムの育成論と対策

剣盾 水タイプ

わざ1 わざ2 わざ3 わざ4 育成論と使い方 安定感を求めるならおくびょう スカーフ運用はひかえめも選択肢に入るが、最速ドラパルトや準速スカーフヒヒダルマを抜けなくなる。 これらのポケモンを見れるようになるおくびょうが無難。 先手のボルトチェンジが強力 最速スカーフであれば、多くのポケモンの先手を取れる。 ボルトチェンジを撃ち逃げして少しずつ負担をかけよう。 また、交代読みで地面タイプにハイドロポンプが決まれば、倒せなくても大ダメージを与えられる。 おにびとトリックも優秀 厄介な物理受けに、トリックでスカーフを押し付けるのも強力な選択肢だ。 もしくはおにびを採用し、相手の物理アタッカーの攻撃性能を下げるという手もある。 おにびを採用する際は、 交代かダイマックスでこだわりを解除する必要がある点に気をつけよう。 中途半端にSに振っても見れるポケモンが少なく、振り切るくらいならこだわり型の方が使いやすい。 優秀な耐性を活かして戦う 水ロトムは、 「かたやぶり」を考慮しなければ弱点が草タイプのみ。 チョッキを持つことで、多くの特殊アタッカーに対して強気に出られる。 不利対面ではボルトチェンジで撤退して、少しずつ負担をかけよう。 後出しは危険 チョッキ型は、素早さの低さがネック。 有利対面だからと言って後出しすると、立て直せない被害を受ける可能性が高い。 基本的に後攻になることを念頭に入れ、交代読みでの繰り出しを狙おう。 かたやぶりで突破も有効 「かたやぶり」であれば、地面タイプでも弱点を突けるようになる。 ただし、ドリュウズの場合は、 ハイドロポンプで大ダメージを受けてしまう点に注意。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の