痛快 tv スカッ と ジャパン。 【乃木坂46OG】西野七瀬『痛快TV スカッとジャパン 2時間SP』2020.4.06

菅野美穂、MEGUMI演じるモンスターペアレントを撃退!『スカッとジャパン』ドラマ初登場

痛快 tv スカッ と ジャパン

痛快TV スカッとジャパンはウッチャンナンチャンの内村光良がMCを務めるドラマ型バラエティー番組。 番組では、身の回りにあるムカッとした話、インバウンド外国人に対するムカッとした話、機転やアイディアなどでスカッとした話、店員などの神対応の話を視聴者から募集しドラマ化している。 木下ほうか演じる上司や取引先の重役などの目上の人間には媚びへつらい、部下には尊大に接し、嫌みを言い放ったり、手柄を横取りしようとする「イヤミ課長」。 菜々緒が彼氏や同性の同僚、部下のことを見下すが最後は逆に屈辱的な仕打ちを受けてしまう「悪女エリカ」シリーズなどが人気である。 また、「論破じゃんけん」というものがある。 「はい、論破」の『論破じゃんけん』に、せっかく勝っても、イヤミ課長にイヤミを言われてしまうこともある。 「ちょちょちょい、そこで勝って喜んでいるあなた、むなしくない?」「もっと他に人生の楽しみ見つけなさい。 見ててこっちが悲しくなる」など。 ゲストパネラーはVTR動画を見て「ムカッと」した時には、テーブルの「ムカッとボタン」を連打してその度合いを背後のパネルに表示する。 また、VTR終了後にはその結末に対してどれだけ「スカッと」したかを、「スカッとボタン」を押し判定する。 ショートドラマ内にはシリーズ化しているさまざまなキャラクターがいる。 中でも人気なのが木下ほうか演じるイヤミ課長シリーズや菜々緒演じる彼氏や同性の同僚・部下のことを見下す「悪女」エリカシリーズが人気となっている。 身の回りにいる身勝手な人たちによって「ムカッとした」ことに対して、機転やアイディアによって「スカッとした」話を募集し、それらをショートドラマ化して紹介するバラエティ番組。 ゲストパネラーはVTRを見て「ムカッと」した場合、テーブルの「ムカッとボタン」を連打してその度合いを背後のパネルに表示する。 また、VTR終了後にはその結末に対してどれだけ「スカッと」したかを、「スカッとボタン」を押し込むことで判定する。 2015年3月2日放送の第13回からは、完全に「スカッと」せずに「スカッとボタン」を半押しすると、「ちょいスカッ」と表示されるようになったほか、ショートドラマ案の投稿採用への賞金3万円とは別に、悪役へのファンレターなどが紹介されれば賞金3千円が贈呈されるようになった。 なお、データ放送で視聴者も「ムカッと」「スカッと」を押せる。 主なシリーズ作品として「イヤミ課長シリーズ」がある。 木下ほうかが上司や取引先の重役などの目上の人間には媚びへつらい、部下には尊大に接したり、嫌みを言い放ったり、面倒事を押し付けたり、手柄を横取りしようとする、通称「イヤミ課長」こと馬場智明を演じるシリーズ。 愛用の「肩たたきつき孫の手」を使いながら部下に嫌みな言動をしていくが、最後は行きすぎた嫌みや嫌がらせが原因で自ら墓穴を掘ってしまったり、部下からの復讐に遭うなどして、最終的に痛烈なしっぺ返し(上司や取引先の重役等に自身の不徳行為がバレて、降格、減給、人事異動などの懲戒処分や取引停止を言い渡されてしまう等の進退窮まる状況に追い込まれたり、直接手痛い目に遭う等)を受ける羽目になる。 おなじみのフレーズは「はい論破! 」である。 主な部下は山下亘(大重わたる)、笹原豊(原田文明)、三原優奈(八重樫琴美)、武内菜美(小島梨里杏)であり、部下及び他課に勤務する会社員は玉村麻里(市橋直歩)がいる。 また、同年5月4日放送の第17回ではシリーズ本編の放送とは別に、木下が共演者の大重わたると共に視聴者宅を訪問するロケ企画「新企画! イヤミ課長のお宅訪問」も行われた。 番組スポンサーであるジャパネットたかたの公式サイトにてスピンオフドラマを配信している。 なお、「はい論破! 」は2015年の「新語・流行語大賞」の候補50語に選ばれている。 「ムカッとした」ことに対して、機転やアイディアによって「スカッとした」話を募集し、それらをショートドラマ化して紹介・披露.

次の

痛快TV スカッとジャパン【最新無料動画一覧まとめ】

痛快 tv スカッ と ジャパン

痛快TV スカッとジャパンはウッチャンナンチャンの内村光良がMCを務めるドラマ型バラエティー番組。 番組では、身の回りにあるムカッとした話、インバウンド外国人に対するムカッとした話、機転やアイディアなどでスカッとした話、店員などの神対応の話を視聴者から募集しドラマ化している。 木下ほうか演じる上司や取引先の重役などの目上の人間には媚びへつらい、部下には尊大に接し、嫌みを言い放ったり、手柄を横取りしようとする「イヤミ課長」。 菜々緒が彼氏や同性の同僚、部下のことを見下すが最後は逆に屈辱的な仕打ちを受けてしまう「悪女エリカ」シリーズなどが人気である。 また、「論破じゃんけん」というものがある。 「はい、論破」の『論破じゃんけん』に、せっかく勝っても、イヤミ課長にイヤミを言われてしまうこともある。 「ちょちょちょい、そこで勝って喜んでいるあなた、むなしくない?」「もっと他に人生の楽しみ見つけなさい。 見ててこっちが悲しくなる」など。 ゲストパネラーはVTR動画を見て「ムカッと」した時には、テーブルの「ムカッとボタン」を連打してその度合いを背後のパネルに表示する。 また、VTR終了後にはその結末に対してどれだけ「スカッと」したかを、「スカッとボタン」を押し判定する。 ショートドラマ内にはシリーズ化しているさまざまなキャラクターがいる。 中でも人気なのが木下ほうか演じるイヤミ課長シリーズや菜々緒演じる彼氏や同性の同僚・部下のことを見下す「悪女」エリカシリーズが人気となっている。 身の回りにいる身勝手な人たちによって「ムカッとした」ことに対して、機転やアイディアによって「スカッとした」話を募集し、それらをショートドラマ化して紹介するバラエティ番組。 ゲストパネラーはVTRを見て「ムカッと」した場合、テーブルの「ムカッとボタン」を連打してその度合いを背後のパネルに表示する。 また、VTR終了後にはその結末に対してどれだけ「スカッと」したかを、「スカッとボタン」を押し込むことで判定する。 2015年3月2日放送の第13回からは、完全に「スカッと」せずに「スカッとボタン」を半押しすると、「ちょいスカッ」と表示されるようになったほか、ショートドラマ案の投稿採用への賞金3万円とは別に、悪役へのファンレターなどが紹介されれば賞金3千円が贈呈されるようになった。 なお、データ放送で視聴者も「ムカッと」「スカッと」を押せる。 主なシリーズ作品として「イヤミ課長シリーズ」がある。 木下ほうかが上司や取引先の重役などの目上の人間には媚びへつらい、部下には尊大に接したり、嫌みを言い放ったり、面倒事を押し付けたり、手柄を横取りしようとする、通称「イヤミ課長」こと馬場智明を演じるシリーズ。 愛用の「肩たたきつき孫の手」を使いながら部下に嫌みな言動をしていくが、最後は行きすぎた嫌みや嫌がらせが原因で自ら墓穴を掘ってしまったり、部下からの復讐に遭うなどして、最終的に痛烈なしっぺ返し(上司や取引先の重役等に自身の不徳行為がバレて、降格、減給、人事異動などの懲戒処分や取引停止を言い渡されてしまう等の進退窮まる状況に追い込まれたり、直接手痛い目に遭う等)を受ける羽目になる。 おなじみのフレーズは「はい論破! 」である。 主な部下は山下亘(大重わたる)、笹原豊(原田文明)、三原優奈(八重樫琴美)、武内菜美(小島梨里杏)であり、部下及び他課に勤務する会社員は玉村麻里(市橋直歩)がいる。 また、同年5月4日放送の第17回ではシリーズ本編の放送とは別に、木下が共演者の大重わたると共に視聴者宅を訪問するロケ企画「新企画! イヤミ課長のお宅訪問」も行われた。 番組スポンサーであるジャパネットたかたの公式サイトにてスピンオフドラマを配信している。 なお、「はい論破! 」は2015年の「新語・流行語大賞」の候補50語に選ばれている。 「ムカッとした」ことに対して、機転やアイディアによって「スカッとした」話を募集し、それらをショートドラマ化して紹介・披露.

次の

痛快TV スカッとジャパン 菜々緒!田中みな実!女性救うヒーロー新作連発SP[字][デ]|番組情報|TNC テレビ西日本

痛快 tv スカッ と ジャパン

()がMCを務める他、スタジオゲストとして、、、、、(、)、が登場する。 以前、スタジオゲストとして登場した菅野は、「モンスターペアレント」のショートドラマを見ていた時に「次回参戦させてください」とリクエスト。 プライベートではママ友でもあるとの共演を熱望し、今回、実現の運びとなった。 収録前は、「悦子(MEGUMI)の圧があるな」「若干飲まれ気味」とMEGUMIのパワーに圧倒されていたが、いざ収録が始まると、今回の役柄である小学校教師になりきり、モンスターペアレントと見事に対峙。 女優としての底力を見せつけた。 スタジオではそんな菅野に対し、「菅野さんだけのシーンではグッとドラマになる」「菅野さんがぶれないのがいい」など大絶賛。 MEGUMI演じるモンスターペアレントを菅野がどのように撃退したのかに注目だ。 その他、「モンスター入院患者VS看護師長」には、モンスター患者としてが登場。 扮する看護師と一悶着起こす。 さらに、「神ティーチャースカッと」には英語教師役でが、「ハンサムウーマン」には敏腕販売員役でが出演。 「言ってやったスカッと」にはが登場し、フリマアプリで何でも売る自己中節約夫をガツンと成敗する。 また、「ファミリースカッと」では2人目の出産をして入院中の母親をが熱演。 甘えん坊だった1人目の長男が急に母親と距離を置くようになってしまうというショートドラマを見たスタジオの向井は、子役の演技を絶賛。 「ものすごく感情移入をしてしまいました」と打ち明け、自身の子供に会うために「早く帰りたい」とマイクを外す仕草を見せ、内村から「もう少しお待ちください」と止められてしまう。 他にも、ゲストたちによる様々なトークが展開し、スカッとする瞬間や、自分がケチだと思ったエピソード、さらに幼少期や学生時代の写真も公開。 ショートドラマはもちろん、スタジオで繰り広げられる爆笑トークにも期待したい。

次の