本 好き の 下剋上 司書 に なる ため に は 手段 を 選ん で い られ ませ ん。 本好きの下剋上〜司書になるためには手段を選んでいられません〜ドラマCD

本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第一部「兵士の娘1」 兵士の娘 1の通販/香月 美夜

本 好き の 下剋上 司書 に なる ため に は 手段 を 選ん で い られ ませ ん

本が大好きな女子大生・本須麗乃は本に埋もれて亡くなり、気がつくと別の世界で、病弱な少女・マインとして転生していた。 本があれば、どんな環境でも耐えられると思ったマイン。 さっそく本がないか家中を探し回るが、どこにも本が見つからない。 さらに母親のエーファと一緒に街へ出ても、文字すらなかなか見かけることができない。 それは、念願である図書館への就職が決まってすぐのことだった。 気が付くと麗乃は、貧しい兵士の娘・マインとして転生していた。 そこは、魔法を持つ貴族が支配し、厳しい身分制度が存在する異世界の街・エーレンフェスト。 マインは、本があれば生きていけると自分を鼓舞する。 ところが、識字率が低く印刷技術もないこの世界では、貴重で高価な本はお貴族さまのもの。 兵士の娘では、とても手が届かない。 どうしても本が読みたいマインは決意する。 「本がなければ作ればいい」体力もない。 お金もない。 あるのは麗乃時代に読み漁った読書による膨大な知識だけ。 果たして、マインは本を作ることができるのか!? マインの本を作る冒険が、いま始まる。 更新予定 日 00:00 (C)香月美夜・TOブックス/本好きの下剋上製作委員会.

次の

本好きの下剋上

本 好き の 下剋上 司書 に なる ため に は 手段 を 選ん で い られ ませ ん

シリーズ累計200万部突破! 電子書籍を含む 舞台は貴族の学校へ! 大人気ビブリア・ファンタジー新章突入! 【あらすじ】 約二年間の眠りから目覚めたローゼマイン。 周囲の変化は大きく、浦島太郎状態に不安がいっぱい。 けれど、休む間もなく、貴族になるための学校「貴族院」へ入学する。 そこは魔力の扱いや魔術具の調合を教えられ、領主候補生は領主として領地を治めるための魔術を学ぶ場。 個性的な教師や他領の子供達と一緒に寮生活をしながら、成長を目指す————はずが、院内に大型図書館があるとわかって大変。 王族も領主候補生もほぼ眼中になく、ローゼマインは図書館へ突き進むのだった! 本を読むためには手段を選んでいられません! 学園を舞台に繰り広げられる、ビブリア・ファンタジー新章開幕! 約二年間の眠りから目覚めたローゼマイン。 周囲の変化は大きく、浦島太郎状態に不安がいっぱい。 けれど、休む間もなく、貴族になるための学校「貴族院」へ入学する。 そこは魔力の扱いや魔術具の調合を教えられ、領主候補生は領主として領地を治めるための魔術を学ぶ場。 王族も領主候補生もほぼ眼中になく、ローゼマインは図書館へ突き進むのだった! 本を読むためには手段を選んでいられません! 学園を舞台に繰り広げられる、ビブリア・ファンタジー新章開幕! このライトノベルがすごい! 2018 単行本・ノベルス部門 第1位。 著者について web版を読んだ人もまた何度目かの貴族院入学を読んでいるところでしょうか。 マインのおこす騒動がユルゲンシュミットを揺るがす序章とも言える本巻ですが、前半は浦島太郎状態のマインの嘆きから始まり、如何にフェルディナンドがマインを貴族院に行かせるかという部分がポイント。 そこから一気に場面が変わり貴族院を舞台とした色々が始まります。 イラストの初顔出しはカラー口絵に寮監のヒルシュールと側仕えブリュンヒルデとリーゼレータの2人。 挿絵ではディートリンデとハルトノート 違うかな? 表紙のシュバルツとヴァイスも可愛らしく「大変結構」ですが、個人的なイラストの一押しは途中挿絵にあるアンゲリカが焦った姿でしょうか。 表情が乏しく何考えてるか分からない印象のアンゲリカですが人間味を見せているイラストがとっても可愛い1冊です。 さて、本編は暴走列車の如く図書館に突き進むローゼマイン様に巻き込まれる貴族院の様相は同情を禁じ得ない仕上がりとなっております。 生徒ばかりではなく先生をも巻き込み障害となる座学に実技など何も無いと言わんばかりのブレなさ具合は痛快な気持ちで一気に読みあげる事が出来るでしょう。 また、この作品のこの辺りから大領地 主にディートリンデ や王族 主にアナスタージウス のやり取りや無理難題が出てくるのですが、そのやり取りは個人的な印象ですが、領地を会社に置き換えて見てしまうことがしばしばあります。 大領地 クライアント とやり取り相手するローゼマイン様 窓口担当。 領主 上司 からの命令 順位上昇 に取り組み、1年生 現場 を鼓舞し、ヴィルフリート 同僚 をフォローしつつ、自分のやりたいことに忠実に生きながら目的を達成しようとする様は たとえフェルディナンドの掌の上であっても 尊敬してもいい働きと言えるでしょう。 なぜジルベスターが頭を抱えるのかわかりませんw 俺たちができないことをやってのけるマイン様かっけぇ!なんて感じることもしばしばですが、そういった楽しみ方が出来ることもこの作品の魅力の一つなんだと思います。 SSはリーゼレータ視点の貴族院とマインが起きた時の下町の家族です。

次の

最新News|「本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~」特設サイト

本 好き の 下剋上 司書 に なる ため に は 手段 を 選ん で い られ ませ ん

幼い頃から本が大好きな、ある女子大生が事故に巻き込まれ、見知らぬ世界で生まれ変わった。 貧しい兵士の家に、病気がちな5歳の女の子、マインとして…。 おまけに、その世界では人々の識字率も低く、書物はほとんど存在しない。 いくら読みたくても高価で手に入らない。 マインは決意する。 ないなら、作ってしまえばいいじゃない!目指すは図書館司書。 本に囲まれて生きるため、本を作ることから始めよう!本好きのための、本好きに捧ぐ、ビブリア・ファンタジー開幕!書き下ろし番外編、2本収録!【「BOOK」データベースの商品解説】 本が大好きな女子大生が、病気がちな5歳の女の子、マインとして生まれ変わったのは、書物がほとんど存在しない世界。 いくら読みたくても高価で手に入らない。 そこでマインはある決意をし…。 『小説家になろう』掲載を書籍化。 投稿者: 梅 - 深く考えずてストーリーを楽しんでいくライトノベルが多くありますが、この作品はそれだけではなく、ファンタジー設定と日常の試練が混在してて楽しく読めるし、程よい難易度で人生において深く考えさせられることや、読み手の好奇心知識欲行動欲を沸き立たせてくれるエピソードが多々散りばめられています。 ストーリーの展開、世界観や秩序などこれだけ作り込まれた作品は素晴らしいです。 シリーズを通して飽きることなく読破できる作品です。 久々にハマりました。 本好きファンタジー好きならハマってしまうこと間違いなしです。 マインとルッツに会ったベンノとオットーがコリンナと会話するところまで。 web版の第1話〜第26話の範囲。 書き下ろしが、2つ。 ・マインのいない日常 マインが寝込んでる時のルッツ達が森に行ってる時の話し。 シュミル狩りでシュミル登場と一般の子供視点代表としてフェイからマインの印象が語られる。 ・変わらぬ日常 転生前の麗乃と修ちゃんの話し。 最後のセリフはお約束。 あと、 生活改善中 と 冬の甘味 は、 第6話 閑話 変になった妹 と 第13話 閑話 オレの救世主 の視点変更でなかなか興味深い。 友人に薦められたけど買うのはなあ…と思ったら図書館にあった。 有難い事です。 ちょっと…いや、大分主人公はダメ人間ですが周囲が甘やかしてたんだろうなあ…。 母子家庭で夕食出来たら呼んで、は無いだろう(笑)。 その割に母がいろいろ仕込んだ手作業が結構頭に残っているのは母がすごいのか。 色々ツッコミどころはありますが本が読みたい、無い、じゃあ作っちゃえ、という考え方は面白い。 けど…なんか違う気がしないでもない。 今のところこちらの常識と彼女の世界の常識がそれほどずれていないので面白く読んでますがそのうち魔法とかが出てきたら許容できるかどうかが微妙な所。 取りあえず一部は読んでみようかな~.

次の