みょう こう 艦長。 第3護衛隊群:第3護衛隊群について【みょうこう】

イージス艦初「女性艦長」に大谷三穂1等海佐が着任! 夕刊フジ「ぴいぷる」にも登場

みょう こう 艦長

に入港中の「ゆうぎり」 基本情報 建造所 追浜造船所浦賀工場 運用者 艦種 級名 母港 所属 第11護衛隊 艦歴 発注 起工 進水 就役 要目 3,500 4,900 トン 137m 最大幅 14. 6m 深さ 8. 8m 4. の3番艦。 艦名は「夕方に立つ霧」()に由来し、の「」、「」に続いて日本の艦艇としては3代目。 給油のため「」に近接する「ゆうぎり」 「ゆうぎり」は、に基づく昭和59年度計画3,500トン型護衛艦2224号艦として、追浜造船所浦賀工場で1986年2月25日に起工され、1987年9月21日に進水、1989年2月28日に就役し、に直轄艦として編入されに配備された。 、第1護衛隊群隷下に第46護衛隊が新編され、同日付で就役した「」と共に編入。 から、護衛艦「」と共に方面海上実習に参加。 、護衛艦「」、「」、「」、「」、「あまぎり」、「」、「」、補給艦「」、潜水艦「」と共に RIMPAC に参加。 に横須賀基地出港。 に横須賀基地帰投。 から、方面海上実習に参加。 同年、が来艦。 から、環太平洋合同演習 RIMPAC に参加。 同演習参加中の14時15分(現地時間)ハワイの西方約2,400㎞の西部太平洋上でによる射撃訓練を実施中、標的を曳航していた「」搭載のを誤射により、 するという事故を起こしている(パイロットは脱出しにより救助)。 、隊番号の改正により第46護衛隊が第5護衛隊に改称。 、練習艦「」と共にに参加。 、東京を出港し、西回りでの世界一周遠洋練習航海に従事中のに後部煙突付近から出火したが、損害軽微のため航行を続行し、、東京に帰投。 、第7護衛隊に編入され、定係港がとなり、同地に転籍。 にを出港し、練習艦「かしま」、護衛艦「」と共に近海練習航海に参加。 神戸、四日市、大湊基地、横須賀基地、東京晴海ふ頭に寄港。 その後、に参加し、のに寄港の際には200周年記念国際観艦式に参加している。 、遠洋練習航海に参加。 にに参加するため大湊基地を出航し、に横須賀基地を出航した「むらさめ」と合同してへ向かった。 からまで34回の船団護衛を実施し、に横須賀に寄港したのち、に大湊に帰港した。 この任務中の、浄化装置の異常によりトイレ内に有毒ガスが充満し、隊員1名が中毒死する事故が起きている。 に発生したによるに対し、災害派遣される。 、第13次派遣海賊対処行動水上部隊としてソマリア沖・アデン湾に向けて大湊から「」とともに出航。 任務終了後の帰投途上の、で「シャヒード・アリ」と親善訓練を実施し、、大湊に帰投した。 、編成替えにより直轄第11護衛隊に編入、定係港が再び横須賀となり、同地に転籍。 編入後、で定期検査及び艦齢延命工事を受ける。 、第24次派遣海賊対処行動水上部隊として「」と共にソマリア沖・アデン湾に向けて横須賀基地から出航し 、に横須賀に帰港した。 なお、帰国途上の、の「」(旧護衛艦「」)と親善訓練を実施した。 歴代艦長 [ ] 歴代艦長(特記ない限り) 代 氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考 1 古沢 稔 1989. 28 - 1990. 22 11期 ゆうぎり艤装員長 教官 兼 研究部員 2 阿部好晴 1990. 23 - 1991. 4 防大11期 艦長 第2海上訓練指導隊副長 兼 指導部長 3 泉 徹 1991. 5 - 1992. 19 防大17期 艦長 東京業務隊付 1992. 1 昇任 4 峰岡偉津夫 1992. 20 - 1994. 19 防大15期 あおくも艦長 第1海上訓練指導隊 5 村中 章 1994. 20 - 1996. 19 防大17期 募集課長 6 西田利雄 1996. 20 - 1997. 7 防大16期 第1海上訓練指導隊付 艦長 7 菅原貞眞 1997. 8 - 1999. 25 防大20期 艦長 第2海上訓練指導隊砲術科長 8 大河戸正己 1999. 26 - 2000. 19 防大20期 募集課長 海上自衛隊幹部学校教官 9 古閑徹郎 2000. 20 - 2002. 21 防大19期 第1海上訓練指導隊 大湊海上訓練指導隊船務航海科長 10 篠村靖彦 2002. 22 - 2003. 20 防大29期 砲雷長兼副長 人事教育部 人事計画課 11 鍋田智雄 2003. 21 - 2004. 2 防大26期 司令部幕僚 12 藤原実知也 2004. 3 - 2006. 30 防大28期 海上幕僚監部防衛部指揮通信課 司令部幕僚 13 田尻裕昭 2006. 31 - 2007. 19 防大27期 防衛部 第3幕僚室長 指揮通信システム運用課 情報保証班長 14 塚田文彦 2007. 20 - 2008. 24 司令部 付 2008. 1 1等海佐昇任 15 大賀康弘 2008. 25 - 2009. 30 防大35期 司令部幕僚 海上幕僚監部 人事教育部人事計画課 16 鈴木 亨 2009. 1 - 2010. 23 防大27期 防衛部 第3幕僚室長 兼 第5幕僚室長 17 西村俊行 2010. 24 - 2011. 27 防大37期 海上幕僚監部人事教育部補任課 統合幕僚監部防衛計画部計画課 18 加治 勇 2011. 28 - 2013. 11 統合幕僚監部防衛計画部防衛課 海上幕僚監部総務部総務課 2013. 1 1等海佐昇任 19 牧 孝行 2013. 12 - 2014. 9 防大37期 司令部 海上訓練指導隊群司令部 2014. 1 1等海佐昇任 20 松尾 巧 2014. 10 - 2015. 22 防大35期 海上幕僚監部防衛部装備体系課 艦長 21 佐瀬智之 2015. 23 - 2016. 29 防大42期 海上幕僚監部防衛部防衛課 海上幕僚監部防衛部装備体系課 22 山下義弘 2016. 30 - 2017. 3 大湊地方総監部管理部人事課長 大湊地方総監部監察官 23 山下健一 2017. 4 - 舞鶴海上訓練指導隊砲雷科長 脚注 [ ].

次の

大谷三穂【1佐】再婚で子供アリ?事故起こしてた?

みょう こう 艦長

大谷 三穂 生誕 1971-05-28 (49歳) 所属組織 軍歴 1996年(平成8年) - 最終階級 大谷 三穂(おおたに みほ、(昭和46年) - )はので、初の女性と艦長を歴任。 女子第1期生(第40期)。 2019年12月時点での階級は。 経歴 [ ] 出身。 に進学するが、2年生のとき、大学の下宿先でのニュースを見て「愛国心を覚え」、防衛大学校への進学を決意する。 家族の反対を押し切り、(平成4年)4月、女子1期生として入学した。 1学年時は航空要員を希望していたが、に配属され、最初の勤務は練習艦「」。 その後、防衛大学校の指導教官やなどの勤務を経て、(平成23年)4月、当時練習艦だった「」の副長に就任した。 (平成20年)に護衛艦への女性の配置制限が撤廃された後、(平成24年)3月に「あさぎり」が護衛艦籍に復帰したことに伴い、女性初の護衛艦副長となる。 (平成25年)3月には練習艦「」艦長に就任し、と同時に海上自衛隊女性初の練習艦艦長となった。 (平成28年)2月には「」艦長に就任し、女性初の護衛艦艦長となった。 (平成29年)7月1日、1等海佐昇任。 (平成30年)3月23日、海幕厚生課厚生班長。 2019年(令和元年)12月2日に「」艦長に着任し、女性初の艦長となった。 現在は夫 再婚 と娘の3人家族である。 関連項目 [ ]• - 自衛隊初の女性戦闘機パイロット• 澤村満称子 - 自衛隊初の女性連隊長• 橋場麗奈 - 自衛隊初の女性空挺団員 脚注 [ ]• 産経WEST. 2013年3月11日. 2017年2月1日閲覧。 2013年3月22日. の2013年3月27日時点におけるアーカイブ。 2017年1月8日閲覧。 2013年6月9日. 2017年1月8日閲覧。 2016年7月18日. 2017年1月8日閲覧。 ZAKZAK(夕刊フジ) 2016年6月23日. 2017年1月8日閲覧。 2019年12月2日. 2019年12月3日閲覧。 この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(、)。

次の

【イージス艦】みょうこうが妙高に最接近でお祭り騒ぎ‼映画の艦だ❗【妙高市10周年記念】

みょう こう 艦長

では具体的にどこが務まらないのでしょう? 女性男性に関わらず艦長になるには乗組員や副長として経験を積んで、そこで適正を判断されて艦長に選ばれます。 務まらないようならそもそも艦長に選抜されません。 今回、イージス艦の艦長になった大谷一等海佐(つまり大佐)も練習艦の艦長や護衛艦やまぎりの艦長を歴任しています。 つまり護衛艦の艦長としての経験は既に豊富にあるのです。 今や艦長どころか4つの護衛艦からなる護衛艦群の司令官を女性が務める時代です。 護衛艦群の司令官になるには当然ながら、艦長の経験が無いとなれません。 しかも他の護衛艦の艦長も司令官の候補になりますから、艦長の中でも優秀な艦長でなければ護衛艦群の司令にはなれません。 しかも率いるのは名誉ある横須賀配備の第一護衛艦群、首都防衛を担う護衛艦群です。 女性で艦長が務まれないようならイージス艦の艦長に選抜されることも、護衛艦群司令に選抜されるようなこともないでしょう。 ただ女性の艦長というのはまだまだ珍しく、この二人は特に優秀な海上自衛隊員だったんでしょうね。 価値観が古いとして言いようがありません。 戦国時代みたいに槍働きするのではあるまいし、現代の軍人にも腕力や体力ではなく頭脳が求められます。 確かに女性の場合は生理があるので長期任務の場合は多少のディスアドバンテージはありますが、女性活躍を支援する制度の薄さが無いのが悪い…というのが現代での一般的な考え方です。 北欧のノルウェーでは女性にも徴兵制があり、トイレも寝床も男性と一緒。 スウェーデンでも女性に課されるようになります。 アメリカでは大昔から女性の現場責任者は存在しています。 仮にそれが本当だったとしても、昨今において社会的地位のある者が女性を下げるような発言をした場合は確実に炎上します。 質問と少し関係して、ミシュランの星付き寿司店のオーナーが「女性の寿司職人に向いていない」と発言しただけで評価ガク落ち、干されましたからね。 今日の世相では、「女」発言は禁句かもです。 スポーツしてても男勝りはいますよ。 またあらゆる界に女性が現れています。 たとえば、レスリングの吉田などにあなた対峙できますかな。 無論僕はギブしますよ。 ただおっしゃっているのは、有事での適格な動作や判断が男性同様にこなせるかどうかですね。 たしかに傾向としては、女性はいくら冷静を装っていても、本音が出てヒステリックになりがちで、小生もプロの女性運転手の行動観ていてそう思うことがありました。 車運転していても、男はごろつきでも自分の周囲をかなり見てますが、女性ドライバーの多くは自己中に嵌ったような姿勢で周りをしっかり見ない傾向があります。 あほかとおもうような運転してますぜ。 キョロキョロが出来ないのです。 女特有の弱点を克服するような厳しい訓練を受けていれば、話しはべつですが…。 それでも弱点は出てくるかもです。

次の