北海道 鮭 釣り 2019。 2019年最新!サケ・マス河口規制改正【アキアジ釣り師必見】│北海道発信の釣り情報ブログ│ふぃっしんぐっど!

北海道の鮭釣り情報ガイド!紋別や稚内・函館などのポイント・シーズンを紹介

北海道 鮭 釣り 2019

北海道から公式に発表されている「フィッシングルール」。 pref. hokkaido. pdf > 遊漁に関する法制度やルールなど、私たち釣り人にとって欠かせない情報が記載されており、道内で釣りを行う上では必須のアイテムとなっている。 そんな「フィッシングルール」にこの度、サケ・マス河口規制に関する新たな情報が追加された。 今回の河口規制は昨年秋から実施されているものがほとんどだが、 上記の2019年紙版のルールブックにはまだ追加されていないのでぜひチェックしみてほしい。 なお、これらの河口規制は施行日 令和元年6月1日となっている。 スポンサードリンク 要チェック! サケ・マス河口規制追加情報 こちらが今回北海道のHPに更新された 北海道海面漁業調整規則(第42条別表第3関係)の河口付近等におけるさけ・ます採捕の禁止等の改正内容だ。 画像だと小さくて分かりにくいので重要な表部分を書き出してみると… 振興局 河川名等 現行規則期間 改正後規則期間 渡 島 相沼内川 4月1日~8月31日 4月1日~11月30日 十 勝 楽古川 (制限なし) 8月20日~11月30日 新 釧 路 幌戸川 (制限なし) 8月20日~11月30日 新 根 室 元崎無異川 6月1日~9月30日 6月1日~11月30日 オホーツク 止別川 興部川 能取湖 5月1日~8月31日 5月1日~8月31日 6月1日~8月31日 5月1日~12月10日 5月1日~12月10日 (廃止) 以上のようになっている。 結構厳しいなー。 なお、 能取湖の河口規制が廃止されたのは平成30年9月1日付けで同湖が海面指定されたことによるものだ。 一応昨秋から河口規制の追加が実施されている河川が主なので、大きな混乱はないだろう。 錦多峰川は区域表示の固定化への移行も 他にも、苫小牧方面で有名な錦多峰川の河口規制の区域が変更される。 現行区域 改正後区域 左海岸 河口左岸より300メートルの位置 苫小牧市字錦岡771番地先に知事が建設した標柱の位置 右海岸 河口右岸より200メートルの位置 苫小牧市字錦岡83番1地先に知事が建設した標柱の位置 これはもともと諸原因によって河口が移動しやすかった錦多峰川が、導流堤の設置により河口が固定化されたことによるもの。 改正後は新たに設置された標柱の位置より内側で釣ると違反になってしまうので、初めて行く際は必ず標柱の位置を確認してからにしよう。 まとめ・今後も増える?アキアジ釣りの河口規制 実はアキアジ釣りのメッカだった止別川では河口規制が追加されたのは 1990年代後半以降初めて。 幌戸川では24年振りという記録も確認できた。 その目的としては今回追加されたお知らせの冒頭に書かれているように、 さけ・ますの繁殖保護を図ることが大きなものだろう。 実際、秋サケの資源減少に伴って道は 「秋サケ資源対策協議会」なるものを2019年度に立ち上げる意向を示すなど、秋サケの資源確保が急務となっている。 場合によっては今後も河口規制は増えていく可能性が大いにあるだろう。

次の

北海道の秋鮭の時期と釣れる理由は?暗黙のルールも知っておこう!|どさんこフィッシング

北海道 鮭 釣り 2019

毎年、9月〜10月の時期になると鮭釣りアングラーがそわそわし始めるかと思います。 北海道の鮭たちが生まれた川に戻ってくるのです。 鮭といってもベニザケ、ギンザケ、カラフトマス、キングサーモンなど実は多くの種類がいます。 その中でも北海道に戻ってくる鮭は主に白鮭とカラフトマスです。 鮭は生まれてから2〜8年もの時間をかけて戻ってきます。 回遊ルートはベーリング海やアラスカ湾(北アメリカ)にまで回遊して戻ってくるという情報はお聞きになった方も多いかと思いますが、冷静に考えてみて北海道で生まれてベーリング海からアラスカ湾まで多いでいくというのは自然の偉大さと言いますか、人間では想像もつかないパワーを秘めていると思います。 今回はパワフルな鮭を北海道で釣るためのポイント情報をお伝えしていきます!ポイント情報は無数にあります。 秋になると北海道全域がポイントといっても過言ではないです。 枝幸紋別の道東、道北、札幌・小樽からも通いやすい道央そして道南です。 いくつか地域でまとめて紹介いたします。 鮭釣りの時間帯は何時ころが良いのでしょうか?鮭においては一概にこの時間帯と言い切るのは難しいですが、一番人気の時間帯は早朝(朝マズメ)です。 次の時間帯に夕方(夕マズメ)です。 なので、時間帯に迷ったらいつもの釣りと同じようにまずはマズメの時間帯で試してみると良いです。 もちろん昼間の時間帯でも釣れることもあるので、できればそのときの状況を釣れてる人に情報を聞くのが良いと思います。 鮭を釣るコツも実際に釣れている人から情報収集するのが一番ですが、ウキルアーやウキフカセで言うと一つはタナ取りです。 鮭の泳いでる層を見極めながらこまめに調整していくのが釣果を伸ばすコツです。 ウキルアーを巻いてくるスピードなどもありますが、最初は見よう見真似で試してみてそこから少しずつコツを掴んで行くと良いと思います。 紋別から北上したところにある枝幸港ですが、道東の枝幸紋別地区では有名な港です。 こちらの港は釣れない時期は2月から4月下旬までとほぼ年中たのしませてくれる場所です。 5月のカレイに始まり12月、1月のサクラマスまでチカやサンマから鮭まで様々な魚が楽しませてくれます。 海底は岩礁帯に砂泥地に飛び根などと変化に富んでいます。 南外防波堤基部の小型船だまりは鮭の1級釣り場でしたが、9月1日から10月20日まで禁止となっています。 枝幸港真ん中にある南防波堤は水深が深く鮭の実績も高いです。 釣果を伸ばすポイントですが、時間帯や天候によって鮭の泳ぐ層がちがうので小まめなタナ調整がコツです。 紋別市内から車で1時間半ほどです。 ここまで北海道の鮭釣りポイント情報を書いてきましたがいかがでしたでしょうか?SNSが発達した今日では鮭釣りの情報も多く飛び交うようになりひと昔前よりも今はどの場所が釣れているのかといった情報を手に入れるのも楽になりました。 鮭釣りのシーズンも主に9月に始まってほとんどが12月には終わりを迎えます。 鮭のシーズンインがいつなのかはその年になってその場所にならないとわかりませんができるかぎり、その場所の鮭シーズンインを確認してから出かけると良いと思います。 ただ、行ってみて釣れないのも貴重な経験となって蓄積されていくので、釣れない日も楽しめる余裕を持てるようになると釣りそのものを楽しめると思います。 実際は道東の枝幸紋別はもちろんのこと、札幌や小樽からのアクセスの良い積丹や石狩地区でも鮭は釣れています。 また、道東道が開通しタことにより札幌、小樽からでも道東の紋別までは4時間ほどで着けるようになりました。 北海道では特に鮭の放流事業が盛んに行われていることもあり、秋になると今まで以上に盛り上がりを見せているように思います。 北海道はこのようたくさんの素晴らしいポイントがあります。 これから鮭釣りを始めてみようとお思いの方もこの記事が場所を決めるひとつのきっかけにしていただければ幸いです。

次の

釧路・浜中・別海・斜里・小清水・網走で鮭釣りが出来るポイント!|どさんこフィッシング

北海道 鮭 釣り 2019

北海道に釣り旅するようになって20年が過ぎた・・・始まりは、家族との北海道一周旅行でデリカスペースギアを駆ってアウトドア旅行を楽しんだ。 北海道の釣りは初めてではなかったが本州での渓流釣りロッドであった。 また、知床ではカラフトマスがルアーで釣れるらいしいとの情報は知っていたのでロッドとスプーンは持ち込んだが釣れることはなかった。 ちなみにルアーはダイワのチヌーク蛍光レッド14gだったと思う。 もちろんロッドはトラウトロッドのMLであった。 途中で標津にあるサーモン科学館に立ち寄ったときに、 忠類川サーモンフィッシング初開催のチラシを目にしたのが本格的な釣り旅北海道始まりである。 早速、翌年から申し込みをして忠類川でサーモンを釣ることになった。 ただ、当時は本格的な本流竿もなくてルアーで鮭(カラフト・チャム)を釣っていた。 当時の竿では弾丸カラフトやチャムサーモンを釣るには心もとなかったのだ。 何年かルアーで通っていた忠類川で、故細山長司氏がアラスカでキングサーモンを釣るための竿をフィールドテストしている現場に遭遇した。 その時に見た細山長司氏の本流竿の捌きが忘れられなくて本流竿にはまり込んでいった。 15年も前の写真ですが、気さくに記念写真を撮らせていただきました! 最初の本流竿は初代シマノパワースペックZS、サーモン用にはサーモンスペシャル83NKを購入、雷や雷神なども使ってみたがアフターサービスができていなかったのでゴミになってしまった。 家族で行くことも多くなってきたので毎年買い足しって行ったが安いものではないので予備竿なんかは廉価版を使っている。 ベイシスサーモンNP:家内に買ったサーモンロッド、比較的軽く、少し柔らかくタメがきくので家内にピッタリ! 春の釣り旅北海道が中止になったので、気晴らしに本流ロッドでも追加しようと思ってたところ・・・シマノから2019年モデルの新製品に面白そうなロッドがあることが分かった。 シマノ ボーダレスGL(ガイドレス仕様・Pモデル)P900-T これまでシマノ最強のべ竿として君臨した二代目・鱒之介を上回る硬さをまとい、川や海の強者との真っ向勝負が可能となる・・・カタログを見る限り、最強の竿のようだ。 スペックを見ると最長の9mでは575gとあるので最強に重いと思う。 今ままでのサーモンロッドより100g以上も重いのでちょっと心配になるが、これから体力も徐々に低下してくると思うので、今のうちに使ってみようと思う。

次の