ひきこもり の 高 年齢 化 を 何 問題 という。 ひきこもりの高年齢化と今後の課題

可視化されない「大人のひきこもり」~若者だけの問題で済まされない現実に迫る~(池上正樹)

ひきこもり の 高 年齢 化 を 何 問題 という

ひきこもり状態の子と親が高齢化していく中、家族はなぜ相談の声を上げられないのか?を考えるためのシンポジウム「社会的孤立が生んだ8050問題」が10日、富山県で開かれた。 主催したのは、ひきこもり家族の当事者団体であるNPO。 8050問題とは、80代の親が収入のない社会的孤立状態の50代の子と同居して生活を支えている世帯のことで、ハチ・マル・ゴー・マルと読む。 8050問題に近づく7040世帯も含めて指すことが多い。 就職経験者が数多く存在 厚生労働省の委託事業として、同会は多角的に調査を行った。 まず、本来、ひきこもり支援とは関係のない、高齢者の介護などを援助している「地域包括支援センター」を調査したところ、回答のあった263か所の約84%にあたる220か所のセンターで8050事例を把握していることが、愛知教育大学大学院の川北稔准教授によって確認された。 その把握できた8050事例の本人の中には、かつて「正社員として就職していた経験がある」ものの、今は「就労が難しい」「仕事が長続きしない」、あるいは「親の介護に従事している」といった事例が数多く存在していることは、今後、注目していく必要がある。 立正大学心理学部の徳丸享准教授が保健所に行った調査でも、回答のあった38機関のうち、8050事例が発見されて要請してきた先は地域包括支援センターが58%と最も多く、孤立した本人を短期間で支援につなげるための連携先としても有効なルートであることがわかった。 一方で、保健所の調査からは、支援が途絶した理由について「来談者の意欲低下」を挙げた機関が34%と最も多かった。 しかし、なぜ意欲が低下したのか。 単に利用者側だけの問題にとどまらず、支援する側の体制、実情からも考えていかなければいけない。 実際に、長期高齢化したひきこもり親子の世帯が、相談したのに支援が中断して放置され、命を奪われる悲劇も起きている。 支援する側と支援される側の意識やニーズのギャップについて、これから検証していかなければならないだろう。 各地でひきこもり支援を担当している「ひきこもり地域支援センター」と「生活困窮者自立支援窓口」を対象にした宮崎大学教育学部の境泉洋准教授の調査では、回答のあった602機関のうち、家庭訪問で孤立した本人を発見したことのある機関が31%も存在した。 しかし、こうして発見しても、本人や親の意向で支援につなげられなかった事例が33%に上っていたことも、新たな知見だ。 深刻なのは、ひきこもり支援の担当とされているにもかかわらず、その48%の機関が「ひきこもり相談対応や訪問スキルを持った職員・スタッフがいない」と回答したことだ。 さらに「ひきこもり世帯数も未知数で、家族会の必要性があるかわからない」機関は56%に上るなど、半数を超える地域で、せっかく相談につながっても支援につながらない、現場の人材不足や不十分な情報共有による脆弱な支援体制ぶりが浮き彫りになったといえる。 「育て方が悪い」と怒られて シンポジウムでは、家族会を研究している新潟青陵大学大学院看護学研究科の斎藤まさ子教授が、SOSを発信できなくなった70代の母親の事例を紹介した。 母親は、相談先で「育て方が悪い」「あなたが悪い」などと怒られ、相談することが怖くなり、息子とひっそりと生きてきたという。 このように「意欲の低下」の背景には、家族が最初からあきらめていたわけでなく、相談の行き場を失っていたという実態も、今回の知見で明らかになった。 KHJ家族会富山支部のNPO「はぁとぴあ21」の高和洋子理事長も、「相談に行くと、『どうしてこうなったのか』『どうしてここまで放置していたのか』と責められるので行きたくなくなった」などの親の声を報告。 相談窓口に、ひきこもる気持ちや特性を理解できる担当者がおらず、相談員のコミュニケーション自体に相談を遠ざけている要因がある現実を指摘した。 このシンポジウムは、3月17日(日)に福岡県クローバープラザ、21日(祝)に東京の日比谷図書文化館でも開かれる。 ただ、こうしたそれぞれのアプローチによって顕在化する8050世帯の事例は、ごく一部に過ぎない。 我々はまだ見えなかった課題の入り口に立っただけであり、水面下には多くの孤立した家族が今も息をひそめて生きている。 40歳以上のひきこもり実態調査は、まもなく内閣府から公表される予定だが、高齢化が進むひきこもり親子の実態は、これまで国のエビデンスもなく、まさに社会が想定していなかった事態が起きているといえる。 国が地域共生社会を目指していく中で、潜在化した8050問題に向き合うためには、それぞれが自分ごととして、なぜ相談につながれないのかという視点から、みんなで一緒に考えていく必要がある。

次の

ドキュメントひきこもり ~「長期化」と「高年齢化」の実態 (宝島SUGOI文庫)

ひきこもり の 高 年齢 化 を 何 問題 という

長期化したひきこもり かつては、若者の問題として注目された「ひきこもり」。 しかし今年、内閣府は初めて40歳から60歳の実態調査に乗り出すことを発表しました。 背景にあるのは、ひきこもりの長期・高齢化の問題です。 40代、50代になったひきこもりの人が、高齢化した家族と共に追い詰められ、社会的に孤立している深刻な事態が全国で相次いで報告されているのです。 ひきこもりの定義は、 ・自室からほとんどでない ・自室からは出るが、家からは出ない。 ・ふだんは家にいるが、近所のコンビニなどには出かける ・ふだんは家にいるが、自分の趣味にかんする用事のときだけ外出する という状態が、6ヶ月以上続いていることとされています。 (内閣府より) この定義にあてはまるひきこもりは、全国で54万人。 しかし、この数に含まれるのは39歳までの人たちだけです。 40歳以上も含めると、100万人以上と推計する専門家もいます。 田中さん(仮名)46歳も、ひきこもりが長期化しているひとりです。 ひきこもり歴は14~15年。 以前は家から一歩も出られませんでしたが、最近は1週間に1度ほどなら家から出られるようになりました。 ひきこもりのきっかけは、15年前会社を辞めたことでした。 「普通の人だったらできるようなことが、ちょっとできなかったり、ちょっと違っちゃったりとか、まあ会社の方から辞めるように言われて、辞めることになりました。 いつの間にか、あまり外へ出ることはなく、ひきこもるような状態になってしまったと。 」(田中さん) しかし、こんなに長くひきこもるとは思っていなかったといいます。 なぜ、長期化したのでしょうか。 「失敗に対する恐れが大きいんだと思います。 前に働いてた所を辞めてから長いこと、外に出て働く経験を、ほとんどしていませんから、これだけブランクのある私でも、やっていくことができるのかという不安と、スキルとか技能の面で、かなり劣っている部分。 なにぶん相談できる機関がなかったし、結局、誰にも話すことができないまま、時が過ぎたという感じですかね…」(田中さん) ひきこもりが長期化すればするほど、抜け出すことが難しくなり、焦りが募るという田中さん。 今心配なのは、親も高齢化していることです。 「やっぱり親が亡くなったあとは心配ですね。 だからそれを考えると、すごい不安になっちゃうっていうのがあります。 今のままだったら絶対、経済的にやっていけないと思いますので、そこが非常に不安というか、怖いと言いますか。 」(田中さん) 出口を求めて 当事者同士の語り合いの場 田中さんのように、ひきこもりが長期化している中高年が不定期に集まる当事者の会があります。 「ひ老会(ひきこもりと老いを考える会)」。 中高年のひきこもりが、老いについての不安や悩みを共有します。 7月に開かれた会には、田中さん以外に38歳から56歳までの12人が参加していました。 親の死後について、経済的な不安についてなど、3時間、悩みを打ち明け合いました。 「いろいろ意義のある話を聞けたかなとは思います。 今までひきこもってたのもありますし、あんまり外出するのはちょっと疲れちゃうのもありますし、できるところから始めようじゃないですけれども…。 自分なりには良い方向に向いているのかなとは思ってるんです。 」(田中さん) 解決のためには家族間の対話が重要 当事者だけではなく、その家族も、長期化するひきこもりの解決策を求めています。 そんな家族が集まる会があります。 「OSD」親が死んだらどうしよう よりそいネットワークです。 参加者の1人、ひきこもりの息子がいる70代の母親はこう話します。 「一番心配してる、親が死んだらどうするって、息子のことが気がかりで参加しました。 息子は、本当は心配してるんだけど、触れてもらいたくない、聞かれたくないという心境じゃないかなと思います。 」 この日、会合では、ひきこもりの治療・支援に取り組む精神科医の斎藤環さんが家族の関わり方について語りかけました。 「ひきこもりに関しての支援の8割は、なんとか家族間で対話を成功させること。 ほとんどこれに尽きていますね。 そもそも不登校、ひきこもりがこじれるのはこの対話の欠如。 双方向性のある対話がないから、もともと大した病気じゃないのに、どんどんこじれていくことが多いわけです。 私が対話をして下さいと言うと、もうさんざんやったけどだめです、とおっしゃる方がいますが、よくよく聞いてみると、対話していないんですよ。 その方がしていることは、おしつけ、議論、説得、正論なんですよ。 それは対話と呼ばず独り言と呼びます。 なぜ独り言と呼ぶかというと聞いてもらえないからです。 」(斎藤さん) 家族間の対話の重要性を説く斎藤さん。 それはどのような思いからなのでしょうか。 「原因すべてが家族のせいとは思いませんけれども、長期化に関してはやっぱり家族関係が主だという風に言わざるを得ないと思います。 ひきこもっている人にとって家族というのは環境そのものなんです。 だからその家族との関係がいいか悪いかで、全然経過が変わってくるわけです。 」(斎藤さん) では、家族はどう関わるべきなのでしょうか。 「まずひきこもり状態を非難・批判しないことです。 批判から入ったらもうおしまいですから、とりあえずそこら辺は不問にして脇に置いておいて、お互いの思いを共有したいということを大事にして、話し合いを進めてほしいと思います。 」(斎藤さん) 家族と向き合う当事者 親の参加者が多い中、OSD会に1人で参加するひきこもり当事者がいました。 ひろきさん(仮名)38歳、ひきこもり歴13~14年です。 部屋からたまに出ることができるようになってまだ半年だというひろきさんに話を聞きました。 「ちょっと大学の先生とトラブルがあったので。 今でいうアカハラなのか、ちょっと分からないんですけど…。 ちょっと疲れたから休もうぐらいの感じで、とりあえず社会活動を遮断したら、そのままズルズルみたいな。 ひきこもってると…欲望が枯渇していく。 もう何もいらない、みたいになる」(ひろきさん) ひろきさんの父親は、去年亡くなりました。 経済的な不安、仕事への不安もあります。 「遺族年金と母の年金に頼る状態になってて、十分な使えるお金がないとか、焦りがありますね。 年齢で雇用状況って厳しくなって来ますから、そっちの方が差し迫ってますよね。 」(ひろきさん) なんとかこの状態から脱却したいと考えたひろきさんは、半年前から精神科医による治療を親子で受け始めました。 治療の一環として行われるのは、月に2度、精神科医の立ち会いのもと、親子で対話をするということです。 「そもそも自分の内側から出てくる考えで、ドツボにはまっていたところがあるから。 専門家とか識者の意見に従って、自分の状態をよくしていこうということ。 」(ひろきさん) しかし、対話は簡単ではありません。 ひろきさんの手元の本には、このように書かれています。 「基本的な考え方が違うように感じる。 だから、私としては将来の話もしたいなと思っているんですが。 」(ひろきさん) ひろきさんから家計の話を持ち出しても、母親との話し合いは平行線のままです。 母親「毎月生きていくのは私の年金のみだから、それがよく分かってないかな」 ひろきさん「家計の明細を見せてくれないから…」 母親「金銭的な管理とか、そういうのはまだできる年代、私が。 そういう感覚をこの年代から取ってしまったら、私は明日にでも認知症になってしまいますよ」 お互いの思いをぶつけ合ううちに、母親の役割について話がおよびます。 母親「あなたが回復に向かうためには、一体家で私の役割はどうあるべきと。 」 ひろきさん「安心感を与える。 で、共感すると。 」 母親「共感とか安心感なんか、悪いけど、私の得意分野じゃない。 」 ひろきさん「私が感じてない以上は、それは失敗してるっていうことですよ。 」 工夫と理解を重ねて感じられる変化の兆し 難しいひきこもりの人と家族の対話。 しかし、対話を重ねた結果、変化の兆しを感じている人がいます。 ひきこもりの妹がいる野中さん70歳。 40年以上ひきこもっている妹は、家から一歩も出ないといいます。 その様子から、家族は、妹が統合失調症ではないかと感じていました。 「多分、統合失調症だなって自覚が芽生えてたのは、1980年代ぐらいのことでしょうかね。 お医者さんにつながってるわけではなかったので、正式名称は知らないけれども。 」(野中さん) しかし家族は医療機関や支援機関に相談することはありませんでした。 「一生懸命、仕事した父なので、家系的に、そういう障害の子が生まれるよっていうことを、周りに思われるのが嫌だったっていうのもあるでしょうし、隠してたとしか言いようがないですけれど、あえて言わないっていうのはあったんでしょう。 」(野中さん) 転機は、5年前に母が亡くなり、野中さんが隔週で妹の元へ通い始めたことでした。 孤立させないため、訪問診療を受けてもらおうと考えましたが、妹を説得することが課題でした。 そこで、野中さんはある工夫をしました。 「妹は部屋の中にいろんな所に張り紙をして、言葉を書いておくのがあったので、それを眺めてるうちに、そうか、大事なことをメモ書きみたいな形にして伝えれば、伝わるかな?っていうのがヒント。 今までもいきなりの訪問だと興奮しちゃうっていうのを見てきたりもしてますし、前もって奇襲と思わせないようにするためには、何度も何度も言っておく。 」(野中さん) 「これは病院の先生が見えるっていうことで、妹さんに説得しといてくださいっていうお話があったので、書いたような感じですね。 」(野中さん) その結果、妹は医師により統合失調症と診断され、ヘルパーによる生活介助や地域による見守りなどの支援につながりました。 「私自身は自己開示することが一番の早道って思ってるので、ご近所さんにも、詳しく妹の説明をさせていただいて、だから皆さんのまなざしがあたたかいんです。 おせっかいはしないけれど、排除されてないっていう空気感っていうんですかね。 」(野中さん) 野中さんの妹を見る目も変わってきました。 「とにかくいろんな容器を、彼女は綺麗に洗うんですよ。 本当に洗うんですよ、ココアでもなんでも。 もう『こんなことしなくて良いわよ、洗剤の無駄!水の無駄!』という感じだったんですけど。 ある人に言われたんだけど、『丁寧に生きようとしてるのね』って言われて、そういうことかってすごく腑に落ちて。 より丁寧に、地球に丁寧に生きているんだなって思えた。 今まで自分が正しいと思ってたけど、もしかして私の方が間違ってるのかもしれないっていう視点の転換ですかね、思い切って。 その目でもって妹を見るようになったらば、妹の気持ちを理解してあげることができたって感じました。 」(野中さん) 40歳以上のひきこもりについての内閣府の調査は、今年秋をめどに行われる予定です。 ひきこもりが長期化している本人も、家族も孤立させないための支援が求められます。 情報は放送時点でのものです。

次の

ひきこもる就職氷河期世代。ひきこもり100万人時代、中心は40代。家族が苦悩する「お金問題」

ひきこもり の 高 年齢 化 を 何 問題 という

池上 正樹 いけがみ まさき プロフィール 1962年生まれ。 大学卒業後、通信社などの勤務を経て、フリーのジャーナリストに。 主に雑誌やネットメディアで「心」や「街」をテーマに執筆。 1997年から日本の「ひきこもり」現象を追いかけ始める。 2011年3月の東日本大震災後は、被災地に入り、震災と「ひきこもり」の関係を調査。 ダイヤモンド社の「ダイヤモンド・オンライン」で、コラム「引きこもりするオトナたち」を3年半にわたって連載する傍ら「ひきこもり問題フューチャーセッション」などを通じて、当事者たちの新たな動きをサポートする。 働いている人の中にも、「ひきこもり」の人たちと共通する 『メンタル的なメカニズム』 を持った人がたくさんいて、 「ひきこもり」は誰にでも起こる身近な問題であると著者はいいます。 一度正社員になれないと敗者復活できない弱者差別の社会、 人を疎外し孤立させる社会で、自分自身と向き合う状況に置かれれば自己否定に走ってしまい、 もし人から疎外されなければ必要のない「なぜこうなってしまったのか」という問いかけを 延々と続けることになる・・・。 日本が膨大な数の「ひきこもり」を輩出し続ける問題への解答は、容易でないことは確かですが、 日本社会がその問題を生み出していることを、鋭く提起する本として読む価値があると考えます。 かつては10代の登校不適応にはじまり社会参入の遅延と捉えられていた「引きこもり」現象は、 1.そうした旧来の引きこもり世代がそのまま40代以上まで高年齢化している ことに加えて、 2.かなりの程度社会人経験を経た人たち(40代すら含む!)が、業務や社内の対人関係に行き詰まり、失職するのを期に新たに参入してくる ・・・という、以前とは異なる次元での複雑な様相を呈している。 もはや「社会人経験をある程度積んだ人たちは引きこもりにならない」という通説も通用しなくなった。 本書ではそうした引きこもった当事者と家族の発言が多数採録されていて、一見羅列的であり過ぎるようにも見えるかもしれない。 しかし、それこそが現在の「引きこもり」現象が、一元的なステレオタイプで容易には説明できない現状を、ありのままに示していることになるだろう。 単にネットやゲームが逃げ場になっているとか、本人の社会性・対人関係能力未熟さなどにも容易に還元できないのだ。 引きこもりの少なからず部分が発達障害や不安障害、うつ病、統合失調症等と診断可能な数多くの人たちが含まれているととらえられる一方で、そうした人たちを「病者」という一個人の問題として捉えるだけでいいのかという問題提起もなされている。 バブル期を経て、その後の不況と新自由主義的な経済の元で、「自己責任」で結果を迅速に次々出すことが求められる、業績至上主義に会社組織そのものが変容した。 それが、会社内での人間関係の質そのものにも影響し、家族主義的なサポート体制を急速に失って、ギスギスしたものとなり、むしろ生真面目でコツコツやる層にこそ、新たな不適応を生み出している。 更に雇用状況の悪化。 履歴の空白がある者に「敗者復活戦」を容易に許さない日本の風土もあいまって、一度働くことから「降りて」しまわざるを得なかった層の再度の社会参入をも厳しいものにしている。 そうした社会変容の中で、「引きこもり」概念そのものが、従来とは全く別の次元にシフトすることを迫られているのだ。 引きこもりの人を抱えた家庭そのものの生活困窮化も加速している。 引きこもりの人間の大半が親と同居しているため、生活保護の対象にもならず、現在の日本の公的セフティ・ネットの外側にいる。 疎外され、孤立し、自分や環境をネガティブにとらえる悪循環を断ち切るには、人のネットワークが必要だ。 本人が参加できなくても家族がそうしたネットワークに参加するだけでも確かに一つの契機になる。 ただし、本書で取り上げられている、様々な「引きこもり当事者の会(親の会)」の活動は、恐らくまだ大都市部を中心とした団体であり、そうした会への会費すら払えない層も少なくないという。 こうした団体へのアクセス性そのものが非常に難しい地域もまだ多いのではないかという感想も持った。 また、発達障害についての記述(実際、そうした診断をも受ける方が少なくないのは確かだが)は、やや表層的な次元の記述にとどまり、新たな誤解を生む懸念もある気がする。 財政問題を勉強していて、破綻後のイメージを膨らませるために読んだ。 今、定職につくには、職歴と対人力が必要という。 高校や大学を卒業した後、定職につけなかったり、一旦、離れると、定職につくのは難しい。 しかも、定職につけない・離れた理由の多くは、対人力の低さである。 ひきこもると、益々、対人力は低下してしまう。 ひきこもりの人が恵まれているのは、彼らの生活を支える、親の持ち家と年金収入である。 ひきこもりの親は、自分の死後をとても心配している。 この本では、2つのテクニックを紹介している。 「世帯分離=持ち家なし=生活保護ゲット」 「対人力の低さ=病気=障がい者年金ゲット」 筆者は、ひきこもりの親の支援をしている人なので、しかたないが、財政破綻は加速するばかりだ。 いつから、こんなに、対人力が強調される世の中になったんだろう? 自分の子供をひきこもりにしないため、子供に対人力をどうつけさせたらいいんだろう? 最近、中学校の教師をしている友人から驚くような話を聞いた。 生徒に「将来の職業観」を尋ねたら、 「ひきこもり」と答えた子が何人もいたというのだ。 その理由として、「遊んで暮らせる」「パソコンやゲーム三昧でもご飯が食べられる」など、ひきこもりに対する安易なイメージが先行しているらしい。 だが実際、本書で紹介されるケースから明らかになる「ひきこもりの苦悩」は、当事者はもちろん、家族にとっても深刻なものだ。 何かの理由で、一度社会の流れからはずれたら、なかなか戻れない。 そして結果的にひきこもりになってしまうという現実は、今社会の中でなんとかしがみついている人にとっても、決して無関係な話ではないだろう。 「ひきこもりの親の会」を主宰する方が、本の中で「こんな偽物の社会はおかしい、と誰もが思っている。 その問いかけの切り口になるのがひきこもり」と語っている。 これから将来を切り開くはずの中学生が「ひきこもりに憧れる」なんて、まさに「偽物の社会」への強烈な皮肉なのだと思う。 いろいろ教えられ、考えさせられる一冊だった。

次の