生理 下痢 ひどい。 生理中から生理後まで続く下痢!生理で下痢になる原因と仕組みを解説

【医師監修】ひどい生理痛で吐き気が起こる原因と和らげる対処方法

生理 下痢 ひどい

月経困難症には、 機能性月経困難症と、 器質性月経困難症の2つのタイプがあります。 機能性月経困難症は、病気が原因ではなく、子宮の入り口が狭いことや、子宮内膜で作られるプロスタグランジンという物質の分泌が増えて、子宮や血管、腸管が過剰に収縮することによって、痛みなどの症状が引き起こされるタイプです。 生理痛が起きるのは主に生理期間の1日目から2日目で、多くの場合、けいれん性の痛みで周期性があります。 また10代後半から20代前半に多く、一般的に身体の成熟とともに症状は治まるとされていますが、生活に支障があれば治療が必要です。 器質性月経困難症は、子宮や卵巣の病気が原因で起こり、20代後半以降に多く、加齢とともに増加します。 生理痛が持続性で、月経期間中に痛みがずっとあることも多くみられます。 器質性月経困難症の原因で多いとされている病気は、子宮内膜症や子宮腺筋症、子宮筋腫です。 自然治癒することはなく、治療しないで我慢していると、原因となっている病気が進行してしまうため、原因に合った治療が必要になります。 器質性月経困難症の場合は、 子宮内膜症や子宮腺筋症、子宮筋腫などの病気が原因で症状が起こっているため、治療しないでいると、原因となっている病気が進行してしまいます。 そのため、 原因となっている病気に合った治療を行うことが必要です。 まず、背景の病気の種類に関係なく、鎮痛薬や漢方薬などで、痛みなどの症状をやわらげます。 症状が十分に改善されない場合は、低用量経口避妊薬(EP配合剤)や黄体ホルモン製剤を使います。 より重症でこれらの薬が効かない場合は、生理を止める働きがあるGnRHアゴニストを使うことを検討する場合もあります。 これらの薬自体が、原因となっている病気の進行を抑える治療にもなります。 進行具合によっては、それぞれの病気に合った手術を検討することもあります。 手術を検討する場合は、将来の妊娠や出産を考慮し、慎重に選択する必要があります。

次の

生理前に下痢になる原因は?予防法と対処法を知っておこう!

生理 下痢 ひどい

排卵の前後で、体内では女性ホルモンのプロゲステロン 黄体ホルモン)が分泌される。 プロゲステロンには、子宮の収縮をおさえる作用がある。 しかし、子宮だけでなく腸にも作用してしまい、便をスムーズに移動させるための腸の収縮運動も抑制してしまうため、黄体期には便秘がちになるというのだ。 一方、生理が始まって月経期に入ると、プロゲステロンは減少。 今度は子宮を収縮させる作用があるプロスタグランジンという物質が体内で分泌され始める。 プロスタグランジンも子宮だけでなく腸の異常収縮を促すことがあり、下腹部痛を伴う下痢を引き起こしてしまう。 プロスタグランジンのほかに、自律神経のバランスが崩れると腸が不調になってしまうこともあり、生理によるストレスが原因でお腹がゆるくなっている可能性もあります」と、山岸さんは解説する。 多くの女性が、生理中の下痢をなんとかしたいと思いながらも対処法がわからず放置していることがうかがえる。 便秘や下痢、あきらめずにしっかり対処! では、生理前の便秘や生理中の下痢には、どのように対処すればいいのだろうか。 まず便秘の場合は、食事のリズムやバランスに気をつけたいとのこと。 「黄体期には腸の動きがにぶくなっているので、腸を動かすために、朝・昼・晩の食事のリズムを整えるようにしましょう。 朝起きたらコップ1杯の水を飲んで、朝食をしっかりととることがお勧めです」。 食材は、穀類やイモ類、豆類、海草、果物など食物繊維が多いものを選び、水分をしっかりとるのがいいとのこと。 ただし、栄養バランスには注意。 「腸の動きをよくするためには、水分だけでなく、脂肪分もある程度は必要です。 栄養バランスが崩れるような極端なダイエットは避けましょう」。 なお食事以外では、腹筋やストレッチ、ウォーキングなどの適度な運動をすると腸の動きが活発になるという。 続いて下痢対策についても、「刺激物や吸収されにくいものなどを避けることが大切です」と食事をポイントにあげる。 具体的には、辛い食べ物やコーヒー、冷たい飲食物は消化管を刺激してしまうのでNG。 また、「糖類」や「人工甘味料」が含まれている食べ物も、水分を腸にためる作用があるため、生理中は控えめにしたほうがよいとのこと。 「特に、菓子やガムなどに使われている人工甘味料の中には、吸収されにくくお腹をゆるくしてしまうものもあるので要注意です」。 また、早食いや食べすぎの場合も、消化不良を起こして腸を刺激するガスが発生してしまうという。 食事では腹八分目を意識し、ゆっくりと味わって食べるとよいだろう。 そのほか、腹部をあたたかくして体を冷やさないことも対策の1つ。 冷えの改善は下痢に限らず、生理痛にもよいといわれるので、試してみると体が楽になるのを実感できるかもしれない。 また、急な下痢の症状で困ったときには、下痢止めの薬を飲んでもよいという。 「水なしで飲める下痢止め薬もあるので、携帯しておくと安心です。 生理痛用の鎮痛剤を飲んでいる方は、飲み合わせについて薬剤師に相談してから選ぶとよいでしょう」。 「そういう体質だから」とあきらめてしまっている人も多い、女性特有のお腹のトラブル。 つらい下痢や便秘を解消するために、生理のサイクルにあわせた食事や生活習慣を意識してみてはいかがだろうか。 取材協力: ライオン ヘルスケアマイスター・山岸理恵子さん.

次の

生理中に下痢の症状。つらい下痢を緩和するには?医師546名に聞きました

生理 下痢 ひどい

日本産婦人科専門医。 2008年東北大学医学部卒。 初期臨床研修を終了後は、東北地方の中核病院で産婦人科専門研修を積み、専門医の取得後は大学病院で婦人科腫瘍部門での臨床試験に参加した経験もあります。 現在は... 生理中は、様々な不快症状に悩まされます。 よくみられる症状のひとつが、下痢です。 ただでさえ生理痛でつらいのに、下痢が重なると困ってしまいますよね。 そこで今回は、生理中に下痢になりやすい原因や対処法、吐き気や痛みが強い場合は病院に行ったほうがいいのかなどについてご説明します。 生理中、下痢になりやすい原因は? 生理中に下痢になりやすいのは、生理中に分泌が増え、生理痛の原因にもなる「プロスタグランジン」という物質が関係しています。 プロスタグランジンは、子宮を収縮させて生理中の経血の排出を促す作用がありますが、同時に、腸を活発に動かしたり、血管の壁を収縮させたりする働きもあります。 プロスタグランジンの分泌量が多いほど、腸が過剰に刺激され、場合によっては下痢になってしまうこともあります。 また、生理前は「プロゲステロン(黄体ホルモン)」と呼ばれる女性ホルモンの影響で腸の働きが抑えられていましたが、生理が始まるとプロゲステロンの分泌量が減少するため、腸が再び活発に動き始めます。 「生理前は便秘で、生理が始まると下痢になる」という人が多いのはこのためです。 生理周期にあわせて分泌量が変化するこれらの物質の影響で、生理中は下痢になりやすい状態といえます。 関連記事 生理中に下痢になったときの対処法は? 生理中に下痢になってしまったときは、プロスタグランジンが過剰に分泌されないようにすることが大切です。 プロスタグランジンは経血の排出を促すために分泌されるので、経血がスムーズに排出されれば、必要以上にたくさん分泌されることはなくなります。 経血の排出を促すためには、子宮周りの血行をよくすることが一番です。 お腹の周りを腹巻やカイロで温める、温かい飲み物を飲む、お風呂にゆっくりと浸かるなど、日々の生活のなかに、血行が改善できるような習慣を取り入れてみましょう。 どうしても下痢が治まらないようなら、市販の薬を使ってみるのもひとつの方法です。 「ロキソニン」や「ボルタレン」といった生理痛用の鎮痛剤は、プロスタグランジンが増えるのを抑える作用があるので、下痢にも間接的に効果を発揮する場合があります。 下痢だけでなく生理痛もひどいという人は、これらの鎮痛剤を試してみてください。 鎮痛剤は、服用してから効き目があらわれるまでに時間がかかります。 生理のたびに下痢があるような人は、まだ症状があらわれていなくても、生理がきた段階で服用してもいいでしょう。 関連記事 生理中の下痢は病気の可能性もある? 生理中の下痢があまりにもひどい場合、子宮内膜症が隠れている可能性があります。 子宮内膜症は、本来子宮にあるはずの子宮内膜が、子宮以外にできる疾患です。 子宮内膜症は、将来的に不妊にもつながり得る病気です。 下痢の他に思い当たる症状があれば、早めに婦人科を受診し、検査を受けることをおすすめします。 関連記事 生理中の下痢などの不快症状は我慢しないで 生理中には様々な不快症状が現れます。 「生理は仕方がないことだから」と無理に我慢しているのは、精神的にも身体的にもつらいですよね。 生理中の不快症状がひどい場合、病院で診てもらい、早めに治療を行うことをおすすめします。 治療方法は症状や原因によって様々ですが、毎月のつらさを軽減することができますよ。 また、生理にまつわる不快症状は、ホルモンバランスが乱れていると強く現れやすいものです。 生理中だけではなく、生理が始まる前から規則正しい健康的な生活を心がけることで、症状を軽減できることもありますよ。 生理中の下痢に苦しまないためにも、少しずつ生活改善に取り組んでいけるといいですね。

次の