テクスト 意味。 「テクスト空間」の言葉の意味を教えてください。

text(テキスト)の英語での意味は?

テクスト 意味

コンテキストとは、文脈、前後関係、事情、背景、状況などの意味を持つ英単語。 ITの分野では、利用者の意図や状況、環境などの総体を表したり、同じ処理や記述でも状況に応じて動作などが異なる場合に、その選択基準となる判断材料や条件などを指す場合が多い。 例えば、ある同じ操作方法によって呼び出すソフトウェアの操作メニューが、選択されている操作対象や設定された動作モードなどによって項目が入れ替わることがある。 このようなメニューを文脈に沿って内容が変化するという意味でという。 プログラミングにおけるコンテキスト プログラミングの分野でも、同じコード記述やプログラム上の要素が、その置かれているプログラム内での位置や、実行される際の内部状態などによって異なる振る舞いをしたり、異なる制約を受けたりすることを指してコンテキストということがある。 また、画面描画や処理、入出力機器の制御などで、入出力先の装置をし、プログラム上で扱えるの集合などの形に表したものをコンテキスト(デバイスコンテキスト、グラフィックスコンテキスト、レンダリングコンテキスト等)ということがある。 OSの実行制御におけるコンテキスト コンピュータの(CPU)が現在実行している処理の流れ(、)を一時停止し、別のものに切り替えて実行を再開することを(context switching)という。 一つのプロセッサ()で複数の命令の流れを同時に実行状態に置く制御のために行われるもので、ある命令の流れの実行を中断し、同じように中断していた別の流れの実行を再開する処理を指す。 この切り替えを短い時間ごとに頻繁に行うことで、あたかも人間には複数のプログラムが並列に実行されているように感じる。 実行の流れを切り替えるには、単に切り替え先のプログラムで次に実行される命令を読み込んでCPUに投入するのでは不完全で、切り替え直前のCPU内部の記憶装置()の内容などをメモリ上に移し替えて保全し、同じように保全されていた切り替え先の直前の実行状態を書き戻すといった処理が必要となる。 このような、あるプログラムのある瞬間の実行状態の全体を指してコンテキストという。

次の

「コンテクスト」の意味とは?ビジネスでの使い方・例文と類語

テクスト 意味

>今日の常識 とは言えないと思いますが、大学教育、とくに人文科学系の場では テキスト:教科書 テクスト:原文・本文 と意識して使い分けることが多いと思います。 日常で「テキスト」と言う場合は、通常"テキストブック"の略、つまり教科書の意で使いますから、 それとの混同を避けるためです。 ですから 「テキストを読め!」と「テクストを読め!」では意味が違ってきますし、 「テキストは用いない。 随時テクストを配布する。 」 と言われても意味が通ります。 印象だけでものを言うのもアレなので、 平成X年度某大学『全学共通科目履修案内』(シラバス集)を引っ張り出してパラパラめくってみました。 語学科目では「教科書」=「語学教育用に原書を編集した冊子」である場合が多いので、 「テキスト」と「テクスト」の使い分けは必然的に曖昧です(「テキスト」としている場合が多い) それ以外の科目で「テキスト」を「原文・本文」の意で使っている例は少数です。 また、「テクスト」を「教科書」の意で使っている例は見当たりませんでした。 まぁ、狭い世界でのジャーゴンですから、知らないとどうこうっていうレベルの話ではありませんね。 「私立」をわざわざ「ワタクシリツ」と読んだりするようなものです。 余談ですが、このように外来語の意味を発音や表記で使い分ける例は他にもいくつかありますね。 horn ホルン:楽器/ホーン:警笛 driver ドライバー:運転手・ねじ回し/ドライバ:デバイスドライバ) ruby ルビー:宝石/ルビ:振り仮名 strike ストライク:野球用語/ストライキ:同名罷業).

次の

テクスト意味空間分析法を実現するシステムTextImiの紹介 富士ゼロックス

テクスト 意味

書かれてある言葉に注目し、テクストを多様に解釈していこうという立場。 あ る作品の作者にその答えがあるのではなく、読む側、つまり読者がその解釈の 答えを握っているという考え方 を指します。 「テクスト論」はしばしば「読者論」ともいわれる立場で、文学の一つの大きなパラダイムです。 代表的な論者はフランス人文芸批評家のロラン・バルトです。 作者の意図を汲み取ろうと試みる「作品論」とは全く異なる立場ですから、「テクスト論」との違いを理解することが大事です。 そこで、この記事では、• テクスト論の意味• テクスト論と作品論との違い• ロラン・バルトの議論 をそれぞれ解説します。 読みたい箇所からで構いませんので、ぜひ読んでみてください。 テクスト論とは、 書かれてある言葉に注目し、テクストを多様に解釈していこうという立場。 あ る作品の作者にその答えがあるのではなく、読む側、つまり読者がその解釈の 答えを握っているという考え方 を指します。 「テクスト論の考えなんて当たり前じゃない?」と感じる人もいると思いますが、日本の文学研究では1980年代ごろまで主流な考え方ではありませんでした。 1-1: テクスト論の意味 そこで、まずはテクスト論が何を意味するのかを簡単に説明します。 そもそも、 文学の読み方はさまざまです。 人によって同じ文章を読んだとしても感じ方が違ってくるのは当たり前です。 しかし、同じ文章を読むことですべての人が同じような感情を引き起こすというような「神話」を抱いてしまったりもします。 意外にもそのような考え方は今なお強いといえるのではないでしょうか? 1-1-1: 日本の文学研究における作品論とテクスト論 文学を研究する人々の間では、ある作品を解釈する際に正しい解釈があるはずだ、という考え方が疑われない時代がありました。 それは 「作品論・作家論」 と呼ばれる立場を指します。 この立場はある作品を生み出した作者が正しい解釈を握っているという考え方です。 しかし、日本では1980年代ごろになると大きなパラダイムチェンジが起きます。 テクスト論は、 文学におけるテクスト論• 言葉というものが作者の全てを表象しているという幻想を打ち破り、テクストから何を読み取れるのか、ということを重要視• 「この作者が書いたテクストだから、こうとしか読んではいけない」という考え方ではなくて、「書いている作者も自分では意識しているわけではないけれど、実はこのテクストはこういったように読めるのではないか」というように読書の可能性を広げる 文学におけるテクスト論を初めて提唱したとされるロラン・バルトの言葉を引用します。 彼は、次のような言葉で「テクスト論」を示しています。 ある作品が「永遠」なのは、さまざまな人に唯一の意味を強いるからではなく、ひとりの人間にさまざまな意味を示すからである。 (ロラン・バルト『批評と真実』(1966年)(日本語訳は、石川美子『ロラン・バルト 言語を愛しおそれつづけた批評家』(中央公論新社、2015年)73頁より再引用)) どうでしょう? テクスト論とは 作者のことを一旦忘れて、「書かれてあること=テクスト」に注目することで、テクストの味をもっと味わおうする行為なのです。 1-2-3: 日本文学におけるテクスト論 日本文学、特に 漱石研究者として名高い石原千秋は テクスト論(読者論)に依拠して研究しています。 まずは彼の言葉を聞いてみましょう。 作家論パラダイムから小説テクストを読んで、たとえば「作者の悲哀」しか引き出せないような読み方をするのは、あまりに貧しいと考えるからである。 そして、他者がそのようにいかにも容易に理解できてしまうと考えている点で、あまりにも安易だと考えるからである。 (石原千秋『読者はどこにいるのか』(河出書房新社、2009年)33~34頁) 石原の嘆きを理解することはできましたか? しかし いくら言葉に注目してみたとしても、作品論・作家論のパラダイムから読んでみた場合、 「ある作者が書いた作品には、その作者の思想や生い立ちなどが反映されていないとは到底考えられない。 作品を読むとき、作者を無視してもいいとまでは言えないのではないか」 というような批判が聞こえてきそうです。 たしかに、 ある作者が書いた作品にはその人の個性が表れるものです。 その人にしか書けない物語、文体があることは間違いありません。 テクスト論はそれ自体を否定してるわけではありません。 注意したい点は、• 石原も同じ著書のなかで言っているように、テクスト論(読者論)とは一つの立場であって、絶対的なものない• 自分がある作品を読んで「作家がこのように考えていたとしか考えられないではないか」というならば、その根拠を提示して他人を納得させられれば、それはそれでOK だということです。 つまり、 テクスト論は作品論・作家論的な考え方とは距離を取ろうとします。 「他者を理解しようとすることはもっと慎重になるべきだ」、「テクストを読んで簡単にある人のことをわかったと言ってしまうのは驕りでもあり、自惚れになってしまわないか」。 そういうことを重要視する立場がテクスト論の立場であるといえるでしょう。 ちなみに、文学者石原千秋の著作『読者はどこにいるのか』は、 テクスト論(読者論)に関する教科書的な存在です。 興味のある方は参照してみてください。 ちなみに、バルトは1960年代後半に幾度も日本を訪れており、日本に関する論考もいくつか書いています。 たとえば、1970年に出版された『表徴の帝国』(日本語訳は、ちくま学芸文庫(1996年)などがある)は、日本文化を論じる際にかかせない本であるともいわれ、今でも読み継がれています。 2-2: ロラン・バルトと「作者の死」 さて、そんな バルトが1967年に発表したのが「作者の死」という論考です。 「作者の死」は世界中の文学研究者に影響を与え、彼の存在を世界に知らしめました。 日本のロラン・バルト研究者の石川美子は バルトが「押しつけがましさや威圧的な表現」に批判的であったことを指摘しています。 バルトの思考の根底には次のような考え方があったからです。 バルトの思考の根底• バルトは大学時代に演劇サークルを主宰していたこともあり、演劇において演者の押し付けがましく観客を巻き込もうとする演技を批判• 観客が演技を「「認知する」ように」、言い換えると、観客が芝居の内容を意味づけていけるような、そのような演劇を求めていた• 彼が日本に魅了されたのも、俳句などの日本の文化のなかに、押しつけがましさのないある種の含み、余韻を持たせるものがあったためだったかもしれないといわれる このような思考をもとに、バルトは「作者の死」でテクスト論の土台となる議論を展開しました。 「作者の死」では「読者」の存在を重要視しています。 作者ではなく、読者こそが意味を構成する主体である 、と。 ここでは、少し長いですが、バルトの言葉を引用します。 読者とは、あるエクリチュールを構成するあらゆる引用が、一つも失われることなく記入される空間に他ならない。 あるテクストの統一性は、テクストの起源ではなく、テクストの宛て先にある。 しかし、この宛て先は、もはや個人的なものではありえない。 読者とは、歴史も、伝記も、心理ももたない人間である。 彼はただ、書かれたものを構成している痕跡のすべてを、同じ一つの場に集めておく、あの誰かにすぎない。 (ロラン・バルト「作者の死」(花輪光訳『物語の構造分析』(みすず書房、1979年)89頁)) そしてバルトは言います。 「読者の誕生は、「作者」の死によってあがなわなければならないのだ」、と。 つまり、バルトの主張とは、• 「「作者」の死」は本当に実際の作者が死んでから読者が誕生するという意味ではない• 「文学解釈のための唯一無二の存在としての「作者」の死」、つまり、「作者をテクスト解釈の唯一の源泉にしないこと」を意味する• そのことによってはじめて読者へとその解釈のベクトルが開かれる というものです。 2-2-1: バルトとフーコーの違い ちなみに、 バルトの「作者の死」が発表された同時期に哲学者のミシェル・フーコーも「作者とは何か」という講演を行なっています。 ただ、バルトとフーコーは全く同じように「作者」に関して考えていたわけではありません。 石川美子はバルトとフーコーの違いを次のように指摘しています。 バルトとフーコーの違い• フーコー・・・「主体が言語を語る」ことから「言語が主体を確立する」ことへの移行が構造主義以降の考え方。 言語をあやつる主体としての作者の消滅。 バルト・・・ 主体の問題よりはむしろ、作品と作者と読者の関係のほうに重点をおいている。 作品から「作者」を遠ざけるべきであり、そうすることによって作品の持つ意味の多様性をよみがえらせるべき (ロラン・バルト『批評と真実』(1966年)(日本語訳は、石川美子『ロラン・バルト 言語を愛しおそれつづけた批評家』(中央公論新社、2015年)79頁より再引用)) バルトの「作者の死」によって「読者」が誕生することで、新たな文学の読み方が心置きなく追求できるようになりました。 ちなみに、フーコーの 「主体が言語を語る」ことから「言語が主体を確立する」はソシュールの言語学を用いて構造主義が主張した「言語論的転回」を意味します。 ソシュールの言語学と構造主義については以下の記事で解説しています。 ぜひ読んでください。

次の