清春 アトピー。 清春、日本のロックを語る「ロックってイギリスとアメリカのもの。日本人がやること自体に無理あるんだけど…」

アトピーが辛くて寝れないンゴwwwwww:2chなんでもかんでもまとめ・w・

清春 アトピー

アトピー性皮膚炎を患っているのではないかという噂が流れた清春さん 清春さんは、岐阜県多治見市出身のミュージシャンで、シンガーソングライターでもあります。 そんな清春さんには、アトピー性皮膚炎を患っているのではないかという噂が流れました。 清春さんの経歴・芸歴は? 清春さんは1968年に3人兄弟の長男として生まれ、岐阜県立多治見工業高等学校に入学、同校のデザイン科を卒業しています。 高校時代にはにTHE WILLARDのコピーバンドに加入していましたが、卒業後には父親が経営する建築板金工場を継ぐための修行として、父親の知り合いの向上に就職しました。 音楽活動はその会社に2年間勤めながら続けており、父の会社に戻った後は1年ほどでバンド活動に専念するために退職しています。 岐阜県を拠点に活動し始めます。 1991年、清春さんは以前に所属していたGARNETというバンドで一緒に活動していた人時さん、鋭葵さんと共に「黒夢」を結成し、岐阜県を拠点に活動し始めます。 そして、清春さんが25歳の時に黒夢のボーカルとしてメジャーデビューを果たします。 清春さんは、ヴィジュアル系と見做される外貌を1990年代の序盤まで保持していました。 ただ、1990年代の中盤の頃からはカジュアルな服飾を志向し始めたり、化粧が薄くなっていったりして、一種のファッションリーダーとしての人気も高まっていきます。 また、クロムハーツのアクセサリーとラバーソールが清春さんのトレードマークであり、1990年代後半の一種のクロムハーツブームの火付け役となりました。 清春さんとクロムハーツの親和性は高く、多くのファッション雑誌に頻繁に登場するようになり、青少年期の男子のカリスマ的存在としての支持を受けました。 黒夢は1999年、突然「無期限の活動停止」を発表し事実上の解散状態 清春さんは坂下たけともさんらと共にSADSを結成します。 バンド名はsadismという「加虐嗜好」を意味する単語からと、清春さんが敬愛する日本のパンクロックバンドであるTHE MODSの響きにあやかったものでもあったそうです。 1999年7月に発売されたシングル「TOKYO」でSADSはデビューし、オリコン初登場2位を記録した後、4thシングル「忘却の空」がロングヒットを記録。 この曲はドラマ「池袋ウエストゲートパーク」の主題歌でもありました。 その後、ギターの坂下たけともさんが2004年にFULLFACEを退社し、事実上のSADS脱退となりました。 その影響によって、SADSは無期限の活動休止状態となりました。 その後、清春さんの著書や雑誌のインタビューでSADSが既に過去のものとして扱われている現状から、SADSは事実上の解散となったものと思われていましたが、2010年1月29日、清春さんが自身のブログで活動再開を発表し、それと同時にオフィシャルサイトやMyspaceをオープンしました。 また、清春さんは2003年夏から、メジャーデビュー10周年の一環としてソロ・プロジェクトを始動させ、「オーロラ」のPVを収録したDVDを発売します。 これは2003年10月30日にショートフィルムという形で販売され、これは「清春」名義では初めてのリリースとなりました。 2004年2月9日、清春さんがデビューしてから10周年となったこの日にファーストシングル「EMILY」を発売。 同年の4月9日にはファーストアルバムとなる「poetry」が発売されました。 その後も、2008年にはメジャーデビュー15周年を迎え、ソロ活動は継続しているようです。 そんな清春さんには、アトピー性皮膚炎だったという噂が流れています。 ただ、 あくまでも噂レベルであるため、清春さんが本当にアトピー性皮膚炎だったのかどうか、もしアトピー性皮膚炎だったとしてもその症状はどの程度のものだったのか、といった詳細は不明です。 ただ、もし本当に清春さんがアトピー性皮膚炎を抱えていたとするならば、そんな状態で音楽活動を続けるのは本当に大変だっただろうと思います。 ロックスターという立場である以上、弱い姿は見せられないため、すごく苦悩もあったかもしれません。 そんな角度から清春さんを見ると、また違ったイメージが出て面白いのではと思います。

次の

高山で「アトピカルお茶会」-アトピー・アレルギー症状の克服体験などをシェア

清春 アトピー

[広告] 「夫、子ども、私と、これまで親子3人そろってつらいアトピー・アレルギー症状に苦しんできた」という大森さんは2年半前、都市部から生まれ故郷・飛騨高山への移住をきっかけに、ストレスをためず症状や体質と向き合うライフスタイルを実践。 その結果、短期間で全員がアトピー症状克服に成功という経験を持つ。 大森さんによれば、現在、「お茶会」のみならず「飲み会」「バーベキュー」「サーフツアー」など、「アトピカル」と銘うった同様の集まりが全国各地でも広がりを見せているという。 「日常生活の中で同じ症状で苦しんでいる人たちに、私たちの体験が少しでも役立てば」と大森さん。 「面白いことに私の家族は、それぞれみんな違う治り方でアトピーを克服した。 特に私は『なるべく薬に頼りたくない派』で食べ物に気を配った一方、夫は食べたい物を食べて『薬を積極的に使う派』。 真逆の方法を取った夫がなぜ症状を克服できたのかもお伝えしたい(笑)」と話す。 当日は、アレルギー体質の人にも楽しめるお茶とお菓子を用意するほか、アトピー症状に悩む本人や子どもを抱える親たちを交えての体験談や悩み相談、症状との付き合い方を考えるシェアリングセッションを開く。 「今回、笑いヨガの先生を招くのは、私自身が『とにかく今、出会っておいた方がいい人』だと感じたから。 一日平均約300回笑う子どもに対し、大人は15回ほどという話も。 症状改善の鍵を握る自己治癒力や免疫力の向上に、ストレスが大きく影響していることは身をもって体験した事実」と大森さん。 「とは言え、治し方は人それぞれ。 特定の商品や治療法、考え方を押し付けるものではなく、『へぇ、こんな人もいるんだ』という気持ちで気軽に参加していただければ。 ゆるく楽しみながらアトピー症状と向き合う集まりの場をこれからも積極的に続けていきたい」と笑顔を見せる。 参加料は1人2,000円(18歳未満は1,000円、小学生以下無料)。 定員は10人。 os7. 問い合わせは同事務局「troom11 gmail. com」まで。

次の

アトピーが辛くて寝れないンゴwwwwww:2chなんでもかんでもまとめ・w・

清春 アトピー

平成19年6月12日(火 名古屋第2赤十字病院皮膚科 三尾清春 先生 アトピー性皮膚炎の発症・増悪に関する因子は肌質・アレルギー・ストレスに大別されると考えます。 すべての症例に肌質は共通して存在し、これのみの場合は小児乾燥性湿疹として扱われていることが多いかと思われます。 従ってアトピー性皮膚炎として治療されている多くの症例は複数の因子が関与している状態で、これが急速な改善および寛解の維持を困難にしていると思います。 これにより定性的・定量的に診断が可能で指導にも有効に活用されています。 肌質単独のアトピーに比べアレルギー的な場合は一般に発赤・腫脹・浸潤が強く炎症反応が著明となります。 炎症所見が乏しく苔癬化が主体の場合は掻破衝動による側面が強く肌質・ストレス的な因子が強い傾向があります。 しかしいずれの場合もアトピーによる皮膚バリア機能の低下があり易感作性が共通して存在しているためアレルギーが皆無の場合は少ないと思われます。 生活上の指導は喘息の場合に類似したアレルゲンの除去とスキンケアとなります。 スキンケアは皮膚の清浄を保つこと、掻破による皮膚の損傷を抑制することが主体です。 毎日の入浴と過度の入浴時間・鱗屑のこそげ落としをしないように指導します。 掻破衝動の抑制は薬物療法と肉体的・精神的ストレスに対するカウンセリングによる対応となります。 薬物療法は抗アレルギー剤・抗ヒスタミン剤の内服と外用療法になります。 外用療法は速効的ですが漸減すべきもので、むしろ速効性の乏しい内服を全期間通じて行なうことが、より短期間で治療を終了するために必要であると考えます。 外用剤の強さは部位により大まかな分類が可能です。 顔面陰部はweak class、それ以外はstrong以上が第一選択となります。 まず、この強さで反応を確認し個々の症例に応じた外用剤の選定を行います。 プロトピック軟膏は傷のない状態に使用します。 薬剤の特性として刺激性を有するためです。 また、プロトピックは強さ的にはステロイドと非ステロイド外用剤の中間に位置しステロイド外用剤からの離脱時に使用します。 ステロイドからの離脱は強さを抑えることから始め次に量的な減量を行います。 急激な脱ステロイドは非常に強いリバウンドを伴うためその適応は限られた対象となります。 アレルギー的な側面が強い場合、外用剤からの離脱は3年程度を目安にして説明しています。 このことから分かるようにアトピー性皮膚炎は短期間での急速な改善は一時的なものであり、かならず寛解・増悪を繰り返すので最初の時点で患者様および家族に理解していただくことが重要となります。 いわゆるhospital shoppingは病態のコントロールに有害なため上記を理解していただくことは、治療において非常に重要であると思われます。 増悪する因子の一つである掻破行動は精神的な側面からの影響が強い場合があり、自己完結型、友人・家族関係などが一般的に認められます。 過度の内向性および特定の条件・相手に対しての過敏な反応が認められる場合は精神診療科によるカウンセリングが必要となります。 膚防御機能の低下による易感染性により伝染性膿痂疹、herpes simplex感染が生じやすいのですが、外用剤によるコントロールは困難で内臓器障害などにより投与が困難な症例を除いて内服・点滴による全身投与が望ましいと思われます。 以上のことよりアトピー性皮膚炎の治療はアレルゲン除去・スキンケア・日常生活における生活指導をベースとし、抗アレルギー剤、抗ヒスタミン剤の内服と病状の変化に即応したステロイド・非ステロイド外用剤の使用が中核となり、患者の精神的な側面に留意したカウセリングを併用して長期に及ぶ治療に対する患者様の理解を得ることが重要と考えます。

次の