こはく 映画。 こはく

こはくの上映スケジュール・映画情報|映画の時間

こはく 映画

長崎県でガラス細工の工場を営む亮太。 幼い頃に別れた父の工場を受け継ぎ、厳しい状況ながらもなんとかうまくやっている毎日。 だがその一方、かつての父と同じように自身も離婚を経験し、子どもたちと会うことが出来ずにいた。 定職に就かずブラブラし、虚言癖のある兄・章一の存在も悩みのタネだ。 そんなある日、亮太は章一から、街で偶然父の姿を見かけたことを告げられる。 信じられずにいる亮太だが、そんな折現在の妻・友里恵に妊娠を告げられる。 「お父さんになる自信、ある?」その一言で、父のいない過去をひきずったままの自分に気付く亮太。 亮太は章一を信じ、ともに父を探しはじめる…。 『ゆらり』の横尾初喜監督の出身地である長崎県でオールロケを敢行。 横尾監督の幼少期の実体験をもとに、『きらきら眼鏡』の守口悠介が共同脚本を担当。 (作品資料より) 公開日・キャスト、その他基本情報 公開日 2019年7月6日 キャスト 監督・原案: 出演: 配給 S・D・P 制作国 日本(2019) 上映時間 104分 公式サイト (C)2018「こはく」製作委員会 手軽に動画で視聴する• 予告編動画.

次の

こはく(映画)のネタバレあらすじは?感想や評価も

こはく 映画

大橋彰さんとは誰なの? 物語のあらすじを説明する上で欠かせない重要人物である、大橋彰さんを簡単にご紹介します。 舞台に憧れていた過去もあり、こはくへ出演が決まり見事に物語の重要である兄役を務めています。 お笑い要素は全く無く、主演である井浦新さん始め、その他の出演者の妨げも一切無くエンドロールが終了してもお笑い芸人であるあきら100パーセントと気づかない方ばかりで、演技力の高さを存分に示すことが出来た作品になります。 長崎県に住んでいる主人公である井浦新さん演じる「広永亮太」は現在35歳になります。 広永亮太が幼少期の頃に父は離婚と共に借金と姿を消しているため、思い出などはほとんど覚えていません。 そんな父が多額の借金とともに残していったのが、広永亮太が経営しているガラス細工会社でした。 経営難であったガラス細工会社引き継ぎ苦しいながらに何とか業績立て直しつつありますが、私生活では父と同じ道を辿っていました。 広永は離婚を経験しており二人いる息子とはしばらく会わず、遠藤久美子さん演じる「友里恵」と再婚をしています。 ある日、友里恵からお腹の中に子供がいることを告げられる、嬉しい気持ちは勿論あるものの、幼少期の父のことや、二人の息子のことなどの過去から自分が父親になることへ不安が募っていきます。 そんな中、大橋彰さん演じる広永亮太の兄「章一」から行方が分からなかった父を街で見かけたと伝えられた。 普段は適当な性格で仕事もせず実家で暮らす兄だったが、嘘をついているとは思えないほど真剣な表情だったため、広永亮太は衝撃を受けます。 これまで母は父について話すことを極端に避けていたため、兄の章一と共に内緒で父を探すことになった広永亮太。 唯一の手がかりとして、昔の従業員の女性の住所を入手するが、既に引越しをしており、希望が無くなりかけ二人の兄弟の仲も次第に悪くなりかけた時、母が病で倒れて入院をしてしまいます。 そんな母から「お父さんは優しかったよ」とこれまで避けていた父の話を聞かされることになります。 数ヶ月後母は亡くなってしまいます。 母の葬儀の場で広永亮太と兄の章一は父に関する情報をついに入手することになるが、その情報とは一体何なのか?父は本当に生きているのか?なぜ借金を残して消えたのか?.

次の

こはく

こはく 映画

映画のストーリー 結末の記載を含むものもあります。 長崎県に住む35歳の広永亮太(井浦新)は、幼いころに別れてほとんど覚えていない父が借金とともに残していったガラス細工会社を受け継ぎ、経営を立て直しつつある。 その一方、かつての父と同じように離婚し、ふたりの息子と会うことができずにいた。 現在の妻・友里恵(遠藤久美子)とは幸せに暮らしているが、ある日、妻から妊娠を告げられると、父親になることへの一抹の不安を覚える。 また、定職に就かずに母・元子(木内みどり)と暮らす、虚言癖のある兄・章一(大橋彰)の存在も悩みの種だった。 そんな折、章一が街で父を見かけたと言い出す。 いつになく真剣な面持ちで父への恨みを口にする兄の姿に、亮太は衝撃を受ける。 亮太は兄に付き合って父を捜し始め、自分たちと別れた後の父の人生に思いを巡らせる。 忘れかけていた子供時代のことを思い出し、母が垣間見せた孤独な姿が蘇る。 母は今でも父のことを話すことを嫌がり、その理由も語ろうとしない。 そんな母に内緒で父を捜す二人は、唯一の手がかりとなりそうな元従業員の住所を手に入れる。 しかし、その住所を訪ねると、女性はすでに引っ越していた。 そもそも兄が父を見たというのは本当なのかと亮太は疑い始め、兄弟の仲が険悪になりかけたとき、母が病に倒れる。 母は病床で、「お父さんは優しかったとよ」と初めて語る。 友里恵が息子の亮平を出産した数カ月後、母はこの世を去る。 葬儀の日、亮太と章一は、父に関する有力な情報を得る……。

次の