ストーリーで投稿宣伝。 【インスタ】ストーリーにURLリンクを挿入する方法と2つの条件とは?

無料なのに効果的?!インスタグラム投稿で効率的に宣伝する方法とは?|DX導入をどこよりも支援|Wiz cloud(ワイズクラウド)

ストーリーで投稿宣伝

飲食店やアパレルショップ、小売店などの運営している方には、インスタグラム(インスタ)による宣伝がおすすめです。 ツイッターやフェイスブックといったSNSに比べ、インスタグラムは画像が中心となるため、自社商品の画像を載せて集客や販促を行うことができます。 また、投稿した写真には「いいね」やコメントを入れることができるため、企業とユーザーで双方向のコミュニケーションを取るにも最適です。 たとえば、企業で新しく開発した商品をいち早くインスタグラムで発信したとしましょう。 その写真にたくさんの「いいね」が付けば、それだけその商品を欲しがっているユーザーが多いということです。 そして、その投稿から企業ホームページやブログなどに誘導できれば、ユーザーの商品購買までのプロセスを生み出せます。 こうした集客・販促も、インスタの宣伝機能を使えば可能です。 また、商品やサービス、ブランドの宣伝には、数ある他のSNSよりインスタグラムをおすすめします。 その理由については以下で詳しくお伝えしていきます。 アクティブユーザーが多く拡散性が高い インスタグラムをビジネスプロフィールに切り替えることで、投稿の宣伝という機能を使えるようになります。 ビジネスプロフィールは無料で利用可能です。 投稿の宣伝はインスタ広告とよく似ています。 ただ、インスタ広告の場合はリアルタイムで出稿するのに比べ、投稿の宣伝は過去に投稿したコンテンツが再利用できるのです。 ビジネスプロフィールに切り替えると、過去の投稿に「広告を作成」という機能が追加されます。 「広告を作成」をクリックすると、その投稿にアクションボタンを追加することができます。 たとえば、「購入する」ボタンを追加したり、ほかにも「予約する」「詳しくはこちら」などのアクションボタンが代表的です。 インスタグラムの投稿から企業サイトへと繋げやすくなるため、宣伝におすすめの機能といえるでしょう。 【有料】インスタ広告 インスタ広告を利用すれば、フィード(ホーム)上に広告を配信することができます。 インスタ広告の種類は次の4種類です。 動画広告• 画像広告• カルーセル広告• キャンバス広告 動画広告や画像広告はその名の通り、動画や画像を使って広告を配信することです。 カルーセル広告は、一つの投稿に3~5枚の写真を入れることができ、横にスワイプしてリンクを貼ることができます。 キャンバス広告は、モバイル用のフルスクリーン型広告です。 先ほどお伝えしたストーリー機能や投稿の宣伝機能は、企業側から発信した情報をユーザーに見つけてもらう工夫が必要でした。 しかし、インスタ広告の場合は、広告を出稿するだけで設定したターゲットに自動的にアプローチしてくれます。 ただ、インスタ広告は出稿費用がかかるので注意してください。 1,000円程度でも出稿できますが、費用が少ないと配信できる量が限られるため、成果も上がりにくくなります。 そのため、最低限の成果を出すためには、少なくとも月3万円ほどの費用が必要です。 インスタグラムで宣伝するときの注意点 ここまでインスタグラムの宣伝に役立つ3つの機能を紹介してきました。 いずれも集客や販促には最適なツールですが、大きな手間が発生する点には注意しましょう。 いくら画像だけの投稿で手間がかかりにくいとはいっても、ターゲットを厳選したり、コンテンツを用意するには戦略も必要です。 企業でインスタグラムを使って宣伝を行うときは、その業務を専任する担当者が要ります。 また、広告を効果的に運用していくためにもノウハウは必須です。 もし、「人材が少なくて運用が難しい」「SNSマーケティングは初めてなのでノウハウがない」とお悩みの方は、インスタグラムを宣伝するプロに任せてみることをおすすめします。 「いいね」やフォローといったユーザーへのアプローチが自動化でき、手間をかけずに商品やサービスを認知してもらうことが可能です。 また、「Insta Town」では、フォロワー1万人を超えるインフルエンサーが監修を行っています。 ハッシュタグによるターゲット選定や、投稿時のハッシュタグ選別などをサポートできるため、より効果の高い宣伝に繋がるのです。 「Insta Town」をより詳しく知りたいという方は、以下のリンクよりアクセスしてください。 各機能にはそれぞれ特徴がありました。 少しだけおさらいしておきましょう。 ストーリー機能:タイムセールやキャンペーンに最適• 投稿の宣伝」機能:企業サイトへの流入に最適• インスタ広告:情報の拡散力に優れる ただ、インスタグラムの運用には手間がかかることは事実です。 また、広告運用のノウハウがない方も少なくありません。 そんなときは、インスタグラムを自動化し、インフルエンサーにサポートしてもらえる「Insta Town」をご活用ください。 「Insta Town」を利用することで、宣伝にかかる時間的なコストを最小化することができるでしょう。

次の

LINEのタイムライン、ストーリーってなに?見方や投稿、非表示方法も解説

ストーリーで投稿宣伝

スポンサードリンク 友達をタグ付けする方法 まずはタイムライン左上の「+」マークをタップし ストーリーを投稿する画面に移動してください。 続いて写真の撮影もしくはカメラロールから投稿する画像を 選び終わったら画面右上の「Aa」のマークをタップし タグ付けしたい友達のユーザーネームを入力していきます。 この時、先頭に を入力するのをお忘れなく! そうするとアカウントの候補がいくつか表示されるので お友達のアカウントをタップすればタグ付け完了です。 タグ付けが完了するとユーザーネームの下に一本線が表示されるので それでうまくタグ付けができたかどうかを確認することができます。 ちなみに人物の服装や背景とタグの色がかぶって見づらいという場合は タグの色を変更することも可能です。 投稿後のイメージは下画像のようになりタグをタップすると 友達のアカウントに移動することができます。 URL(リンク)の貼り付け 続いてはURLの貼り付けに関してのご説明なのですが、 2016年11月現在この機能は本人確認が取れた 公式アカウントのみが利用できる機能となっています。 著名人の投稿に付くコメントで誰もが一度は見掛けたことがあると思うのですが、 具体的な商品名を挙げて「これで痩せた」「これで綺麗になった」という ステマコメントがインスタでは依然として横行しています。 これらの業者がストーリーにURLを貼れるようになったら それこそスパムだらけになってしまうのでその対策も兼ねて 公式アカウントのみが使える機能になっているのだと思います。 ゆくゆくは一般ユーザーも気軽にURLを貼れるようになると思うので、 その時は改めて追記いたしますね。 インスタのストーリーに搭載された新機能のご紹介は以上になります。 スポンサードリンク.

次の

インスタグラムのストーリーとは?見方や使い方を優しく解説したよ!

ストーリーで投稿宣伝

Instagramのストーリーって何? 「ストーリー」とは、スライドショーのような形式で、画像や動画が投稿できるインスタグラムの機能です。 正式名称は「ストーリーズ」ですが、主に「ストーリー」と省略して呼ばれていることが多いです。 ストーリーで投稿された写真や動画はトップ画面上部のストーリーレイに表示され、24時間後に自動的に削除されます。 ストーリーの機能と効果的な使い方って? 宣伝ツールとしてのストーリー活用例は数多くありますが、いざ実際に触って見ようとしてもどの機能を使ったらいいのか迷ってしまいますよね。 ここではネットショップ運営に効果的なストーリー機能をいくつかご紹介します。 デコレーション機能 ご存知の方も多いと思いますが、ストーリーにはフィード投稿よりも豊富で簡単なデコレーション機能があります。 セール時はとにかく目立たせたり、統一感のあるデザインでブランドイメージを演出したり、多くのショップで個性が光る工夫が行われています。 Q&A機能 ストーリーのスタンプ機能のなかに、Q&Aスタンプというものがあります。 フォロワーに質問を投げかけたり、メッセージ、ご意見などを募る場面で利用されています。 ユーザーの悩みを知りたい!コンテンツのネタが欲しい!という時、気軽に活用してみましょう。 ハイライト機能 通常ストーリーは投稿から24時間後に自動で消えてしまいますが、このハイライトを利用すると再度プロフィール上に表示させ続けることができます。 過去に投稿したストーリーをカテゴリー分けして表示することもできるので、プロフィール画面の充実にもつながります。 サムネイルの画像も自由に変えることができるので、統一感を持たせたデザインにすることもできます。 リポスト機能 「リポスト」機能を使うと、誰かが自分のアカウントをタグ付けしたストーリーを自分のストーリー上でも投稿することができます。 タグづけされると通知が来るので「これをストーリーズに追加」というリンクをタップすればリポスト画面に移ります。 ツイッターの「リツイート」と似た機能です。 リンク機能 ストーリーにリンク(URL)を添付しユーザーを外部のページに遷移させることができる機能で、フォロワー1万人以上から利用できるようになります。 ストーリーから自社サイトや商品ページへの導線をしっかり作ることができるので、フォロワーが増えてきたら利用してみたい上級者向けの機能です。 インスタグラム「ストーリー」を使ったネットショップ活用事例4選 上記ではストーリーの効果的な機能をご紹介しました。 とは言え、ネットショップのアカウントでは実際どんな風に上手く使われているのか気になるところですよね。 ここではストーリーの活用を工夫して行なっている4つのネットショップさんをご紹介いたします。 器と生活雑貨のお店 イロドリ 鹿児島県で、作家さんのうつわや生活雑貨などを販売しているネットショップ「」さん。 イロドリさんはストーリ-の中でも、リポスト機能を上手に活用しているのが特徴です。 お客さんが商品とともに投稿してくれたストーリーに 「ありがとうございまストーリー」と名付けリポストしています。 お客さんに感謝の気持ちを伝えるだけでなく、より多くの人に身近な形で商品の使用感を拡散できるな活用方法です。 BALANCE STYLE バランススタイル サッカーのあるファッションライフをコンセプトにサッカー選手が愛用するブランドを取り扱うセレクトショップ、「」さん。 「BALANCE STYLE」さんのぜひ真似したい点は、ストーリーを使ったお客さんとスタッフさん同士の豊富なコミュニケーションにあります。 ストーリーではQ&Aをはじめとする多くの機能を取り入れ、お客さんの声を積極的に反映させたコンテンツを日々発信しています。 自分のお店でも質問コーナーなどをストーリーでやってみてはいかがでしょう。 パンと日用品の店 わざわざ 長野県東御市にあるパンと日用品の店「」さん。 わざわざさんは独自のハッシュタグ「 わざわざで買えます」の使用したり、ライブ感を活かした再入荷情報などの発信を行うなどInstagramを上手く活用しているので非常に参考になります。 リアルな使用感が伝わるキャッチコピーも、思わず「これ欲しい!」とSNSを見ている人に思わせるところもポイントです。 山藤 yamatou 老舗の職人が作る日本製の革財布を東京の実店舗やネットショップで販売している「」さん。 山藤さんは動画を活かした「工場見学」ストーリーを発信しているところが魅力的なポイントです。 普段見ることのできない工場の裏側がここで公開されています。 ストーリーならではの大きな画面が臨場感を生み出し、本当に見学に来たような体験ができます! まとめ いかがでしたでしょうか。 今回はInstagramの「ストーリー」の機能の説明から、効果的な使い方も含めて、上手く活用している4つのネットショップさんの事例を交えてご説明いたしました。 ぜひ、事例のショップさんの取り組みを参考に、Instagramのストーリーを使って集客や売り上げアップに活用していきましょう。

次の