テント おすすめ。 テントおすすめ20選|キャンプのプロによるランキング!ファミリーやソロなどシーン別に【2020年】

ソロキャンプ用テントの選び方とおすすめ20選【ひとりキャンプに人気】

テント おすすめ

アウトドアやキャンプを始めたいけれどもテントの設営に不安のある方に、気軽に使えるワンタッチテントが人気になっています。 アウトドアだけでなく幅広い屋外活動で用いられるのも、ワンタッチテントの魅力です。 アウトドアやテント設営の知識がなくても、重視したいワンタッチテントの選び方4つをおすすめ製品とともに紹介します。 ワンタッチテントを選ぶ4つのポイント ワンタッチテントを購入したい人は、できるだけ設営の時間をかけずに気軽に使いたい人から、アウトドアの知識がないため、初心者でも簡単に設営できる製品を探している人まで幅広くなっています。 また、キャンプなどの経験はあり、テント設営の経験があっても普段使いで気軽に使えるワンタッチテントを買い足したい人も少なくありません。 ワンタッチテントに求められている使用シーンやテント設営の熟練度は幅広くなっています。 よって、ワンタッチテントを選ぶには、使うシーンや収容人数などが選び方のポイントとなるでしょう。 初めて購入する人から、テントの買い足しを検討している人まで参考になる、ワンタッチテントの選び方で重視したいポイントを4つご紹介します。 使うシーンで選ぶ ワンタッチテントを使いたいシーンは、ソロキャンプで軽量、かつ設営に時間がかからないタイプのものを買い足したい人から、キャンプ初心者で扱いやすいテントを求めている人、アウトドアシーンではなく、プールや海水浴、子どもと遊ぶ公園など、普段使いの日よけや荷物沖として使いたいなど、幅広くあります。 使いたいシーンによって、ワンタッチテントに求める機能性やサイズは異なります。 ソロキャンプなら、季節やリビングスペースの有無によっても選び方が異なります。 普段使いかアウトドアシーンかによって、ワンタッチテントに求める耐久性や収容スペースも違ってくるでしょう。 まずは、どんなシーンでワンタッチテントを使うかを踏まえた上で、製品の機能で外せないものを選ぶのがおすすめです。 機能性とコストで選ぶ ワンタッチテントは設営方法が簡単であることに加えて、製品ごとにUVカットや耐水圧が高い、通気性が良い、テントの前にスペースを作れる、重量が軽くて持ち運びしやすい、別売りアタッチメントでカスタマイズできるなどの機能に特徴がある製品が豊富に販売されています。 当然機能性が高ければ高いほど、色々なシーンで活用できるようになりますがコスト面では高くなる傾向にあります。 使うシーンを踏まえて、必要な機能性は重視しつつも、コスト面でのバランスを考えながら製品を選ぶと、納得のワンタッチテント選びにつながるでしょう。 使用人数とシーンでサイズを選ぶ ワンタッチテントはソロキャンプでも使える1~2人用から、ファミリー向けの4人以上の収容人数のものまであります。 テントの中に入るなら、できるだけゆったりしたスペースが欲しいと考える人も多いですが、スペースが広いワンタッチテントほど重量やサイズも大きくなりますし、コストも高くなる傾向にあります。 ゆとりが欲しいなら、実際に使用する人数+1人のサイズがおすすめです。 さらに、着替え用や荷物置きスペースなどで大勢が中に入ることがないなら、必要最低限の人数でも問題ありません。 実際に使うシーンと人数で、テントのサイズを選ぶようにしましょう。 設営と撤去のしやすさで選ぶ ワンタッチテントは、収納から取り出すとすぐに組立できるポップアップ式から、傘の様に開いて使うワンタッチ式があります。 両者ともに設営は短時間で済みますが、ポップアップ式は広げてすぐに設営でき、コストも安い反面耐久性が低い、設営はしやすいが撤去には少しコツがいるなどのデメリットがあります。 ワンタッチ式は耐久性もある程度ありますが、ポップアップ式よりもコストが高くなりやすい特徴があります。 子供がいるなど、できるだけ設営を早くしたいときはポップアップ、ビーチなど強風や砂が入る可能性があるなら耐久性も考慮してワンタッチ式を選ぶなど、設営と撤去方法をシーンに応じて選ぶのも重要です。 ワンタッチテントのおすすめ製品10つ ワンタッチテントのおすすめ製品を10つご紹介します。 いずれの製品も、どんなシーンに最適か、機能性、使用人数、設営と撤去がしやすい工夫と、選び方のポイントを踏まえた上で厳選しています。 同時に、どんなシーンなどんな人に向いている製品かも合わせて解説しています。 初めてワンタッチテントを購入したい人から、買い足しで検討している人も、ぜひ参考にしてください。 テント内のスペースはとても広く、2. 1m四方となっており、大人4人が余裕で寝ることができるようになっております。 骨組みがあらかじめ付いており、ペグを固定し、広げるだけで済んでしまう簡単設計となっております。 また、付属の専用ケース収納時は重量は3. 5kg、横幅80cmとなっており持ち運びの際の機動性も抜群です。

次の

ワンポールテントの人気おすすめランキング15選【2020年最新版】

テント おすすめ

テント内で過ごす時間が長い場合、ランタンは必要 テント内を照らすランタンが必要かどうは、 過ごす時間の長さによります。 基本的には外で過ごし、テントは寝るためだけに使う、ということであれば、専用のランタンまでは必要ないかもしれません。 ヘッドライトで十分ですし、スマートフォンのライトでも十分作業はできます。 しかし テント内で団らんしたり、遊んだりするのであれば、ランタンは必要です。 とは言え、私は雨でもタープ下で過ごす人ですが、 テント内で着替えたり荷物を整理したりする時などもあるため、テント内にランタンがあると便利だと感じています。 ティピーテントの場合はセンターポールに注意 ティピーテントで使用するランタンは、 他のテントとは少し違った視点が必要になる場合があります。 多くのテントでは、テントの天井中央部分にランタンを吊るし、明るさを確保します。 テントの地面の形を見ると、丸か四角の場合が多いので、中央にランタンを吊るすことでテント内全体を照らすことができます。 しかしティピーテントの場合、 テントの中央から天井まで、大きなポールが立っています。 そのため、テントの中央に吊るそうと思っても、センターポールに引っ掛けるしか方法がなく、 ランタンが傾いてしまうことがあるのです。 スポンサーリンク テント内用ランタンの選び方 ティピーテントのテント内で使用するランタンは、どのようなものが良いでしょうか。 私の場合、基本的に 2つの観点で選んでいます。 LEDランタンを選ぶ 1つ目は、 LEDランタンを選ぶことです。 テント内は大変狭いので、ぶつけてケガをする危険性があります。 特にランタンは頭の高さにあるので、 顔を火傷する可能性もあります。 火傷しても良い場所なんてありませんが、顔についた傷は一生消えない可能性もあります。 また、ぶつかった拍子にランタンが落下することもあります。 ガスランタンやガソリンランタンは火を燃やして照らしているので、そこから 火事になり、最悪の場合命を落とす危険すらあります。 下向きに照らせるランタンを選ぶ テント内で使用するランタンは、 上から下にダウンライトのように照らします。 そのため、オーソドックスなランタン(コールマンのロゴのようなタイプ)では、うまく照らせません。 ランタン自体が影になり、肝心な部分が照らせないことがあります。 そのため、テント内で使用するランタンは下方向を照らせるものを選ぶ必要があります。 テント内で使用するのにおすすめのランタン では、テント内で使用するランタンは、たとえばどのようなものが良いのでしょうか。 世の中には無数のランタンがあるので、自分で好きなものを選べば良いのですが、参考まで私の おすすめを書いていきます。 先述の通り、私の場合はコールマンのタフワイドドームかテンマクデザインのサーカスtcを使用しているので、目安としては5人用テント程度のサイズだと思っていただければと思います。 個人的におすすめベストは「たねほおずき」 私の一番のおすすめは、スノーピーク(snowpeak)のLEDランタン、「 たねほおずき」です。 たねほおずきは想像以上の光量があり、テント内を照らすだけであれば十分です。 ポケットにも軽く入るようなサイズで携帯性も良く、デザインもとてもかわいいです。 さらに、 長押しで明るさを微調整できるため、雰囲気や気分に合わせて暗くすることもできるので、室内灯として優秀です。 また特に、ティピーテントユーザーにはたねほおずがおすすめです。 たねほおずきは引っ掛ける部分がマグネット製になっているため、 鉄製のセンターポールに直接くっつけることができるのです。 しかも磁石から延びる枝部分はゴムになっているため、斜めにならずまっすぐ下を照らすこともできます。 個人的には、 たねほおずきはテント内を照らすランタンとしてベストな性能を備えていると考えています。 屋外との併用ならgentosのランタン ファミリーキャンプであれば屋外のランタンとテント内のランタンは分けた方が良いですが、ソロや少人数のキャンプであれば、屋外用のランタンと分ける必要はない、と考える方も多いと思います。 その場合におすすめなのは、 GentosのLEDランタンです。 たとえばGentosのSOL-013Cは、配置次第ではメインランタンとしても使えます。 リンク : 更にランタンのほや(グローブ)部分を取り外すことができ、底面にあるフックを引っ掛けることで 真下を照らすことができます。 画像出典 : 楽天市場 このモードで使えば、テント内の明かりとして申し分ない機能性を発揮します。 たねほおずきと 違って斜めに曲がってしまいますが、光量が大きいので気になりません。 もし気になるとすれば、電球がむき出しになっているので、見た目がおしゃれではないことでしょうか。 裸電球でも機能が良いなら問題ないよ!と言う方にはおすすめです。 スポンサーリンク 感想、まとめ。 たねほおずきはティピーテントと相性抜群! テント内のランタンについて色々と書きましたが、 私の圧倒的なおすすめは「たねほおずき」です。 もしテント内のランタンで悩んでいる方は、大抵のテントであれば、たねほおずきを買っておけば間違いないと思います。 たねほおずきで不足するケースは、もしかしたらノルディスクのような大型のベルテントの場合で、 光量が足りない、という場合でしょうか。 光量さえ足りてしまえば、機能面でたねほおずきに不満を持つことはないような気がします。 たねほおずきを初めて点灯させた時、思わず「 明るっ!」と言ってしまいました。 それくらい、大きさから想像できないくらい明るいです。 さすがスノーピーク。 カテゴリー• 人気記事ランキング 30日• 1,650件のビュー• 1,410件のビュー• 1,200件のビュー• 930件のビュー• 780件のビュー• 720件のビュー• 660件のビュー• 600件のビュー• 570件のビュー• 570件のビュー• 540件のビュー• 450件のビュー• 450件のビュー• 450件のビュー• 450件のビュー• 450件のビュー• 420件のビュー• 420件のビュー• 390件のビュー• 390件のビュー• 390件のビュー• 360件のビュー• 330件のビュー• 330件のビュー• 330件のビュー• 330件のビュー• 330件のビュー• 300件のビュー• 300件のビュー• 270件のビュー• 270件のビュー• 270件のビュー• 240件のビュー• 240件のビュー• 210件のビュー• 210件のビュー• 210件のビュー• 180件のビュー• 180件のビュー• 180件のビュー 新着記事.

次の

テント用撥水剤の人気おすすめランキング15選【2019年最新版】

テント おすすめ

アウトドアやキャンプを始めたいけれどもテントの設営に不安のある方に、気軽に使えるワンタッチテントが人気になっています。 アウトドアだけでなく幅広い屋外活動で用いられるのも、ワンタッチテントの魅力です。 アウトドアやテント設営の知識がなくても、重視したいワンタッチテントの選び方4つをおすすめ製品とともに紹介します。 ワンタッチテントを選ぶ4つのポイント ワンタッチテントを購入したい人は、できるだけ設営の時間をかけずに気軽に使いたい人から、アウトドアの知識がないため、初心者でも簡単に設営できる製品を探している人まで幅広くなっています。 また、キャンプなどの経験はあり、テント設営の経験があっても普段使いで気軽に使えるワンタッチテントを買い足したい人も少なくありません。 ワンタッチテントに求められている使用シーンやテント設営の熟練度は幅広くなっています。 よって、ワンタッチテントを選ぶには、使うシーンや収容人数などが選び方のポイントとなるでしょう。 初めて購入する人から、テントの買い足しを検討している人まで参考になる、ワンタッチテントの選び方で重視したいポイントを4つご紹介します。 使うシーンで選ぶ ワンタッチテントを使いたいシーンは、ソロキャンプで軽量、かつ設営に時間がかからないタイプのものを買い足したい人から、キャンプ初心者で扱いやすいテントを求めている人、アウトドアシーンではなく、プールや海水浴、子どもと遊ぶ公園など、普段使いの日よけや荷物沖として使いたいなど、幅広くあります。 使いたいシーンによって、ワンタッチテントに求める機能性やサイズは異なります。 ソロキャンプなら、季節やリビングスペースの有無によっても選び方が異なります。 普段使いかアウトドアシーンかによって、ワンタッチテントに求める耐久性や収容スペースも違ってくるでしょう。 まずは、どんなシーンでワンタッチテントを使うかを踏まえた上で、製品の機能で外せないものを選ぶのがおすすめです。 機能性とコストで選ぶ ワンタッチテントは設営方法が簡単であることに加えて、製品ごとにUVカットや耐水圧が高い、通気性が良い、テントの前にスペースを作れる、重量が軽くて持ち運びしやすい、別売りアタッチメントでカスタマイズできるなどの機能に特徴がある製品が豊富に販売されています。 当然機能性が高ければ高いほど、色々なシーンで活用できるようになりますがコスト面では高くなる傾向にあります。 使うシーンを踏まえて、必要な機能性は重視しつつも、コスト面でのバランスを考えながら製品を選ぶと、納得のワンタッチテント選びにつながるでしょう。 使用人数とシーンでサイズを選ぶ ワンタッチテントはソロキャンプでも使える1~2人用から、ファミリー向けの4人以上の収容人数のものまであります。 テントの中に入るなら、できるだけゆったりしたスペースが欲しいと考える人も多いですが、スペースが広いワンタッチテントほど重量やサイズも大きくなりますし、コストも高くなる傾向にあります。 ゆとりが欲しいなら、実際に使用する人数+1人のサイズがおすすめです。 さらに、着替え用や荷物置きスペースなどで大勢が中に入ることがないなら、必要最低限の人数でも問題ありません。 実際に使うシーンと人数で、テントのサイズを選ぶようにしましょう。 設営と撤去のしやすさで選ぶ ワンタッチテントは、収納から取り出すとすぐに組立できるポップアップ式から、傘の様に開いて使うワンタッチ式があります。 両者ともに設営は短時間で済みますが、ポップアップ式は広げてすぐに設営でき、コストも安い反面耐久性が低い、設営はしやすいが撤去には少しコツがいるなどのデメリットがあります。 ワンタッチ式は耐久性もある程度ありますが、ポップアップ式よりもコストが高くなりやすい特徴があります。 子供がいるなど、できるだけ設営を早くしたいときはポップアップ、ビーチなど強風や砂が入る可能性があるなら耐久性も考慮してワンタッチ式を選ぶなど、設営と撤去方法をシーンに応じて選ぶのも重要です。 ワンタッチテントのおすすめ製品10つ ワンタッチテントのおすすめ製品を10つご紹介します。 いずれの製品も、どんなシーンに最適か、機能性、使用人数、設営と撤去がしやすい工夫と、選び方のポイントを踏まえた上で厳選しています。 同時に、どんなシーンなどんな人に向いている製品かも合わせて解説しています。 初めてワンタッチテントを購入したい人から、買い足しで検討している人も、ぜひ参考にしてください。 テント内のスペースはとても広く、2. 1m四方となっており、大人4人が余裕で寝ることができるようになっております。 骨組みがあらかじめ付いており、ペグを固定し、広げるだけで済んでしまう簡単設計となっております。 また、付属の専用ケース収納時は重量は3. 5kg、横幅80cmとなっており持ち運びの際の機動性も抜群です。

次の