スマホ テレビ 接続 無線。 スマホとテレビを接続したい人へ!3分でつなぎ方を解説します

無線LANルーターの接続方法

スマホ テレビ 接続 無線

Androidスマホは端末によってMHLケーブルに対応していないケースも多いです。 もし、Androidスマホを利用しているなら後述するワイヤレス接続の方が難易度が低いです。 ワイヤレス接続でテレビに映す スマホの画面をテレビに映す方法として人気を誇るのがワイヤレス接続です。 Wi-Fiを利用してスマホとテレビをミラーリングしてスマホの画面をそのままテレビに映すことができます。 筆者の兄の子供もいつもスマホをWi-Fiでテレビに映してYouTubeを一人で見ています。 操作は非常に簡単で環境セッティングさえしてしまえば、子供一人でセッティングできる上にケーブルの抜き差しが完全不要となっている点が高評価を得ています。 接続の手間を考えるとWi-Fiでワイヤレス接続をおすすめします。 たしかに最初のセットアップが手間ですが、長期的な視点で考えるとワイヤレス接続の良さを実感できる可能性が高いです。 有線の変換アダプタでテレビに映す方法 続いて、有線の変換アダプタでスマホの映像をテレビに映す方法を確認しましょう!• AndroidスマホならMHLケーブル 参照元: 上記画像のような仕組みを採用している 有線の変換アダプタでテレビにスマホの映像を映すことが可能です。 MHLケーブルに対応している機種は少ないので、 購入しても利用できない可能性があります。 Androidスマホは、iPhoneと異なり多種多様なメーカーが独自のUSB規格・MHL対応を行っている点が 有線接続の難易度を上げています。 最近のスマホは、USB Type-Cが主流になっているので接続可否の確認難易度が高いです。 スマホやテレビに詳しくない人は ワイヤレス接続を推奨します。 iPhoneならApple純正のLightningケーブル iPhoneはAndroidスマホと異なり、機種全て規格が統一されています。 そのため、Lightningコネクタを持つiPhoneシリーズだったら全てApple Lightning — Digital AVアダプタを購入すればテレビにスマホの映像を映すことができます。 Miracast(ミラキャスト)で映す 大きく分けて上記の方法でワイヤレス接続が可能です。 本記事では、利便性が高く筆者が推奨する AppleTV、Chromecast、Fire TV Stick、そしてテレビを購入する必要がありますが、接続が簡単なAndroidTVのワイヤレス接続について紹介していきます。 AppleTVでiPhoneの映像を映す iPhoneの映像をテレビに映すには、AppleTVを利用するのがもっとも簡単でストレスのない方法です。 (リモコン付き、AirPlayにも対応している) 2万円前後のAppleTVを新たに購入する必要がありますが、HDMIケーブルで簡単に接続できる点を踏まえるとメリットが大きいです。 下記の手順でAppleTVを使ってiPhoneの映像をテレビに映すことができます。 AppleTV本体を購入する• Wi-Fi環境・HDMIケーブル(両方HDMI)を準備する• AppleTVを電源につないでテレビとAppleTVをHDMIポート(HDMI同士)で接続する• AirPlayでiPhoneとAppleTVをミラーリングして映像を映す 参照: 上記の流れでiPhoneの映像をAppleTVに流すことができます。 AppleTV 4Kも発売されているので、4Kテレビの高画質な映像を楽しみたい方にもおすすめです。 AppleTVとテレビを接続した上でiPhoneとAppleTVのミラーリングができていれば接続に戸惑うことはありません。 AppleTVを購入してiPhoneの映像を大画面で楽しみましょう! Chromecastでスマホの映像を映す AppleTV同様にHDMI端子でテレビに接続するGoogle公式のメディアストリーミングアイテムです。 スマホの映像や写真・動画を大画面のテレビで簡単に映すことができます。 Chromecastを購入する• 付属のChromecast本体・USBケーブル・充電器をつないだ状態でテレビのHDMIポートに接続する(HDMIケーブルの追加購入は不要)• テレビをHDMI入力に切り替え• GooglePlayからGoogle HomeアプリをインストールしてWi-Fiパスワードを入力して初期設定を行う• アプリ設定を一度行えばテレビに接続可能(2回目以降の設定は不要です。 ) 上記の手順を行えば、Chromecastを利用してワイヤレスでスマホの映像をテレビに映せます。 スマホからテレビに簡単ストリーミングができるアイテムとしておすすめです。 FireTV Stickでスマホの映像を映す FireTV Stickでもスマホの映像を映すことができます。 FireTV StickはAndroidスマホを利用するのが簡単です。 FireTV Stickを購入する• HDMIポートにFireTV Stickを差し込む• FireTV Stickのリモコンでミラーリングを選択してスマホに接続 Androidスマホの映像を簡単に映すことができます。 端末によって異なりますが、ミラーリング設定を行うだけで簡単にスマホの映像をテレビに映せます。 著作権保護がされているコンテンツは表示できないのでご注意ください。 AndroidTVでスマホの映像を映す 自由にコンテンツを楽しめるGoogle提携のテレビメーカーが発売しているGoogleアシスタント・Chromecast内蔵のテレビです。 上記で紹介した3つの方法よりも簡単にスマホの映像をテレビに映せます。 Androidスマホをテレビに連動させてスマートに使う方法として推奨できます。 テレビを購入する費用が追加でかかりますが、設定方法不要で初期状態からAndroidスマホをテレビに映す仕様になっています。 日本メーカーは信頼性が高いシャープからAndroidTVが販売されています。 スマホの映像をテレビに映すのにおすすめの用途 最後にスマホの映像をテレビに映すのにおすすめの用途を確認していきましょう!• スマホで撮影した写真や動画を大画面のテレビでみんなで楽しみたい• 実家に帰省してお子さんの元気な写真や動画を視力が悪いご両親に大画面で見せたい• YouTubeやNetflixをテレビで見たい• スマホゲームを大画面で楽しみたい 上記の用途でスマホの映像をテレビに映す人が多いです。 ホームパーティーで動画や写真を楽しむのもニーズが多い用途です。 また、テレビ電話や写真・動画共有アプリでご両親にお子さんの写真を見せたくても、スマホやネットの使い方が分からないときは、直接スマホをテレビに映すことで親孝行できます!.

次の

無線LANルーターの接続方法

スマホ テレビ 接続 無線

Androidスマホをテレビに接続して大きな画面で表示させれば、自分で撮影した写真や動画を表示したり、ゲームの様子を大人数で観ながら実況したりできます。 動きの激しいゲームはやや遅れが出てしまいますが、小さな画面を見るより楽しいものです。 スマホ画面をテレビ出力するには、• ケーブルによる接続• Chromecast・Fire TV・Apple TV等によるミラーリング• ミラキャストによる接続 などの方式があります。 本記事では、機種ごとに様々な制約のあるテレビ出力の方法をまとめて解説します。 なお、そもそもテレビにつなぐ必要がないケースもあるので、最後の「まとめ」まで通読してくださると幸いです。 ケーブルで接続してテレビ出力する方法 最も手軽なのがケーブルによる接続です。 対応している機種なら、簡単に利用できて面倒な設定もありません。 ただし、アダプターを手に入れる必要があります。 Androidスマホの場合 Androidスマートフォンでは、まず充電に使う端子をチェックしてください。 古いモデルでmicroUSB端子の製品は、MHLという出力に対応していれば専用のアダプターやケーブルを利用することで出力できます。 また、もっと古いスマホはmicro HDMI端子が付いている製品もありますが、もうほとんど使われていないでしょう。 HUAWEI P20 ProはUSB-Cケーブルでの画面出力に対応する。 市販のアダプターを購入して利用 USB-C端子のモデルは、「DisplayPort Alternate Mode」に対応していれば出力可能です。 このアダプターは、パソコンでも使われるため多くの製品が販売されています。 アダプターを介してテレビにつなぐだけで、このように表示できます。 上の画面のように、PCモードになってしまうこともあります。 その場合には、タスクメニューでモードを切り替えればOKです。 基本的にはテレビに接続して入力切り替えをするだけでOKです。 iPadも同様ですが、モデルによっては、端子がUSB-Cになる点に気をつけてください。 また、HDMIケーブルも必要になります。 手元にあれば新たに買い足す必要はありません。 テレビにつないで入力を切り替えればすぐに表示できます。 iPhoneの画面が、そのままテレビ画面に表示されます。 アプリによっては横画面で大きく表示可能です。 これは、以降で紹介するテレビ出力すべて共通です。 Chromecast、Fire TV、Apple TV等でテレビ出力(ミラーリング)する方法 Apple TV、GoogleのChromecast、Amazonのなどのセットトップボックスを利用しても、スマホの画面を表示できます。 この機能をミラーリングと呼びます。 機種によって対応がかなり異なるので、画面出力を前提に購入を検討している人は注意してください。 なお、ワイヤレスで表示できるので、ケーブルレスで便利に使えます。 ゲームには向きますが、表示は遅れます。 Chromecastを利用した方法 Chromecast(クロームキャスト)では、Androidスマホの画面を出力できます。 iPhoneの画面をミラーリングすることはできません。 Chromecastのセットアップが終わったら、スマホのタスクメニューからミラーリング(キャスト)を選べばOKです。 スマホの機種によっては、設定メニューから利用するケースもあります。 Chromecastでは、Androidスマートフォンのミラーリングが可能です。 この画面はZenFone 5のもの。 タスクメニューから「キャスト」をタップします。 出力先にChromecastを選択すればOKです。 スマホの画面がそのままテレビに出力できます。 Fire TVシリーズを利用した方法 最新のFire OS 6(Fire TV Stick 4K)では、Androidスマートフォンのミラーリングはできませんでした。 iPhoneでは、市販アプリ「AirPlayDLNA Receiver」(318円)等をFire TV上でインストールすることで使えるようになります。 使い方は簡単で、iPhoneでコントロールセンターから出力先に選ぶだけです。 Fire TV Stick 4Kでは、アプリを入れるとiPhoneをミラーリング可能です。 アプリメニューからアプリ「AirPlayDLNA Receiver」をインストールします。 インストールを終えたら、iPhoneのコントロールセンターから出力先として選ぶだけです。 Apple TVを利用した方法 Apple TV 4Kは、iPhoneやiPadの画面出力に対応しますが、Android端末の画面をミラーリングで出力することはできません。 設定は簡単で、Apple TV 4Kが利用できる状態なら、iPhoneのコントロールセンターから「画面ミラーリング」で出力先に選ぶだけです。 Apple TV 4Kでもミラーリングは可能です。 コントロールセンターの左側にある[画面ミラーリング]をタップします。 ここで、Apple TVを選べばOKです。 Miracast(ミラキャスト)でテレビ出力する方法 Miracast(ミラキャスト)というワイヤレスでの接続方式には、多くのAndroidスマホが対応しています。 最新機種はたいてい対応していると考えてよいでしょう。 この方式でテレビに接続するためには、一般に専用のレシーバーが必要です。 また、Windows 8. 1以降のパソコンはそれ自体がミラキャストに対応しているケースがあり、特別な機器を追加しなくてもスマホの画面を投影できます。 ワイヤレスで接続できるのでケーブルがなく快適に使えますが、動きの激しいゲームでは遅れが発生します。 設定 はじめにMiracastレシーバとして「LDT-MRC02 」(ELECOM製)を利用し、テレビとつなぐ方法を紹介します。 Miracastレシーバの LDT-MRC02(ELECOM製) 接続手順 ここでは、Androidスマホに「Galaxy S7 edge」を利用した接続方法を説明します。 スマホによってミラキャストを利用する際のメニュー位置などが異なるため、機材の購入を考えている人は事前に接続できることや、手順を調べておくことをおすすめします。 MiracastレシーバをテレビのHDMI端子と接続します。 電源の取り方はテレビによって異なります。 Miracastレシーバを接続して、テレビの入力を切り替えます。 少し待っていると上掲のような画面が表示され、接続を待機する状態になります。 スマホ(Galaxy S7 edge)の通知を開きます。 [クイック接続]からも利用可能ですが、「SmartView」から利用したほうがすばやくおこなえます。 接続した機器の名前が表示されるので、選択します。 すると、右上の画面のように接続状態になります。 ほどなく、テレビにスマホの画面が表示されます。 スマホを横にすれば、全画面で表示されます。 ウェブページも快適に閲覧できます。 まとめ:どの方法でテレビ出力するのがベストか まず、使い方を考えてください。 写真や動画を大きな画面で見たいなら、そもそもスマホの画面を出力しなくてもよいのです。 Apple TVなどのセットトップボックスを利用すれば、それぞれのアプリ(GoogleフォトやiCloudの写真など)から写真や動画を表示できます。 YouTubeやNetflixなどの動画見放題サービスもそれぞれのアプリで利用すれば良いでしょう。 つまり、コンテンツを楽しむときには、セットトップボックスを使えば十分です。 スマホを接続してテレビで表示すべきなのは、スマホでしか利用できないゲームやアプリを使うときです。 iPhoneならApple TV、AndroidスマートフォンならChromecastがあれば、コンテンツも楽しめますし、アプリも表示できます。 これがベストな方法です。 Fire TV Stick 4Kは表示のためのアプリが必要なので、ちょっと敷居が高くなります。 友達の家や旅行先のホテルなどで大画面で表示したいときには、セットトップボックスを持ち歩いてつなぐのは無理があります。 ケーブルによる接続が現実的でしょう。 iPhoneでは、アダプターを用意すれば、ほぼ問題なく接続できます。 Androidスマホは機種によって対応が異なるので仕様を確認する必要があります。 USB-C端子を搭載したモデルでも、出力できないモデルも少なくありません。 どの接続方法を利用するとしても、テレビにHDMI端子が必要です。 ホテルなどで極端にテレビが古いと利用できない点は注意してください。

次の

スマホ画面をテレビの大画面で!スマホとテレビの接続方法を徹底解説

スマホ テレビ 接続 無線

iPhoneの画面をテレビに映し出すには、「有線(ケーブル)でつなぐ」方法と、「無線でつなぐ」方法の2つがあります。 有線は接続がラク。 対して無線は、ケーブルの長さなどに影響されないので、ゲームなど複数人で1台のスマホを使って遊ぶ際に便利ですよ。 有線(ケーブル)でつなぐ パソコンやレコーダー、ゲーム機などでも使われている、デジタル家電の映像と音声をデジタルテレビに送るためのケーブル「HDMIケーブル」を使って、iPhoneとテレビをつなげます。 ただ、iPhoneにはHDMIケーブルをつなげられる端子がありません。 そのため、専用アダプタ「Apple Lightning Digital AVアダプタ」を用いてHDMIケーブルと接続する必要があります。 接続してしまえば、細かな設定は一切必要なく、iPhoneとテレビをつなぐだけでテレビ画面にiPhoneの画面を表示できます。 iPhone +専用アダプタ+HDMIケーブル+テレビの順でつなげればOK 無線でつなぐ 「Apple TV」(8,856円/アップル)という専用の無線アダプタを経由させ、iPhoneとテレビを接続します。 まず「Apple TV」とテレビをHDMIケーブルで接続し、Wi-Fiにつなぎます。 次にiPhoneも同じWi-Fiにつなげ、画面の下部を上にスワイプ。 すると「コントロールセンター」が出るので「AirPlay」をタップし、「ミラーリング」をオンにしましょう。 これでiPhoneの画面をテレビに映すことができるようになります。 ちなみに「Apple TV」は単体でも利用できます。 iTunesで販売されている映画やミュージックビデオを購入・視聴したり、「Netflix」「バンダイチャンネル」などの動画配信サービスの視聴もできますよ。 Androidの場合 Android スマホも、接続がラクな「有線(ケーブル)でつなぐ」方法と、ケーブルがわずらわしくない「無線でつなぐ」方法、2つのやり方でスマホの画面をテレビに映し出すことができます。 有線(ケーブル)でつなぐ 「HDMIケーブル」を使います。 スマホ本体にHDMI端子がある機種は、直接HDMIケーブルでテレビと接続できます。 HDMI端子がない機種は、専用アダプタを用いて、スマホのMicro USB端子とテレビのHDMI端子を接続します。 専用アダプタは「MHL変換アダプタ」などの名称で、1,500円~3,000円程度で販売されています。 無線でつなぐ スマホとテレビ、双方が、「Miracast」(画面の情報を無線で通信するための規格)に対応している場合は、Wi-Fiでダイレクトに接続し、スマホの画面情報をテレビに転送することができます。 テレビが「Miracast」に対応していない場合は、「Wireless Display Adapter」(7,538円/マイクロソフト)、「Miracastレシーバー LDT-MRC02」(オープン価格/エレコム)など、様々なメーカーから販売されている「Miracasアダプタ」を用います。 (スマホは「Miracast」に対応している必要があります) MiracasアダプタとテレビをHDMIケーブルで接続し、Wi-Fiでアダプタとスマホを接続すればOK。 ケーブルでつないだときと同じように、スマホの画面をテレビに映し出すことができます。 大画面ならではの鮮明さと迫力で楽しめる 写真を大画面で楽しむ テレビに接続したら、さっそく写真や動画を見てみましょう。 スマホのアルバムアプリから写真を選択すると、テレビにも表示されます。 最近のスマホカメラは4K撮影に対応していたりと、画質がとてもいいので、テレビ画面に映しても画質が荒くなることはほとんどありません。 むしろスマホで見るより鮮明に見られるところが、大画面ならでは。 家族みんなで、スマホで撮った写真を振り返るのにぴったりです。 撮影動画はもちろん、映画やドラマも! 写真だけでなく、動画も再生できます。 自分で撮った動画はもちろん、「dTV」や「hulu」などの動画配信サービスの作品もテレビで見ることができます(別途申し込みが必要です。 映画やドラマは、スマホだと画面が小さくて疲れてしまうことがありますが、テレビなら問題なく楽しめますよね。 もちろんYouTubeの動画を見ることもできますよ。

次の