お 朕 朕 ランド 開閉。 始皇帝/コメント

FGO始皇帝のツイッターワードが崩壊。朕 → お朕朕 → フル朕 → 玉朕玉 → お朕朕ランド開演 → お朕朕ランド閉園wwwwwwww: よっ!ちゃんねる。アニメ特撮

お 朕 朕 ランド 開閉

概要 [ ] 「」の。 略歴 中国の異聞帯の皇帝として登場。 咸陽上空に浮遊している巨大な建造物の中に座しているものと思われていたが、実はその巨大な浮遊物体そのものが始皇帝である事が本人から明かされた。 クリプターであるの事を完全には信用しておらず、カルデアの事を一概に敵として決めつけなかったどころか、自らの領土を分断する謎の嵐の壁を突破する手段になるを持つカルデアの方が取引相手として価値が高いとし、当初はカルデア一行を客として迎え入れようとしていた。 しかしある時、が村人に教えた「唄」が始皇帝の耳に入った結果、支配体制の維持のために始皇帝が徹底的に禁止・排除していた「儒」であると判断し、態度を一変させカルデアを排除すべき敵として認識。 シャドウ・ボーダーを略取し、大気圏外に造営された「長城」の一部を墜とすことで村一帯ごと滅ぼそうとする。 しかしこれはの捨て身の吶喊によって防がれ、諦めないカルデアのマスターは要所を攻略、ついには咸陽にまで攻め入られる。 別働隊として荊軻が始皇帝の喉元にまで迫ったが、始皇帝の「聖躯」を機能停止に追い込んだ直後、ヒト型の「真人躯体」に意識を移した始皇帝によって殺害される。 その後、妲己の手で扶桑樹内部に隠匿されていた空想樹メイオールが咸陽近傍に出現。 自らが探し求めて保管していた扶桑樹が既に空想樹に浸食されていた事、空想樹を見てそれまで信用していなかった剪定事象の話を事実だと認識した始皇帝は、自らカルデアに戦いを挑む。 激戦の結果、地に膝をつけた始皇帝は汎人類史の強さを認め、編纂事象の行く末を汎人類史に託すことを決める。 しかし、そこにが割り込んでカルデアに最後の戦いを挑み、敗れる。 を失い怒り狂うが一体化した空想樹に対し、カルデアと共闘。 空想樹の切除後、地に降り立った始皇帝は、一度はカルデア諸共粛清しようとした民達と語らいつつ、去ってゆくシャドウ・ボーダーを見送った。 人物 自身ただ一人だけが「人」であるとし、国民の全ては「民ではあるが人ではない」という考えを持つ。 始皇帝の思想では、価値観を持って争いあうものが「人」である以上、人が自身ただ一人だけであるならば争いの起こりようもない、という。 同時に、ただ一人の「人」である以上、民の全てに責任をもち治世を崩すことなく永劫背負って立つ、それができる者のみが「人」である、と主張する。 後述の巨大な『聖躯』は能力拡張の結果でもあるが、「人前に滅多に姿を現さない施政者は姿を見られてしまうと威厳の失墜があるのではと恐れているからだ。 自分はそのような事がないため、24時間365日の区別なく万民が姿を拝する事ができる」という考えに基づいた結果でもある。 絶対の支配者でありその言動は尊大さに満ちたものではあるが、ところどころに妙にスラングじみた軽い言い回しが混ざる。 サーヴァントとなった後も、他の「王」のサーヴァントと同じくマスターに対しても「自分が主でマスターが従」という態度で接する。 また自分の治世こそ完全無欠であると考えているため、汎人類史に対して上から見て批評、批判する事が多く、その廃絶を主人公に唆しもする。 他の英霊から気さくに話しかけられて面食らっているようだ。 能力 咸陽上空に浮かんでいる『聖躯』は超巨大なスーパーコンピュータとでもいうべきものであり、民の全てを管理するに足る演算能力を持つ。 構造自体は真空管などを用いた、汎人類史で言えば旧式のコンピュータに相当するものだが、その巨大さゆえに圧倒的な演算能力を実現している。 技術を全て自分自身のみに召し上げて独占している関係で、汎人類史と違って効率化や小型化を目指す必要性が全くなかったためにこのような形態になっているが、始皇帝によって文化というものが消された中国異聞帯にあっては神に等しいといえる。 人型の『真人躯体』となってからは聖躯だった頃のような圧倒的な演算能力は失われているが、この人型躯体自体が人造の真人であり、人体が持ちうる究極の均整と能力を備えた到達点とも言える完成度を誇る。 唯一絶対にして永遠不滅、繁殖の必要すらないので性別の概念も無い。 水銀を操ることが可能で、戦闘時はこれを様々な形に変化させることで多彩な攻撃を行える。 ゲーム内では使用できないが、仙術は相当なレベルのようで、 異星の神という次元違いのマスターを持つ異様な霊基の重さを誇るを完全に封じ込めるほどに究めている。 バリエーション [ ] 始皇帝〔英霊伝承〕 [ ] 『英霊伝承』の荊軻のストーリーに登場した始皇帝。 汎人類史の存在であり、史実の始皇帝にイメージが近い。 彼の治める秦は表面上牧歌的であった中国異聞帯とは異なり、犯罪はまったくないガチガチの法治国家であり、社会において必然的に発生する悪(そうせねば生存できない社会的弱者)は存在すらできない。 側近からさえ内心では死を望まれている存在。 こちらでも不死の追求は積極的に行っているようで、謎の肉塊と接続したことで擬似的な不死を得ているが、「宮殿中から血の匂いがする」となんらかの人体実験を思わせる描写がある。 最終的に荊軻が用意したヒュドラ毒付きの短刀を叩き込まれ、擬似的な不死を失う結果となった。 なお、中国異聞帯の始皇帝もこの経緯を辿っているようで、この後に哪吒の肉体から得た仙道サイバネティクス技術で不死を得た場合は異聞帯の歴史に進み、それが間に合わずに死ぬと汎人類史に進むようである。 ただ独りの真人たる帝が、万民の奉仕を礎に万民を守護する法政の容。 これを呪的な拘束力として世界そのものに強要する宝具。 ただし対象範囲は始皇帝が自らの領土領民と認識した範囲に限定されるため、厳密には対界宝具のカテゴリには嵌まらない。 『Grand Order』では「自身に『無敵状態&ターゲット集中状態 』『攻撃力をアップ&クリティカル威力をアップ&スター集中度をアップ 』を付与」という効果のArts属性宝具。 真名:始皇帝 [ ] 名は嬴政(えいせい)。 中国を史上初めて武力統一した秦の君主。 汎人類史の史実では、始皇帝は不老不死の研究の一環として水銀を含んだ薬を摂取し続け、結果として水銀中毒で命を落としており、秦という国家も永続せずに戦乱時代が始まっている。 しかしある平行世界の始皇帝は殷王朝の遺跡より仙人・太乙真人の作による人造人体の残骸を回収し、これを解析することで肉体を機械化する技術を獲得。 これによりサイバネティクスという方向で不老不死を実現、結果として存命したまま、秦という国家を存続させただけに留まらず、世界に対して大幅に先駆けた技術的ブレイクスルーと仙術の融合技術をもって世界を圧倒し、中国のみならず世界を統一した。 世界統一を達成する過程において、それに足る能力を求めて自らの体躯を拡張し続けた結果、最終的には人とはおよそ呼べぬ姿へと成り果てており、その体躯は居城であった阿房宮をも呑み込み、咸陽上空に反重力で浮遊する巨体へとなる。 その膨大な演算能力を持って全ての民を管理していた。 本来は世界統一を達成し「平和だが進歩がない世界」を完成させた事で剪定され終わりを迎えてしまった世界ではあるが、剪定されず2018年まで続いた事になっている異聞帯では『真人』であると接する機会を得、その身体を解析する事で得られたデータを元に、人型の真人としての体躯を完成させる。 これは皇帝として秦の国を管理維持していく事においては不要、と言うよりも管理維持の中核を成していた膨大な演算能力は『聖躯』と称する巨大な機械体躯にこそあったものだが、異聞帯を訪れたカルデアのマスターと本当の意味で決着をつけるため、あえて巨大な聖躯を捨てて人型となり地上に降り立った。 関連 [ ] 始皇帝陵 即位直後から建造させた自身の墳墓。 内部には始皇帝が作らせた「水銀の河」が存在するという伝説があったが、調査によって自然界に存在する水銀の100倍以上の純度の水銀が内部に確認されており、ほぼ事実である事が分かっている。 万里の長城 北方の遊牧民族の侵略を防ぐ為に作らせた長城。 城塞建築物としては世界最大級で、月からも姿が見えると言われている。 中国異聞帯では既に世界を統一し終えており地球上には敵はいないとし、地球外からの外敵に対する防壁として衛星軌道上に建造されている。 阿房宮 咸陽から少し離れた場所に建造された大宮殿。 数万人を収容できる規模であったと言われている。 汎人類史では通常の宮殿であったが、中国異聞帯では規模を拡張する始皇帝によって飲み込まれ、彼の「聖駆」そのものとなっている。 伝国璽 皇帝の権威を示す玉でできた印鑑。 秦王朝以降の王権の象徴となった。 詳細は上記参照。 Lostbelt No. 3『人智統合真国 シン』配信後、期間限定で実装された中国異聞帯の皇帝。 その他 [ ] 生徒役。 発明部で不老不死の薬の被検役として飲みすぎ、グロッキー状態になってしまっていた。 サーヴァントになってからは、最初は「汎人類史の行く末を見届けるために来ただけで、見過ごせない破綻があれば即座に自分が再度覇を唱えるつもりだ」と公言していたが、主人公という人物を強く認めるに従って、どのような結末に至ろうとも主人公と共に最後まで見届けると宣言する。 自身の親衛隊のリーダーであり、仙道を教導している相手。 彼の凶暴な本性を知りながら、その才能を活用するべく働く場所を与えているため、深い忠誠を受けている。 、 凍眠英雄の中から、カルデアに対処するために呼び覚ました2人。 始皇帝が指名して解凍したのではなく、「解凍時の手違いで人格に異常をきたして暴れてもお前の手に負える範囲で役立つと思われる者」という指定で衛士長が選んだ2人だが、始皇帝は特性をよく把握して使いこなした。 かつて自身を暗殺しに来た暗殺者の一人。 異聞帯の歴史の中でも荊軻を含めた暗殺者そのものは数えきれないほどいたらしく、再度まみえた荊軻もその一人に過ぎなかったが、汎人類史特有の小型機械を利用した「毒」 を喰らった後は「朕に二度も死の恐怖を与えた者」として賞賛した。 なお荊軻からは、「二千年を経て更に悪辣になった」「この醜悪な治世」など、非常に強い嫌悪を持たれている。 自身が長年探し求めていた「真人」そのもの。 当初は力を落とし人間と変わらない「芥ヒナコ」の姿であったが、自身の正体が始皇帝が探し求めていた「真人」に当たる存在である事は早い段階から明かしていたようで、いつか元の姿に戻った暁には項羽の身柄を譲り渡す事と引き換えに身体のデータを全て提供するという約束を交わしていた。 クリプターについてちょっかいを出しにきているサーヴァント。 コヤンスカヤの正体、本質までも当初から正確に見抜いており、信用しないだけでなく、機会を得た時には拘束して永久封印するための拷問を躊躇いなく指示した。 汎人類史における中国の皇帝としての後輩。 その人生と心の在り方を若干痛ましく思いつつも、皇帝の一人として一目置いている。 生前 凡人類史としての [ ] 趙高 晩年に重用した宦官。 死後、専横を振るって秦を滅亡に追い込んだ。 (こう) 生前、討ち取ったとされている幻想種。 その際に使用した弩に彼?の意志が宿っている。 」 Lostbelt No. 3『人智統合真国 シン』にて。 毎度コヤンスカヤをコミンスキャー、タユンスカポン等と言い間違え、「わざとやっているだろう」とコヤンスカヤに問い詰められた時の返答。 始皇帝の慧眼と底知れなさを感じさせる一幕。 この後コヤンスカヤはに昏倒させられ捕えられる事となる。 「うん、始皇帝なのだ。 」 自分が何者なのか心得ているのかと主人公に問い、「始皇帝ですね」と返した際の反応。 それまでにも言動の端々に現れていたが2000年以上世界に君臨する統治者にしては割とフランクな始皇帝。 「違うな荊軻。 其方の英霊たる本分は、仕損じてなお最後に笑って果てる、その飄然にあると知れ。 」 荊軻との問答の果て、彼女を殺害した後の一言。 自身に二度も死の恐怖を与えながらも、彼女のその在り方に心からの敬意を表す。 彼女と交わした問答によって生まれた始皇帝の心境の変化が後の闘いに大きな影響を及ぼす事となる。 「安息にして万全の終着か、破滅と隣り合わせの成長の可能性か。 編纂事象の地球に居座るうえで、どちらの『人』がより相応しいか……もはや問答による判定は不毛だ。 よって殴る。 殴って決める。 殴り返すことも特別に赦す。 そして最後まで立っていた方に未来の希望を託すものとする!」 真人躯体としてカルデアの前に現れた始皇帝による宣言。 その余りにも潔い裁定法に陳宮も「天下はこう競われるべき」と肯定し、主人公もそれまでの悲壮感ある異聞帯の戦いとは違い、「憎むのではなく示すための戦い」として挑戦に応じる。 こうして絶対者たる真人と民たる人との決戦が始まるのだった。 マイルーム [ ] 「朕と其方とはいずれ覇を競うことになるのだが、『その有様を他ならぬ朕が傍らから見守る』というのはなかなか面白そうな趣向だな。 その時は是非、特等席で観戦させよ。 今の朕の記憶と同じ結末に至るのかどうか……フフフフフフ……楽しみだ!」 マイルーム会話「絆Lv1(Lostbelt No. 3クリア前)」。 早い話がLostbelt No. 3クリア前に始皇帝を召喚してしまい「始皇帝がいる状態で中国異聞帯に乗り込んで始皇帝を倒しに行く」というFGO特有のタイムパラドックスを抱える事になったプレイヤーへの、かなりダイレクトなメタ発言である。 中国異聞帯での記憶を全て持っている始皇帝は、この先主人公が中国異聞帯にて自分と同一の存在と戦う事やその結末まで全て知っている。 こっちの始皇帝は楽しむ気マンマンのようだが、あっちの始皇帝が見たらどう思うだろうか。 余談だがLostbelt No. 3最終盤ではNPCの始皇帝が助太刀をしてくれる場面があるのでフレンドに頼らずとも「朕朕状態でに立ち向かう」という、字面だけ見るととんでもない状況を作る事もできる。 「いやまあ何だ、ああは言ったが其方の道行きも気がかりでな。 やはり傍らにて見守ることとした。 体裁としてはサーヴァントという形で構わぬ故、有難く思うが良いぞ。 」 召喚時(Lostbelt No. 3クリア後)。 「やっぱ来ちゃった」的なノリで召喚サークルから出てくる始皇帝。 いつでもどこでもフリーダムでフランクである。 上述の絆Lv1の会話とこの会話はLostbelt No. 3をクリアしたかどうかで始皇帝の台詞が変わる(ネタバレに配慮するというより、タイムパラドックス状態にある事を認識してメタ発言をする)。 同様に中国異聞帯での記憶を引き継いでいるはそのような変化はないのだが。 イベント [ ] 「ふむふむ、水着剣豪……うむ! 関わり合いにならないならない方が良いということだけは解ったぞ。 」 『見参! ラスベガス御前試合~水着剣豪七色勝負!』にて、カジノと言う贅沢の極みを見て怒り、ここが特異点だ(=解決されれば消える場所だ)と教えられて怒りを鎮めた後、マシュに「(この特異点を)修復する道筋も既に明らかなのだな?」と尋ねての返し。 そりゃまあ常識のある人はこんな反応になるのもやむを得ない。 始皇帝はこの後「すべて任す」と言って逃避しカルデアに急いで帰った。 メモ [ ]• 性別が 朕という前代未聞のサーヴァント。 これは、いわゆる通常の性別を持たない事を意味している。 型月の既出キャラクターとしてはそもそも設定上存在しないや可変のに次ぐもの。 また、ファン間のジョークとしてが「 性別:先輩」と呼ばれる事例はあったが、こちらはゲーム内で見られるプロフィールに 本当にこう書いてある。 公式に専用の性別が設定されたのは初の事例である。 ちなみにこれは現在の肉体である『真人躯体』に性別に該当するシステムが組み込まれていないため。 字面に反して理由は至極真面目だったりする。 イラストレーターの東冬氏は「全裸で性別不明の異形の美形」とのオーダーがあった事で、「蜂準長目(切れ長の蜂のような目つきの男)」という秦王政当時の形容から作ったデザインが没になった経緯がある事をTwitterで明かしている。 概念礼装「不死鳥は大地に」に木蓮が描かれているのは、「地球上で最初に花をつけた樹木(原産地は中国)」であり、白木蓮(玉蘭)は「皇帝の寵愛」という意味を持つ事に由来する、と同じくTwitterで明かされた。 実際に声に出した時の発音がツボに嵌ったのか、実装に際しては「お朕朕ランド開園(=召喚成功)」や「フル朕(=全パラメータ最高状態)」といった謎の 淫語隠語がネット上に飛び交う事態となった。 中でも、自前とフレンドのダブルで挟んだパーティ「 玉朕玉システム」はその字面で多数のプレイヤーの腹筋崩壊を誘発した。 しかしこの構成が、単なるウケ狙いではなく高耐久と宝具の回転効率が両立した実用性の高いパーティと判明。 サポーターとしてはやに押されがちな傾向にあった玉藻の再評価にも繋がった。 なお、その鉄壁編成の天敵となるのがよりにもよってというのが何とも…。 「性別:朕」の影に隠れているが、好きな物と嫌いな物がまったく同じ「水銀」と言う地味に珍しいプロフィールを持つ。 これは水銀という物質の性質は好ましく思っている反面、 飲んだらクソ不味かったというトラウマが原因。 但し、ネタパーティとしては同じ「福山氏が皇帝役」かつキャスト被りの多い『コードギアス』で組まれる事例が多い模様。 特にマーリン・との組み合わせが宝具同士の相性も手伝って定番化しており、先述の「玉朕玉」との混成パターンも存在する。 史記が漢王朝を正当とし、始皇帝の秦を王朝の失敗例として書いたことから、始皇帝の評価は苛烈な法をしいて民を苦しめた暴君というものであったが、近年は新資料の出土などで研究が進み、評価が大きく好転してきている。 例をあげると漢の法律である「漢律」と秦の法律である「秦律」は極めて類似した内容であったことが、出土した竹簡より明らかになっている。 秦王朝そのものは短命に終わったが、秦王朝のシステムは一部修正や付け足しをされながら後継王朝である漢王朝に大部分が引き継がれた。 これは秦の構築した政治機構そのものは優れていた証明であろう。 作中でも「儒」を徹底的に禁じる姿勢をみせ、史実でも「焚書坑儒」の逸話などから、儒教と儒者を徹底して大弾圧したとされる始皇帝だが、それはやや正確ではない。 そもそも「焚書」の対象となったのは諸子百家の書であって、儒教の書もそれに含まれていたのは間違いないが、逆に言えば儒教の本のみが敵視されたわけではない。 また「坑儒」にしても生き埋めにされ殺害されたのは「学者」であって儒者に限定されるわけではない(とはいえ、政権への批判者は一族もろとも抹殺されるなど、苛烈な思想弾圧であったことも間違いない)。 儒者が完全に排除されなかった証拠として、後に劉邦に仕え重用される叔孫通などの儒者が、始皇帝の息子の二世皇帝・胡亥に仕えていることが確認されている。 余談だが、「焚書」にあたる禁書令は秦の世が終わり漢王朝の時代になっても続き、廃止されたのは漢の二代目・恵帝の時代である。 漢の代になっても国内の叛乱、国外からの脅威があり、皇帝である劉邦自身が親征せねばならぬほど混乱が続き……要するに手が回らなかったため。 サーヴァントとしての召喚可能性については『』において、繰丘夫妻が召喚を目論んでいた。 汎人類史側の始皇帝がどのクラス適性を持つかは作中では言及されていないが、作者の成田良悟のによると「あのは5年前の時点ではあの宝具持ち主本人が出る予定だった所、FGOの方でその御方がそのまま登場したのであのキャラに変更した」とあり、おそらく弓兵クラスの始皇帝が出演する予定であった。 ホームズは裁定者のクラスを意外に感じているため、ルーラー始皇帝は異聞帯特有か。 本来、グランド級の霊基は『世界』が用意してくれるもののため、世界が関与しない普通の英霊召還で、グランド級の霊基になるかは語られていないが.. 神霊召還と同じ理論なら不可能なので、通常の霊基で召還されると思われる。 「汎人類史であればに該当する霊基」とされるが、これは冠位と同等の霊基を持つというだけで、冠位というわけではない。 冠位とは1つ上の格の霊基を貰うことが出来る 特権のようなもの。 冠位=バフではなく冠位という資格を持っていることで優遇されると言えば分かりやすいか。 始皇帝は冠位が無いにも関わらず、グランドクラスと同等の霊基を持っていたという話。 冠位とは人類全体を救うためにしか力を行使してはいけず、これに反した山の翁は冠位を剥奪される。 しかし、冠位が剥奪されても霊基はそのままであったように冠位と霊基は別である。 山の翁は全力の「死の概念の付加」により、霊基が普通のサーヴァントと同等にまで落ちただけである。 話題まとめ [ ] 脚注 [ ] 注釈 [ ].

次の

始皇帝/コメント

お 朕 朕 ランド 開閉

概要 [ ] 「」の。 略歴 中国の異聞帯の皇帝として登場。 咸陽上空に浮遊している巨大な建造物の中に座しているものと思われていたが、実はその巨大な浮遊物体そのものが始皇帝である事が本人から明かされた。 クリプターであるの事を完全には信用しておらず、カルデアの事を一概に敵として決めつけなかったどころか、自らの領土を分断する謎の嵐の壁を突破する手段になるを持つカルデアの方が取引相手として価値が高いとし、当初はカルデア一行を客として迎え入れようとしていた。 しかしある時、が村人に教えた「唄」が始皇帝の耳に入った結果、支配体制の維持のために始皇帝が徹底的に禁止・排除していた「儒」であると判断し、態度を一変させカルデアを排除すべき敵として認識。 シャドウ・ボーダーを略取し、大気圏外に造営された「長城」の一部を墜とすことで村一帯ごと滅ぼそうとする。 しかしこれはの捨て身の吶喊によって防がれ、諦めないカルデアのマスターは要所を攻略、ついには咸陽にまで攻め入られる。 別働隊として荊軻が始皇帝の喉元にまで迫ったが、始皇帝の「聖躯」を機能停止に追い込んだ直後、ヒト型の「真人躯体」に意識を移した始皇帝によって殺害される。 その後、妲己の手で扶桑樹内部に隠匿されていた空想樹メイオールが咸陽近傍に出現。 自らが探し求めて保管していた扶桑樹が既に空想樹に浸食されていた事、空想樹を見てそれまで信用していなかった剪定事象の話を事実だと認識した始皇帝は、自らカルデアに戦いを挑む。 激戦の結果、地に膝をつけた始皇帝は汎人類史の強さを認め、編纂事象の行く末を汎人類史に託すことを決める。 しかし、そこにが割り込んでカルデアに最後の戦いを挑み、敗れる。 を失い怒り狂うが一体化した空想樹に対し、カルデアと共闘。 空想樹の切除後、地に降り立った始皇帝は、一度はカルデア諸共粛清しようとした民達と語らいつつ、去ってゆくシャドウ・ボーダーを見送った。 人物 自身ただ一人だけが「人」であるとし、国民の全ては「民ではあるが人ではない」という考えを持つ。 始皇帝の思想では、価値観を持って争いあうものが「人」である以上、人が自身ただ一人だけであるならば争いの起こりようもない、という。 同時に、ただ一人の「人」である以上、民の全てに責任をもち治世を崩すことなく永劫背負って立つ、それができる者のみが「人」である、と主張する。 後述の巨大な『聖躯』は能力拡張の結果でもあるが、「人前に滅多に姿を現さない施政者は姿を見られてしまうと威厳の失墜があるのではと恐れているからだ。 自分はそのような事がないため、24時間365日の区別なく万民が姿を拝する事ができる」という考えに基づいた結果でもある。 絶対の支配者でありその言動は尊大さに満ちたものではあるが、ところどころに妙にスラングじみた軽い言い回しが混ざる。 サーヴァントとなった後も、他の「王」のサーヴァントと同じくマスターに対しても「自分が主でマスターが従」という態度で接する。 また自分の治世こそ完全無欠であると考えているため、汎人類史に対して上から見て批評、批判する事が多く、その廃絶を主人公に唆しもする。 他の英霊から気さくに話しかけられて面食らっているようだ。 能力 咸陽上空に浮かんでいる『聖躯』は超巨大なスーパーコンピュータとでもいうべきものであり、民の全てを管理するに足る演算能力を持つ。 構造自体は真空管などを用いた、汎人類史で言えば旧式のコンピュータに相当するものだが、その巨大さゆえに圧倒的な演算能力を実現している。 技術を全て自分自身のみに召し上げて独占している関係で、汎人類史と違って効率化や小型化を目指す必要性が全くなかったためにこのような形態になっているが、始皇帝によって文化というものが消された中国異聞帯にあっては神に等しいといえる。 人型の『真人躯体』となってからは聖躯だった頃のような圧倒的な演算能力は失われているが、この人型躯体自体が人造の真人であり、人体が持ちうる究極の均整と能力を備えた到達点とも言える完成度を誇る。 唯一絶対にして永遠不滅、繁殖の必要すらないので性別の概念も無い。 水銀を操ることが可能で、戦闘時はこれを様々な形に変化させることで多彩な攻撃を行える。 ゲーム内では使用できないが、仙術は相当なレベルのようで、 異星の神という次元違いのマスターを持つ異様な霊基の重さを誇るを完全に封じ込めるほどに究めている。 バリエーション [ ] 始皇帝〔英霊伝承〕 [ ] 『英霊伝承』の荊軻のストーリーに登場した始皇帝。 汎人類史の存在であり、史実の始皇帝にイメージが近い。 彼の治める秦は表面上牧歌的であった中国異聞帯とは異なり、犯罪はまったくないガチガチの法治国家であり、社会において必然的に発生する悪(そうせねば生存できない社会的弱者)は存在すらできない。 側近からさえ内心では死を望まれている存在。 こちらでも不死の追求は積極的に行っているようで、謎の肉塊と接続したことで擬似的な不死を得ているが、「宮殿中から血の匂いがする」となんらかの人体実験を思わせる描写がある。 最終的に荊軻が用意したヒュドラ毒付きの短刀を叩き込まれ、擬似的な不死を失う結果となった。 なお、中国異聞帯の始皇帝もこの経緯を辿っているようで、この後に哪吒の肉体から得た仙道サイバネティクス技術で不死を得た場合は異聞帯の歴史に進み、それが間に合わずに死ぬと汎人類史に進むようである。 ただ独りの真人たる帝が、万民の奉仕を礎に万民を守護する法政の容。 これを呪的な拘束力として世界そのものに強要する宝具。 ただし対象範囲は始皇帝が自らの領土領民と認識した範囲に限定されるため、厳密には対界宝具のカテゴリには嵌まらない。 『Grand Order』では「自身に『無敵状態&ターゲット集中状態 』『攻撃力をアップ&クリティカル威力をアップ&スター集中度をアップ 』を付与」という効果のArts属性宝具。 真名:始皇帝 [ ] 名は嬴政(えいせい)。 中国を史上初めて武力統一した秦の君主。 汎人類史の史実では、始皇帝は不老不死の研究の一環として水銀を含んだ薬を摂取し続け、結果として水銀中毒で命を落としており、秦という国家も永続せずに戦乱時代が始まっている。 しかしある平行世界の始皇帝は殷王朝の遺跡より仙人・太乙真人の作による人造人体の残骸を回収し、これを解析することで肉体を機械化する技術を獲得。 これによりサイバネティクスという方向で不老不死を実現、結果として存命したまま、秦という国家を存続させただけに留まらず、世界に対して大幅に先駆けた技術的ブレイクスルーと仙術の融合技術をもって世界を圧倒し、中国のみならず世界を統一した。 世界統一を達成する過程において、それに足る能力を求めて自らの体躯を拡張し続けた結果、最終的には人とはおよそ呼べぬ姿へと成り果てており、その体躯は居城であった阿房宮をも呑み込み、咸陽上空に反重力で浮遊する巨体へとなる。 その膨大な演算能力を持って全ての民を管理していた。 本来は世界統一を達成し「平和だが進歩がない世界」を完成させた事で剪定され終わりを迎えてしまった世界ではあるが、剪定されず2018年まで続いた事になっている異聞帯では『真人』であると接する機会を得、その身体を解析する事で得られたデータを元に、人型の真人としての体躯を完成させる。 これは皇帝として秦の国を管理維持していく事においては不要、と言うよりも管理維持の中核を成していた膨大な演算能力は『聖躯』と称する巨大な機械体躯にこそあったものだが、異聞帯を訪れたカルデアのマスターと本当の意味で決着をつけるため、あえて巨大な聖躯を捨てて人型となり地上に降り立った。 関連 [ ] 始皇帝陵 即位直後から建造させた自身の墳墓。 内部には始皇帝が作らせた「水銀の河」が存在するという伝説があったが、調査によって自然界に存在する水銀の100倍以上の純度の水銀が内部に確認されており、ほぼ事実である事が分かっている。 万里の長城 北方の遊牧民族の侵略を防ぐ為に作らせた長城。 城塞建築物としては世界最大級で、月からも姿が見えると言われている。 中国異聞帯では既に世界を統一し終えており地球上には敵はいないとし、地球外からの外敵に対する防壁として衛星軌道上に建造されている。 阿房宮 咸陽から少し離れた場所に建造された大宮殿。 数万人を収容できる規模であったと言われている。 汎人類史では通常の宮殿であったが、中国異聞帯では規模を拡張する始皇帝によって飲み込まれ、彼の「聖駆」そのものとなっている。 伝国璽 皇帝の権威を示す玉でできた印鑑。 秦王朝以降の王権の象徴となった。 詳細は上記参照。 Lostbelt No. 3『人智統合真国 シン』配信後、期間限定で実装された中国異聞帯の皇帝。 その他 [ ] 生徒役。 発明部で不老不死の薬の被検役として飲みすぎ、グロッキー状態になってしまっていた。 サーヴァントになってからは、最初は「汎人類史の行く末を見届けるために来ただけで、見過ごせない破綻があれば即座に自分が再度覇を唱えるつもりだ」と公言していたが、主人公という人物を強く認めるに従って、どのような結末に至ろうとも主人公と共に最後まで見届けると宣言する。 自身の親衛隊のリーダーであり、仙道を教導している相手。 彼の凶暴な本性を知りながら、その才能を活用するべく働く場所を与えているため、深い忠誠を受けている。 、 凍眠英雄の中から、カルデアに対処するために呼び覚ました2人。 始皇帝が指名して解凍したのではなく、「解凍時の手違いで人格に異常をきたして暴れてもお前の手に負える範囲で役立つと思われる者」という指定で衛士長が選んだ2人だが、始皇帝は特性をよく把握して使いこなした。 かつて自身を暗殺しに来た暗殺者の一人。 異聞帯の歴史の中でも荊軻を含めた暗殺者そのものは数えきれないほどいたらしく、再度まみえた荊軻もその一人に過ぎなかったが、汎人類史特有の小型機械を利用した「毒」 を喰らった後は「朕に二度も死の恐怖を与えた者」として賞賛した。 なお荊軻からは、「二千年を経て更に悪辣になった」「この醜悪な治世」など、非常に強い嫌悪を持たれている。 自身が長年探し求めていた「真人」そのもの。 当初は力を落とし人間と変わらない「芥ヒナコ」の姿であったが、自身の正体が始皇帝が探し求めていた「真人」に当たる存在である事は早い段階から明かしていたようで、いつか元の姿に戻った暁には項羽の身柄を譲り渡す事と引き換えに身体のデータを全て提供するという約束を交わしていた。 クリプターについてちょっかいを出しにきているサーヴァント。 コヤンスカヤの正体、本質までも当初から正確に見抜いており、信用しないだけでなく、機会を得た時には拘束して永久封印するための拷問を躊躇いなく指示した。 汎人類史における中国の皇帝としての後輩。 その人生と心の在り方を若干痛ましく思いつつも、皇帝の一人として一目置いている。 生前 凡人類史としての [ ] 趙高 晩年に重用した宦官。 死後、専横を振るって秦を滅亡に追い込んだ。 (こう) 生前、討ち取ったとされている幻想種。 その際に使用した弩に彼?の意志が宿っている。 」 Lostbelt No. 3『人智統合真国 シン』にて。 毎度コヤンスカヤをコミンスキャー、タユンスカポン等と言い間違え、「わざとやっているだろう」とコヤンスカヤに問い詰められた時の返答。 始皇帝の慧眼と底知れなさを感じさせる一幕。 この後コヤンスカヤはに昏倒させられ捕えられる事となる。 「うん、始皇帝なのだ。 」 自分が何者なのか心得ているのかと主人公に問い、「始皇帝ですね」と返した際の反応。 それまでにも言動の端々に現れていたが2000年以上世界に君臨する統治者にしては割とフランクな始皇帝。 「違うな荊軻。 其方の英霊たる本分は、仕損じてなお最後に笑って果てる、その飄然にあると知れ。 」 荊軻との問答の果て、彼女を殺害した後の一言。 自身に二度も死の恐怖を与えながらも、彼女のその在り方に心からの敬意を表す。 彼女と交わした問答によって生まれた始皇帝の心境の変化が後の闘いに大きな影響を及ぼす事となる。 「安息にして万全の終着か、破滅と隣り合わせの成長の可能性か。 編纂事象の地球に居座るうえで、どちらの『人』がより相応しいか……もはや問答による判定は不毛だ。 よって殴る。 殴って決める。 殴り返すことも特別に赦す。 そして最後まで立っていた方に未来の希望を託すものとする!」 真人躯体としてカルデアの前に現れた始皇帝による宣言。 その余りにも潔い裁定法に陳宮も「天下はこう競われるべき」と肯定し、主人公もそれまでの悲壮感ある異聞帯の戦いとは違い、「憎むのではなく示すための戦い」として挑戦に応じる。 こうして絶対者たる真人と民たる人との決戦が始まるのだった。 マイルーム [ ] 「朕と其方とはいずれ覇を競うことになるのだが、『その有様を他ならぬ朕が傍らから見守る』というのはなかなか面白そうな趣向だな。 その時は是非、特等席で観戦させよ。 今の朕の記憶と同じ結末に至るのかどうか……フフフフフフ……楽しみだ!」 マイルーム会話「絆Lv1(Lostbelt No. 3クリア前)」。 早い話がLostbelt No. 3クリア前に始皇帝を召喚してしまい「始皇帝がいる状態で中国異聞帯に乗り込んで始皇帝を倒しに行く」というFGO特有のタイムパラドックスを抱える事になったプレイヤーへの、かなりダイレクトなメタ発言である。 中国異聞帯での記憶を全て持っている始皇帝は、この先主人公が中国異聞帯にて自分と同一の存在と戦う事やその結末まで全て知っている。 こっちの始皇帝は楽しむ気マンマンのようだが、あっちの始皇帝が見たらどう思うだろうか。 余談だがLostbelt No. 3最終盤ではNPCの始皇帝が助太刀をしてくれる場面があるのでフレンドに頼らずとも「朕朕状態でに立ち向かう」という、字面だけ見るととんでもない状況を作る事もできる。 「いやまあ何だ、ああは言ったが其方の道行きも気がかりでな。 やはり傍らにて見守ることとした。 体裁としてはサーヴァントという形で構わぬ故、有難く思うが良いぞ。 」 召喚時(Lostbelt No. 3クリア後)。 「やっぱ来ちゃった」的なノリで召喚サークルから出てくる始皇帝。 いつでもどこでもフリーダムでフランクである。 上述の絆Lv1の会話とこの会話はLostbelt No. 3をクリアしたかどうかで始皇帝の台詞が変わる(ネタバレに配慮するというより、タイムパラドックス状態にある事を認識してメタ発言をする)。 同様に中国異聞帯での記憶を引き継いでいるはそのような変化はないのだが。 イベント [ ] 「ふむふむ、水着剣豪……うむ! 関わり合いにならないならない方が良いということだけは解ったぞ。 」 『見参! ラスベガス御前試合~水着剣豪七色勝負!』にて、カジノと言う贅沢の極みを見て怒り、ここが特異点だ(=解決されれば消える場所だ)と教えられて怒りを鎮めた後、マシュに「(この特異点を)修復する道筋も既に明らかなのだな?」と尋ねての返し。 そりゃまあ常識のある人はこんな反応になるのもやむを得ない。 始皇帝はこの後「すべて任す」と言って逃避しカルデアに急いで帰った。 メモ [ ]• 性別が 朕という前代未聞のサーヴァント。 これは、いわゆる通常の性別を持たない事を意味している。 型月の既出キャラクターとしてはそもそも設定上存在しないや可変のに次ぐもの。 また、ファン間のジョークとしてが「 性別:先輩」と呼ばれる事例はあったが、こちらはゲーム内で見られるプロフィールに 本当にこう書いてある。 公式に専用の性別が設定されたのは初の事例である。 ちなみにこれは現在の肉体である『真人躯体』に性別に該当するシステムが組み込まれていないため。 字面に反して理由は至極真面目だったりする。 イラストレーターの東冬氏は「全裸で性別不明の異形の美形」とのオーダーがあった事で、「蜂準長目(切れ長の蜂のような目つきの男)」という秦王政当時の形容から作ったデザインが没になった経緯がある事をTwitterで明かしている。 概念礼装「不死鳥は大地に」に木蓮が描かれているのは、「地球上で最初に花をつけた樹木(原産地は中国)」であり、白木蓮(玉蘭)は「皇帝の寵愛」という意味を持つ事に由来する、と同じくTwitterで明かされた。 実際に声に出した時の発音がツボに嵌ったのか、実装に際しては「お朕朕ランド開園(=召喚成功)」や「フル朕(=全パラメータ最高状態)」といった謎の 淫語隠語がネット上に飛び交う事態となった。 中でも、自前とフレンドのダブルで挟んだパーティ「 玉朕玉システム」はその字面で多数のプレイヤーの腹筋崩壊を誘発した。 しかしこの構成が、単なるウケ狙いではなく高耐久と宝具の回転効率が両立した実用性の高いパーティと判明。 サポーターとしてはやに押されがちな傾向にあった玉藻の再評価にも繋がった。 なお、その鉄壁編成の天敵となるのがよりにもよってというのが何とも…。 「性別:朕」の影に隠れているが、好きな物と嫌いな物がまったく同じ「水銀」と言う地味に珍しいプロフィールを持つ。 これは水銀という物質の性質は好ましく思っている反面、 飲んだらクソ不味かったというトラウマが原因。 但し、ネタパーティとしては同じ「福山氏が皇帝役」かつキャスト被りの多い『コードギアス』で組まれる事例が多い模様。 特にマーリン・との組み合わせが宝具同士の相性も手伝って定番化しており、先述の「玉朕玉」との混成パターンも存在する。 史記が漢王朝を正当とし、始皇帝の秦を王朝の失敗例として書いたことから、始皇帝の評価は苛烈な法をしいて民を苦しめた暴君というものであったが、近年は新資料の出土などで研究が進み、評価が大きく好転してきている。 例をあげると漢の法律である「漢律」と秦の法律である「秦律」は極めて類似した内容であったことが、出土した竹簡より明らかになっている。 秦王朝そのものは短命に終わったが、秦王朝のシステムは一部修正や付け足しをされながら後継王朝である漢王朝に大部分が引き継がれた。 これは秦の構築した政治機構そのものは優れていた証明であろう。 作中でも「儒」を徹底的に禁じる姿勢をみせ、史実でも「焚書坑儒」の逸話などから、儒教と儒者を徹底して大弾圧したとされる始皇帝だが、それはやや正確ではない。 そもそも「焚書」の対象となったのは諸子百家の書であって、儒教の書もそれに含まれていたのは間違いないが、逆に言えば儒教の本のみが敵視されたわけではない。 また「坑儒」にしても生き埋めにされ殺害されたのは「学者」であって儒者に限定されるわけではない(とはいえ、政権への批判者は一族もろとも抹殺されるなど、苛烈な思想弾圧であったことも間違いない)。 儒者が完全に排除されなかった証拠として、後に劉邦に仕え重用される叔孫通などの儒者が、始皇帝の息子の二世皇帝・胡亥に仕えていることが確認されている。 余談だが、「焚書」にあたる禁書令は秦の世が終わり漢王朝の時代になっても続き、廃止されたのは漢の二代目・恵帝の時代である。 漢の代になっても国内の叛乱、国外からの脅威があり、皇帝である劉邦自身が親征せねばならぬほど混乱が続き……要するに手が回らなかったため。 サーヴァントとしての召喚可能性については『』において、繰丘夫妻が召喚を目論んでいた。 汎人類史側の始皇帝がどのクラス適性を持つかは作中では言及されていないが、作者の成田良悟のによると「あのは5年前の時点ではあの宝具持ち主本人が出る予定だった所、FGOの方でその御方がそのまま登場したのであのキャラに変更した」とあり、おそらく弓兵クラスの始皇帝が出演する予定であった。 ホームズは裁定者のクラスを意外に感じているため、ルーラー始皇帝は異聞帯特有か。 本来、グランド級の霊基は『世界』が用意してくれるもののため、世界が関与しない普通の英霊召還で、グランド級の霊基になるかは語られていないが.. 神霊召還と同じ理論なら不可能なので、通常の霊基で召還されると思われる。 「汎人類史であればに該当する霊基」とされるが、これは冠位と同等の霊基を持つというだけで、冠位というわけではない。 冠位とは1つ上の格の霊基を貰うことが出来る 特権のようなもの。 冠位=バフではなく冠位という資格を持っていることで優遇されると言えば分かりやすいか。 始皇帝は冠位が無いにも関わらず、グランドクラスと同等の霊基を持っていたという話。 冠位とは人類全体を救うためにしか力を行使してはいけず、これに反した山の翁は冠位を剥奪される。 しかし、冠位が剥奪されても霊基はそのままであったように冠位と霊基は別である。 山の翁は全力の「死の概念の付加」により、霊基が普通のサーヴァントと同等にまで落ちただけである。 話題まとめ [ ] 脚注 [ ] 注釈 [ ].

次の

始皇帝/コメント

お 朕 朕 ランド 開閉

概要 [ ] 「」の。 略歴 中国の異聞帯の皇帝として登場。 咸陽上空に浮遊している巨大な建造物の中に座しているものと思われていたが、実はその巨大な浮遊物体そのものが始皇帝である事が本人から明かされた。 クリプターであるの事を完全には信用しておらず、カルデアの事を一概に敵として決めつけなかったどころか、自らの領土を分断する謎の嵐の壁を突破する手段になるを持つカルデアの方が取引相手として価値が高いとし、当初はカルデア一行を客として迎え入れようとしていた。 しかしある時、が村人に教えた「唄」が始皇帝の耳に入った結果、支配体制の維持のために始皇帝が徹底的に禁止・排除していた「儒」であると判断し、態度を一変させカルデアを排除すべき敵として認識。 シャドウ・ボーダーを略取し、大気圏外に造営された「長城」の一部を墜とすことで村一帯ごと滅ぼそうとする。 しかしこれはの捨て身の吶喊によって防がれ、諦めないカルデアのマスターは要所を攻略、ついには咸陽にまで攻め入られる。 別働隊として荊軻が始皇帝の喉元にまで迫ったが、始皇帝の「聖躯」を機能停止に追い込んだ直後、ヒト型の「真人躯体」に意識を移した始皇帝によって殺害される。 その後、妲己の手で扶桑樹内部に隠匿されていた空想樹メイオールが咸陽近傍に出現。 自らが探し求めて保管していた扶桑樹が既に空想樹に浸食されていた事、空想樹を見てそれまで信用していなかった剪定事象の話を事実だと認識した始皇帝は、自らカルデアに戦いを挑む。 激戦の結果、地に膝をつけた始皇帝は汎人類史の強さを認め、編纂事象の行く末を汎人類史に託すことを決める。 しかし、そこにが割り込んでカルデアに最後の戦いを挑み、敗れる。 を失い怒り狂うが一体化した空想樹に対し、カルデアと共闘。 空想樹の切除後、地に降り立った始皇帝は、一度はカルデア諸共粛清しようとした民達と語らいつつ、去ってゆくシャドウ・ボーダーを見送った。 人物 自身ただ一人だけが「人」であるとし、国民の全ては「民ではあるが人ではない」という考えを持つ。 始皇帝の思想では、価値観を持って争いあうものが「人」である以上、人が自身ただ一人だけであるならば争いの起こりようもない、という。 同時に、ただ一人の「人」である以上、民の全てに責任をもち治世を崩すことなく永劫背負って立つ、それができる者のみが「人」である、と主張する。 後述の巨大な『聖躯』は能力拡張の結果でもあるが、「人前に滅多に姿を現さない施政者は姿を見られてしまうと威厳の失墜があるのではと恐れているからだ。 自分はそのような事がないため、24時間365日の区別なく万民が姿を拝する事ができる」という考えに基づいた結果でもある。 絶対の支配者でありその言動は尊大さに満ちたものではあるが、ところどころに妙にスラングじみた軽い言い回しが混ざる。 サーヴァントとなった後も、他の「王」のサーヴァントと同じくマスターに対しても「自分が主でマスターが従」という態度で接する。 また自分の治世こそ完全無欠であると考えているため、汎人類史に対して上から見て批評、批判する事が多く、その廃絶を主人公に唆しもする。 他の英霊から気さくに話しかけられて面食らっているようだ。 能力 咸陽上空に浮かんでいる『聖躯』は超巨大なスーパーコンピュータとでもいうべきものであり、民の全てを管理するに足る演算能力を持つ。 構造自体は真空管などを用いた、汎人類史で言えば旧式のコンピュータに相当するものだが、その巨大さゆえに圧倒的な演算能力を実現している。 技術を全て自分自身のみに召し上げて独占している関係で、汎人類史と違って効率化や小型化を目指す必要性が全くなかったためにこのような形態になっているが、始皇帝によって文化というものが消された中国異聞帯にあっては神に等しいといえる。 人型の『真人躯体』となってからは聖躯だった頃のような圧倒的な演算能力は失われているが、この人型躯体自体が人造の真人であり、人体が持ちうる究極の均整と能力を備えた到達点とも言える完成度を誇る。 唯一絶対にして永遠不滅、繁殖の必要すらないので性別の概念も無い。 水銀を操ることが可能で、戦闘時はこれを様々な形に変化させることで多彩な攻撃を行える。 ゲーム内では使用できないが、仙術は相当なレベルのようで、 異星の神という次元違いのマスターを持つ異様な霊基の重さを誇るを完全に封じ込めるほどに究めている。 バリエーション [ ] 始皇帝〔英霊伝承〕 [ ] 『英霊伝承』の荊軻のストーリーに登場した始皇帝。 汎人類史の存在であり、史実の始皇帝にイメージが近い。 彼の治める秦は表面上牧歌的であった中国異聞帯とは異なり、犯罪はまったくないガチガチの法治国家であり、社会において必然的に発生する悪(そうせねば生存できない社会的弱者)は存在すらできない。 側近からさえ内心では死を望まれている存在。 こちらでも不死の追求は積極的に行っているようで、謎の肉塊と接続したことで擬似的な不死を得ているが、「宮殿中から血の匂いがする」となんらかの人体実験を思わせる描写がある。 最終的に荊軻が用意したヒュドラ毒付きの短刀を叩き込まれ、擬似的な不死を失う結果となった。 なお、中国異聞帯の始皇帝もこの経緯を辿っているようで、この後に哪吒の肉体から得た仙道サイバネティクス技術で不死を得た場合は異聞帯の歴史に進み、それが間に合わずに死ぬと汎人類史に進むようである。 ただ独りの真人たる帝が、万民の奉仕を礎に万民を守護する法政の容。 これを呪的な拘束力として世界そのものに強要する宝具。 ただし対象範囲は始皇帝が自らの領土領民と認識した範囲に限定されるため、厳密には対界宝具のカテゴリには嵌まらない。 『Grand Order』では「自身に『無敵状態&ターゲット集中状態 』『攻撃力をアップ&クリティカル威力をアップ&スター集中度をアップ 』を付与」という効果のArts属性宝具。 真名:始皇帝 [ ] 名は嬴政(えいせい)。 中国を史上初めて武力統一した秦の君主。 汎人類史の史実では、始皇帝は不老不死の研究の一環として水銀を含んだ薬を摂取し続け、結果として水銀中毒で命を落としており、秦という国家も永続せずに戦乱時代が始まっている。 しかしある平行世界の始皇帝は殷王朝の遺跡より仙人・太乙真人の作による人造人体の残骸を回収し、これを解析することで肉体を機械化する技術を獲得。 これによりサイバネティクスという方向で不老不死を実現、結果として存命したまま、秦という国家を存続させただけに留まらず、世界に対して大幅に先駆けた技術的ブレイクスルーと仙術の融合技術をもって世界を圧倒し、中国のみならず世界を統一した。 世界統一を達成する過程において、それに足る能力を求めて自らの体躯を拡張し続けた結果、最終的には人とはおよそ呼べぬ姿へと成り果てており、その体躯は居城であった阿房宮をも呑み込み、咸陽上空に反重力で浮遊する巨体へとなる。 その膨大な演算能力を持って全ての民を管理していた。 本来は世界統一を達成し「平和だが進歩がない世界」を完成させた事で剪定され終わりを迎えてしまった世界ではあるが、剪定されず2018年まで続いた事になっている異聞帯では『真人』であると接する機会を得、その身体を解析する事で得られたデータを元に、人型の真人としての体躯を完成させる。 これは皇帝として秦の国を管理維持していく事においては不要、と言うよりも管理維持の中核を成していた膨大な演算能力は『聖躯』と称する巨大な機械体躯にこそあったものだが、異聞帯を訪れたカルデアのマスターと本当の意味で決着をつけるため、あえて巨大な聖躯を捨てて人型となり地上に降り立った。 関連 [ ] 始皇帝陵 即位直後から建造させた自身の墳墓。 内部には始皇帝が作らせた「水銀の河」が存在するという伝説があったが、調査によって自然界に存在する水銀の100倍以上の純度の水銀が内部に確認されており、ほぼ事実である事が分かっている。 万里の長城 北方の遊牧民族の侵略を防ぐ為に作らせた長城。 城塞建築物としては世界最大級で、月からも姿が見えると言われている。 中国異聞帯では既に世界を統一し終えており地球上には敵はいないとし、地球外からの外敵に対する防壁として衛星軌道上に建造されている。 阿房宮 咸陽から少し離れた場所に建造された大宮殿。 数万人を収容できる規模であったと言われている。 汎人類史では通常の宮殿であったが、中国異聞帯では規模を拡張する始皇帝によって飲み込まれ、彼の「聖駆」そのものとなっている。 伝国璽 皇帝の権威を示す玉でできた印鑑。 秦王朝以降の王権の象徴となった。 詳細は上記参照。 Lostbelt No. 3『人智統合真国 シン』配信後、期間限定で実装された中国異聞帯の皇帝。 その他 [ ] 生徒役。 発明部で不老不死の薬の被検役として飲みすぎ、グロッキー状態になってしまっていた。 サーヴァントになってからは、最初は「汎人類史の行く末を見届けるために来ただけで、見過ごせない破綻があれば即座に自分が再度覇を唱えるつもりだ」と公言していたが、主人公という人物を強く認めるに従って、どのような結末に至ろうとも主人公と共に最後まで見届けると宣言する。 自身の親衛隊のリーダーであり、仙道を教導している相手。 彼の凶暴な本性を知りながら、その才能を活用するべく働く場所を与えているため、深い忠誠を受けている。 、 凍眠英雄の中から、カルデアに対処するために呼び覚ました2人。 始皇帝が指名して解凍したのではなく、「解凍時の手違いで人格に異常をきたして暴れてもお前の手に負える範囲で役立つと思われる者」という指定で衛士長が選んだ2人だが、始皇帝は特性をよく把握して使いこなした。 かつて自身を暗殺しに来た暗殺者の一人。 異聞帯の歴史の中でも荊軻を含めた暗殺者そのものは数えきれないほどいたらしく、再度まみえた荊軻もその一人に過ぎなかったが、汎人類史特有の小型機械を利用した「毒」 を喰らった後は「朕に二度も死の恐怖を与えた者」として賞賛した。 なお荊軻からは、「二千年を経て更に悪辣になった」「この醜悪な治世」など、非常に強い嫌悪を持たれている。 自身が長年探し求めていた「真人」そのもの。 当初は力を落とし人間と変わらない「芥ヒナコ」の姿であったが、自身の正体が始皇帝が探し求めていた「真人」に当たる存在である事は早い段階から明かしていたようで、いつか元の姿に戻った暁には項羽の身柄を譲り渡す事と引き換えに身体のデータを全て提供するという約束を交わしていた。 クリプターについてちょっかいを出しにきているサーヴァント。 コヤンスカヤの正体、本質までも当初から正確に見抜いており、信用しないだけでなく、機会を得た時には拘束して永久封印するための拷問を躊躇いなく指示した。 汎人類史における中国の皇帝としての後輩。 その人生と心の在り方を若干痛ましく思いつつも、皇帝の一人として一目置いている。 生前 凡人類史としての [ ] 趙高 晩年に重用した宦官。 死後、専横を振るって秦を滅亡に追い込んだ。 (こう) 生前、討ち取ったとされている幻想種。 その際に使用した弩に彼?の意志が宿っている。 」 Lostbelt No. 3『人智統合真国 シン』にて。 毎度コヤンスカヤをコミンスキャー、タユンスカポン等と言い間違え、「わざとやっているだろう」とコヤンスカヤに問い詰められた時の返答。 始皇帝の慧眼と底知れなさを感じさせる一幕。 この後コヤンスカヤはに昏倒させられ捕えられる事となる。 「うん、始皇帝なのだ。 」 自分が何者なのか心得ているのかと主人公に問い、「始皇帝ですね」と返した際の反応。 それまでにも言動の端々に現れていたが2000年以上世界に君臨する統治者にしては割とフランクな始皇帝。 「違うな荊軻。 其方の英霊たる本分は、仕損じてなお最後に笑って果てる、その飄然にあると知れ。 」 荊軻との問答の果て、彼女を殺害した後の一言。 自身に二度も死の恐怖を与えながらも、彼女のその在り方に心からの敬意を表す。 彼女と交わした問答によって生まれた始皇帝の心境の変化が後の闘いに大きな影響を及ぼす事となる。 「安息にして万全の終着か、破滅と隣り合わせの成長の可能性か。 編纂事象の地球に居座るうえで、どちらの『人』がより相応しいか……もはや問答による判定は不毛だ。 よって殴る。 殴って決める。 殴り返すことも特別に赦す。 そして最後まで立っていた方に未来の希望を託すものとする!」 真人躯体としてカルデアの前に現れた始皇帝による宣言。 その余りにも潔い裁定法に陳宮も「天下はこう競われるべき」と肯定し、主人公もそれまでの悲壮感ある異聞帯の戦いとは違い、「憎むのではなく示すための戦い」として挑戦に応じる。 こうして絶対者たる真人と民たる人との決戦が始まるのだった。 マイルーム [ ] 「朕と其方とはいずれ覇を競うことになるのだが、『その有様を他ならぬ朕が傍らから見守る』というのはなかなか面白そうな趣向だな。 その時は是非、特等席で観戦させよ。 今の朕の記憶と同じ結末に至るのかどうか……フフフフフフ……楽しみだ!」 マイルーム会話「絆Lv1(Lostbelt No. 3クリア前)」。 早い話がLostbelt No. 3クリア前に始皇帝を召喚してしまい「始皇帝がいる状態で中国異聞帯に乗り込んで始皇帝を倒しに行く」というFGO特有のタイムパラドックスを抱える事になったプレイヤーへの、かなりダイレクトなメタ発言である。 中国異聞帯での記憶を全て持っている始皇帝は、この先主人公が中国異聞帯にて自分と同一の存在と戦う事やその結末まで全て知っている。 こっちの始皇帝は楽しむ気マンマンのようだが、あっちの始皇帝が見たらどう思うだろうか。 余談だがLostbelt No. 3最終盤ではNPCの始皇帝が助太刀をしてくれる場面があるのでフレンドに頼らずとも「朕朕状態でに立ち向かう」という、字面だけ見るととんでもない状況を作る事もできる。 「いやまあ何だ、ああは言ったが其方の道行きも気がかりでな。 やはり傍らにて見守ることとした。 体裁としてはサーヴァントという形で構わぬ故、有難く思うが良いぞ。 」 召喚時(Lostbelt No. 3クリア後)。 「やっぱ来ちゃった」的なノリで召喚サークルから出てくる始皇帝。 いつでもどこでもフリーダムでフランクである。 上述の絆Lv1の会話とこの会話はLostbelt No. 3をクリアしたかどうかで始皇帝の台詞が変わる(ネタバレに配慮するというより、タイムパラドックス状態にある事を認識してメタ発言をする)。 同様に中国異聞帯での記憶を引き継いでいるはそのような変化はないのだが。 イベント [ ] 「ふむふむ、水着剣豪……うむ! 関わり合いにならないならない方が良いということだけは解ったぞ。 」 『見参! ラスベガス御前試合~水着剣豪七色勝負!』にて、カジノと言う贅沢の極みを見て怒り、ここが特異点だ(=解決されれば消える場所だ)と教えられて怒りを鎮めた後、マシュに「(この特異点を)修復する道筋も既に明らかなのだな?」と尋ねての返し。 そりゃまあ常識のある人はこんな反応になるのもやむを得ない。 始皇帝はこの後「すべて任す」と言って逃避しカルデアに急いで帰った。 メモ [ ]• 性別が 朕という前代未聞のサーヴァント。 これは、いわゆる通常の性別を持たない事を意味している。 型月の既出キャラクターとしてはそもそも設定上存在しないや可変のに次ぐもの。 また、ファン間のジョークとしてが「 性別:先輩」と呼ばれる事例はあったが、こちらはゲーム内で見られるプロフィールに 本当にこう書いてある。 公式に専用の性別が設定されたのは初の事例である。 ちなみにこれは現在の肉体である『真人躯体』に性別に該当するシステムが組み込まれていないため。 字面に反して理由は至極真面目だったりする。 イラストレーターの東冬氏は「全裸で性別不明の異形の美形」とのオーダーがあった事で、「蜂準長目(切れ長の蜂のような目つきの男)」という秦王政当時の形容から作ったデザインが没になった経緯がある事をTwitterで明かしている。 概念礼装「不死鳥は大地に」に木蓮が描かれているのは、「地球上で最初に花をつけた樹木(原産地は中国)」であり、白木蓮(玉蘭)は「皇帝の寵愛」という意味を持つ事に由来する、と同じくTwitterで明かされた。 実際に声に出した時の発音がツボに嵌ったのか、実装に際しては「お朕朕ランド開園(=召喚成功)」や「フル朕(=全パラメータ最高状態)」といった謎の 淫語隠語がネット上に飛び交う事態となった。 中でも、自前とフレンドのダブルで挟んだパーティ「 玉朕玉システム」はその字面で多数のプレイヤーの腹筋崩壊を誘発した。 しかしこの構成が、単なるウケ狙いではなく高耐久と宝具の回転効率が両立した実用性の高いパーティと判明。 サポーターとしてはやに押されがちな傾向にあった玉藻の再評価にも繋がった。 なお、その鉄壁編成の天敵となるのがよりにもよってというのが何とも…。 「性別:朕」の影に隠れているが、好きな物と嫌いな物がまったく同じ「水銀」と言う地味に珍しいプロフィールを持つ。 これは水銀という物質の性質は好ましく思っている反面、 飲んだらクソ不味かったというトラウマが原因。 但し、ネタパーティとしては同じ「福山氏が皇帝役」かつキャスト被りの多い『コードギアス』で組まれる事例が多い模様。 特にマーリン・との組み合わせが宝具同士の相性も手伝って定番化しており、先述の「玉朕玉」との混成パターンも存在する。 史記が漢王朝を正当とし、始皇帝の秦を王朝の失敗例として書いたことから、始皇帝の評価は苛烈な法をしいて民を苦しめた暴君というものであったが、近年は新資料の出土などで研究が進み、評価が大きく好転してきている。 例をあげると漢の法律である「漢律」と秦の法律である「秦律」は極めて類似した内容であったことが、出土した竹簡より明らかになっている。 秦王朝そのものは短命に終わったが、秦王朝のシステムは一部修正や付け足しをされながら後継王朝である漢王朝に大部分が引き継がれた。 これは秦の構築した政治機構そのものは優れていた証明であろう。 作中でも「儒」を徹底的に禁じる姿勢をみせ、史実でも「焚書坑儒」の逸話などから、儒教と儒者を徹底して大弾圧したとされる始皇帝だが、それはやや正確ではない。 そもそも「焚書」の対象となったのは諸子百家の書であって、儒教の書もそれに含まれていたのは間違いないが、逆に言えば儒教の本のみが敵視されたわけではない。 また「坑儒」にしても生き埋めにされ殺害されたのは「学者」であって儒者に限定されるわけではない(とはいえ、政権への批判者は一族もろとも抹殺されるなど、苛烈な思想弾圧であったことも間違いない)。 儒者が完全に排除されなかった証拠として、後に劉邦に仕え重用される叔孫通などの儒者が、始皇帝の息子の二世皇帝・胡亥に仕えていることが確認されている。 余談だが、「焚書」にあたる禁書令は秦の世が終わり漢王朝の時代になっても続き、廃止されたのは漢の二代目・恵帝の時代である。 漢の代になっても国内の叛乱、国外からの脅威があり、皇帝である劉邦自身が親征せねばならぬほど混乱が続き……要するに手が回らなかったため。 サーヴァントとしての召喚可能性については『』において、繰丘夫妻が召喚を目論んでいた。 汎人類史側の始皇帝がどのクラス適性を持つかは作中では言及されていないが、作者の成田良悟のによると「あのは5年前の時点ではあの宝具持ち主本人が出る予定だった所、FGOの方でその御方がそのまま登場したのであのキャラに変更した」とあり、おそらく弓兵クラスの始皇帝が出演する予定であった。 ホームズは裁定者のクラスを意外に感じているため、ルーラー始皇帝は異聞帯特有か。 本来、グランド級の霊基は『世界』が用意してくれるもののため、世界が関与しない普通の英霊召還で、グランド級の霊基になるかは語られていないが.. 神霊召還と同じ理論なら不可能なので、通常の霊基で召還されると思われる。 「汎人類史であればに該当する霊基」とされるが、これは冠位と同等の霊基を持つというだけで、冠位というわけではない。 冠位とは1つ上の格の霊基を貰うことが出来る 特権のようなもの。 冠位=バフではなく冠位という資格を持っていることで優遇されると言えば分かりやすいか。 始皇帝は冠位が無いにも関わらず、グランドクラスと同等の霊基を持っていたという話。 冠位とは人類全体を救うためにしか力を行使してはいけず、これに反した山の翁は冠位を剥奪される。 しかし、冠位が剥奪されても霊基はそのままであったように冠位と霊基は別である。 山の翁は全力の「死の概念の付加」により、霊基が普通のサーヴァントと同等にまで落ちただけである。 話題まとめ [ ] 脚注 [ ] 注釈 [ ].

次の