デパス 睡眠薬。 デパスの依存性とその強さ【医師が教える抗不安薬のすべて】

デパスの副作用と効果:依存性・効果時間・アルコールとの飲み合わせ

デパス 睡眠薬

1.デパスの作用する仕組み(作用機序) GABAの働きを強めて、脳の活動を抑えます。 現在よく使われている睡眠薬は、ベンゾジアゼピン系睡眠薬と非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の2種類です。 デパスは前者のベンゾジアゼピン系睡眠薬に分類されます。 実はこの両者は同じ仕組みで睡眠効果をもたらします。 どちらもベンゾジアゼピン受容体に作用して、GABAの働きを強めて脳の活動を抑えることで効果を発揮します。 「GABAってなんか聞いたことあるぞ?」って方もいらっしゃるかもしれません。 リラックスする物質として、GABA入りのチョコレートなどが流行っていましたね。 GABAは脳の中での情報の受け渡しに関係していて、神経伝達物質とよばれます。 リラックスすると言われている通り、脳の神経細胞の活動を抑える作用があります。 デパスがベンゾジアゼピン受容体にくっつくと、GABAがGABA受容体にくっつきやすくなります。 GABAが脳内で作用すると、脳の活動が抑えられて睡眠につながっていくのです。 2.デパスの睡眠薬としての特徴 デパスでは、脳の活動を抑えることで睡眠をもたらします。 デパスのメリットとデメリットについてみていきましょう。 2-1.デパスの睡眠薬としてのメリット• 即効性がある• 入眠障害に有効• 中途覚醒に有効(早朝覚醒にも一定の効果)• 抗不安作用や筋弛緩作用が強い デパスには即効性があります。 飲み続けているとジワジワ効いてくるようなお薬ではなく、薬を飲みはじめたその日から効果が期待できます。 眠れないのはつらいので、早く抜け出したいですよね。 睡眠薬の半減期をみれば作用時間を予測することができます。 デパスは作用時間がちょうど睡眠時間をカバーしてくれます。 入眠障害だけでなく、中途覚醒にも効果が期待できる睡眠薬です。 早朝覚醒にもある程度の効果が認められます。 もともとは抗不安薬として分類されるお薬なので、抗不安作用が強いです。 また筋弛緩作用もやや強いお薬なので、不安感や緊張感をしっかりと抑えてくれます。 睡眠時に不安や緊張が強くなってしまう方には、効果が期待できます。 2-2.デパスの睡眠薬としてのデメリット• 睡眠の質が落ちる• ふらつきが出やすい• 翌朝への眠気の持越しがある• 依存性があり、離脱症状や反跳性不眠になることがある デパスを服用すると寝つきはよくなるのですが、少しだけ睡眠の質が落ちてしまうというデメリットがあります。 浅い睡眠が増えてしまい睡眠のメリハリが悪くなってしまいます。 睡眠時間はしっかりと寝たのに疲れがとれない、寝不足に感じてしまう、といったことがあります。 また、副作用に注意する必要があります。 デパスでは筋弛緩作用もあるので、ふらつきには注意が必要です。 高齢者では、夜にトイレで目覚めることも多くなります。 薬が効いてふらついたままトイレに行くと、転倒してしまって骨折してしま うこともあるので注意が必要です。 デパスが長く作用してしまうと、翌朝にも眠気やふらつきが残ってしまうことがあります。 朝起きづらくなってしまったり、午前中が集中できなくなる方もいるので注意してください。 デパスは依存性も強いです。 薬をやめていく時に、イライラや不安などの離脱症状や不眠がよけいに悪化する反跳性不眠などがみられることもあります。 3.デパスの作用時間と強さ デパスは半減期が6時間の短時間型睡眠薬です。 効果の強さは「普通」、入眠障害から中途覚醒や早朝覚醒まで幅広く効果のある睡眠薬です。 デパスを服用すると3時間で血中濃度がピークになり、そこから6時間かけて半分の量まで身体からぬけていきます。 血中濃度ははじめの1時間で急激に上がりますので、20~30分くらいで効果がでてきます。 そして3時間ほどで効果のピークがやってきて、飲み始めてから9時間で半分の血中濃度になります。 このため、睡眠中を通して効果が持続してくれる睡眠薬です。 この6時間というのを「半減期」といいます。 薬の濃度が半分になるまでにかかる時間のことで、作用時間を考える目安になります。 デパスは半減期が短い「短時間型」に分類されます。 睡眠障害にもいろいろなタイプがあります。 寝つきが悪い「入眠障害」、途中で目が覚めてしまう「中途覚醒」、明け方に目が覚めてしまう「早朝覚醒」。 睡眠障害のタイプに合わせて、睡眠薬の作用時間を変えていく必要があります。 デパスは、入眠障害から中途覚醒に使うお薬です。 効果は早いので、ベットに入る直前にお薬を飲むようにしてください。 デパスはベンゾジアゼピン受容体に作用し、効果が「普通」睡眠薬です。 まずは0. 5mgから始めることが多いです。 効果を見ながら、増減させていきます。 強く効きすぎてしまったら0. 25mg、効果が不十分でしたら1mgまで使うことができます。 睡眠薬の効果の強さは、薬の作用の強さと量によって決まってきます。 4.睡眠薬での作用時間の比較 半減期をもとに、睡眠薬の作用時間を予想することができます。 デパスは作用時間の短い睡眠薬です。 睡眠薬の作用時間の違いを比較してみましょう。 薬の効果を見る時は、最高血中濃度到達時間(ピーク時間)と半減期をみていきます。 最高血中濃度到達時間が短いほど、効きが早いということですね。 ほとんどの睡眠薬が1~3時間になっているかと思います。 中間型や長時間作用型では長いものがありますね。 これらのお薬では即効性はあまり期待できません。 半減期をみると作用時間が予想できます。 超短時間型やデパスをはじめとした短時間型では、即効性を期待して使われます。 入眠障害だけで困っているならば超短時間型、中途覚醒で困っているならばデパスなどの短時間型がよいでしょう。 中間型や長時間型は、身体に薬が少しずつたまっていくことで寝付きやすい土台を作るようなお薬です。 中間型は4~5日かけて、長時間型は1週間以上かけて効果が安定します。 5.デパスが向いている人とは?• 入眠障害だけでなく中途覚醒や早朝覚醒もある方• 非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の効果が期待できない方• 不安や緊張が強い方 デパスを寝る前に服用すると、20~30分くらいですぐに効果がでてきて寝つきをスムーズにしてくれます。 デパスは睡眠中にもしっかりと作用してくれていて、理論的には飲み始めてから3時間でピークに達して、さらに6時間して半分の血中濃度になる睡眠薬です。 このため入眠障害だけでなく、途中で目が覚めてしまうような中途覚醒の方にも効果が期待できる睡眠薬です。 早朝覚醒の方にもある程度の効果が期待できます。 デパスの作用時間は、ちょうど睡眠時間をカバーしているのです。 このようなタイプの睡眠薬としては、まず最初にデパスが使われることが多いです。 デパスは、ふらつきや翌朝への眠気の持越しなどの副作用や依存性があります。 できれば非ベンゾジアゼピン系睡眠薬(マイスリー・アモバン・ルネスタ)の方が副作用や依存性は少ないです。 ですがこれらの睡眠薬は作用時間が短いものばかりです。 睡眠の状態から効果が期待できない方では、デパスから使うことも多いです。 また、不安や緊張感が強い方には向いています。 デパスはもともと抗不安薬に分類されるお薬です。 「寝れるかどうか不安」「心配事が頭から離れない」といった方には、純粋な睡眠薬よりもデパスが向いていることがあります。 まとめ デパスは、GABAの働きを強めて脳の活動を抑えます。 デパスのメリットとしては、• 即効性がある• 入眠障害に有効• 中途覚醒に有効(早朝覚醒にも一定の効果)• 抗不安作用や筋弛緩作用が強い デパスのデメリットとしては、• 睡眠の質が落ちる• ふらつきが出やすい• 翌朝への眠気の持越しがある• 依存性があり、離脱症状や反跳性不眠になることがある デパスが向いている方は、• 入眠障害だけでなく中途覚醒や早朝覚醒もある方• 非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の効果が期待できない方• 不安や緊張が強い方 デパスの抗不安薬としての効果について詳しく知りたい方は、 をお読みください。 2017年3月22日 カテゴリー• 1,162• 月別アーカイブ•

次の

バスパー(バスピン)は本当に効く?デパス代わりと言われるワケ

デパス 睡眠薬

効能・効果• 胃潰瘍の身体症候• 胃潰瘍の緊張• 胃潰瘍の睡眠障害• 胃潰瘍の不安• 胃潰瘍の抑うつ• 筋収縮性頭痛の筋緊張• 筋収縮性頭痛の緊張• 筋収縮性頭痛の不安• 筋収縮性頭痛の抑うつ• 高血圧症の身体症候• 高血圧症の緊張• 高血圧症の睡眠障害• 高血圧症の不安• 高血圧症の抑うつ• 十二指腸潰瘍の身体症候• 十二指腸潰瘍の緊張• 十二指腸潰瘍の睡眠障害• 十二指腸潰瘍の不安• 十二指腸潰瘍の抑うつ• 神経症の緊張• 神経症の神経衰弱症状• 神経症の睡眠障害• 神経症の不安• 神経症の抑うつ• 心身症の身体症候• 心身症の緊張• 心身症の睡眠障害• 心身症の不安• 心身症の抑うつ• 腰痛症の筋緊張• 腰痛症の緊張• 腰痛症の不安• 腰痛症の抑うつ• 頚椎症の筋緊張• 頚椎症の緊張• 頚椎症の不安• 頚椎症の抑うつ• 統合失調症の睡眠障害• うつ病の緊張• うつ病の睡眠障害• ・即効性もあり効果も十分なので、重宝しています。 ただし依存性の問題があるので、使用は頓服程度にしています。 常用させる場合には、セディールなどを用いるようにしています。 (40歳代病院勤務医、一般内科)• ・正直あまり使わないようにはしています。 デパスは前医からの引き継ぎで継続しますが、依存性が強いのが問題で、新規は極力使わないようにしています。 (50歳代病院勤務医、循環器内科)• ・依存性、転倒リスクなどでやり玉に挙げられています。 自分では、適切な使用を心がけています。 前医の処方継続の場合には、減量に苦心します。 (50歳代病院勤務医、一般内科)• ・デメリットが多いのは重々承知しているが、以前から頻用している患者が多く、やむなく投与しています。 (40歳代診療所勤務医、一般内科)• ・短時間型で依存性の問題はあるものの、切れ味がよく、多くの人に効果が強い。 (40歳代病院勤務医、脳神経内科)• ・他の薬剤の方が有効性安全性に優れると思いますが、患者の希望が強く処方数としては最も多くなっています。 (60歳代開業医、一般内科) 抗不安薬 この薬をファーストチョイスする理由(2018年8月更新)• ・使いやすい。 しかし診療報酬改定もあったので、減量に取り掛かっている。 (60歳代診療所勤務医、一般内科)• ・良い点:0.5から3mgまで患者さんに合わせて量を増減できる。 眠剤の代わりにも使用できる。 短所:長期投与できない。 今回の診療報酬改定で減点対象になった。 (50歳代病院勤務医、代謝・内分泌内科)• ・診療報酬改定で処方を控えるようにした。 (70歳以上開業医、循環器内科)• ・依存性が強く問題がある薬ですが本当に必要な患者さんには効果があります。 いかに依存性にさせないか神経を使う薬です。 (50歳代開業医、一般内科)• ・自分で選択して処方することはないです。 気に入ってるとかはないですし、処方したくないのですが、古くから服用されている方が多く、減量や中止に激しく抵抗されるのに転医もしない方もいらっしゃるので、対応に苦慮しています。 (40歳代病院勤務医、総合診療科)• ・かなり依存性が高いのが難点です。 緊張型頭痛にはよく効くように思います。 (50歳代診療所勤務医、総合診療科)• ・自分で処方を始めることはない他院で処方されてきて、やめるにやめられない患者にやむなく処方している状況(50歳代診療所勤務医、整形外科)• ・脊椎疾患にも適応がある。 (50歳代病院勤務医、整形外科) 抗不安薬 この薬をファーストチョイスする理由(2017年9月更新)• ・効果が強く即効性もあるので、頓服として使用しています。 ただ、依存や耐性が出現するので、連用はさせないように注意しています。 残念ながら連用されてしまい、処方を指定してくる患者も見受けられますが、そのような場合には心療内科や精神科への受診を強く勧めています。 (30歳代病院勤務医、一般内科)• ・できるだけBZ系薬剤は処方しないようにしているが、デパスは有名でやはり効果も高いので、患者から希望をする場合が多いと思う。 (50歳代病院勤務医、一般内科)• ・筋弛緩作用が強く、筋筋膜性の痛みを持つ患者の痛みと不安に対して効果が高いと思う。 ただし依存も多いので限定的に使うのが良いと思う。 (40歳代開業医、麻酔科)• ・効果がある。 依存性もあるが、不安で血圧上昇や不眠などによるQOL低下を招くよりは、効果がある方がよい。 ただし増量したがる患者では、ロラゼパムなど長時間型に変更する。 (40歳代病院勤務医、一般内科)• ・依然として知名度があり、患者からの要求が高い。 最近は、新規での処方は少なくなっており、他剤を使用し始めている。 (40歳代病院勤務医、一般内科) 睡眠薬(経口) この薬をファーストチョイスする理由(2016年3月更新)• ・作用発現が速く4〜5時間で切れるまさに速効短時間型。 同系列の薬剤に比べ、ふらつきなどハングオーバーが少ない。 (50歳代病院勤務医、一般内科)• ・0.25mgから3mgの広い処方幅。 高齢者にはエチゾラムではなくロゼレムを使う。 ただし、眠前ではなく就寝3時間前に。 睡眠リズムができれば中止する。 (60歳代診療所勤務医、精神科)• ・女性の場合は特に、日々の生活や仕事の中でのストレスや疲弊が原因のことが多いので、疲れていて肩こりする方に処方しています。 実際、自分も内服することがあり、効果を実感しています。 (40歳代病院勤務医、一般内科)• ・薬価が低いこと、長期処方可能である点、使用経験が豊富であること。 (40歳代病院勤務医、呼吸器内科)• ・睡眠を改善して、頭痛、肩こりを和らげる有用な薬剤である。 欠点は、「すぐデパスを処方する医者」としてエビデンスのない誹謗中傷を受けること。 (50歳代開業医、脳神経外科)• ・精神生理性不眠に使用。 ただし、依存に注意はしています。 (40歳代病院勤務医、精神科) 抗不安薬 この薬をファーストチョイスする理由(2015年10月更新)• ・ある程度の効果が確実に得られ、使用上の問題も特になく、患者からのリピート要請もあり、新薬がいろいろと出てきた今でも重宝している。 (50代勤務医、一般内科)• ・短時間作用型で抗不安作用に加え催眠作用もあり、不眠時の頓服薬としても使用できるため。 (50代診療所勤務医、一般内科)• ・耐性や依存性はあるが、使い慣れており、またセルシンと同様に長期投与が可能であるため、よく用いている。 (40代勤務医、精神科)• ・筋弛緩作用が強いため、肩凝りや緊張型頭痛を伴う神経症気質の患者によく処方している。 (30代勤務医、一般内科)• ・昔からある薬で、また整形外科的には、変形性脊椎症の適応もあるので使いやすい。 (50代開業医、整形外科)• ・夜間頻尿の患者に使用しています。 過活動膀胱の薬剤よりも効く印象です。 (50代勤務医、泌尿器科)• ・神経調節性失神に有効例が多い。 (50代勤務医、循環器内科)• ・専門外の身にとって、うつによると思われる食欲不振の患者さん数例に、デパスを投与して効果があったことから、まずは試してみる抗うつ薬となっている。 (50代勤務医、一般外科)• ・非専門医にとっては、デパスは1st choiceです。 (30代診療所勤務医、代謝・内分泌内科)• ・これぞ、万能薬! 救急の現場では外せません。 (30代診療所勤務医、救急科)• ・即効性がありキレ味が良く、使いやすい。 筋弛緩作用もあるので重度の肩凝りや筋緊張性頭痛にも使用できる。 ただ、独特の切れ味のよさ(薬が切れたときにはっきりと体感できてしまう)や筋弛緩作用、多幸感から大抵の人間は容易に依存に陥りやすく、本来は処方に重々注意が必要な薬である。 (30代診療所勤務医、一般内科)• ・デパスは他院からの継続が多いです。 なかなか中止できない。 (40代診療所勤務医、一般内科) 副作用 (添付文書全文) 総症例数12,328例中866例(7. 主な副作用は眠気444件(3. 1.重大な副作用 1).依存性(頻度不明):連用により薬物依存を生じることがあるので、観察を十分に行い、用量及び使用期間に注意し慎重に投与する。 また、連用中における投与量の急激な減少ないし投与の中止により、痙攣発作、譫妄、振戦、不眠、不安、幻覚、妄想等の離脱症状が現れることがあるので、投与を中止する場合には、徐々に減量するなど慎重に行う。 2).呼吸抑制、炭酸ガスナルコーシス(いずれも頻度不明):呼吸抑制が現れることがある。 また、呼吸機能が高度に低下している患者に投与した場合、炭酸ガスナルコーシスを起こすことがあるので、このような場合には気道を確保し、換気をはかるなど適切な処置を行う。 3).悪性症候群(頻度不明):本剤の投与、又は抗精神病薬との併用等、あるいは本剤の急激な減量・中止により悪性症候群が現れることがあるので、発熱、強度筋強剛、嚥下困難、頻脈、血圧変動、発汗、白血球増加、血清CK上昇(血清CPK上昇)等が現れた場合には、体冷却、水分補給等の全身管理とともに適切な処置を行う(また、本症候群発症時にはミオグロビン尿を伴う腎機能低下が現れることがある)。 4).横紋筋融解症(頻度不明):筋肉痛、脱力感、血清CK上昇(血清CPK上昇)、血中ミオグロビン上昇及び尿中ミオグロビン上昇を特徴とする横紋筋融解症が現れることがあるので、このような場合には、投与を中止し、適切な処置を行う。 5).間質性肺炎(頻度不明):間質性肺炎が現れることがあるので、発熱、咳嗽、呼吸困難、肺音異常(捻髪音)等が認められた場合には投与を中止し、速やかに胸部X線等の検査を実施し、副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行う。 2.その他の副作用 1).精神神経系:(0. 2).呼吸器:(0. 3).循環器:(0. 4).消化器:(0. 5).過敏症:(0. 6).骨格筋:(0. 7).その他:(0. 使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) 1.急性閉塞隅角緑内障の患者[抗コリン作用により眼圧が上昇し、症状を悪化させることがある]。 2.重症筋無力症の患者[筋弛緩作用により、症状を悪化させる恐れがある]。 (慎重投与) 1.心障害のある患者[血圧低下が現れる恐れがあり、心障害のある患者では症状の悪化につながる恐れがある]。 2.肝障害、腎障害のある患者[作用が強く現れる恐れがある]。 3.脳器質的障害のある患者[作用が強く現れる恐れがある]。 4.小児。 5.高齢者。 6.衰弱患者[作用が強く現れる恐れがある]。 7.中等度呼吸障害又は重篤な呼吸障害(呼吸不全)のある患者[呼吸機能が高度に低下している患者に投与した場合、炭酸ガスナルコーシスを起こすことがある]。 (重要な基本的注意) 1.眠気、注意力・集中力・反射運動能力等の低下が起こることがあるので、本剤投与中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事させないように注意する。 2.連用により薬物依存を生じることがあるので、漫然とした継続投与による長期使用を避ける(本剤の投与を継続する場合には、治療上の必要性を十分に検討する)。 (相互作用) 本剤は、肝代謝酵素CYP2C9及びCYP3A4で代謝される。 併用注意: 1.中枢神経抑制剤(フェノチアジン誘導体、バルビツール酸誘導体等)[眠気、血圧低下、運動失調、意識障害などを起こす恐れがある(中枢神経抑制剤との併用で相加的な増強作用が考えられる)]。 2.MAO阻害剤[過鎮静、昏睡、痙攣発作、興奮などを起こす恐れがある(MAO阻害剤が本剤の肝での代謝を抑制し、半減期を延長し、血中濃度を上昇させるため作用が増強されることが考えられる)]。 3.フルボキサミンマレイン酸塩[本剤の血中濃度を上昇させることがあるので、本剤の用量を減量するなど、注意して投与する(フルボキサミンマレイン酸塩が本剤の肝での代謝を阻害し、血中濃度を上昇させるため本剤の作用が増強されることがある)]。 4.アルコール(飲酒)[精神機能・知覚・運動機能の低下を起こす恐れがある(エタノールと本剤は相加的な中枢抑制作用を示すことが考えられる)]。 (高齢者への投与) 高齢者では、運動失調等の副作用が発現しやすいので、少量から投与を開始するなど慎重に投与する。 (妊婦・産婦・授乳婦等への投与) 1.妊婦<3カ月以内>又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[動物実験により催奇形作用が報告されており、また、妊娠中に他のベンゾジアゼピン系薬剤(ジアゼパム)の投与を受けた患者の中に奇形児等の障害児を出産した例が対照群と比較して有意に多いとの疫学的調査報告がある]。 2.妊娠後期の婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[ベンゾジアゼピン系薬剤で新生児に哺乳困難、嘔吐、活動低下、筋緊張低下、過緊張、嗜眠、傾眠、呼吸抑制・無呼吸、チアノーゼ、易刺激性、神経過敏、振戦、低体温、頻脈等を起こすことが報告されており、なお、これらの症状は、離脱症状あるいは新生児仮死として報告される場合もある(また、ベンゾジアゼピン系薬剤で新生児に黄疸増強を起こすことが報告されている)。 なお、妊娠後期に本剤を連用していた患者から出生した新生児に血清CK上昇(血清CPK上昇)が現れることがある]。 3.分娩前に連用した場合、出産後新生児に離脱症状が現れることが、ベンゾジアゼピン系薬剤で報告されている。 4.授乳婦への投与は避けることが望ましいが、やむを得ず投与する場合は、授乳を避けさせる[ヒト母乳中へ移行し、新生児に体重増加不良が現れることがあり、また、他のベンゾジアゼピン系薬剤(ジアゼパム)で嗜眠、体重減少等を起こすことが報告されており、また黄疸増強する可能性がある]。 (小児等への投与) 小児に対する安全性は確立していない(使用経験が少ない)。 (過量投与) 1.過量投与により運動失調、低血圧、呼吸抑制、意識障害などが現れることがある。 2.本剤の過量投与が明白又は疑われた場合の処置としてフルマゼニル(ベンゾジアゼピン受容体拮抗剤)を投与する場合には、使用前にフルマゼニルの使用上の注意(禁忌、慎重投与、相互作用等)を必ず読む。 なお、投与した薬剤が特定されないままにフルマゼニルを投与された患者で、新たに本剤を投与する場合、本剤の鎮静・抗痙攣作用が変化、鎮静・抗痙攣作用が遅延する恐れがある。 (適用上の注意) 薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔を起こして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。 (保管上の注意) 遮光。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の

デパス錠の効果と効き目についてと各種0.25mg・0.5mg・1.0mg錠剤・細粒の使い方。睡眠薬として有効か?

デパス 睡眠薬

デパス(エチゾラム)の作用• 強い抗不安作用• 筋弛緩作用 この作用によって 神経の興奮・不安を鎮める効果が生まれるので、不眠症にも効く事で知られています。 デパスは本来、睡眠薬ではありませんが、 ほど良く自然な睡眠を促す効果・精神を安定させる効果が期待され、人気がありました。 さらに、ジェネリック医薬品としてエチラームがあり、 通販でも需要の高い商品でした。 デパスの輸入規制 かつて、デパスは比較的安全に使用できる精神安定剤として広く処方されていました。 しかし、依存性が指摘されるようになり、乱用による医療事故も起こりました。 国内ではこれらの事を受けて、 2016年に「麻薬及び向精神薬取締法における第3種向精神薬」に指定されました。 それ以降、デパスや同じ有効成分を含むジェネリック医薬品の個人輸入が一切できなくなりました。 デパスは通販で購入できなくなりましたが、 デパスの代わりになる薬を購入する事は可能です。 次の項目ではデパスの代替品を購入するのにオススメなサイトを紹介します。 オススメ通販サイト デパスの代替品を購入するには個人輸入代行サイトを利用する必要がありますが、代行サイトにもいろいろあります。 代表的なサイトとして 「オオサカ堂」「ベストケンコー」などを耳にする事が多いと思いますが、管理人独自の基準で4つのサイトをそれぞれ比較してみました。 キャンペーンやクーポン発行が頻繁で、毎日何かしらキャンペーンを行っています。 金額に関わらず全国どこでも送料無料なのですが、単品で購入すると他のサイトよりも高くついてしまう場合があります。 なので、 まとめ買いに向いているサイトですね。 残念ながら睡眠薬の取り扱いが少ないサイトですが、管理人はサプリなどをまとめ買いする時に利用しています。 デパスの特徴から見る代替薬 現在、様々な代替薬の案が出されていますが、デパスの代わりを選ぶには、 デパスの特徴を抑える必要があります。 デパスの特徴• 即効性が期待できる• 強い抗不安作用が期待できる• 強い催眠作用が期待できる• 筋弛緩作用が期待できる デパスは脳の神経細胞を興奮しにくくさせ、鎮める作用があります。 そして 睡眠作用、抗不安作用、どちらにも効果があるため両方の目的で使われる薬です。 このうち、 デパスを睡眠薬として使っていた方は、「強い睡眠作用が期待できる」特徴、 デパスを抗不安薬として使っていた方は「強い抗不安作用が期待できる」特徴を持った代替品を必要としているのではないでしょうか。 次の項目では安心して利用できると管理人が判断した通販サイト「お薬なび」で購入できるそれぞれの代替品の紹介をします。 睡眠薬としてのデパス デパスには「強い睡眠作用が期待できる」ため、睡眠薬として飲んでいた方も多いと思います。 代替品としては依存性の少ない非ベンゾジアゼピン系の物がオススメです。 デパスはベンゾジアゼピン系に分類される薬で、睡眠作用や不安や緊張を緩和してくれる抗不安作用以外に、体の筋肉の緊張を緩める筋弛緩作用があります。 非ベンゾジアゼピン系は筋肉の緊張を緩める作用は少ないため、肩こりや体の緊張が原因で眠れない方にはむいていませんが、その代わり睡眠薬を飲んだ際のふらつきなどが現れにくいので安全性の高い薬です。 ルネスタ 系統:アザピロン系 有効成分:ブスピロン 効果:不安や緊張の軽減 副作用:眠気、頭痛 バスパーはアザピロン系に分類される抗不安薬で、デパスに比べると依存性の少ない安心して使える薬です。 デパスは脳の中にある「GABA」というリラックス成分を増やす事で不安や緊張を緩和してくれますが、 バスパーは幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」を増やす事で不安や緊張を緩和してくれます。 薬の効果もゆっくりと現れるタイプのため、即効性は感じにくいですがその分依存性の心配もあまりありません。 バスパーは残念ながら国内では手に入りませんが、全く同じ有効成分が使われている バスピンやバスポンなら通販で購入する事ができます。 デパスの代替薬を通販で購入 デパスを睡眠薬として飲んでいたか、抗不安薬として飲んでいたかでタイプ別に代替品を紹介しましたが、病院では処方されているものの通販では購入できないものや、そもそも国内では認可されていなものなどがあります。 しかし、どちらもジェネリック医薬品なら、通販で購入する事が可能です。 ここではデパスの代替品について詳しく説明します。 代替薬ルネスタのジェネリック デパスを睡眠薬として飲んでいた方にルネスタをオススメしましたが、残念ながら通販で購入する事ができません。 しかしルネスタと同じ有効成分が使われているジェネリック医薬品なら通販で購入する事が可能です。 ここではルネスタのジェネリック「ソクナイト」について詳しく説明します。 ソクナイト 系統:非ベンゾジアゼピン系 有効成分:エスゾピクロン 効果:すぐに寝付く 副作用:苦み、頭痛 先発薬:ルネスタ ルネスタのジェネリックとしてオススメなのが「ソクナイト」です。 ルネスタは有効成分量が1㎎、2㎎、3㎎と3種類ありますが、ソクナイトは2㎎のみです。 通常2㎎が適量とされているので、お年寄りや少量から使いたい方、もう少し強い3㎎を使いたい方以外はソクナイトで十分だと思います。 またソクナイトは現地の日本人が監修として入っているため、 日本人の体質に合った副作用の少ない睡眠薬として仕上がっています。 初めて睡眠薬を使うという方でも安心してつかえる睡眠薬です。 ここでは管理人厳選サイトで購入できるソクナイトを紹介します。 バスパーのジェネリックであるバスピンは、インスタファーマ社が開発、販売している抗不安薬です。 デパスを不安や緊張を緩和させる目的で飲んでいた方の代替品としてオススメです。 バスピンは有効成分の含有量が5㎎と10㎎の2種類あるので自分に合った用量を選ぶ事ができます。 デパスはとても即効性のある薬ですが、有効成分がブスピロンである「バスピン」はとてもゆっくりと効果の現れる薬です。 飲み始めてから1~2週間ほどで効果があらわれてきます。 デパスに慣れてしまっている方には効き目が無いように感じるかもしれませんが、しばらく我慢して飲み続けていれば次第に効果が現れてきます。 効果がゆっくり現れる代わりに、 依存性がとても低いので安心して使える薬です。 バスポン ハイプロンはConsern Pharma社が開発、販売を手掛けている睡眠薬です。 先発薬は「ソナタ」という睡眠薬ですが、こちらは海外ではメジャーですが、国内では流通していません。 ソナタは国内でも処方されている「ルネスタ」と同じ非ベンゾジアゼピン系に属する睡眠薬で、 すぐに寝付く事ができて睡眠の質もアップする薬です。 ルネスタと少し違うのは、ソナタには睡眠薬としての効果だけではなく、緊張や不安を軽減してくれる「抗不安薬」としての効果も持ち合わせている事です。 ソナタのジェネリックであるハイプロンにも同じ効果が期待できます。 デパスを睡眠薬として飲んでいた方も、抗不安薬として飲んでいた方も、どちらにも適しているタイプの薬です。 依存性も低いので、睡眠薬や抗不安薬と作用がはっきり分かれているよりは、どちらにも効いてくれる薬が欲しい方にオススメです。 再開次第、こちらのページでアナウンス致します。 国内でも認可されており、病院でも処方されています。 バスパーやバスパージェネリックと同じアザピロン系に分類される薬ですが、有効成分が違います。 バスパーやバスパージェネリックも1~2週間かけてゆっくりと効く薬ですが、セディールはそれよりもさらにゆるやかで、 薬を飲み始めてから2~4週間かけて効果が現れます。 効果が現れるまでにイライラしてしまいそうですが、効果がゆっくり現れるという事はその分依存性も低く、薬をやめる際の離脱症状も出にくいという事なので安心して使う事ができる薬です。 通販では国内で処方されているものと同じ薬が、パッケージだけ海外版となっているタイプを購入する事ができます。 通販で薬を購入するのは不安だけど、 病院で処方されている薬が買えるなら安心して購入できるという方にオススメです。

次の