無料映画俱楽部。 コットンクラブ (映画)

映画の字幕みたいな手書き風文字フォント7選|ferret

無料映画俱楽部

1)正会員とは 西東京市民映画祭やこもれびホール市民名画座の 企画運営をしながら市民交流と懇親を深める事を目的に活動する会員です。 家族会員は2人以上でおひとり2500円。 それ以外での上映は優待料金等のご案内をいたします。 3)スポンサー協賛会員 活動の趣旨に賛同して頂きフイルム代金の1部補助を して頂ける企業・商店。 1回の上映会に10000円。 チケットを20枚お渡しいたします。 ・・・・・・・・・・・スポンサー募集しています。 ・・・・・・・・・・・ 現在こもれびホール市民名画座の本編上映前に西東京 シネマ倶楽部で自主製作したコマーシャル映画を上映して います。 市民名画座を支援していただいているスポンサー のコマーシャルです。 このたび新しいスポンサーも加えて 第3弾を製作しました。 少しでも興味を持たれた方は事務局 042-452-6323まで連絡ください。 現在上映中のビデオ等を 持ってご説明に伺います。 現在上映中のコマーシャル映画 は市民名画座スポンサー様の協賛により製作されました。 見慣れたお店が大画面に映し出され好評を得ています。 この機会にシネマ倶楽部のご支援をして頂きながら・お店の 広告も如何でしょうか。 参勤交代 ・われらの町に名画座を」西東京シネマ倶楽部の歴史 1998年11月、現代表者が若い頃に出会って感動した作品「若者たち」を自分の手で、自分の町で上映したいという長年の思いで上映会当日、客席に向かって「いっしょに名画を上映するクラブを作りましょう」と呼びかけ、それに応じた映画ファンの市民によって結成されたのが保谷シネマクラブである。 ・こもれびホール市民名画座(社会性とエンターテイメント性を求めて) 映画館のない町で、地元の観客に映画館同様の感動を伝えたいという思いから、こもれびホールでの上映が続けられている。 2009年4月より隣接の小平市でも「こだいら市民名画座」を発足。 これにより、奇数月が「こもれびホール市民名画座」として上映回数を増やす。 ・運営と会員制度 こもれびホール市民名画座および市民映画祭の運営、広報から当日の設営、受付、会場整理まで、すべては正会員によって行われる。 運営に携わる正会員14名、鑑賞会員250名、当日運営のボランティア会員20名武蔵野大学映画研究部 協賛会員約30名が所属している。 ・多くの方に支えられての運営 一市民団体が本格的な映画上映を継続して行うのは無理に近いと考えられるが、西東京市の後援、地元のスポンサー企業、商店の支援、シネマ倶楽部会員(正会員、鑑賞会員)、そして多くの市民が一体となって、こもれびホール市民名画座の継続を可能にしている。 ・機関紙「」の発行 こもれび、こだいら両市民名画座の告知を中心に、近隣の映画情報を発信する タウン紙の性質も加味し毎月第一木曜日に新聞折り込みなどで9万部を配布。 ・西東京市民映画祭 西東京市の合併を記念して始まった映画祭で、当初、保谷市の保谷シネマクラブと田無市の谷戸シネマ倶楽部が合同で実行委員会を結成した。 著名な映画監督をゲストに招き、トークショーと上映会を行う。 また、全国から寄せられた自主制作の短編作品を審査する自主制作映画コンペティションも同時に行う。 ・西東京市民映画祭への来訪監督の作品と印象的な言葉・・・・ 佐藤純彌監督・・・・男たちの大和、敦煌、新幹線大爆破 深作欣二監督・・・・仁義なき戦い、バトルロワイヤル 小泉尭史監督・・・・雨上がる、明日への遺言 黒木和男監督・・・・美しい夏キリシマ、父と暮らせば 滝田洋二郎監督・・・おくりびと、壬生義士伝、僕らはみんな生きている 若松孝二監督・・・・実録連合赤軍浅間山荘への道程 山田洋次監督・・・・男はつらいよ、母べい、おとうと 以上の監督さんたちに一貫して通じるものは映画を通して「平和の尊さ」を描きたいとの思いを強く感じた。 ・自主制作映画コンペティション 全国から上映時間20分以内の短編作品を公募。 寄せられた作品のうち、正会員によって選ばれた入選作が、映画祭当日、こもれびホール大ホールで上映され、最終審査される。 第1回から審査委員長は佐藤純彌監督映画監督 最優秀作品賞、優秀作品賞、優秀作品賞3位、シネマ倶楽部特別賞、観客グランプリ賞に加え、2010年より西東京市長賞、市議会議長賞、商工会会長賞、東町商栄会会長賞の4賞が増設。 近年応募作品数は2011年187作、2012年152作に達していて、入賞作品のレベルは全国でもトップレベルで国際映画祭なみのレベルである。 ・上記以外の活動 公民館の映画事業など、文化事業団や行政、市民団体の上映会にも共催、協力。 市内小中学校PTAなどでの上映会支援。 映画製作会社による地元での撮影ロケーションに参加 ・協賛企業、商店などのコマーシャルフィルムを製作 協賛企業、商店などのコマーシャルフィルムを製作し、市民名画座、市民映画祭などで本編の前に上映。 今までの製作本数は3本で今年度最新作が完成した。 ・2009年度日本映画ペンクラブ奨励賞を受賞 ・町作り、生涯教育の一環として1日でも長く続けられるためにシネマ倶楽部メンバー一丸となって活動している。

次の

イベントホール

無料映画俱楽部

監督は、出演はとなど。 からにかけてに実在した高級「」を舞台に、華やかなショーやマフィアの覇権争いなどを、実在の人物を交えて描いたである。 ストーリー [ ] がをぶっ放すのニューヨーク()。 のハーレムにあるコットンクラブは、従業員とダンサーはだが、客は正装したに限られる高級だった。 クラブのオーナーであるオウニーとフレンチーは、の的存在で、ギャングたちを牛耳っていた。 ギャングのボスであるダッチは、ハーレムで襲撃を受け、奏者兼ピアニストのディキシー・ドワイヤー(リチャード・ギア)に命を救われた。 ディキシーは巻き添えを食った歌手のベラ(ダイアン・レイン)に一目ぼれするが、ベラはダッチの愛人になる。 ベラには、に自分のナイトクラブを持つという野心があったのだ。 ディキシーは、ダッチに顎で使われる立場に嫌気がさし、脱却の機会を窺う。 若手の黒人であるサンドマン(グレゴリー・ハインズ)は、兄のクレイとコンビでコットンクラブのオーディションを受け、合格する。 サンドマンは兄との対立や、混血の歌手ライラとの恋に悩みつつ、コットンクラブでの人気を確実なものとして行く。 ディキシーはコットンクラブのオーナーであるオウニーの口利きで、のギャング映画に出演し、スターになる。 だが、ディキシーの弟のヴィンセント(ニコラス・ケイジ)は、暗黒街での成り上がりを目指し、フレンチーの誘拐を企てた揚句に射殺される。 による不景気の時代がきても、コットンクラブは相変わらずの賑わいだった。 トップダンサーとなったサンドマンは、舞台で華麗なタップを踏んでいる。 同じ頃、ギャング同士の抗争からダッチが射殺された。 ディキシーは、愛人関係から解放されたベラと共にハリウッドへと旅立った。 キャスト [ ] ディキシー・ドワイヤー 演 - 奏者での青年。 ダッチの命を救ったことで目をかけられる。 (-)をにしたキャラクター。 サンドマン(デルバート)・ウィリアムズ 演 - のオーディションに受かった。 ライラに一目惚れする。 ベラ・シセロ 演 - 歌手。 まだ10代だが大人びた容姿を武器に自分の店を持つことを目指している。 ライラ・ローズ・オリヴァー 演 - () 父親が黒人で母親が白人の歌手。 肌が白いので白人にも見える。 ジャズ歌手で女優の(-)をモチーフにしたキャラクター。 (実在の人物) 演 - の経営者で暗黒街のドン。 (実在の人物) 演 - 凶暴な性格のギャングのボス。 本名アーサー・フレゲンハイマー。。 ヴィンス・ドワイヤー 演 - ディキシーの弟。 成り上がり志向が強く、ディキシーがダッチの命を救ったことをきっかけにダッチの用心棒になる。 (-)をモチーフにしたキャラクター。 ()(実在の人物) 演 - ダッチの部下。 フレンチー・デマンジ(実在の人物) 演 - マドゥンの相棒。 ティシュ・ドワイヤー 演 - ディキシー、ヴィンス兄弟の母。 フランシス・フレゲンハイマー 演 - () ダッチの妻。 クレイ・ウィリアムズ 演 - ()(の実兄) サンドマンの兄でタップダンスのパートナー。 ソル・ワインスタイン 演 - () ダッチの忠実な部下。 バンピー・ローズ 演 - 黒人マフィアのボス。 ()(-)をモチーフにしたキャラクター。 アーヴィング・スターク 演 - コットン・クラブのスタッフ。 サンドマンにオーディション合格を告げる。 パッツィ・ドワイヤー 演 - ヴィンスの妻。 (実在の人物) 演 - () 黒人ジャズ歌手。 コットン・クラブでパフォーマンスを見せる。 (実在の人物) 演 - の大女優。 ディキシーに映画俳優になることを勧める。 他にも、、、が実名で登場する。 日本語吹替 [ ] 役名 俳優 日本語吹替 ソフト版 版 ディキシー・ドワイヤー サンドマン・ウィリアムズ ベラ・シセロ ライラ・ローズ・オリヴァー () オウニー・マドゥン ダッチ・シュルツ ヴィンス・ドワイヤー フレンチー・デマンジ バンピー・ローズ クレイ・ウィリアムズ ()• TBS版:初回放送1988年11月22日『』 出典 [ ] []• (脚本、1970年)• (脚本、1974年)• (製作総指揮、1979年)• (海外版製作総指揮、1980年)• (製作、1982年)• (製作、1982年)• (製作総指揮、1983年)• (製作、1985年)• (製作総指揮、1987年)• (製作総指揮、1987年)• (製作総指揮、1989年)• (出演、1991年)• (製作総指揮、1992年)• (製作、1993年)• (製作、1994年)• (製作、1995年)• (製作、1999年)• (製作総指揮、2001年)• (製作総指揮、2003年)• (製作総指揮、2004年)• (製作総指揮、2006年)• (製作総指揮、2012年).

次の

イベントホール

無料映画俱楽部

監督は、出演はとなど。 からにかけてに実在した高級「」を舞台に、華やかなショーやマフィアの覇権争いなどを、実在の人物を交えて描いたである。 ストーリー [ ] がをぶっ放すのニューヨーク()。 のハーレムにあるコットンクラブは、従業員とダンサーはだが、客は正装したに限られる高級だった。 クラブのオーナーであるオウニーとフレンチーは、の的存在で、ギャングたちを牛耳っていた。 ギャングのボスであるダッチは、ハーレムで襲撃を受け、奏者兼ピアニストのディキシー・ドワイヤー(リチャード・ギア)に命を救われた。 ディキシーは巻き添えを食った歌手のベラ(ダイアン・レイン)に一目ぼれするが、ベラはダッチの愛人になる。 ベラには、に自分のナイトクラブを持つという野心があったのだ。 ディキシーは、ダッチに顎で使われる立場に嫌気がさし、脱却の機会を窺う。 若手の黒人であるサンドマン(グレゴリー・ハインズ)は、兄のクレイとコンビでコットンクラブのオーディションを受け、合格する。 サンドマンは兄との対立や、混血の歌手ライラとの恋に悩みつつ、コットンクラブでの人気を確実なものとして行く。 ディキシーはコットンクラブのオーナーであるオウニーの口利きで、のギャング映画に出演し、スターになる。 だが、ディキシーの弟のヴィンセント(ニコラス・ケイジ)は、暗黒街での成り上がりを目指し、フレンチーの誘拐を企てた揚句に射殺される。 による不景気の時代がきても、コットンクラブは相変わらずの賑わいだった。 トップダンサーとなったサンドマンは、舞台で華麗なタップを踏んでいる。 同じ頃、ギャング同士の抗争からダッチが射殺された。 ディキシーは、愛人関係から解放されたベラと共にハリウッドへと旅立った。 キャスト [ ] ディキシー・ドワイヤー 演 - 奏者での青年。 ダッチの命を救ったことで目をかけられる。 (-)をにしたキャラクター。 サンドマン(デルバート)・ウィリアムズ 演 - のオーディションに受かった。 ライラに一目惚れする。 ベラ・シセロ 演 - 歌手。 まだ10代だが大人びた容姿を武器に自分の店を持つことを目指している。 ライラ・ローズ・オリヴァー 演 - () 父親が黒人で母親が白人の歌手。 肌が白いので白人にも見える。 ジャズ歌手で女優の(-)をモチーフにしたキャラクター。 (実在の人物) 演 - の経営者で暗黒街のドン。 (実在の人物) 演 - 凶暴な性格のギャングのボス。 本名アーサー・フレゲンハイマー。。 ヴィンス・ドワイヤー 演 - ディキシーの弟。 成り上がり志向が強く、ディキシーがダッチの命を救ったことをきっかけにダッチの用心棒になる。 (-)をモチーフにしたキャラクター。 ()(実在の人物) 演 - ダッチの部下。 フレンチー・デマンジ(実在の人物) 演 - マドゥンの相棒。 ティシュ・ドワイヤー 演 - ディキシー、ヴィンス兄弟の母。 フランシス・フレゲンハイマー 演 - () ダッチの妻。 クレイ・ウィリアムズ 演 - ()(の実兄) サンドマンの兄でタップダンスのパートナー。 ソル・ワインスタイン 演 - () ダッチの忠実な部下。 バンピー・ローズ 演 - 黒人マフィアのボス。 ()(-)をモチーフにしたキャラクター。 アーヴィング・スターク 演 - コットン・クラブのスタッフ。 サンドマンにオーディション合格を告げる。 パッツィ・ドワイヤー 演 - ヴィンスの妻。 (実在の人物) 演 - () 黒人ジャズ歌手。 コットン・クラブでパフォーマンスを見せる。 (実在の人物) 演 - の大女優。 ディキシーに映画俳優になることを勧める。 他にも、、、が実名で登場する。 日本語吹替 [ ] 役名 俳優 日本語吹替 ソフト版 版 ディキシー・ドワイヤー サンドマン・ウィリアムズ ベラ・シセロ ライラ・ローズ・オリヴァー () オウニー・マドゥン ダッチ・シュルツ ヴィンス・ドワイヤー フレンチー・デマンジ バンピー・ローズ クレイ・ウィリアムズ ()• TBS版:初回放送1988年11月22日『』 出典 [ ] []• (脚本、1970年)• (脚本、1974年)• (製作総指揮、1979年)• (海外版製作総指揮、1980年)• (製作、1982年)• (製作、1982年)• (製作総指揮、1983年)• (製作、1985年)• (製作総指揮、1987年)• (製作総指揮、1987年)• (製作総指揮、1989年)• (出演、1991年)• (製作総指揮、1992年)• (製作、1993年)• (製作、1994年)• (製作、1995年)• (製作、1999年)• (製作総指揮、2001年)• (製作総指揮、2003年)• (製作総指揮、2004年)• (製作総指揮、2006年)• (製作総指揮、2012年).

次の