マギア レコード 黒江。 【マギレコ】アニメでの新キャラ黒江の正体は?「黒」説

【マギレコ】アニメでの新キャラ黒江の正体は?「黒」説

マギア レコード 黒江

詳しい放送情報はこちら! — マギアレコード公式 magireco まどマギの新しい話も観たいけど、まずは来年のマギアレコードのアニメだな。 新キャラも出るし、シナリオはイベントストーリーで安心のクオリティを産み出してるイヌカレー(泥犬)先生だし。 願いの成就とひきかえに、人知れず戦い続ける魔法少女たち。 しかし環いろはは、自分の願いを忘れてしまっていた。 『魔法少女になった時、私は何を願ったんだっけ?』 日常の中にぽっかりと空いた穴。 失われてしまった大切ななにか。 理由もわからないまま、戦いつづける毎日……。 そんなとき、魔法少女たちの間で噂が流れはじめる。 『神浜に行けば、魔法少女は救われる』 魔法少女とウワサの集まる街、神浜市。 引用元: 原作のゲームでは、まどマギ原点に登場する「暁美ほむら」が登場するプロローグで登場しますが。 この辺りをアニメ版として放送するのかは定かではありません。 このイントロダクションは第1章メインストーリーであり、主人公である環色いろはから始まるエピソードになります。 恐らく、アニメでは環いろは視点で進んでいくことが濃厚です。 こちら、アニメイトタイムズのリレーインタヴューで環色いろは役を演じる麻倉ももさんが、収録現場で印象に残った方はいるかと聞かれ、 『まどマギに出演していた方が徐々に参加してくださっている』 コメントし、 また、キャラクターデザイン・総作画監督の谷口淳一郎さんも、 『今後、まどマギのキャラクターが登場するので、そのあたりが見せ場になるんじゃないかと思います。 』 とコメントしています。 なので、 序盤では登場しないのではないかと予想します。 この辺り、プロローグは改変する可能性が高いですね。 劇団イヌカレーさんがストーリーについてコメントしてます。 劇団イヌカレーのコメント TVアニメで完結できるストーリーを考えていると述べています。 そしてゲームと全く同じストーリーではないものの、すでにマギレコをプレイしている人にとって、全く別物ではなく、 それでいて、ボリュームダウンした再現映像でもないアニメになればいいかと思っている。 とコメントしてます。 この事より、大幅な改変はないものの、アニメ仕様にゲーム原作者を失望させない物を制作している事が考えれらます。 あくまで、主軸は原作ゲームであるものの、新しく再編してベストな物が誕生しそうですね。 その他にも劇団イヌカレーのコメントをしており、 某団体のいろいろがゲームと多少違った雰囲気になれば、全体のテーマにつながる。 と述べており、この某団体には諸説ありますが、 恐らく「マギウスの翼」ではないかと思われます。 ゲームでも主要キャラクターであるものの、物語の根幹に関わる人物なので、「マギウスの翼」のメンバーがかなりシリアスな展開に運ぶキャラクターとなっていると予想します。 そして、アニメ新キャラである「黒江」もいるため、新キャラが絡むエピソードはゲームと異なるエピソードが語られると予想されます。 しかし、黒江が主体ではなく、ゲーム登場キャラが主体には変わりはないとは思います。 そして、作品の方向性についても劇団イヌカレーさんが公言しています。 基本シリアス。 ポップさはあるものの、スパイス程度であり、主軸はまどマギの深刻さを継承する。 まどマギの衝撃的な展開、シリアスなストーリーを継承していると述べています。 要するに、まとめると、• プロローグは恐らく改変• 原作ファンを失望させない再編成アニメ• 全体的にシリアス となります。 原作との大きな違いは、新キャラ「黒江」の登場ではあり、それ以外の細かい設定変更、ストーリー改変もありそうですね。 また、「コネクト」もストーリーに関与してくるため、物語を主軸に様々な試行錯誤がなされたと思われます。 ただ、全く別物になる事はないでしょう。 OPはTrySail、EDはClariSに決定した。 — ライブドアニュース livedoornews 結末については、恐らく変更はされないと思います。 現在ゲームでは第1部が完結しています。 イブに囚われたういを救出し、物語は終焉を迎えます。 また、こちらについても製作陣でコメントされており、 ・ 設定・世界観は同じ、着地点も同じ、それまでの過程をアレンジ と名言しています。 なので、勝まつは変更されないと思います。 逆にそれまでの過程やエピソードがどこまで改変され、よりボリューミーな内容になる事が予想されますね。 まとめ 今回はマギアレコード・アニメのあらすじ・原作との違いをネタバレ考察!結末は変更されるのかについて考察していきました。 まだまだ情報は少ないですが、劇団イヌカレーさんであれば、間違いなく良作になる事が予想されます。 ゲーム版も楽しめて、アニメも違った楽しみがあるという両立をしてくださると思います。

次の

#マギアレコード X 黒江

マギア レコード 黒江

おはそーな マギアレコード原作勢の薔薇宮ソーナです。 今回は魔法少女まどかマギカ外伝 マギアレコードのアニメ1~6話の考察をしてみたいと思います。 ストーリーがうろ覚えの方向けに、1~6話の内容を簡単に解説した復習用の動画もありますので、よければそちらもどうぞ。 qq それでは考察していきます まずはアニメ1話の考察まとめです 1話は原作にない話 マギアレコードの原作はソシャゲです。 大まかなストーリーは今の所原作どおりなんですが、 無駄なシーンをザクザクカットによるテンポ改善や オリジナルシーン追加など、結構改変されているんですよ。 原作改変っていうと、あまり良いイメージはないですが、 マギアレコードはかなり上手くやっていまして、僕の評価では、 完全にゲームを超えているんですよ。 で、それを象徴するのがアニメ1話。 1話は主人公であるいろはちゃんが神浜に行くまでの過程を描いていますが、 原作ではぱっと神浜に行って、やちよさんやももこ、みたまさんたちと合流するんですよ。 じゃあなんでそうしなかったのか? それは登場人物を絞るためでしょう。 というのも原作どおりにキャラをドンドン投入したらどうなるか? 6人もいれば初見だと混乱します しかし1話で登場した主要キャラは、いろは・黒江・やちよの3人。 めっちゃすっきりしますよね。 さらに2話で登場したのは、ももこ・レナ・かえでの3人で、 みたまさんは3話までお預けと、 段階的にキャラを追加しているのがよく分かります。 この原作改変のやり方が絶妙で、 原作勢の僕としては原作とアニメの違いを楽しめますし、 アニメ勢の方はアニメとして最適化された マギアレコードを楽しめるので、winwinですよね。 アニオリキャラの黒江について 1話に出てから久しく出番がないオリキャラの黒江さん。 最初はいろはの友達枠という線もあったんですけど、 4話でいろはが、「わたしには友達がいない」と明言していますから、 そんなにこの2人は親しくないでしょう。 ほらあれですよ、同級生の中にぼっちって数人いますよね? で、班決めの時とかは渋々ぼっち同士つるむけど、実際はみんな無言 実はそんなに仲良くないっていう、そういう微妙な距離間なんだと思います。 なら 結局こいつなんだったの?という声もありそうですけど、 おそらく黒江はいろはとは対象的なキャラ、非凡で英雄的な主人公とは真逆 俗物で流されやすい量産型として描かれるかと思います。 で、多分いろはの引き立て役になる、マギウスの翼を掘り下げる存在になるのかなあと予想。 後アニオリキャラなので煮る、焼く、潰す……なにやっても自由なので、そういう役割になるかなあ 黒江については別途考察動画を上げているので、概要欄をチェックしてみてください。 街に緑がやたらと多い理由 神浜市ではなく、いろはちゃんが住んでいる宝崎市。 一話の舞台となる街です。 高層マンションが多い割にやたらと緑が多くて、緑の街を盛大に皮肉っている風に感じますよね。 多分森や山を壊してそれが環境破壊とかで問題になってるけど、とりあえず木を植えとけばよいだろっていう人間のエゴと偽善、そして贖罪を表現している。 あのキャラたちの処遇とかがね 小さなQB マギアレコードの神浜市には、なぜかQBが入れず、代わりに小さなQBが登場します。 このQBはなぜかいろはとよく一緒にいて、いろはたちを手助け? したりもします。 ゲームではプレイヤー自身が操作できて、名前も自由に設定可能。 モキュと、鳴くため、ファンからはモキュという愛称? で親しまれています。 原作だと小さなQBの行動を選択肢で決められるのですが、ストーリーに全く影響を及ぼさない 意味のない選択肢しか出せない無能なんで、まあ そこらを飛んでいる蛾とでも思っていただければ 魔法少女の願い 1話ラストで、いろんな願いごとが映し出されたんですけど、これはマギアレコードにこれから登場する魔法少女の願い一覧でもあるんですよ。 だからアニメや原作を最後まで見た後に改めてチェックすれば、誰の願いかある程度はわかるかなあと思います。 続いて2話の考察です。 2話の考察 かえでの願いなど 2話に登場した秋野かえでちゃん。 彼女の願いって、アニメを見る限りでは家庭菜園を守りたいと思われがちですが、 実際はちょっと違って、正確には家庭菜園を守りたいから、マンションを消したい、なかったことにしたいというものなんですよ。 だから願いも、一時消去とすごい物騒というか、強力な能力なんですよ。 なぜか、本編ではまず使わないんですけど。 後かえでのセリフをよく聞いてみると、結構キツイことをいっていて、 「レナちゃん知らないの~?」って、事あるごとにマウント煽りしてくるんですよね。 とまあ結構な毒舌家なんで、かえでのせりふに注目して見るのもおすすめです 魔法少女の固有魔法 レナの固有魔法が変身能力と判明しましたけど、実はこの能力、どうも変身した魔法少女の戦い方までコピーできるっぽいんですよ。 ゲーム版ではももこに変身したレナが、ももこのように大剣で戦ったり、 かえでに変身した時は樹木を操作したりと まああくまでも戦い方を真似ているだけあって、固有魔法までコピーできるかは不明。 またレナはあの2人と仲が良いから、あそこまで精巧な変身ができるかもしれないですね。 この点は原作でも言及されていないため、詳細は不明です。 ちなみにレナ以外の固有魔法はというと、 いろは:治療 ももこ:激励 つるの:幸運 みたま:魔力の調整? かえで:一時消去 やちよさんはネタバレになるんで教えません。 こうしてみると、かえでの一時消去が気になりますよね。 固有魔法の設定は結構ふわっとしてるんで、実はそんなに重要じゃなかったりします。 銀髪の女の子の正体 レナが変身した女の子の中に、艦これの浜風みたいなキャラがいたじゃないですか。 こいつの正体は五十鈴れんというマギアレコード原作に登場する上位レズの子ですね。 本編にはほとんど関わってきませんが、ゲーム内での人気は高く、アルターからフィギュアも近々発売されますね。 あとあと、3話の初め、みたまさんにソウルジェムを弄られていた黒髪ロングの清楚そうな女の子が梢 麻友(こずえ まゆ) 3話の後半、レナの精神世界のような場所のテレビに映っていた、アイドルっぽい女の子は史乃 沙優希(ふみの さゆき)。 愛称は「さゆさゆ」という、レナが推しているアイドルであり、実は魔法少女でもあります。 他の話数でもちょいちょいゲームに出ている魔法少女が登場していますね~ 続いて3話の考察です 3話の考察 やちよさんとももこの関係 アニメ勢の方はピンとこないでしょうが、実はやちよさんとももこって、原作の序盤は結構仲が悪いんですよ。 とある事件がきっかけで……ここからは7話以降のネタバレになるので、この動画では解説しませんが…… しかしアニメだとそうは見えませんよね? マイルドに描写しているだけと思いますけど、もしかしてアニメではももことやちよさんのいざこざ自体がない という設定なのでは? つまりももこ・やちよ決別しないルートみたいな流れになっている? まどマギの続編なら暗い雰囲気のほうが良いだろって思うかもしれませんけど、 まどマギがここまで受け入れられたのって、ダークファンタジーだからだと僕は思うんですよ。 でも、女の子同士のギクシャクした関係って、ファンタジー感がないというか、現実でもよくある…… いうなればダークリアルじゃないですか? で、こういうダークリアルって、まどマギ好きな人にも不評そうだから改変したのかな? 絶交階段のウワサの正体 2、3話に出てくる絶交階段のウワサですけど、僕ね、これってもう1人のレナなんじゃないかと思うんですよ。 おまえは何を言っていると思うかもしれませんけど、このウワサとレナって似ていませんか? まず絶交階段の象徴である鎖と階段。 この2つってどちらも、何かを繋ぐ役割がありますよね。 鎖は引っ掛けたもの同士を、階段は上の階と下の階を 鎖というとネガティブなイメージが強いため、 繋がりを断つとも連想できますけど、階段って鎖と違って断ち切れるっていうイメージはありませんよね? それに鍵穴の形をした手下がいましたけど、鍵穴は心を閉ざしている、自分を隠していると読み取れる。 そして本体は鐘。 鐘の役割って自分の音を他者に伝える、ようは、私に気づいて、私はここにいると訴える象徴…… 誰かと繋がりたい。 けれど心を閉ざしている、私に気づいて…… ほら、やっぱりこのウワサって、レナとよく似ている……というかもうひとりのレナであり、レナを成長させるための舞台装置なんですよね。 第四話の解説 他にもいっぱい考察! 万々歳の味と評価 50点という微妙な評価の万々歳。 実際にどういう味なのかというと、かなり濃い目みたいで胃もたれする。 炒飯は艶がなくてまずそう。 五目ラーメンはスープの味が濃いだけで、野菜との調和性がとれてない などですね オーガニックや自然食とか意識高い系のOLみたいな食生活のいろはちゃんとしては、 かなりキツかったんじゃないですかね。 多分こっそり食べログとかで、万々歳のマイナスレビュー書いてますよ(適当) ポイントデーとやちよさんのキャラ 4話の後半で急にスーパーの特売が始まって、やちよさんが変なキャラになりましたよね。 初見の人には衝撃でしたが、やちよさんってマギレコのお笑い担当みたいな側面があるんですよ。 例えば制服を着たら、周りから似合わないの大合唱を喰らったり、年齢ネタでいじられたりと。 あとCoCo壱とコラボした回では、 なぜかやちよさんがやたらとCoCo壱に詳しいCoCo壱オタクにされたんですよね。 あと話が進むたびに小さな女の子を家に住まわせてレズ疑惑もかかるしで、一部のファンの間では完全におもしろキャラとなっているんですよね~ ラストのりんごの意味 4話のラストで、半分に切ったりんごが倒れたシーンがあったじゃないですか。 あれって現実と異界の境界線が崩れたとか、そんな感じの演出かと思ったんですけど、 縦半分に切ったりんごって、じょ、女性のアレを連想させると言われているんですよね。 つまりレズの世界、超絶濃厚なレズ空間が次回展開されるという、予告の意味だったんじゃないでしょうか。 ちなみに横に切ったりんごの断面は、五芒星を連想させる、つまり悪魔のシンボルという説もあるんですよ。 だから悪魔ほむらが出るときは、横に切ったりんごがどこかにありますよ。 (適当) 第五話の考察 やちよとみふゆの関係 突然出てきたんで、みふゆって誰?と思った方も多いと思いますが、 この人はやちよさんの元カノみたいな人ですね。 昔はやちよさんとチームを組んでいて、相棒的な立ち位置だったんですけど、 とある事件がきっかけで失踪します。 やちよさんが口寄せ神社のウワサに同行したのも、ウワサを調べていたのも、失踪したみふゆを探すためです。 ちらっと出てきた金髪ヤンキーは、雪野かなえという魔法少女で、やちよ・みふゆとチームを組んでいました。 風車は過去の象徴 4話から5話の初めまでは、ウワサの空間内にある風車が時計回りに回転していました。 しかしやちよさんが過去の象徴であるみふゆに誘惑されそうになった時に、風車が反時計回りに回転し始めました。 これはやちよさんが未来ではなく過去に流されている、過去に囚われ出した表現でしょう。 いろはの暴走 ウワサを一瞬で倒したいろはのアレですが、ドッペルと呼ばれています。 これについてはネタバレになりそうなんで、マギレコ7話以降の考察まとめ動画で投稿予定です。 ただ僕が気になったのが、いろはが暴走する時 もう1人のいろはとでもいうべき存在が現れたじゃないですか。 このもう1人のいろはって、5話だけでなく、実は7話でも描かれている。 暴走シーン以外にも変身シーンやOPでも描かれているんですよ。 つまりドッペルこそもう1人のいろはと解釈でき、アニメではドッペルの危険性とか代償を強く描きたい あと、 ・ドッペルは魔法少女の心の闇みたいなもの ・いろはがもうひとりの自分と1つになるシーンもある。 そういう自分の闇とか弱さであり、その象徴であるドッペルを受け入れるというのを、 アニメ版ではやりたいのかなあと予想。 あれ、原作にはないアニメオリジナルのシーンで、何が起こったのかは僕もわからないです。 まあ普通に考えると、あの3人が魔女と戦闘して、ももことレナが負傷。 追い詰められかえでが ドッペルを開放して魔女を倒すも、かえではその力に恐怖し逃走。 みたまさんは非戦闘要員だから戦闘には加わらず隠れていたと判断できますね。 おそらく原作7章に出てくるAさんBさんとかの、あの事件と関連づけたいのかなあと思います。 後は原作OPにあったももこがいろはにビンタするカット。 あれ完全にOP詐欺で、 原作には一切登場しないんですけど、ももこビンタをアニメでやりたいからその布石として、 かえでの暴走シーンを加えたのかなあと予想。 ただこれ、かえでがアニメ版のラスボス ワンチャンあるのではと僕は期待してますけどね 第6話の考察 フェリシアのキャラ マギアレコード6話で登場したフェリシアというキャラ、 みなさんどういう印象を持ちましたか? 実はこのフェリシア、原作ゲームに比べると結構マイルドに仕上がっているんですよ。 というのも原作フェリシアは凄まじいクソガキで、 あろうことかやちよさんのことをケチババアとか罵るんですよ。 まあアニメ版でもクソガキであることに変わりはないんですけど、それでもかなりマシになっているのは事実。 正直僕は原作のフェリシアはクソガキ過ぎてちょっと苦手だったんですけど、アニメ版は「はぁはぁ。。 良いですよね」 フクロウ幸運水について 6話のウワサであるフクロウ幸運水。 飲んだら24回幸運が訪れるけど、幸運を使い切ったら死が訪れるといううわさ。 まず24回というのは、1日は24時間が由来、後24という海外ドラマのパロディなのかな? で、なぜフクロウなのかというと、フクロウは元々死の象徴であり、同時に幸運の象徴でもあるんですよ。 なんでも、「不苦労(ふくろう)」だから、運が良いと言われています。 ちなみにフクロウといえば、知的だったり落ち着いているというイメージが強く、知恵の象徴でもあるんですけど、 そんなインテリな鳥がモチーフになっているウワサを倒すのが、知恵も理性もパッパラパーのフェリシアというのは、なかなかに皮肉がきいていますよね。 はい、以上マギアレコード1~6話の考察でした。 マギアレコードのアニメは、原作にはない要素などを追加したり、逆にカットしたりと、 こういう改変が絶妙で、原作をプレイした僕としては、1粒で2度美味しい作品と仕上がっています。 マギアレコード後編、7話以降の考察まとめは、アニメが全話放映され次第、 挙げようと思いますので、チャンネル登録などをして、そちらの方をお待ち下さい。 それでは、薔薇宮ソーナがお送りました。 バイバイ~.

次の

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝

マギア レコード 黒江

【アニメ新キャラクター発表!! 】 キャラクターボイスは さんです!! 声優は花澤香菜さんが務めるため、どんなキャラなのか期待している人も多いはずです。 公式のキャラクター紹介は以下になります。 宝崎市に住む魔法少女。 いろはと一緒に魔女と戦うこともあるが、定期的に情報交換をする程度の仲。 命がけで戦うことに恐れを抱き、魔法少女であることから救われたいと感じている。 とある噂をきっかけに、神浜市へと執着し始める。 引用元: この紹介から考察すると、主人公の環いろはとの接点はあるものの、そこまで深く関与しないキャラクターになるのではないかと思われます。 神浜市での噂について、小さいキュウべぇが大きく関与しています。 詳しくは、 ただ、実は原作のゲームに似たようなキャラクターが登場しており、そのキャラクターをアレンジしたものではないかとも言われています。 また、アニメイトタイムズで総監督。 マギウスの翼の構成員「黒羽根」の1人であり、複数人存在します。 期間限定イベント『アラカルトバレンタイン〜みんなの気持ちの届け方〜』の暁美ほむら編に登場しました。 黒羽根は身分を明かしたがらないため、「匿名希望」を自称しており。 顔なども明かしていません。 かつて見滝原市内の病院に入院しており、バレンタインに備えてその頃に病院の近くにあったお菓子屋さんを探しに来ていました。 そこで知り合いの婦長が魔女に襲われているのを見つけ、戦っている最中、たまたま近くに居たほむらに助けられます。 マギウスの翼の組織内では要注意人物扱いのほむらと当初こそお互いに警戒していたが、実は彼女もかつてこの病院に入院しており、バレンタインの為にそのお菓子屋を捜していました。 匿名希望とほむらはその他にもなんだか似ているところが多く、結局そのまま意気投合します。 別の店に一緒にチョコを選びに (黒羽根のフードを被ったまま)行く等、仲良くなるほどに。 しかしその後、ほむらに嫉妬する形で翳れがたまり、魔女となってしまい、悲しい結末を迎えるキャラクターになります。 見た目と雰囲気から、ゲームプレイヤーの中ではサブキャラであるものの、比較的人気が高かったと言われています。 設定面やいろはとの関係については、詳しく語られていませんが、黒いフードや、髪型、名前から「黒羽根」をフューチャーしたキャラクターとしてアニメ版で描かれるのが「黒江」であると考察します。 ゲーム版でのプレイヤーの反応を見て作り出されたキャラクターだと思われます。 まとめ 今回は、マギレコ・アニメの黒江の正体は何者なのか、原作「黒」との関係も考察していきました。 アニメオリジナルキャラであり、物語を補足するキャラ。 原作ゲーム「黒羽根」をフューチャーしているキャラ。 であると考察しました。 実は意外な正体だった!?という展開は原作の物語の構成を考えても、あり得ないかなと思います。 それでも、一人一人丁寧にキャラクターは作り込まれているため、魅力的なキャラであることは間違いないですね。

次の