排卵検査薬 ラッキーテスト。 【妊娠記録2】妊娠の兆候とラッキーテスト妊娠検査薬のおはなし(陽性見本あり)│めぐみんブログ

排卵検査薬のラッキーテストの口コミ!使い方や良いタイミングも

排卵検査薬 ラッキーテスト

排卵検査薬のラッキーテストの使い方や良いタイミング ラッキーテストはアメリカの排卵検査薬で、世界80カ国以上で販売されていて、かなりの売れ行きを誇る検査薬として有名です。 そして、アメリカの食品医薬品局から安全性、適格性を認証する「FDA」マークや、EU加盟国の基準を満たした製品につけられる「CE」マークも取得しているというので、使ってみたくなりますよね。 ちなみに、排卵検査薬は排卵日前に急増するLHサージ(黄体形成ホルモンの一過性の放出)を検知して判断するので、排卵検査薬の感度が高いほど陽性反応が続きやすく、逆に感度が低いと陰性反応が続くケースがあります。 その点、ラッキーテストは感度が高すぎず低すぎず、ちょうど中間あたりに位置している検査薬なので、疑陽性などが出てがっかりすることが少なくて済みますよね。 また、価格設定もお手頃で、10本で1,000円を切る安さなので、妊活中でたくさん排卵検査薬を使いたい方にとってはかなり嬉しいのではないでしょうか。 ラッキーテストの使い方は?検査のタイミングや判定の見方なども ラッキーテストを使用するべきタイミングは、ご自身の月経の周期を基本にして考えると良く、月経周期が27日の場合は月経開始日から10日後からラッキーテスト開始可能だそうです。 そして、月経が28日周期なのであれば検査は11日後から、29日周期の場合は12日後からといったように計算します。 つまり、ラッキーテスト開始可能日は、月経周期が短いほど始められる日が早くなり、月経周期が長いほど始められる日が遅くなるということになります。 そして、排卵日と思われる日の前後3日間の間に、2回ほど検査すると線の色の濃さなどで分かりやすく判定を見分けられるので、オススメです。 ただし、これはあくまで目安であって、このタイミングで必ず排卵が起きない可能性もあるので、鵜呑みにしないように注意しましょう。 そして、ラッキーテストには紙タイプとスティックタイプがあるので、それぞれの使い方を簡単にご紹介しますね。 そして、陽性の場合は次の画像のように反応が出ます。 排卵検査薬のラッキーテストの口コミは? それでは、実際にラッキーテストを使った方の口コミを見ていきましょう。 48時間以内、14~28時間以内と線の濃さが違って反応するので使いやすいです。 また、何時間以内に排卵すると分かればタイミングも取りやすいので、妊娠しやすくなりそうですよね。 長期戦覚悟でこちらの排卵検査薬を大量購入しましたが、タイミングの指導のおかげで一周期目でこのような結果になり、感謝しています。 基礎体温だけではわからなかったタイミング。 毎月生理がくるたびに、フライングのたびに落ち込んできた8ヶ月。 ようやくコウノトリが運んで来てくれました。 排卵日もその一つなので、ラッキーテストを試してみると良いですね。 ラッキーテストは感度も良いし使いやすかったです。 スポンサーリンク ラッキーテストで陽性反応が出たら?妊娠のタイミングはいつ? 排卵検査薬で陽性反応が出たら、その24~48時間後が排卵日となるので、陽性反応を確認してから1~2日以内に性交をすると良いとされています。 これは、卵巣が排卵準備に入ると、少しずつLHサージが上昇していくので、一番妊娠しやすいタイミングはLHサージが出始めてからだが排卵準備に入ったときなんですね。 その時、排卵検査薬は薄い陽性ラインの出現を認めることができるので、薄い陽性反応を見たら仲良しのタイミングを数日継続すると妊娠率が高くなります。 また、濃い陽性反応がでたときは、既に排卵している状況でもあるので、タイミングとしては少し遅いですね。 ちなみに、男の子が欲しい場合と、女の子が欲しい場合でもタイミングの取り方は変わってくるそうです。 そして、男の子がほしい場合は、排卵日当日にタイミングを取るのが良いので、排卵検査薬で陽性反応後1~2日の間にタイミングを取りましょう。 また、女の子がほしい場合は、排卵日2日前がいいそうです。 そのため、排卵検査薬でうっすら陽性反応が出たら仲良しのタイミングなんですね。 まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は、排卵検査薬のラッキーテストの口コミや使い方や良いタイミングについても詳しくお伝えしました。 ラッキーテストはアメリカの排卵検査薬で、世界80カ国以上で販売されており、「FDA」マークを取得しているので信頼度の高い検査薬なのでしたね。 そして、紙タイプとスティックタイプそれぞれの使い方をお伝えし、陽性反応の見方も画像でお伝えしたので参考にすると良く、検査のタイミングは生理周期を元に計算して、排卵日と思われる日の前後3日間に検査をすると良いのでした。 また、実際使った人もその使いやすさに評判が高くバッチリ妊娠できた方が多かったので、気になる方は追加でお伝えした陽性反応後の排卵のタイミングや男女の妊娠の分け方の工夫も参考にして、試してみてくださいね。 スポンサーリンク.

次の

ラッキーテスト検査薬通販 / 海外製排卵検査薬通販、排卵検査薬の使用方法を紹介!ラッキーテスト.JP

排卵検査薬 ラッキーテスト

Contents• 排卵検査薬ラッキーテストの使い方 まずはラッキーテストの使い方からです。 使い方と言っても特別な使い方はせず、日本の検査薬と同様、尿に一定時間浸せばOK。 ただ日本の検査薬と違って、ラッキーテストはかなり小さいんです。 比較画像になるか分かりませんが、こんな写真を用意してみました。 私の中指とほぼ一緒 笑 自分の中指を見てください。 これくらい小さくて尚且つ細いので、直接尿をかけるのは至難の業です。 そこでちょっとした小物を使います。 それは紙コップ! これは100均のもので十分です。 大きさはお好みでOK! トイレに行って、紙コップ尿を取り、検査薬を一定時間付けます。 排卵日少し前と排卵日直前とで頻度を変えています。 排卵日少し前 これは排卵予定日から約2~5日前を指します。 これくらいの期間から検査薬を使い始めるのですが、検査薬を使うタイミングは1日1回。 時間帯は、仕事から帰ってきてひと息つく 19~20時頃の間です。 この頃はまだ陰性で、線は出ますがかなり薄いです。 排卵日直前 これは排卵予定日から1~2日を指します。 ちょっとでも濃くなってきたら排卵日直前と考えて、この頃は 1日3回検査薬を使うようにしています。 ザックリ朝・昼・晩の3回を目安にしていますが、特に時間を決めず、測れる時に測るというやり方にしています。 時間をきっちり決めてするというよりも、ある程度間が空いたタイミングで検査薬を使うようにしています。 3回はかることで、だいたいいつ頃排卵しているのか分かるんですよ。 ラッキーテストは本当にコスパが良いので、惜しみなく使えるのでこのような使い方をすることができます。 使用後の検査薬の管理方法 私の場合ですが、検査薬は測り始めてから排卵が終わるまで、紙に貼り付けています。 こんな感じです。 妊活3周期目(化学流産) こうしておくと、いつ頃排卵があってどうタイミングをとればいいのか分かりますし、写メに撮っておけば、これまでの比較もできますのでとてもおすすめ。 尿に浸した直後は貼り付けられませんが、しばらく置いて乾いた頃に、テープのりやマスキングテープなどで貼っています。 検査をした日付と時間を書いておくことをおすすめしています。 ただラッキーテストは細いので、書くの大変 笑 最初赤い柄の部分に頑張って油性ペンで書いていたけど、柄で見えにくいしやめました。 素直に横に日付と時間とタイミングを書くようにしています。 タイミングの取り方 そしてタイミングの取り方ですが、とりあえず毎回 排卵予定日の3日前から戦闘態勢を整えるようにしています 笑 そして 検査薬が少しでも濃くなってきた頃からタイミングを取り始めるようにしています! そしてあとは、 とれるのであれば排卵検査薬が薄くなるまで毎日タイミングをとります。 これは旦那さんにとても頑張ってもらうところになりますね! そしてここからが重要なのですが、 排卵が終わった後もタイミングをとります。 私はこれまで2回妊娠していますが、どちらも排卵後にタイミングを持ったときだけ妊娠をしています。 これはただの偶然ではなく、きちんと医学的に証明されていることなんですよ! こちらの記事にも詳しくまとめていますので、ぜひ参考にしてください。 まとめ いかがでしたでしょうか。 完全自己流ではあるのですが、私がこれまで妊活をして見つけてきた自分の傾向です🙌 絶対これ! というやり方はないと思いますし、個人差もあると思いますので、参考程度に読んでいただけると嬉しいです。 ちなみに日本製のドゥーテストも試してみましたので、レビュー記事書いています。 ラッキーテスト同様、私個人的には使いやすかったです。 良かったら参考にしてください。

次の

世界中で好評!ラッキーテスト排卵検査薬の口コミ評判まとめ

排卵検査薬 ラッキーテスト

排卵検査薬とは? 名前の通り排卵日を特定するために使われる検査薬のことです。 排卵検査薬に尿を浸すor掛けるといった方法で簡単に検査することが出来ます。 排卵検査薬は、日本製と海外製がある 排卵検査薬は、日本製と海外製があり、日本製だとドラッグストアで簡単に購入することが出来ます。 ただ、お値段がお高めなので、1日に何本も使いたい方や排卵日が特定出来ておらず 生理不順などで 、長期間使わないと排卵日を特定できない人は、コスパの良い海外製を購入することをオススメします。 海外製の排卵検査薬は、ネットで購入することが出来ます。 ちなみに私は、CHOULUCKY ちょうらっきー というお店で購入しました。 なので、排卵日と思われる数日前から、排卵検査薬を使用していく必要があります。 排卵検査薬のラッキーテストを実際に使ってみた結果 私が今回、排卵検査薬を使い始めたタイミングですが、病院での卵胞チェックで卵胞の大きさが12mm程度まで育ったのと同時におりものが増えてきた段階で使い始めました。 実際の検査薬がこちらです。 多嚢胞性卵巣の私は、排卵日関係なく、1番上の検査薬のように偽陽性が出たままでした。 しかし、排卵日が近付くにつれて、テストラインの色が濃くなり、その後、薄くなっていきました。 排卵検査薬の予測の仕方 排卵2日前 pm11:30 の検査薬がテストラインとコントロールラインが同色でした。 なので、この時から、48時間以内に排卵する可能性があると、予測することが出来ます。 そして、実際に48時間以内の排卵当日 pm8:30 に排卵痛のような痛みを感じ、のびおりもピタッと止まりました。 翌日の基礎体温も上昇、産婦人科で排卵の確認も取れました。 その時の基礎体温のグラフがこちらです。 さいごに 多嚢胞性卵巣だと、確かに偽陽性は出ます。 しかし、排卵検査薬を続けることで強陽性を確認することができました。 日頃の偽陽性の色を把握しておくことで、強陽性が出た時、色の違いに気付けると思います。 あとは、基礎体温も一緒に測定することで、本当に排卵したのか、確認が取れるのでオススメします! 多嚢胞性卵巣でも排卵検査薬で排卵日を予測することができる場合もあるので、気になる方は使用してみてください!.

次の