食材 冷凍。 冷凍できる食材一覧

【業務用】冷凍野菜

食材 冷凍

ハンバーグ用に加工というのが未加熱を意味するのであれば、再凍結はかなり品質が低下すると考えていいと思います。 生の魚や精肉のように細胞内の水分が相当残っている食材は、冷凍のたびにその水分が凍結します。 ご存知の通り水が氷になると体積が増えますので、その際に細胞膜を破壊してしまい、これを解凍したり加熱したりする時に内部の水分が外に出てしまう(ドリップといいます)のです。 この水分は旨みも含んでいますので、残るは味の抜けた乾燥した組織だけ、ということになります。 なおこれとは別に、牛肉は筋肉中の血液組織の関係で、冷凍保管中に急激に黒変がすすむことが知られています。 業務用冷凍庫だとこれはあまり起こらないのですが、家庭用冷凍庫だと中々防げません。 ハンバーグの形にした後に焼いてやれば、いずれの現象もかなり防ぐことができます。 A ベストアンサー No. 1です。 子育てでお忙しいところに長い説明ですみませんがお暇な時に読んでみてください。 wikipedia. そのようなタフな生存力を持つ種類の微生物は、その体を構成するタンパク質や細胞膜が特殊な成分や構造からできていたり、一時的に芽胞を形成して生き延びたりと、過酷な環境中で生存するための戦略を持っています。 再冷凍した場合、冷凍庫の開け閉めなどによって温度が一時的に上がった時などに、休眠していた微生物が目を覚まして一気に増殖したり食中毒を起こす毒素を作ったりする可能性があります。 細菌性食中毒の起こり方細菌の種類によって違いますが、 1 大増殖した微生物の感染、 2 微生物が作った毒素、 3 両方、などが原因です。 一度解凍した後は再冷凍せずにできるらけすぐに加熱調理してすぐ食べてしまったほうが、このような微生物の活動を防ぐことができるため安全です。 十分な加熱により大部分の種類の微生物を殺すことができるだけでなく、熱に弱い構造の毒素を破壊することができます(黄色ブドウ球菌などの毒素は加熱しても壊れない構造です。 だから加熱により細菌が死んでしまった後でも食品中に毒素が残っているため食中毒が起こります。 怖いですね;;)。 これから夏になるので食中毒を予防するために十分気を付けてくださいね。 wikipedia. 解凍と再冷凍の繰り返しによりウェルシュ菌が増えやすいようですね。 ) 赤ちゃんの子育て頑張ってくださいネ! No. 1です。 子育てでお忙しいところに長い説明ですみませんがお暇な時に読んでみてください。 wikipedia. そのようなタフな生存力を持つ種類の微生物は、その体を構成するタンパク質や細胞膜が特殊な成分や構造からできていたり、一時的に芽胞を形成して生き延びたりと、過酷な環境中で生存するための戦略を持っています... A ベストアンサー 冷凍食品を解凍して再冷凍保存すると、細菌(食中毒菌など)が増殖する可能性があります。 これは、生モノを生モノのまま(例えば魚を解凍してもう一度魚のまま冷凍する場合など)冷凍した場合、特にそういった危険があるようです。 また、魚の味もすごく悪くなります。 半解凍でしたら、ぎりぎりセーフって感じでしょうか? 魚は洗わず、キッチンペーパーでよく水分を拭き取り、空気が入らないようにぴっちりラップに包んで、ジップロックに入れて冷凍し、なるべく早めに食べたほうがいいと思います。 冷凍保存したいのであれば、なるべく解凍されていない状態のものを購入されたほうがいいと思いますよ。 A ベストアンサー 加熱した後に再冷凍するのであれば、食感が大きく損なわれることはないと思います。 冷凍食品、特に生鮮品の品質を落とす原因の最大のものは細胞内の水分が凍ることです。 業務用の冷凍庫はこの温度帯をできるだけ早く通過するように一気に凍結をかけますが、家庭用冷凍庫だとさすがにそんなに強力ではないので、この温度帯をゆっくり通過しているうちに細胞内の水分が氷のかたまりになり、これが細胞壁を破壊して食感や味を大きく損ないます。 と、なんだか大げさな話になりますが、ご家庭で加熱調理をした後であれば細胞内の水分はずいぶん飛んでいるはずですので、こうした現象は起こりにくくなります。 ご指定の野菜はいずれももともとそんなに水分の多いものではないので、ひどく食感が損なわれることはないと思いますよ。 Q いつもお世話になっております。 もうすぐ1歳6ヶ月の息子の母親です。 タイトル通りなのですが、市販のコンソメや鶏がらスープの素、だしの素はいつから使っても良いのでしょうか。 そういうのって育児書みたいなものに示されているのでしょうか。 我が家では現在は息子の食事には上記のものは一切使っていません。 大人用の食事には和風だしもだしをとったりせずだしの素を使ってしまっています。 使わないに越したことはないのでしょうが、結構大変なのでそろそろ使ってもいいのかな、でもまだかわいそうかな、といろいろ考えてしまいます。 育児書のようなものでそういう記述を見たことがある方、教えていただけますか。 または、「うちはこれくらいから使ってるよ。 」、「うちはこれくらいになるまでは使わないよ。 」というようなご意見をお聞かせいただけますでしょうか。 よろしくお願いいたします。 A ベストアンサー こんばんは! 離乳食のころを思い出してなつかしい気分になりました。 「だしの素」は、確かに塩分が多いので、赤ちゃんには使わないように! と育児書にはありますが、じゃあいつまで? と思いますよね。 私は、大人からの取り分け前は、ベビーフードのだしの素を使ってました。 ピジョンベビーフード 和風だし 明治ベビーフード 赤ちゃん村シリーズ コンソメ・和風だし 等です。 これなら、子供用だけ作るときには楽にできます。 大人用の取り分けは1歳過ぎから始めました。 そのときは、市販のだしの素を使った料理をベースに、 味噌汁ならちょっとお湯で薄めたり、 ミートソースなら野菜を煮込んでコンソメ入れる前に取り分けて、 うすーく味付けしたり、してました。 でも、せいぜい1歳3ヶ月ぐらいまででした。 アバウトなので。。。 あまりお役に立てないかもしれませんが、参考までにどうぞ。 A ベストアンサー 体に影響は出ませんよ 笑)でもね、美味しくないです。 どんな部位か分りませんが…料理して冷凍しましょう。 カレー等煮込み料理が一番簡単です。 野菜と一緒に煮込んで冷やして冷凍してください。 そして解凍してお好きな物にしたらいいと思います。 カレーでもシチューでもトマトを入れてスープでも美味しいですよ。 でもね…一つ問題が…ジャガイモです。 ジャガイモは、冷凍向きでない野菜です。 時にがりがりになっちゃう事があります。 ならない時もあるのですが…) 小さめに切れば。 10分ふほどで煮えますの最後の味付けと一緒にした方が無難です。 最悪時間が無ければ、表面を焼いてニンニクと一緒になべで煮込んでください。 そして冷凍!肉だけの再冷凍よりずっと美味しいですよ!.

次の

冷凍できる食材・できない食材|ちんとも|note

食材 冷凍

「節約彩りLIFE*大事に着るコーデ」というブログをやっている、ぽこりんママです。 節約しながらおいしい料理を作ることをモットーに、日々いろいろなメニューに挑戦してブログで紹介しています。 今は仕事をしながら二人の子どもを育てているんですが、仕事から帰って夕食を作るのって大変なんですよね。 でも、家族のためにおいしい料理を作りたいし……。 そんなふうに節約とか時短とかを考えているうちに、「食材を冷凍保存すればいいのでは!」と思い付きました。 自分でもアレコレ試行錯誤を重ねていますが、今回、「冷凍王子」として活躍されている西川剛史さんに、冷凍テクニックを教わるチャンスが! 早速お話を伺いました。 「どうして西川さんは冷凍王子と呼ばれているのだろう?」と気になったので聞いてみたところ、「いや、特に理由はないんですが(笑)」との答えが。 大学時代から食品について学び、卒業後は冷凍食品会社で商品開発に携わり、今は「冷凍生活アドバイザー」としてテレビや雑誌などでも活躍されていて、いつの間にか冷凍王子と呼ばれるようになったそうです。 西川さんは、冷凍のどんなところに魅力を感じているのでしょう? 「冷凍の魅力っていっぱいあるんです。 一つめは、食材をムダにすることなく、食べたい時に食べられることですね。 二つめは、調理の時短に繋がることです。 食材をカットしたり下味を付けたりして冷凍すれば、解凍後の調理時間が短くて済みます。 また、野菜の多くは冷凍すると繊維が崩れやすくなるので、火の通りが早くなって時短に繋がるんです。 例えば、煮えるのに時間がかかる大根も、冷凍したものを使えば早く柔らかくなりますよ」(西川剛史さん) まさに節約と時短に繋がるのが、冷凍の大きな魅力なんですね。 主婦にとってはうれしい限りです。 「他にも魅力はあります。 きのこや貝類などは、冷凍することで、なんと、うまみ成分がアップします。 また、素材によっては、一度冷凍したものを解凍することで、違った食感が楽しめるものもあります。 例えば、豆腐は弾力が出ますし、卵の黄身は独特のトロリ感が出ます。 長芋はネバネバがフワフワになりますし……。 ぜひ試してみてください」(西川剛史さん) あっ、私も一度冷凍した豆腐を使ってハンバーグを作ったりしています。 他にもいろいろな食材で試してみると、違った食感が楽しめそう!それに、冷凍するとうまみがアップする食材もあるなんて驚きです。 食材の冷凍って奥が深いんですね! 私が知らない冷凍の魅力をたくさん知っている西川さん。 早速、食材の冷凍について、いろいろなテクニックを教えてもらいました。 冷凍の基本ルール ルール1:鮮度のよい状態で冷凍する 「食材をおいしく冷凍するための、一番大事なルールです。 冷蔵庫で食材が傷みそうになってから冷凍しようとする方が多いですが、それはNG。 特に生鮮品は時間とともに味がどんどん落ちていくので、買ってきた日もしくはその翌日に使わない食材は、できるだけ早めに冷凍しましょう」 ルール2:空気に触れないようにする 「冷凍室は非常に乾燥しているので、裸のまま食材を入れると水分がどんどん抜け、乾いて味が落ちてしまいます。 食材はラップでしっかり包むかジッパー付きの保存袋に入れ、空気をきちんと抜いて冷凍室へ入れましょう。 ベストはラップ+保存袋です。 スーパーで買ってきたトレー入りの肉や魚をそのまま冷凍室へ入れる方が多いですが、これは避けてください。 蒸発した肉の水分が凍り、霜となって食材に付着して、解凍時に解けて水っぽくなってしまいます」 ルール3:薄く平らにして冷凍する 「食材はできるだけ早く凍結させることが大事です。 そのためには、食材をできるだけ薄く広げて冷凍しましょう。 そうすることで均一に凍結できて、解凍時間の短縮にもなります。 食材の厚みが均一でないと、冷凍&解凍ムラが出てしまいます」 肉の冷凍テクニック 「解凍後の用途が決まっていない場合の冷凍方法と、用途が決まっていて下味を付けておく場合の冷凍方法をご紹介します。 牛豚鶏肉いずれにも活用できる冷凍方法ですが、ひき肉は例外です。 ひき肉は酸化しやすく、冷凍にはあまり向きません。 もしも生のまま冷凍する場合は、しっかり密封することに、特に気を配ってください。 できればハンバーグなど、タネの状態にして冷凍しましょう」 そのまま冷凍 「一回で使い切れる量に小分けして、ラップでぴったり包み、ジッパー付きの保存袋に入れて冷凍します。 冷凍前に塩を振って少し置き、出てきた水分をペーパータオルで拭き取ってから冷凍すると、肉が締まって食感がアップしますよ」 下味を付けて冷凍 「あらかじめ味を付けて冷凍すると、調味液で肉の表面がコーティングされて乾燥を防ぐことができますし、調理時間の短縮にも繋がります。 なお、糖分には保水作用があるので、みりんや砂糖、はちみつなどを調味液に加えると、調理した時に肉がパサつかず、しっとり仕上がります」 魚介の冷凍テクニック 「魚介は身が柔らかく、凍らせると味や食感が落ちやすい食材です。 素材によって冷凍方法を使い分け、おいしさを保ちましょう。 切り身魚については、ここで紹介する冷凍方法の他に、肉と同じく下味を付けて冷凍する方法もおすすめです」 水に浸す「グレージング冷凍」……(適している魚介)一尾魚、貝類、殻付きのえび 「冷凍可能な保存容器に食材を入れ、食材がかぶる量の真水を加えて冷凍します。 水に浸した冷凍方法は、食材が空気に触れず、酸化を防ぐことができます。 一尾魚は内臓を取らず、そのまま水に浸けましょう」 軽く塩を振って冷凍……(適している魚介)切り身魚 「塩を振り、出てきた水分をペーパータオルで拭き取ってから冷凍します。 このひと手間で身が締まり、解凍時にうまみ成分の流出を少なく抑えられます」 そのまま冷凍……(適している魚介)たこ、いか 「食べやすい大きさに切り、ジッパー付きの保存袋に入れて冷凍しましょう」 野菜の冷凍テクニック 「それぞれの野菜の味や食感が生かせる方法を3つご紹介します。 そのままでは冷凍しにくいものも、下茹でしたり下味を付けたりすると上手く冷凍できます」 そのまま冷凍 「トマト、きのこ、玉ねぎ、ピーマン、キャベツ、ねぎ、しょうがなどに向いています。 使いやすくカットしてから冷凍すると、調理の時にラクです」 下茹でしてから冷凍 「ほうれん草やブロッコリーなどの緑色野菜は、生のまま冷凍すると食感が悪くなり、色も黒ずんでしまいがちなので、さっと塩ゆでして冷凍しましょう。 里芋、かぼちゃ、大根も、下茹でした方が食感が損なわれません」 下味を付けて冷凍 「きゅうりやにんじんは、そのまま冷凍すると食感が悪くなります。 きゅうりは塩もみし、にんじんは下味を付けて冷凍しましょう」 果物の冷凍テクニック 「凍らせた果物は、解凍時に水分が抜けやすく、生のときのような食感には戻りません。 そこで、いっそ凍ったまま、生とは違うシャーベットのような食感を楽しんでみましょう。 ヨーグルトのトッピングなどにも、もってこいです」 冷凍の基本ルールやいろいろな食材の冷凍テクニックを教わり、自分の中で冷凍の知識がどんどん増えていくことを実感。 ちなみに「冷凍した食材はどれくらい持つのですか?」と聞いてみたところ、「家庭の冷凍室で保存したものは、1ヵ月を目安に食べ切りましょう」との答えが。 また、冷凍室の扉を頻繁に開け閉めすると温度変化が激しくなり、食材が傷みやすくなるそうです。 気を付けないといけないですね。 さて、「おいしく冷凍したら、おいしく解凍したい!」ということで、解凍のテクニックも教えてもらいました。 おすすめの解凍テクニック 「食材の解凍方法にはいろいろありますが、できるだけ避けたいのが電子レンジでの解凍です。 電子レンジでは、食材を均一に解凍するのが難しく、ムラが出てしまいます。 そこで、私が特におすすめする解凍方法は次の2つです」 肉や魚は氷水解凍 「大きめのボールにたっぷりの氷と水を入れて、冷凍した食材を保存袋に入れたまま沈めます。 低い温度で早く解凍できるので、うまみ成分の流出を少なく抑えられます」 野菜は加熱解凍 「凍った野菜はそのまま調理に使い、高めの温度でさっと加熱すると水っぽくなりません。 ただし、冷凍前に下茹でしたものは、加熱を控えめにしましょう」 材料(2人分)• あさり……300g• スパゲッティ……200g• にんにくのみじん切り……大さじ1• 赤唐辛子の小口切り(種を除いたもの)……1本分• 白ワイン……大さじ4• オリーブオイル……大さじ2 あさりの冷凍方法 あさり(殻付き・砂抜きしたもの)は、殻を擦り合わせるようにしてよく洗う。 保存容器(冷凍可能なもの)に入れ、あさりがひたひたになるくらいの水を入れてふたをし、冷凍室でしっかり凍らせる。 作り方• 1:フライパンに、あさりを凍った状態で乗せる。 白ワインをかけ、ふたをして強火で加熱する。 時々ふたを開けて殻が開いているか見て、すべての殻が開いたらふたを取る。 にんにく、赤唐辛子、オリーブオイルを加えて煮詰める。 2:スパゲッティを袋の表示通りに茹でる。 「1」に加えて炒め合わせ、塩、こしょう各少々を加えて味を調え、器に盛る。 好みでパセリを添える。 コメント あさりの冷凍って、これまで考えたこともありませんでしたが、とても簡単にできるんですね。 実際に作ってみたところ、あさりは冷凍したとは思えないほどジューシー!うまみがキープされていて、本格的な味わいでした。 材料(2人分)• きのこ(好みのもの)……200g• バター……10g• しょうゆ……大さじ1• 一味唐辛子……適量 きのこの冷凍方法 きのこは石づきを取り、使いやすい大きさにしてざっくりと混ぜ合わせる。 ジッパー付きの保存袋に平らになるように入れて、空気を抜いて口を閉じ、冷凍室で凍らせる。 作り方 フライパンにバターを熱し、きのこを凍ったまま入れて炒める。 火が通ったらしょうゆを加えて、塩、こしょう各適宜で味を調え、一味唐辛子を振る。 コメント 冷凍きのこミックスって、いろいろな料理に重宝しそう!今回は、私のオリジナルレシピでおつまみを作ってみました。 教えてもらったように、冷凍することできのこのうまみがアップしたみたい!?「いつもよりおいしい!」って、夫にも喜ばれました。 材料(作りやすい分量)• にんじん(大)……1本(200g)• ツナ(缶詰・70g)……1缶• レモン汁……大さじ2• オリーブオイル……大さじ3 にんじんの冷凍方法 にんじんは皮をむき、6㎝長さの細切りにする。 ボールに入れて塩小さじ1を振ってもみ、なじませる。 オリーブオイルとレモン汁を加えてよく混ぜる。 ジッパー付きの保存袋に入れ、空気を抜いて口を閉じる。 平らにして冷凍室で凍らせる。 作り方 にんじんは保存袋に入れたまま流水解凍する。 袋から取り出してボールに入れ、缶汁をきったツナを加えてあえる。 器に盛り、好みでパセリのみじん切りを散らす。 コメント にんじんの上手な冷凍術を生かした、西川さんのキャロットラペのレシピ。 今回は子どもの好きなツナを足してみました。 オリーブオイルとレモン汁であえてから冷凍したにんじんは、切りたてのようなシャキシャキ感!味もしっかりなじんでいて家族に大好評でした。 冷凍室に常備しておけば、さっと一品プラスできますね。 材料(2人分)• りんご……1個• バター……10g• 砂糖……大さじ2• レモン汁……小さじ1 りんごの冷凍方法 りんごはよく洗い、8等分のくし形に切り、芯を取る。 それぞれをラップで包み、ジッパー付きの保存袋に入れて、空気を抜いて口を閉じる。 冷凍室で凍らせる。 作り方• 1:ソースを作る。 フライパンにバターを入れて中火にかけ、バターが溶けたら砂糖を加えて混ぜる。 砂糖が茶色くなったら、水小さじ1を加えてざっと混ぜる。 2:「1」のフライパンに、りんごを凍ったまま並べる。 りんごから出てくる水気をソースと混ぜ合わせながら加熱し、ソースがとろっとしたら火を止める。 ソースにレモン汁を加えて混ぜ、りんごにからめる。 りんごをバットに取り出して冷ます。 3:冷凍パイシートを半解凍し、細長い三角形に8等分に切り分ける。 麺棒で軽く伸ばして、「2」のりんごを底辺の方に乗せ、くるくると巻く。 4:オーブンシートを敷いた天板に並べ、表面に薄く卵黄(分量外)を塗る。 オーブントースターに入れ、生地の表面に焼き色が付くまで12~15分焼く。 コメント 西川さんの焼きりんごレシピを実践。 「冷凍りんごは繊維が崩れやすく、火にかけると短時間で柔らかくなる」という言葉通り、火の通りが早かったです。 できた焼きりんごを、私流にアップルパイにしてみました。 わが家のおやつの定番になりそうです!.

次の

冷凍できる食材・向かない食材

食材 冷凍

水分量が多い食材。 基本的に水分量が多い食材は冷凍保存に向いていません。 冷凍すると中の水分が凍り組織を壊します。 解凍したときには壊れた組織、つまり水分が出てベチャベチャになってしまい食感が悪くなってしまうからです。 特に野菜系は冷凍保存に向いていない食材が多く代表的なのが 【レタス・キャベツ・キュウリ・大根・じゃがいも】などが冷凍に不向きです。 ただ下調理すれば冷凍保存可能になる野菜もあるんですね。 大根はそのままだと水っぽくなってしまうので下調理してから冷凍保存します。 短冊切りやイチョウ切りにして電子レンジで加熱するか下茹でしてから冷凍保存。 じゃがいもはマッシュにしたら冷凍可能。 茹でたりするだけじゃダメでマッシュ状、フォークなどで潰してから冷凍保存する必要があります。 キャベツやキュウリは食感が悪くなりシャキッと感が無くなるものの、おひたしや和え物など食感があまり重要ではない料理に使うことはできます。 レタスは1番冷凍保存に向いていません。 (おそらく・・・).

次の