ラウ エン シュタイン。 [股関節レントゲン撮影]ラウエンシュタインと軸位の違いは?ポジショニングのコツや解剖も含めて!

THA(人工股関節全置換術)の作図,術前計画のポイント

ラウ エン シュタイン

放射線技師の武田です。 Pincer type impingement ・寛骨臼側に起因する。 ・大腿骨頚部とのインピンジメントにより関節唇が損傷され、やがて寛骨臼側の軟骨損傷をきたす。 b 中. Cam type impingement ・大腿骨側に起因する。 ・寛骨臼縁の関節唇-関節軟骨移行部に負荷を加えて軟骨剥離などをきたして関節軟骨が損傷される。 c 右. Mixed type impingement ・上記の Pincer typeとCam typeを合併したタイプである。 両足をハの字にして第1趾を付ける ・恥骨結合上縁の上方3cmの点に垂直入射する。 ・腸骨翼・閉鎖孔の大きさに左右差をなくすため、両側の上前腸骨棘を結ぶ線がフィルムと平行になるようにポジショニングする。 ・恥骨結合ー検側上前腸骨棘の中点に垂直入射する。 図9 Posterior wall sign 股関節正面像において寛骨臼後壁の外側壁が骨頭中心よりも内側にある所見であり、寛骨臼の後捻を示唆する。 〇 Cam typeに特徴的な骨形態 図10 Pistol grip deformity (ピストルグリップ変形) 骨頭頚部移行部のくびれが消失・平坦化し、大腿骨外側への骨膨隆を伴う変形である。 OS:Head-neck offset …骨頭前縁ー頚部前縁の距離を表す。 14 が目安となる。 図12 Herniation pit 骨頭頚部移行部から頚部の前外側に生じる硬化像で囲まれた小円形の骨透亮像である。 【診断の目安】 上記の画像所見を満たし、臨床症状 股関節痛 を有する症例を臨床的にFAIと診断する。 自分が撮影する画像からどのように診断を行っているかを知り、今までより正確な画像を提供しようと強く感じました。 これから他の撮影法も見直し、気を引き締めて初心を忘れることなく、努力を重ねたいと思います。

次の

Hotels near 東エルツ山地・ラウエンシュタイン城博物館, Elze, ドイツ

ラウ エン シュタイン

某民間総合病院に勤めてます。 股関節撮影について皆様に伺いたいのですが、股関節撮影で側面像をとる場合、どういう方法で撮ってますか? 私どもの施設ではLauenstein法で撮ってたのですが、最近常勤の整形外科のDrが代わり、『この方法での写真は側面像ではないっ!!』と言われてしまいました。 Dr曰く軸射撮影での写真が側面像らしいです。 でも、画像としてはLauenstein法で撮った方が骨頭頸部もよく見えるから良いのでは?というのが私ども部署の意見です。 大腿骨骨幹部は側面になるけれど、頚部は完全に側面じゃないですからね。 股関節の頚部だけでみると正面撮影に対して、側面に撮るのは軸位のですよね。 私は軸位もラウエンシュタインも撮影しますが、どちらも頚部骨頭部ともに良好に観察できます。 るーぷさん> 軸写は頚部に対して水平に撮影する方法です(頚部が長く撮影する方法)ので、頚部は普通良好に観察できると思います。 生意気ですいません。 えっと、Drに聞いて欲しいのですが、私の推測ではいわゆる股関節がみたいのではないでしょうか?もちろん、頚部は頚部骨折がよくある症例でみたいところには変わりないですが、骨頭部、寛骨臼の関係も見たいんだと思います。 人工股関節全置換術でDrが見るところは、頚部、骨頭部、寛骨臼なので・・・ ちなみに私のラウエンシュタインは大腿外側をブッキーにつけて非検側下肢を蟹股で膝を立てて撮影します。 頚部の見え方は軸位より劣りますが、股関節は良好に写ります。 でも、どうしてもDrがそれで撮れ!っていったら仕方ないですよね。 どうもうまくいかないものですね。

次の

Top Hotels in Rauenstein from ¥6,562 (FREE cancellation on select hotels)

ラウ エン シュタイン

解 5 診療放射線技師の役割は、検査・撮影を行うことが中心になります。 CTやMRIでインジェクタを用いた造影検査では技師が注入ボタンを押すこともあると思いますが、透視検査やIVRは医師が造影剤を注入するべきです。 1.肩関節正面撮影時に整位を透視下で行った。 2.尿道造影検査時に造影剤を逆行性に投与した。 医師が行うべきです。 3.血管造影検査時に造影剤を血管内に投与した。 医師が行うべきです。 4.骨盤正面撮影時に卵巣防護の目的で鉛プロテクタを使用した。 5.頸椎側面撮影時に耳に付けているピアスを外すように指示した。 施設や担当する医師によって基準は異なると思います。 69 X 線撮影でコントラスト対雑音比〈CNR〉を向上させる方法で正しいのはどれか。 ただし、他の条件は一定とする。 1.照射野を広くする。 2.管電圧を低くする。 3.撮影距離を長くする。 4.管電流を小さくする。 5.撮影時間を短くする。 解 2 「ただし、他の条件は一定とする。 」が効いてきます。 1.照射野を広くする。 高齢者の腰椎側面を撮影する際などには、注意すると良いと思います。 2.管電圧を低くする。 縦隔陰影や心臓背側も観察できるように高管電圧で撮影します。 そのかわり、コントラストは低下します。 胸部撮影の場合、管電圧を下げて撮影すると、縦隔や心臓背側の陰影は確認できません。 真っ白になるイメージです。 つまり白と黒の差、コントラストは向上することになります。 3.撮影距離を長くする。 結果、ノイズが増加します。 4.管電流を小さくする。 、5.撮影時間を短くする。 結果、ノイズが増加します。 70 X 線撮影条件が75 kV、400 mA、0. 4 s、100 cm のとき、蛍光量が90 であった。 X 線撮影条件を75 kV、200 mA、0. 2 s、150 cm に変更したときの蛍光量はどれか。 1.10 2.15 3.20 4.30 5.45 解 1• 管電圧 変更なし• 71 体表基準と脊椎の位置との組合せで正しいのはどれか。 2.大体80 kV 程度の管電圧です。 胸部正面撮影は、120kV程度です。 3.吸気では、横隔膜が下がるため腹部領域の観察領域は狭くなります。 4.立位正面撮影では、 腹腔内遊離ガスを観察するため、横隔膜を確実に含みます。 5.腹腔内遊離ガスの観察には、立位、坐位、デクビが適しています。 73 X 線撮影法と観察部位の組合せで正しいのはどれか。 2 つ選べ。 一度整理しておいた方が、良いでしょう。 まずは頭部領域です。 私はタウン、ウォータース、シュラーしか撮影したことはありません。 タウン 頭部の後ろ側を観察するときに撮影されます。 両側錐体、大後頭孔、後頭骨など。 ウォータース 前頭骨や顔面骨を観察したい時に撮影されます。 眼窩、上顎洞、前頭洞など。 シュラー 顎関節脱臼の時に撮影することがあります。 本来は開口位、閉口位で撮影するそうです。 また側頭骨を観察する時に撮影されることもあるそうです。 コールドウェル 副鼻腔と思われます。 ステンバース 側頭骨や錐体など。 レーゼ 視神経孔の観察を目的としています。 次は整形外科関連です。 施設や医師によって、撮影方法が決まっていると思います。 ストライカー 肩関節• ウェストポイント 肩関節• スカプラY 肩関節• ラウエンシュタイン 股関節• ローレンツ 小児股関節• ローゼンバーグ 顆間窩• スカイライン 膝蓋大腿関節• アントンセン 距踵関節 私の職場に産科はありませんので、撮影したことありません。 グースマン 骨盤計測、立位側面像• マルチウス 骨盤計測 74 乳房C-C 方向撮影において正しいのはどれか。 1.乳房支持台の角度は45 度である。 2.管電圧は圧迫乳房厚に正比例する。 3.自動露出制御〈AEC〉は使用しない。 4.MLO 方向撮影より圧迫圧を弱くする。 5.外側上部はブラインドエリアになりやすい。 解 5 1.血漿より浸透圧が低い。 2.使用前にはヨードテストを実施する。 3.経口投与では大部分が尿中から排泄される。 大部分が血管内投与と思われます。 4.モノマー型製剤はダイマー型製剤よりも分子量が大きい。 詳細は、を参照してください。 76 心臓カテーテル検査で正しいのはどれか。 1.油性造影剤を使用する。 2.左室造影像から駆出率を評価できる。 3.右冠動脈造影では回旋枝が造影される。 4.大腿動脈から挿入したカテーテルは腹腔動脈を経て心臓へ到達する。 5.左冠動脈造影ではSwan-Ganz〈スワン・ガンツ〉カテーテルを使用する。 解 2 1.油性造影剤を使用する。 2.左室造影像から駆出率を評価できる。 3.右冠動脈造影では回旋枝が造影される。 4.大腿動脈から挿入したカテーテルは腹腔動脈を経て心臓へ到達する。 5.左冠動脈造影ではSwan-Ganz〈スワン・ガンツ〉カテーテルを使用する。 肺動脈の圧などを調査するためです。 77 IVR について疾患と手技の組合せで正しいはどれか。 エックス線透視や超音波像、CTを見ながら体内に細い管(カテーテルや針)を用いる治療法のことです。 手術を必要としないため、身体にあたえる負担が少なく、病気の場所だけを正確に治療でき、入院期間も短縮できるなど優れた特徴を持っています。 そんなIVRは、血管系と非血管系に分類されます。 何となく血管系のみをIVRというイメージもあると思います。 血管系IVR 動脈塞栓術、TACE、リザーバー留置術、静脈塞栓術、経皮的血管拡張術(PTA)、ステント留置術、ステントグラフト留置術、血栓溶解術、 血管内異物除去術、TIPS など• 非血管系IVR 生検、胆管ドレナージ、膿瘍穿刺ドレナージ、経皮的腎瘻造設術、 結石除去術、ステント留置術、胃瘻・腸瘻造設術、ラジオ波熱凝固術、経皮的椎体形成術 など.

次の