コロナ 対策 家賃 補助。 家賃支援給付金について【新型コロナウイルス経済対策による家賃補助】

コロナ対策!家賃3分の2を国が補助?対象、条件、上限額は?│HIBIKI FP OFFICE

コロナ 対策 家賃 補助

画像素材:PIXTA 政府は5月27日、2020年度第2次補正予算案を閣議決定。 今回の予算案には飲食店の家賃負担を軽減する「家賃支援給付金」も盛り込まれた。 これを待ち望んでいた飲食店経営者は多いのではないだろうか。 「家賃支援給付金」が6月下旬より受付開始 「家賃支援給付金」は、自粛要請による休業や短縮営業などの影響で売上が減少した事業者の地代・家賃を補助するものとして新設された。 給付対象は、2020年5月~12月でいずれか1か月の売上高が前年同月比で50%以上減少したか、連続する3か月の売上高が前年同期比で30%以上減少した事業者。 給付額は申請時の直近の支払家賃に基づき算出し、6か月分が給付される。 給付の上限額は、法人が月50万円、個人事業者が月25万円。 複数店舗を保有する場合には、特例措置として法人が最大月100万円(最大6か月で600万円)、個人事業者が最大月50万円(6か月で300万円)まで上限額が引き上げられる。 なお、6月下旬から受付が開始される予定で、給付金が支払われるのは7月以降になる見通し。 原則オンライン申請となるという。 詳しくは、を参照。 画像素材:PIXTA 「雇用調整助成金」は上限額が引き上げられる予定 経営上の理由により事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、やむを得ず雇用を維持したまま従業員を休ませることになった場合に、休業手当の一部を助成する「雇用調整助成金」。 売上高または生産量などの事業活動を示す指標について、1か月5%以上減少しているなどが受給の要件で、雇用保険被保険者でない労働者の休業も助成金の対象。 助成金の上限額は、現状1人あたり1日8330円だが、6月上旬に第2次補正予算案が国会で成立すれば、1万5000円に引き上げられる。 同制度は以前より手続きの煩雑さが指摘されていたが、多くの事業主が助成金を受給しやすくなるようにと、現在は申請手続き・算定方法ともに簡略化されている。 詳しくは、を参照。 従業員自らが給付金を受け取れる新制度も 雇用保険の特例制度として、雇用調整助成金を申請しない中小企業に勤める従業員を対象に、月額賃金の8割程度(上限額は月33万円程度)を給付する制度も新設された。 従業員は企業から休業証明を受け取り、オンラインなどでハローワークに申請すれば、給付金を直接受け取ることができる。 すべて6月以降の実施にはなるが、飲食店経営の経費の中で特に大きな割合を占める家賃の補助が決まり、ホッと胸をなでおろした人も多いことだろう。 どの支援策も申し込みが殺到することが予想される。 差し戻しになることなくスムーズに給付金・助成金を受け取れるよう、すでに必要書類がわかっているものに関しては、あらかじめ準備しておきたい。 【お知らせ】 弊社シンクロ・フードでは新型コロナウイルスによる外食業界への影響を鑑み、飲食店の皆さまの店舗運営の一助となるべくキャンペーンの実施や様々な情報発信を行っております。 ・アルバイト求人(3か月掲載:通常料金59,400円)を無料でご掲載いただけます ・受付期間:2020年4月9日(木)~2020年6月30日(火) ・3月以降、求職者が急増中です。

次の

【家賃補助】最大600万円!家賃支援給付金(テナント賃料の補助制度)の申請手続きは?必要書類(賃貸借契約書等)は?いつから支給が始まる?【新型コロナ感染症】

コロナ 対策 家賃 補助

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた事業者に対する支援のうち、資金繰りについては「」や「制度融資(セーフティネット保証4号等)」があり、人件費についてはがありました。 各地方公共団体ごとで行っている「休業要請協力金(例:、)」もあったものの、「全てテナント賃料の支払いに消えてしまう」という悲痛の声が多く、日本政府における支援として「テナント賃料(家賃)補助」が望まれておりました。 今回、自民党からの提言は、このような声を拾うもので、事業者向けの支援策を充実される極めて大きな意義を持つ支援策となっています。 と「雇用調整助成金」に加え、 「特別家賃支援給付金」が加わることで、多くの事業者が事業を継続できるのではないかと期待しています。 売上が大幅に落ち込むなど特に厳しい状況にある中堅・中小企業者・小規模事業者・個人事業主のテナントに対し、に加え、無利子・無担保融資(例: )の元本返済にも活用できる給付金(=家賃支援給付金)を給付する家賃補助制度ですが、以下の通り「支給要件(給付対象者要件)」が定められております。 中堅企業、中小企業、小規模事業者、個人事業者等であって、 令和2年5月~12月において以下のいずれかに該当する者に、給付金を支給。 また、必須書類としては 「賃貸借契約書」になると思われます。 もし未整備の場合や、不備がありそうな場合は、制度開始前に前もって準備しておいても良いかもしれません。 また契約書とあわせ、支払いの事実がわかる書類等も必要になる可能性があります。 その他、家賃支援給付金に係る最新情報が入り次第、情報を更新して参ります。 「家賃支援給付金」の申請受付期間(期限)については、 本ブログ執筆現在の情報では、明らかにされておりませんが、国会での審議状況も踏まえ、以下になると推測しています。 野党からもスピード感のある審議に協力する意向が得られており、かつ4月中旬ごろから議論自体は始まっていたこともあるため、早期のスタートが期待されます。 なお、持続化給付金と同様、「受付から2週間」が標準的な振込みスケジュールとなりますが、(混雑等により)早くても3週間~1か月は見ておいた方が良いでしょう。 また情報が確定次第、更新して参ります。

次の

注目の助成金(55)第2次補正、新型コロナ対策補助金の最新情報

コロナ 対策 家賃 補助

世界的に猛威を振るう新型コロナウイルス。 日本でも感染者が増え、中小企業や小規模企業の経営にも大きな影響を与えています。 しかし、経営者としてはこうした予測不能な事態に負けず、強く迅速に対応することが必要です。 お金の面でいうと、売上が落ち込みそうなことが見えてしまっている場合、• 早めの融資等でキャッシュを補っておく• 災いが過ぎ去るまでのコスト削減を図る(人件費をどうするかも含む)• この際、現場やPR広告宣伝、販路拡大等の改善を図る(補助金も活用) というような経営対策が定石となります。 そこで、緊急記事として、これからの経営を考えるにあたり役立てることができるよう、国が打ち出している新型コロナウイルス対策の各種施策をまとめました。 変更が生じる可能性がありますので最新の情報を確認していただくようお願いいたします。 - 目次 -• 新型コロナ関連の融資制度 セーフティネット保証融資 4号 突発的事由(今回の新型コロナ含む)により経営の安定に支障を生じている中小企業者への資金供給の円滑化を図るため、信用保証協会が通常の保証限度額とは別枠で借入債務の100%を保証する制度です。 対象中小企業者: (イ)指定地域において1年間以上継続して事業を行っていること。 (ロ)災害の発生に起因して、当該災害の影響を受けた後、原則として最近1か月の売上高等が前年同月に比して20%以上減少しており、かつ、その後2か月を含む3か月間の売上高等が前年同期に比して20%以上減少することが見込まれること。 (売上高等の減少について、市区町村長の認定が必要) 内容(保証条件) 対象資金 経営安定資金 保証割合 100%保証 保証限度額 一般保証とは別枠で2億8,000万円 セーフティネット保証融資 5号 売上高等が減少している中小企業・小規模事業者の資金繰り支援措置として、信用保証協会が一般保証とは別枠で融資額の80%を保証する制度です。 新型コロナウイルス感染症により特に重大な影響が生じている宿泊業や飲食業など40業種が緊急的に追加指定されました。 内容(保証条件) 今回の新型コロナウイルス感染症による影響の重大性に鑑み、認定に当たっての基準について、新型コロナウイルス感染症の影響が顕在化している2月以降で、直近3ヶ月の売上高が算出可能となるまでの間は、直近1ヶ月の売上高等とその後の2ヶ月間の売上高等見込みを含む3ヶ月間の売上高等の減少でも可能とする時限的な運用緩和を行います。 対象資金 経営安定資金 保証割合 80%保証 保証限度額 一般保証とは別枠で2億8,000万円 日本政策公庫 新型コロナウイルス感染症特別貸付 利用資格• 新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、最近1カ月の売上高が前年又は前々年の同期と比較して、5%以上減少した方。 当初3年間の金利が基準金利からマイナス0. 9% 融資限度額 国民生活事業:6,000万円、中小企業事業:1億円 利下げ限度額 国民生活事業:3,000万円、中小企業事業:1億円 日本政策金融公庫 新型コロナウイルス感染症にかかる衛生環境激変特別貸付 利用資格 新型コロナウイルス感染症の発生により、一時的な業況悪化から資金繰りに支障を来しており、次のいずれにも該当する旅館業、飲食店営業及び喫茶店営業を営む方 (1)最近1ヵ月の売上高が前年または前々年の同期と比較して10%以上減少しており、かつ、今後も売上高の減少が見込まれること (2)中長期的に業況が回復し、発展することが見込まれること 使いみち 経営を安定させるために必要な運転資金 借入可能金額 別枠1,000万円(旅館業を営む方は、別枠3,000万円) 日本政策金融公庫 その他の各種融資 上記の融資に当てはまらない場合でも新型コロナウイルスの影響を受けた中小企業・小規模事業者等に対し、セーフティネット貸付の要件を緩和し、支援対象を今後の影響が懸念される事業者にまで拡大しています。 各種の融資制度活用や返済に関する相談に、迅速かつきめ細やかな対応をすることも発表されています。 本記事の著者、中野氏が執筆した「新型コロナ資金繰り対策」の本が発売されることになりました。 [] 新型コロナ関連の補助金制度 景気対策として今年度の補正予算で各種補助金制度の実施が予定されています。 詳細は3月ごろに発表される予定ですが、今回のコロナウイルスによりサプライチェーンの毀損や今後の事業継続性確保等に対応するための設備投資や販路開拓、IT導入による効率化などに取り組む事業者を優先的に支援されます。 対策として活用できそうな助成金について現時点での情報を記載します。 雇用調整助成金 新型コロナウイルス感染症への対応として、令和2年2月14日より雇用調整助成金について特例措置が講じられてきましたが、さらに特例措置の対象となる事業主の範囲が拡大されました。 休業等計画届の事後提出が可能 通常、助成対象となる休業等を行うにあたり、事前に計画届の提出が必要ですが、令和2年1月24日以降に初回の休業等がある計画届については、令和2年5月31日までに提出すれば、休業等の前に提出されたものとみなされます。 生産指標の確認対象期間を3か月から1か月に短縮 最近1か月の販売量、売上高等の事業活動を示す指標(生産指標)が、前年同期に比べ10%以上減少していれば、生産指標の要件を満たします。 最近3か月の雇用指標が対前年比で増加していても助成対象とします。 通常、雇用保険被保険者及び受け入れている派遣労働者の雇用量を示す雇用指標の最近3か月の平均値が、前年同期比で一定程度増加している場合は助成対象となりませんが、その要件が撤廃されます。 事業所設置後1年未満の事業主についても助成対象になります。 しかし、他方で新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、テレワーク導入や特別休暇の規定整備は急務です。 このため、既存のコースの要件を簡素化した上で、時間外労働等改善助成金に特例的なコースを新たに設け、速やかに特例コースの申請受付を開始しています。 大事なのは、出てきた制度の中で、有利な制度を見極めてクレバーに使いつつ、迅速に自社の業績や事業継続、社員の健康などをどのような適正配分で守るかを考えることでしょう。 特に体力のない中小、小規模事業者はそうした対策のスピードが事業を守るカギになります。 詳細については、各種融資制度、補助金制度、助成金制度に詳しいアドバイザーにご相談ください。 融資、補助金、助成金を最適な組み合わせで活用することで活路が見いだせるはずです。

次の