恋するうさぎちゃん 意味。 ちょいデブからのアプローチ

「うさぎ系女子」に共通する7つの特徴

恋するうさぎちゃん 意味

ここではフランス語で「うさぎ(兎)」を表す単語や「うさぎ」の種類を表すフレーズ、またフランス語で「うさぎ」を表す単語の「lapin(ラパン)」を使ったさまざまなフレーズについて紹介していきます。 フランスでは「うさぎ(兎)」は、さまざまな形で人々にとても愛されていています。 しかし、フランス人の「うさぎ」好きは、日本人が愛玩動物として、またぬいぐるみやグッズのキャラクターとして「うさぎ」を好むのとは少し違うということも知っておく必要があります。 フランスでは「うさぎ」をペットとして好むというのはもちろんですが、チョコレートやキャンディなどのモチーフとしてうさぎの形を使ったり、布地やタペストリーの模様として使ったりします。 そして、ここは日本ではほとんど馴染みがないところですが、フランスでは「うさぎ」は食材として好まれてもいます。 日本でもジビエ料理の1つとして提供しているレストランもありますが、フランスでは一般的なレストランでうさぎ肉を使った料理を食べることができますし、スーパーや精肉店で普通に手に入れることができ、一般的な家庭料理としてもよく食べています。 「うさぎ」はペットとしてかわいがるという文化が広く浸透している日本の私たちからすると、うさぎ肉の料理はすこし気が引けるかもしれません。 もし興味のある方がいたら、フランスを訪れたときにうさぎ料理を召し上がってみてはいかがでしょうか。 フランス語で「うさぎ(兎)」を表す単語とその読み方や発音、意味 ここではフランス語で「うさぎ(兎)」を表す単語や関連する単語について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。 うさぎ(兎) フランス語で lapin ラパン と lapine ラピーヌ という名詞の単語になり、特に飼育している「うさぎ」を表す単語として使われ、他に「うさぎの肉」「うさぎの毛皮」を表すときにも使われます。 ここでは動物の「うさぎ」を表す単語として、「lapin(ラパン)」と「lapine(ラピーヌ)」の意味の違いについて説明していきます。 【名詞 lapinの変化】• lapin(ラパン) 男性形 オスのうさぎを表す単語として使われます。 lapine(ラピーヌ) 女性形 メスのうさぎを表す単語として使われます。 男性形と女性形でスペルだけでなく発音も異なりますので、文章と会話で使うときに変化に注意しましょう。 【名詞 lapinsの変化と用法】• lapins(ラパン) 男性形 複数のうさぎの性別がすべてオスである、またはオスとメスが混ざっているときの形• lapines(ラピーヌ) 女性形 複数のうさぎの性別がすべてメスであるとわかっているときの形 男性形と女性形でスペル、発音ともに異なっておりますので、文章と会話両方で変化に注意して使いましょう。 また複数形として使うとき、「多くの」「何羽かの」という意味の冠詞「des(デ)」が付き、「des lapins(デ ラパン)」「des lapines(デ ラピーヌ)」となって使われることがあります。 また他に「野うさぎ」の肉という意味でも使われます。 飼いうさぎ フランス語で lapin domestique ラパン ドメスティック という表現になり、よりわかりやすく「飼いうさぎ」を表すフレーズになります。 「domestique(ドメスティック)」はここでは「飼い慣らされた」という意味の形容詞の単語になり、ここでは「飼い慣らされたうさぎ」という表現で使われています。 「garenne(ギャハレンヌ)」はここでは「アナウサギ」を表す男性名詞の単語となり、この単語だけでも「アナウサギ」を表現するときに使われます。 となります。 の単語になります。 「queue(ク)」はここでは「尻尾」「尾」という意味の女性名詞の単語になります。 「oreille(オレイユ)」はここでは「耳」という意味の女性名詞の単語になります。 「peluche(プリュッシュ)」はここでは「ぬいぐるみ」という意味の女性名詞の単語になり、ここでは「うさぎのぬいぐるみ」を表現するフレーズになります。 「cabane(キャバンヌ)」はここでは「小屋」「家畜小屋」という意味の女性名詞の単語になり、ここではうさぎを飼っている飼育小屋を意味するフレースとして使います。 「lune(リュンヌ)」は「月」という意味の女性名詞の単語になります。 ぼくちゃん、お嬢ちゃん フランス語で mon petit lapin モン プチィ ラパン という表現になり、小さな子供に対して親愛を込めた呼びかけのフレーズになります。 「mon(モン)」は「私の」という意味の所有を表す単語、「petit(プチィ)」は「小さい」「幼い」という意味の形容詞の単語になります。 「trotter(トロホッテェ)」は「すばやく動く」「活発に動く」という意味の動詞の単語、「comme(コォンム)」はここでは「〜のように」という例えを表す単語になります。 「coup(クゥ)」は「打つこと」「一撃」「殴ること」「衝撃」という意味の男性名詞の単語になります。 「poser un lapin(ポゥゼ ァン ラパン)」で「約束をすっぽかす」「待ちぼうけをくわせる」という意味の表現になります。 「ce soir(ス スォワ)」は「今晩」「今日の夜」という意味の表現になります。 ここではそのまま翻訳をすると「今日の夜、私に待ちぼうけを食わさないで!」という表現のフレーズになります。 フランスでは「うさぎ(兎)」はペットとしてとても愛されているのはもちろんのこと、チョコレートやキャンディ、お菓子をうさぎの形にしたり、布地やタペストリーの模様として、またぬいぐるみとして生活の中に溶け込んでいます。 そしてフランスでは「うさぎ」を食材としても好んでおり、一般的なレストランで食べることができるのはもちろんのこと、精肉店やスーパーでも「うさぎ肉」を買うことができるので、家庭料理としても食べています。 日本では「うさぎ」はペットとしてかわいがる愛玩動物、という認識が広く浸透しているので、日常的に食べるという習慣も認識もないので、「うさぎ」が好きな方は少しショックを受けるかもしれません。 もし「うさぎ料理」に興味がある方がいらしたら、フランスに旅行や出張、留学などで訪れたときに、ぜひ召し上がってみてください。

次の

うさぎ系女子の放っとけない可愛さのヒミツ!性格と恋の特徴

恋するうさぎちゃん 意味

金城が自転車部の部室へ行くと、そこには先客がいた。 同じ部員である荒北だったが、どうやら電話中らしい。 だが、荒北は金城の姿に気付くと、相手に断りを入れて電話を切った。 「すまん、電話中を邪魔する気はなかったんだが」 「アァ?いいんだヨ、別に。 大した用事じゃねェし」 そう言う荒北だが、金城に気を遣ったのは間違いないだろう。 それとも、金城には聞かれなくない話だったのかもしれない。 そんな金城の詮索を避けるかのように、荒北はいきなり金城へ話題を振ってきた。 「そういやお前、俊チャンと上手くいってんのォ?」 荒北へ今泉との関係を話した事はなかったが、勘の良い荒北は以前の今泉とのやり取りで二人の仲を察していたようだ。 この荒北の野生の勘は大したものだと判っていたが、改めて驚かされる。 だが、その前に引っ掛かった。 荒北の今泉への呼び方だ。 以前、荒北へ今泉を迎えに行かせた時も、既に親しげな言い方をしていたが、更にそのレベルが上がってるように思う。 自分の恋人を、自分以上に親しげに呼ぶ相手がいては正直面白くない。 まだ小野田や鳴子のように、今泉と親しい間柄の人間は判る。 同い年であの三人の仲が良い事は金城も知っていたし、それに関しては気分を害した事は一度もない。 寧ろあの三人の仲が良いのは、見ていて微笑ましくも感じたほどだ。 だが荒北とはそれ程、二人は知り合って間もない。 去年のインターハイで会ったぐらいで、後は先日金城が荒北に頼んで、今泉を迎えに行ってもらったぐらいだ。 それなのに、もう随分と仲が良いような呼び方。 だが荒北へそんな嫉妬心を向けるのはお門違いだろう。 気にしてないかのように、金城は呼び方については流した。 「まぁ、特に問題はないが……。 少々気になっている部分はある」 「俊チャンの事?」 「ああ、アイツは俺にいつも遠慮しがちな部分があると思ってな」 恋人同士という関係になったものの、今泉はどうも金城に遠慮している部分があるように感じていた。 元々素直な性格ではないが、現在遠距離恋愛のような状態になっているが、会いたいとはまず言わない。 我侭を言わないでくれるのはいいが、どうにも自分の感情を押し殺しているようにも感じる。 恋人相手にならもう少し甘えたり、多少の我侭を言って欲しいように思うが、それが全くないのが気がかりな部分だった。 「まぁ、先輩と後輩だからナァ」 「それは以前の話だ。 今は……」 「そうじゃネェヨ。 最初の刷り込みってのは結構大きいっての」 確かに今は恋人同士でも、それ以前は先輩と後輩と言う間柄。 最初に出来上がってしまった関係と言うのは、そうそう崩せるものではない。 特に運動部はそういった上下関係には厳しい所だ。 その上お互いに真面目な性格となれば、その関係を恋人同士になったからと簡単には崩せるものではないだろう。 「ってか、おまえ自身がそうなんじゃねェの?」 「俺が?」 「恋人以前にイイ先輩でいようって、イイ大人でいようって、おりこうぶってる」 荒北の言葉に、金城は言葉を詰まらせた。 確かにそうかもしれない。 自分は先輩で主将で、今泉より年上で。 尊敬の眼差しを受け続けて、より良い先輩で、より良い大人であろうとしている。 あえて意識した事はなかったが、確かにそうかもしれない。 図星を突かれて言葉を失った金城に、荒北は呆れたようにため息を吐いた。 「無自覚かヨ。 お前がそれじゃあ、俊チャンが素直になれる訳ねェっての」 「そうだな、ではこれからは俺も素直になろう」 「……へ?」 「……相談に乗ってもらった所悪いが、その今泉への呼び方は止めないか、荒北」 荒北が金城の言葉を飲み込むまで少々時間がかかった為、荒北は口をあんぐりと開けてしまっていた。 だが、意味を理解すると直ぐにふき出したように笑い出す。 「……荒北」 「ぶわっはっはっは!!いや、悪ィ。 お前でも嫉妬なんてするんだなァ、金城。 意外っつーか、意外と人間らしい所あるんじゃねぇの」 「随分な言い方だな」 暫く笑い転げている荒北に、複雑な表情をした金城が、黙々と部活への準備を始める。 そして先に行くぞ、と声を掛けると、そのまま部室を出て行った。 何とか笑いを収めながら、荒北はポケットに仕舞っていた携帯を取り出した。 「……少しは参考になったかナァ?恋するうさぎチャン?」 『…………誰がうさぎチャンですか……』 受話器越しに聞こえるのは、先程話題になっていた金城の恋人である後輩。 金城が部室に入る前に掛かっていた電話の相手だった。 実は荒北は電話を切る振りをして、切ってはいなかった。 お陰で今の二人の会話が今泉には丸聞こえだった。 今泉が荒北へ電話していたのだ。 年上の恋人を持つものとして、金城に近い位置にいる人へ相談を持ちかけていた。 素直でない可愛げのない自分を、金城はどう感じているのか。 正直、荒北へ相談などしたくはなかったが、こんな恋の悩みなど相談できる相手がいない。 小野田や鳴子とは仲が良くても、あまりこういった相談はしたくなかったから。 「まあ、お互い素直になれって事だナァ?つか、俺に電話してくんな、面倒臭ェ」 「俺だってアンタになんか相談したくないですよ。 でも今、金城さんに一番近いのアンタなんだから仕方ないじゃないですか」 「可愛くネェ」 「アドバイス通り、素直になってみました。 そのまんまの本音です」 相変わらずの減らず口を叩く相手に、荒北は苦虫を噛み潰したような顔になる。 この性格じゃあ確かに素直になれといっても難しいのかもしれない。 「今度来た時、ベブシ奢れよ、俊チャン」 「その呼び方止めてくれませんか?」 「イイのかヨ?こう呼んだ方が、金城の奴、またヤチモチ焼くと思うけどォ」 「……やっぱりそのままでいいです」 電話越しにも今泉が照れている様子が判って、荒北は鳥肌が立つのを感じた。 可愛い女の子ならともかく、自分より身長の高い百八十センチ台の男が頬を赤らめる姿はあまり想像したくない。 でもその相手が好きだと言うのだから、自分の相棒はなかなかに悪趣味だと思いつつ、荒北は苦笑いを浮かべながらその電話を切った。

次の

有村架純がお手本! うさぎ系女子が男性にモテる理由とは?

恋するうさぎちゃん 意味

ここではフランス語で「うさぎ(兎)」を表す単語や「うさぎ」の種類を表すフレーズ、またフランス語で「うさぎ」を表す単語の「lapin(ラパン)」を使ったさまざまなフレーズについて紹介していきます。 フランスでは「うさぎ(兎)」は、さまざまな形で人々にとても愛されていています。 しかし、フランス人の「うさぎ」好きは、日本人が愛玩動物として、またぬいぐるみやグッズのキャラクターとして「うさぎ」を好むのとは少し違うということも知っておく必要があります。 フランスでは「うさぎ」をペットとして好むというのはもちろんですが、チョコレートやキャンディなどのモチーフとしてうさぎの形を使ったり、布地やタペストリーの模様として使ったりします。 そして、ここは日本ではほとんど馴染みがないところですが、フランスでは「うさぎ」は食材として好まれてもいます。 日本でもジビエ料理の1つとして提供しているレストランもありますが、フランスでは一般的なレストランでうさぎ肉を使った料理を食べることができますし、スーパーや精肉店で普通に手に入れることができ、一般的な家庭料理としてもよく食べています。 「うさぎ」はペットとしてかわいがるという文化が広く浸透している日本の私たちからすると、うさぎ肉の料理はすこし気が引けるかもしれません。 もし興味のある方がいたら、フランスを訪れたときにうさぎ料理を召し上がってみてはいかがでしょうか。 フランス語で「うさぎ(兎)」を表す単語とその読み方や発音、意味 ここではフランス語で「うさぎ(兎)」を表す単語や関連する単語について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。 うさぎ(兎) フランス語で lapin ラパン と lapine ラピーヌ という名詞の単語になり、特に飼育している「うさぎ」を表す単語として使われ、他に「うさぎの肉」「うさぎの毛皮」を表すときにも使われます。 ここでは動物の「うさぎ」を表す単語として、「lapin(ラパン)」と「lapine(ラピーヌ)」の意味の違いについて説明していきます。 【名詞 lapinの変化】• lapin(ラパン) 男性形 オスのうさぎを表す単語として使われます。 lapine(ラピーヌ) 女性形 メスのうさぎを表す単語として使われます。 男性形と女性形でスペルだけでなく発音も異なりますので、文章と会話で使うときに変化に注意しましょう。 【名詞 lapinsの変化と用法】• lapins(ラパン) 男性形 複数のうさぎの性別がすべてオスである、またはオスとメスが混ざっているときの形• lapines(ラピーヌ) 女性形 複数のうさぎの性別がすべてメスであるとわかっているときの形 男性形と女性形でスペル、発音ともに異なっておりますので、文章と会話両方で変化に注意して使いましょう。 また複数形として使うとき、「多くの」「何羽かの」という意味の冠詞「des(デ)」が付き、「des lapins(デ ラパン)」「des lapines(デ ラピーヌ)」となって使われることがあります。 また他に「野うさぎ」の肉という意味でも使われます。 飼いうさぎ フランス語で lapin domestique ラパン ドメスティック という表現になり、よりわかりやすく「飼いうさぎ」を表すフレーズになります。 「domestique(ドメスティック)」はここでは「飼い慣らされた」という意味の形容詞の単語になり、ここでは「飼い慣らされたうさぎ」という表現で使われています。 「garenne(ギャハレンヌ)」はここでは「アナウサギ」を表す男性名詞の単語となり、この単語だけでも「アナウサギ」を表現するときに使われます。 となります。 の単語になります。 「queue(ク)」はここでは「尻尾」「尾」という意味の女性名詞の単語になります。 「oreille(オレイユ)」はここでは「耳」という意味の女性名詞の単語になります。 「peluche(プリュッシュ)」はここでは「ぬいぐるみ」という意味の女性名詞の単語になり、ここでは「うさぎのぬいぐるみ」を表現するフレーズになります。 「cabane(キャバンヌ)」はここでは「小屋」「家畜小屋」という意味の女性名詞の単語になり、ここではうさぎを飼っている飼育小屋を意味するフレースとして使います。 「lune(リュンヌ)」は「月」という意味の女性名詞の単語になります。 ぼくちゃん、お嬢ちゃん フランス語で mon petit lapin モン プチィ ラパン という表現になり、小さな子供に対して親愛を込めた呼びかけのフレーズになります。 「mon(モン)」は「私の」という意味の所有を表す単語、「petit(プチィ)」は「小さい」「幼い」という意味の形容詞の単語になります。 「trotter(トロホッテェ)」は「すばやく動く」「活発に動く」という意味の動詞の単語、「comme(コォンム)」はここでは「〜のように」という例えを表す単語になります。 「coup(クゥ)」は「打つこと」「一撃」「殴ること」「衝撃」という意味の男性名詞の単語になります。 「poser un lapin(ポゥゼ ァン ラパン)」で「約束をすっぽかす」「待ちぼうけをくわせる」という意味の表現になります。 「ce soir(ス スォワ)」は「今晩」「今日の夜」という意味の表現になります。 ここではそのまま翻訳をすると「今日の夜、私に待ちぼうけを食わさないで!」という表現のフレーズになります。 フランスでは「うさぎ(兎)」はペットとしてとても愛されているのはもちろんのこと、チョコレートやキャンディ、お菓子をうさぎの形にしたり、布地やタペストリーの模様として、またぬいぐるみとして生活の中に溶け込んでいます。 そしてフランスでは「うさぎ」を食材としても好んでおり、一般的なレストランで食べることができるのはもちろんのこと、精肉店やスーパーでも「うさぎ肉」を買うことができるので、家庭料理としても食べています。 日本では「うさぎ」はペットとしてかわいがる愛玩動物、という認識が広く浸透しているので、日常的に食べるという習慣も認識もないので、「うさぎ」が好きな方は少しショックを受けるかもしれません。 もし「うさぎ料理」に興味がある方がいらしたら、フランスに旅行や出張、留学などで訪れたときに、ぜひ召し上がってみてください。

次の