最新 fps。 win10怎么显示fps? win10自带fps显示不出来的解决办法_windows10_Windows系列_操作系统_脚本之家

fps游戏排行榜2018_fps游戏排行榜_fps游戏推荐

最新 fps

很多人都知道,Win10的XBOX Bar中有一项实时帧率(FPS)工具,然而当你想当然地打开游戏,调出XBOX Bar后,却发现帧率压根显示不出来。 那么这项功能到底该如何使用呢?下面我们就来看看详细的教程。 FPS无法显示 其实这项功能属于Win10的内置功能,无论兼容性还是准确性都很出色。 然而由于权限缘故,首次使用往往需要做一个简单的设置: 1. 接下来,重新启动电脑; 5. 包括监测指标、主题色、背板透明度等等都可以定义。 面板支持自定义 除了上面这种默认样式外,Xbox Bar还提供了其他几组外观。 同时你也可以点击快捷按钮,隐藏曲线图。 总之这是一项并不为人所知的功能,但使用体验真的很棒!感兴趣的小伙伴不妨试一试吧! 自带多种样式 以上就是win10自带fps显示不出来的解决办法,希望大家喜欢,请继续关注脚本之家。 相关推荐:.

次の

win10怎么显示fps? win10自带fps显示不出来的解决办法_windows10_Windows系列_操作系统_脚本之家

最新 fps

除了游戏名称无误之外,拳头还一并公布了游戏官网,以及一段长约3分钟的演示视频。 同时,还通过官推确认了游戏预定于今年夏天正式上线。 尽管在演示中可以看出《VALORANT》仍处于开发阶段,但毫无疑问游戏的核心玩法框架已经搭建完成。 从演示的内容来看,这款新作的背后,似乎还寄托了拳头在FPS领域的野心。 从整体来看,《VALORANT》反而更像是拳头在FPS领域的一次探索,就好比当时的《守望先锋》和《Apex英雄》一样,在摸索FPS玩法的更多可能性,乃至是整个品类的新出路。 二、做经典玩法的微创新,也可以有很大的想象空间 自去年拳头第一次对外公开Project A,也就是现在的《VALORANT》时,玩家群体的普遍讨论就包含这样一个观点——《VALORANT》是不是拳头的《守望先锋》? 毕竟在FPS多人对战中加入竞技场要素的思路,已经不能算是一个多么新颖的尝试。 在经典FPS对战地图机制(视频中展示的是5V5爆破模式)下,拳头更希望复刻经典FPS对战的核心乐趣。 极短的TTK(time to kill,指游戏中玩家使用枪械实现击杀的时间)、丰富多样的枪械选择、艰深的弹道惩罚,以及最核心的衡量标准——枪法。 三、拳头能在FPS领域再度突围吗? 实际上,拳头《Valorant》的设计思路在今天的游戏行业是广泛存在的,就是在既有的成功玩法设计下,优化玩法细节,并融合更多元素。 暴雪在《军团要塞2》的竞技场对抗中加入了更多的英雄定位和经典MOBA规则,让《守望先锋》更像是一款FPS逻辑下的MOBA游戏。 《APEX LEGENDS》在《PUBG》生存竞技玩法规则的基础上,优化出了一套极其好用的指引系统,调整了《PUBG》的接战节奏,加上一些MOBA元素和respawn对FPS游戏枪械设计的积累,使它成为2019年初的现象级游戏。 在我看来拳头对《Valorant》的选择极其合理。 如果《Valorant》倾向于《守望先锋》融合更多他们在《英雄联盟》中积累的MOBA游戏设计经验,《Valorant》作为FPS——一个先天门槛更高的游戏类型——能否成功尚不可知,即使成功也势必会对自家的《英雄联盟》造成影响。 而转向经典而传统的FPS多人对战,加入一些不那么喧宾夺主的竞技场要素,吸引FPS核心群体,以拳头闻名业界的勤勉更新和平衡性调整,《Valorant》的路子会走得更宽阔一些。

次の

【2020年最新】おすすめゲーミングヘッドセットまとめ FPSで敵の足音を絶対に聞き逃したくない人必見【PC・PS4対応】

最新 fps

「敵の足音に気付かずやられてしまった」「銃声の位置がわからず索敵が難しい」・・・ FPSあるあるですが、 全てはゲーミングヘッドセットのせいです イヤホンを使っているならイヤホンのせいです。 プロゲーマーが使うようなまともなゲーミングヘッドセットを使っていれば、敵の足音を聞き逃すなんてことはありえません。 プロは「足音」「銃声」「環境音」が鳴った位置まで完璧に捉えて敵の位置を把握します。 この記事ではまともなゲーミングヘッドセットを利用したことがないという方に向けて、『 ヘッドセットが必要な理由とおすすめのヘッドセット』を紹介していきます。 ・遮音性が高く音に集中しやすい ゲーミングヘッドセットは耳を覆って生活音を遮断して深く音に集中することができます。 ・専用ソフトで細かく音質設定ができる ゲーム内の空間認識をより正確にするために、「この音をはっきり聞きたい!」というとき、その音を強調したカスタマイズができます。 要するに、 ゲーミングヘッドセットは「音の正確さ」に特化しているんです。 ただ音を聞くだけなら1,000円のイヤホンでもスピーカーでもいいわけですが、FPSのような「正確な音」と「リアルタイムのボイスチャット」が重要なゲームだとゲーミングヘッドセットが必須です。 実際、多くのプロゲーマーがゲーミングヘッドセットを着用しています。 ゲーミングヘッドセットの選び方 一口にゲーミングヘッドセットと言っても、実はいくつか種類があります。 高い買い物ですから、まずは選び方を知り、自分にあったヘッドセットを探しましょう! 値段で選ぶ どうしてもはずせないポイントがヘッドセットの「値段」。 価格が高ければそれだけヘッドセットの性能も良くなります。 しかし、このオーディオ業界は上を見ればキリがありません。 良い物は高く、もっと良い物はもっと高い。 どこかで妥協する必要があります。 メーカーで選ぶ ゲーミングヘッドセットには人気ブランドがいくつかあります。 上級者が使う人気ブランドとその特徴を簡単に説明します。 ブランド 概要 ロジクール スイス ゲーミングマウスで有名ですが、ゲーミングヘッドセットでも一流です。 新製品の『G PRO X』はホームラン級の大当たりでした。 Razer アメリカ 独特のデザインや派手なコンセプトを掲げて「ゲーミングデバイス」のイメージを作り上げた会社の一つです。 SteelSeries アメリカ 最も売れているマウスパッド「QcKシリーズ」で有名です。 Kingston アメリカ 「HyperX」シリーズは数多くのプロゲーマーに愛されていることで有名です。 ゼンハイザー ドイツ 「音質」を求めるなら世界的な音響機器メーカーであるゼンハイザー一択です。 中国製激安ゲーミングヘッドセットに注意! ゲーミングデバイス業界ではゲーミングチェアをはじめとして中国製の激安メーカーが大流行りしていますが、ゲーミングヘッドセットも例外ではありません。 関連記事 Amazonの「」はこちらです。 人気ブランドと同じようなデザイン、同じようなうたい文句で、人気製品の五分の一以下の値段で激安ゲーミングヘッドセットが販売されています。 注意しなければならないのは、「激安ゲーミングヘッドセット」が対象とする「ゲーム」にはFPSやTPSは含まれていない、ということです。 激安ゲーミングヘッドセットはあくまで一人用のRPGなんかを楽しむためのものであって、FPSで勝つための製品ではありません。 ここを勘違いすると後に「期待したほどの音が聞こえなかった」なんて不満を抱いて安物買いの銭失いになってしまいます。 おすすめゲーミングヘッドセットランキング ヘッドセットにはたくさんの種類がありますが、幸いなことにFPSゲーマーにおすすめできるヘッドセットは限られています。 というわけで、「FPSで強くなれるかどうか」という視点で有名メーカーのヘッドセットをランキング形式でレビューしていきます。 上からおすすめ順に書いていきますが、何を求めるかで自分にあったヘッドセットは違うので、ぜひ全てチェックしてみてください。 注意ポイント• イヤーパッドの耐久性に難あり• ゼンハイザーは70年の歴史を誇るドイツの老舗オーディオメーカーであり、 「音質」は他のゲーミングヘッドセットと比べても頭一つ抜けていると感じました。 FPSでは最も重要である「定位感」も良く、1万円台のヘッドセットと比べると足音や銃声の音がかなり鮮明に聞き取れます。 ハイクラスなヘッドセットであるため「ヘッドバンドの調節機能」が充実しており、 頭のサイズにあったフィット感を得られます。 ただし、少し重めなヘッドセットなので人によっては長時間使用は疲れるかも…。 内蔵マイクについては、ヘッドセットのマイクとしては音質も良い方であり、マイクブームを上にあげることでミュートにできる機能も地味に便利。 「 『GSP600』は究極の密閉型ゲーミングヘッドセットです!」……と言って締めたいところですが気になるポイントも存在します。 それは、「 イヤーパッドの耐久性に難がある」ということです。 『GSP600』のイヤーパッドは耳周りへのフィット感が非常に良く気に入ってるのですが、毎日3~6時間ほどゲームで酷使し続けて9ヶ月目でイヤーパッドがボロボロになり新しいパッドと交換しました。 イヤーパッドの交換自体はかなり簡単なのですが、純正品のイヤーパッドの価格が高いため維持費にお金がかかります(目安としては1年に1回交換)。 中華製の価格が安いイヤーパッドも存在しますが、音質や定位感に影響を及ぼすため、パッドを交換する際は純正品をおすすめします。 注意ポイント• 頭が大きすぎる人には不向き• 『ロジクールG PRO X』の売りは何といっても圧倒的なマイク性能です。 同価格帯の他のヘッドセットから『ロジクールG PRO X』に変えただけで、ボイスチャット相手からすれば別人がしゃべっているように感じられるはずです。 もちろん『ロジクールG PRO X』の声のほうが生声に近いわけですが、この声はBLUE VO! CEのリアルタイム音声フィルター機能でチューニングできるので、ただ美しいだけでなくカスタマイズしまくって本当に別人の声になることもできちゃいます。 マイクメーカーBlue Microphonesを買収して 弱点だったはずのマイクを最大の長所に変えたロジクールのヘッドセットに敵はありません。 ただし、欠点がないわけではありません。 1年以上このヘッドセットを使用した筆者としては文句の付け所のない素晴らしい製品だと感じていたのですが、ネット上には「 G PRO Xは側圧が強い」というレビューがちらほら見られます。 そうしたレビューを読んでいるうちに筆者も「そういえば買った当初は頭のしめつけがきつかった」ことを思い出しました。 遮音性が高くしっかり耳を覆うので、締め付けられているように感じてしまったのでした。 とはいえ、しばらく ヘッドセットを使っているうちに締め付けはゆるんで丁度良くなるもので、今では全く気になりません。 何も1年我慢し続ける必要はないので、最初のうちは無理しすぎない範囲で使ってみて下さい。 そうすれば最高のゲーミングヘッドセットと出会えますよ! 注意ポイント• 音質はまずまず• 音質は値段相応ですが、決して悪いわけではありません。 FPSで足音や銃声を聞くという点で困ることはまずありません。 デザイン的なことを言うと、 軽い装着感は着けているのを忘れるレベルです。 ゲーマーなら毎日何時間も頭と耳に装着するゲーミングヘッドセット、この着け心地や装着感が優先順位として低いわけがありません。 そもそもヘッドホンを付けること自体に抵抗がある、という方にもおすすめです。 ただし、フレームのサイズ自体は小さめなので、頭が大きい人はその恩恵に預かれないかもしれません・・・。 注意ポイント• 関連記事 ヘッドセットを有線から無線に変える時の不安といえば「音声遅延」ですが、ロジクールの『』は無線でありながらまったくラグを感じられません。 FPSどころか1フレーム単位で戦う格闘ゲームでも違和感なく使えます。 ただし、『』の音質が上級者が求めるレベルかと言われると怪しいところです。 一度使ったらもう有線の世界には戻れないと言われるワイヤレスヘッドホンに興味がある方は試してみてはいかがでしょうか。 サウンドカードの選び方 「サウンドカード」というのは、簡単に言うと ゲームの音質をさらに良くにしてくれる優れものです。 「サウンドカード」自体は元々PCやゲーム機に付属していますが、必要最低限のものです。 ゲーミングヘッドセットを付けてもいまいちゲーム内の音質に不満があるとしたら、この「サウンドカード」のせいです。 高性能なサウンドカードを別途搭載することで音の区別が付きやすくなったり、今まで聞こえなかった音が聞こえたりします。 足音が聞こえすぎて「チートを使っているみたいだ」と感じる人もいるとか。 個人的には「チート級」とまでは言わずとも、使っている人と使っていない人でかなり不公平な環境ではあると思います。 つまり、 勝ちたいならヘッドセットだけでなく、サウンドカードも必須です。 MixAmp Pro TR 『』は自分好みにイコライザーを設定できるので、敵の足音を強調しまくりたいならいくらでも、不自然なまでに強調できちゃいます。 優れた定位感とカスタマイズ性を求める方には『』がおすすめです。

次の