医療 事務 資格。 医療事務資格は1つではない!その選び方と難易度

社会人が未経験から取得できる医療系資格一覧

医療 事務 資格

ここでは、医科 医療事務の資格試験日程(受験日)、資格を取得するための講座スクール、試験内容について紹介しています。 には、医科 医療事務の資格試験別に、 2020年1月から12月の試験日(受験日)、試験の実施頻度を記載しています。 医療事務の資格試験は、次の2つのパターンに分類されます。 講座受講修了後に都度自宅で受験できる試験• 試験月( 緑の塗潰し)は、資格認定機関が 公式ホームページで予定発表している実施月のみ記載しています。 試験実施日、試験場所は、事情により変更されることも有り得ますので 受験前に必ず確認するようにして下さい。 上記一覧表の 資格試験を目指せるスクールの受講メリットは、次のページで詳しく解説しています。 医療事務の資格を選ぶなら次の認知度が高い資格を狙おう! 歴史が長く、認知度・ニーズが高い資格としては、次の3つの資格試験が有名です。 「診療報酬請求事務能力認定試験」・・・医療事務では最難関・最高峰の試験• 「医療事務技能審査試験(メディカルクラーク(R))」・・・日本最大規模の試験• 「医療事務管理士 R 技能認定試験」・・・40年以上の歴史がある試験.

次の

医療事務の資格に意味はないのか?【資格の知名度も重要】

医療 事務 資格

特別な学歴や資格はなくても働ける になるうえで、「絶対にこの資格が必要」や「この学校を出ていないといけない」といったことはありません。 また、年齢もさほど問われることなく、若い人から年配の人まで、幅広い世代の人が医療事務として活躍しています。 実際に、医療事務になる人が歩んできた道のりはさまざまで、一般的な会社員のように大学を出て企業へ就職といった形とは異なる場合も多いです。 医療事務の資格試験に関しても、ほとんどすべてが学歴を問わず受験できるようになっています。 学歴不問の求人も多い 医療事務の求人を探してみると、そこには「学歴不問」と書かれているものも多数見受けられます。 つまり、中卒や高卒であっても、医療事務として受け入れてもらえる可能性は十分にあるということです。 この仕事は専門知識やスキルがあれば歓迎されますが、未経験だったとしても病院によっては受け入れてもらえることがあります。 その場合は、仕事をしながら医療事務としての勉強をし、資格を取得していくといった流れになるでしょう。 中卒・高卒から医療事務になるには 中卒や高卒から医療事務になるには、次のような方法が選択肢となります。 高卒から医療事務を目指す場合は、学歴や経験を問わない求人に応募するのが一番の近道です。 学歴を不問としている病院や診療所では高卒の人でもハンデが小さく、人柄や熱意などほかの部分での評価が主となるでしょう。 少しでも就職を有利に進めたい人や、より待遇のよい職場に就職したい場合は、通信講座などを利用して、医療事務の資格を取っておくと専門知識の証明になります。 高卒や大卒の場合に比べると、中卒から医療事務になるのは難しいのが現状ですが、不可能ではありません。 まずは高卒の場合と同じように「学歴不問」の求人に積極的に応募していき、余裕があれば資格の取得を目指しましょう。 比較的規模の小さいクリニックや、病院ではなく薬局や介護施設でも医療事務を募集している現場もあるので、幅広い視野を持って求人を探すことをおすすめします。 専門学校に通って専門知識を身につける方法もありますが、専門学校への入学は高卒以上が条件となります。 高卒の資格を持っていると医療事務だけでなくさまざまな可能性が広がるので、通信制高校や高卒認定試験を選択肢に入れてもよいでしょう。 大卒以上でなくては就職が難しいケースも 中卒や高卒で医療事務を目指す際に気を付けておきたいのは、「学歴不問」となっている場合でも、中卒・高卒の人と大卒の人が同時に応募した場合には、大卒が優遇されやすいということです。 学歴だけですべてが判断されるわけではありませんが、病院側としては、同じような経験やスキルであった場合には、少しでも能力がありそうだという観点から、学歴の高い人を採用したがる傾向にあるようです。 また、大学病院や私立の大きな病院では、医療事務であっても大卒であることを採用条件とするところもあります。 それ以外の個人病院でも、「高卒以上」であるほうが就職できる可能性が高まるという声も聞かれます。 中卒でも医療事務として採用されることはありますし、資格も取得できますが、余裕があれば高校卒業の条件は満たしておくほうが希望の就職先を見つけやすくなるでしょう。

次の

医療事務資格は1つではない!その選び方と難易度

医療 事務 資格

大まかな仕事内容• 受付案内• 電話対応• カルテの用意・整理• 会計処理• レセプト入力• レセプト業務• 薬剤や薬袋の在庫管理• 清掃など 規模の大きな病院ではそれぞれの科に分かれて業務を分担していますが、比較的規模の小さなクリニックではこの一連の流れをスタッフ全員で分担し、医療事務スタッフの誰もがこれら全ての仕事をこなせるような体制をとっています。 月次業務 また、日常業務とは別に月末から月初めには診療報酬請求事務、通称も医療事務の重要な仕事です。 一般的には、患者様が保険診療を受けると会計窓口で3割負担の医療費を支払います。 残りの7割分は、国保連合会や健康保険組合に請求するのですが、1か月にかかった一人あたりの診療点数をまとめたものをレセプトといいます。 レセプトを作成し請求するまで、病院にとって最も重要な請求業務を行うのが医療事務です。 医療事務の資格とは 医療事務にも資格があります。 そうはいっても、同じ医療機関で働く医師や看護師が持つ国家資格ではなく、全てがです。 民間資格ということで資格の種類が多く統一性がないため、採用側にとって医療事務の資格の有無があまり重要視されていないのが現実です。 また、資格取得のために学ぶ医療事務の知識は、医療保険制度の仕組みや保険種別、基本的なレセプト作成の計算方法などを学びます。 とは言っても、実際の現場にでると医療事務の資格で学んだ知識が活かされる場はごく一部で、医療事務として必要な多くの知識は現場で日々習得する人がほとんどです。 だからこそ、採用側も「無資格」「未経験」でもやる気のある人であれば人材を採用します。 即戦力となる経験者 医療事務は、未経験歓迎の求人をよく目にします。 しかし必ずしも、未経験を積極的に採用しているというわけでありません。 医療事務の業務内容は、病院や診療所によって少しずつ業務内容が異なります。 扱っているものが電子カルテやレセコン、紙カルテなのかによっても仕事が違ってきます。 とはいえ、基本となる医療事務に必要な知識は日本のどこの病院であっても同じです。 だからこそ、未経験者と比べると採用時に有利になるのが「経験者」です。 実際に医療事務として働いていたという経験から、現場でしか得ることの出来ない医療事務に必要な知識やスキルを持っているからです。 このような経験者は、病院の即戦力になるため採用時に優遇される傾向にあります。 医療事務に限ったことではないのです。 無資格未経験で医療事務になるには このように医療事務の採用は経験が優遇されると述べましたが、「資格なし」「未経験」である人がどうしても医療事務になるためにはどうすればよいのでしょうか? 小規模クリニックを狙う 病院や調剤薬局によっては「自店舗のルール」を覚えてもらいたいため、未経験者を歓迎してくれる場合もあります。 希望する勤務場所が大規模な病院の場合は、経験者が優遇されることも多いでしょうが、個人経営のクリニックや調剤薬局では未経験者を歓迎してくれることもあります。 小規模な医療機関ではなどでは、患者さんとの距離も近いためも重要な仕事になり、「人柄」や「やる気」を重視されるのです。 未経験・資格なしで応募する場合は、小規模の病院や調剤薬局を狙って就職活動すると良いでしょう。 スキルの証明を持つ 医療事務への最短距離は、やはり資格を取得すること、採用時に 自分の武器となるスキルを一つでも多く増やすということです。 「無資格」「未経験」でも採用されるチャンスはありますが、資格はそれほど重要視されないとはいえども、資格や経験が何もない人と資格保持者を比べると、資格保持者が少なからず優位になります。 資格は、医療事務を学んだという 知識の証明になります。 資格があることで資格手当が出るなどの特別な待遇はありませんが、医療事務として絶対に働きたいと思っている人ならば資格は持っていて損はありません。 まとめ 医療事務が「無資格」「未経験」でも仕事ができるという理由は、資格のため勉強して得た知識だけでは到底医療事務の仕事が務まらないからなのです。 医療事務として実際に現場で働きながら学ぶ知識が大半なので、たとえ資格が無くても未経験者でも仕事ができるということなのです。 とはいえ、資格を取っていると面接の際に「医療事務の仕事に対して前向きである」と判断されることもあり、就職に有利になる場合もあります。 あなたが資格を取るか、取らないかで検討しているのであれば、ぜひ取得をおすすめします。

次の