大和 ハウス。 大和ハウスグループEDIポータル トップ

どちらの賃貸住宅が上? 大和ハウスと大東建託

大和 ハウス

注文住宅を建てようと思ってWEBでハウスメーカーの情報を集めるも「悪い評判ばかり」で、なんだか参考にならないなと思ったことはないでしょうか? そんなわけで、現在各ハウスメーカーで実際に家を建てた方のお話を伺っておりまして、今回は 「大和ハウス」です。 大和ハウスは木造と鉄骨造を販売していますが、どちらかと言えば鉄骨造が主流のハウスメーカーです。 個人的に、大和ハウスは「流行を取り入れるのが早い」というイメージがあります。 賃貸物件でもいち早く「一坪風呂」などを取り入れたり、他社と比べてグレードの高い設備で差別化を図っていきましたね。 ただ、それと合わせて「価格は高い」というイメージもあり、大和ハウスも 「ハウスメーカーで家を建てると高い」と言われる会社の1つです。 ともあれ、そんな大和ハウスですが「実際に家を建てた方たちの感想」はどうなのでしょうか? 一緒に見ていきましょう! スポンサーリンク 大和ハウスの評判は?実際に家を建てた方に聞いてみた! まずは大和ハウスの評判や口コミをWEBで見てみましたが「悪い評判」もいくつか目にしました。 なかには注文住宅を建てていく過程(当初は楽しそう)をブログに書いていた方が、 途中からクレーム問題に発展して大変なことになっているものも見かけました。 今回、私がお話を伺った方たちの感想はどうでしょうか? 35坪の家で総額いくら?やっぱり大和ハウスの坪単価は高いのか ダイワハウスで家を建てた際の記録について、以下に記します。 我が家は土地探しから始めたのですが、その際にお世話になったのが大和ハウスの営業の方でした。 当時は注文住宅についてそれほど知識がなく、 何となく大手というだけで色々と相談していたのですが 「非常に丁寧に対応いただき」有り難かったです。 最終的に決めた土地は神奈川県内にある40坪ほどの土地で「最後まで大和ハウスと積水ハウスのどちらに依頼するか迷いました」が、土地探し時の対応の良さから前者に依頼することにしました。 我が家の間取りは「延べ床面積が35坪ほど」で建ぺい率にカウントされない小屋裏収納が別に5坪ほどあります。 価格は2800万円弱で収まりましたので、 坪単価にすると80万円ほどです。 同社の価格帯の中では中の上くらいだと思いますが、少し高めになったのはキッチンをオーダーメイド仕様にしたのと、雨戸を電動式にしたことが主な要因です。 おかげで満足のいく家を建てることができ、毎日快適に過ごせています。 大和ハウスの坪単価は、50~80万円程度と 「価格幅が広い」と言われています。 大和ハウスに限った話ではありませんが、大手住宅メーカーの坪単価は年々上昇しています。 10年くらい前であれば大和ハウスも平均坪単価は70万円くらいだと思いましたが、今では坪単価80万円はざらにあります。 その中でも、 間取りの自由度が低いなどの制約条件のあるプランであれば 「坪単価50万円台」もあるようです。 そういったこともあってか、積水ハウスに及ばないものの「大和ハウスの戸建て販売件数は常に上位」を占めています。 さすがに売れているだけはある!?大和ハウスは「知名度」が高い マックスで出せる予算をこちらから提示し、大和ハウスともう一社に設計図の提出を依頼するという形で見積もりを取りました。 その結果を比較して大和ハウスに決めたのは「設計がシンプルでありながらおしゃれで気に入った」ということがいちばんの決め手です。 夫の実家の敷地内に建てるという制約もあったのですが、玄関やリビングの位置など、すでに建っている母屋(夫の実家)との関係もよく考えて設計をしてくれたこともありがたい点でした。 そのほか、それなりに実績を積んでいる会社なので施工に信頼が持てること、 義兄夫妻も大和ハウスで家を建てており「悪くないよ」と言ってくれたこともポイントとなりました。 大和ハウス以外のもう一社もよく考えてはくれましたし、実は営業マンの対応はこちらのほうが上だったことも事実です。 ただ、実際に家を建てるのは営業マンではありませんし、どちらかうという新規参入の住宅メーカーだったのでその点が不安だったため、大和ハウスに依頼することとなりました。 ちなみに大和ハウスは 「総販売戸数であればトップ」の会社です。 それだけ知名度が高いと「大手だから安心」という気持ちになりますよね。 でも、大手だからと胡坐をかくのではなく、やはり事前の勉強は大切だなとFさん(仮名)は思ったそうです。 スポンサーリンク 名前だけで大和ハウスに決めて後悔したFさんの話 私は先祖からの50坪の土地を持っていたので、そこに家を建ててもらおうといろんな住宅メーカーの展示場に訪問していました。 いろいろ見てたものの 「何をどう見れば良いのか分からない」という状態で迷っていたのですが、妻が「大和ハウスが大手で安心で良い」と言うので大和ハウスに頼んで2階建てのプレハブ住宅を建ててもらう事にしました。 専門のコーディネーターに相談にのってもらって、住宅の設計もしてもらい2階建ての家ができました。 ですが、暫く住んでみると 2階の物音と隣の家の物音が気になるようになりました。 大和ハウスの担当者に相談したのですが結局はプレハブ住宅なんで仕方がないとの事でした。 私自身あまり家を建てる際に興味を持たず妻の良いように大和ハウスで決めましたが、そこは男の私がもっと興味を持って勉強すれば良かったと後悔しています。 そうそう家を建てる事もありませんが、もう少し予算を出して他社の鉄筋コンクリート造りの家にしたいと思います。 家は一生に一度の買い物とは言いませんけど、やはり 「勉強は大切」です。 私は不動産業務を「賃貸売買から注文住宅まで」一通り経験してきましたが、 注文住宅ほどお客様は時間をかけても良いので勉強すべきだと思います。 そのためには「たくさんのハウスメーカーの特徴を調べる」ことが最も有効です。 今回はFさんは「何をどう見れば分からない」ということでしたが、それは知識がゼロに等しい状態だからですよね。 でも、各社のカタログでも良いので一通り見比べれば 「自分の建てたい家のイメージが湧く」ようになります。 建売であれば「見て買える」のですが、注文住宅はゼロから造り上げるものなので「自分のイメージをしっかり持つ」というのは後悔を防ぐための大切なポイントですね。 大和ハウスは「耐震性能」で決める方も多いです! このブログでは他のハウスメーカーで家を建てた方の感想も頂いていますが「大和ハウスも比較検討した」という意見はよく聞きます。 なぜ大和ハウスも検討したのかと言うと「大手ハウスメーカーだから」という声が一番ですが、他にも 「耐震性が高そう」という意見が多いです。 さらにオプションでは、耐震等級3の1. 5倍を保つ構造に強化することも可能。 最近は地震も増えており耐震性能に対する意識が高まっていることもあり、大和ハウスはとりあえず検討で名前の挙がるハウスメーカーという印象がありますね。 スポンサーリンク おわりに いかがでしたか? 今回は「大和ハウスの評判について」お伝えしました。 頂いた感想を見ると、意外と皆さんはじめは 「大和ハウスって大手だし」というノリで検討されている感じでしたね。 大和ハウスの家は全体的に平均点以上なのことと、購入する方は「大手だから安心」ということが決め手になっているのかもしれませんね。 他のハウスメーカーで家を建てた方の話を聞くと「耐震性能で大和ハウスと迷った」という話も聞いていただけに、ちょっと意外でした。 よく大和ハウスで比較検討されるのは、同じ大手の積水ハウスです。 そんな時に便利な「」は無料ですから、ぜひ利用してみてくださいね。 以上「大和ハウスの評判が悪い?実際に家を建てた人達から感想を聞いてみた」でした。 【 最後にPRです 】 家の購入を考えて住宅展示場に行っても 「結局何から始めればよいのか分からない」ということはありませんか? そんな時は初めに「カタログを集めて見比べる」ことが勉強にもなって効率的! 「でも、何社もカタログを集めるのは大変そう…」と思うかもしれませんが、じつは 「カタログを一括請求できる便利なサイト」があるんです! 運営元はTVCMでもお馴染みの で、お住まいの地域から「予算」や「建築方法」など様々なテーマから複数社のカタログを一括で請求できます。 (もちろん無料!) さらにカタログを請求すると、家づくりの流れが丁寧に解説された 「はじめての家づくりノート」も無料で貰えます。 とても勉強になるので是非活用してくださいね。 おすすめの記事 と スポンサーリンク.

次の

ダイワハウスの口コミ・評判 | みん評

大和 ハウス

デザインアーク (• 大和リビング (• 大和エステート (• 大和リビングマネジメント (• 大和リビングユーティリティーズ (• U-NET (• Double-D (• ハートワン信託 (• 大和ライフネクスト (• 大和ライフウィズ (• グローバルコミュニティ (• 日本住宅流通 (• 大和ハウスリフォーム (• 大和ランテック (• コスモスイニシア (• コスモスモア (• コスモスライフサポート (• 大和コスモスコンストラクション (• 大和リース (• 大和物流 (• フレームワークス (• ダイワロイヤル (• 大和ハウスプロパティマネジメント (• 大和情報サービス (• 大和エネルギー (• エネサーブ (• 大和ハウス・アセットマネジメント (• 伸和エージェンシー (• メディアテック (• フジタ (• 大和ハウスパーキング (• ダイワロジテック (• 若松梱包運輸倉庫株式会社 (• 株式会社ジャストロジスティクス (• アッカ・インターナショナル (• パーキングソリューションズ (•

次の

大和市の不動産(中古一戸建て・売地)

大和 ハウス

「大和ハウスで注文住宅を建てました。 予算もあったため、予算内に収まるのか不安もあったのですが、太陽光やその他のオプションなども含めて、予算に合うようにしてくれました。 他のハウスメーカーとは比較しなかったため、他社と比較して構造がどうかや仕様のグレードなどは分かりませんが、営業さんの頑張りに満足しています。 」 いかがでしょうか。 担当者の対応によっても評判や口コミに大きな影響を与えてしまいますが、注文住宅を建てようとする場合には、仕様の変更や沢山オプションを付け加えていくと、大幅に予算をオーバーしてしまう点は注意しなければなりませんね。 CMだけで、天井が高い家であることは伝わってきますが、実際の住み心地などジーヴォシグマのリアルな評判が気になるところです。 ここでは大和ハウスのジーヴォシグマの評判を徹底調査しました。 「近所で大和ハウスの建売物件が売り出されていますが、値段が高いのか?なかなか売れない様子ですが、家も外構もさすが大和ハウスという感じで素敵な物件です。 」 いかがでしょうか。 大手ハウスメーカーの建売物件ですが、間取りや立地さえ希望を満たしている場合であれば、注文住宅と同じ品質や保証でありながら、注文住宅よりも安く購入することができるため、とてもお得です。 建売物件だから、手抜き工事が行われやすく、その結果、欠陥住宅を招くのでは?といったイメージもありますが、実際はそんな事はないようですね。 ただし、上記の口コミなどにもあるように、『ベランダが小さい、、、。 』や『家自体に不満はないけれども、立地条件が良くない、、。 』など、多少妥協しなければならない部分はあるようですから、納得された上で購入されることをお勧めします。 大和ハウスの営業マンの評判 大和ハウスで建てられたオーナー様などの体験談を集めてみました。 無料!3分でかんたん資料請求。 大和ハウスでは、定期点検を無料で実施されていますし、最長で50年の保証期間を実現する長期的なメンテナンス制度も導入されているなど、アフターサービスに対して力を入れているように感じます。 そして、ダイワハウスお客さまセンターでは、住まいに関する相談ごとなどに関して、24時間365日体制で対応されていますが、実際のところアフターサービスの評判はどうなんでしょうか。 大和ハウスのアフターサービスに関する口コミを集めてみましたので、是非参考にされて下さい。 「大和ハウスで建てました。 現在、住んで4ヶ月目で1ヶ月、3ヶ月点検ともに終わりました。 その点検では、多少の不具合はあったもののすぐに対応して直してくれました。 次は6ヶ月点検ですが今のところ目立った不具合などはありません。 」 大和ハウスのアフターサービスの評判に関しては、良い評判もあれば悪い評判もありますが、担当者だけではなく支店によっても対応が異なることもありますので、支店同士も比較しておく必要がありますね。 大和ハウスのメリットとデメリット 大和ハウスのメリット 家を建てるときには、各ハウジングメーカーのもつ強みやメリットというところで、選んでいきたいという方も多いのでは、と思います。 そういった中、最近特によく耳にするハウジングメーカーといえば、大和ハウスではないでしょうか。 やはり、CMで知名度があがったといえます。 こういった大和ハウスですが、実際、どういったメリットがあるのでしょうか。 大和ハウスは、実績として、実は積水ハウスに次ぐ第2位の販売実績を持つメーカーとなります。 この大和ハウスは、マイホームを考える場合、他のハウジングメーカーとの比較として、よくあがってくるハウジングメーカーになってくると思います。 この大和ハウスのメリットは、価格の低さというところにあります。 大手と並ぶような実績数がありながら、大手よりもおさえた価格帯となっているのが、大和ハウスを選ぶ方の理由となっているようです。 こういった点がメリットだといえます。 実際、積水ハウスにくらべて、単価としても、だいぶ低かったというケースもあるようです。 ただ、こういったメリットというのは、デメリットも伴うものになります。 大和ハウスの場合には、価格の安さの反面、自由度が低いということがいえるでしょう。 大和ハウスのつくりは、基本的に施工が決まっているタイプが多いので、その後の自由というのが、制限されてしまったりします。 大和ハウスの仕様自体に納得がいくかたには、比較的リーズナブルに考えられるハウジングメーカーだといえるのではないかと思います。 そういった点が、大和ハウスの一番のメリットだといえるでしょう。 ただし、そこまで不自由かというとそうではなく、やはりそこは大手ですので、施工の一部、たとえば水回りといった部分の施工は当方指定というような形も可能ということです。 大和ハウスの口コミなどでもこういったいい点が見られますので、うまく活用して、全体的な単価を抑えるというのも、一つの方法だといえるでしょう。 大和ハウスのデメリット 大和ハウスは業界トップクラスの実績を誇っているハウスメーカーで、知名度やブランド力も高く、安心感も抜群です。 しかし、大和ハウスの家の特徴は?と聞かれると、正直これといった特徴がなく、この事を指摘される声も多くあがっています。 ここではあえて大和ハウスのデメリットに注目してみました。 』といったケースも少なくありません。 これは大和ハウスに限らず、大手ハウスメーカーを選んだ場合のデメリットとなります。 基本的にハウスメーカーでは保証やアフターサービスが充実しており、引き渡し後の不具合にはスムーズに対応してもらえるといった印象があります。 ただし、大和ハウスの評判を調べてみると、実際には不具合を伝えてもスムーズに対応してもらえなかったり、いい加減な対応だったといった口コミもあります。 そして、ダイワハウスの2年点検に関しては、玄関先で担当者が「何か気になる点があれば教えて下さい。 」というスタンスのようです。 この時に特に何も指摘しなければ、そのまま点検をせずに帰られるようで『これなら点検ではなく、お客様相談センターに電話を入れ、その都度対応してもらうのと変わらない、、、。 』といった声もあがっています。 家は何十年も住み続けていくため、小さなものから大きなものまで、どうしても不具合やトラブルは避けられないと思いますが、あまりアフターサービスが期待できないことはかなり痛いと思います、、。 可能な限り希望を実現させようとしてくれる営業マンや、提案力や知識が豊富な営業マンが担当になると、かなり頼りになりますし、満足のいく家造りが実現しやすいです。 一方、こちらの希望を伝えても、それを全く無視した間取りを提案されても困りますが、担当者によっては提案力や知識が乏しく、それがそのまま影響してしまうこともあります。 無料!3分でかんたん資料請求。 家を建てたいな、と思った方は、大和ハウスが気になる人も多いのではないのかなと思います。 そのため、価格も安くは有りません。 ただ、いろいろな大和ハウスの成約事例をみていくと、値引きというのも事例があるといえます。 大和ハウスといえば、軽量鉄骨の家が一番の実績のあるところになりますが、この坪単価自体が、一概に安いともいえません。 かつては、大和ハウスというと、安くマイホームを建てるということをアピールしていたところもありますが、今では、大和ハウスの軽量鉄骨というのも高い相場観になっています。 ブランド力があがったこともあるでしょうし、標準プランの家と、注文住宅の間でも、価格には差が見られます。 大和ハウスの軽量鉄骨とはいて、ある程度の坪単価を想定した方がよいといえるでしょう。 そして、そこからどれくらいの値引きをお願いできるかというところですが、それは最初の契約の時点でのにぎりというのも大切になってくるようです。 大和ハウスの営業は、基本的に丁寧だと言われていますが、やはりそこは営業です。 最初に聞いた単価よりも、契約が進むにつれて金額が上がる、ということは、もちろんあります。 これは、もちろん、大和ハウスに限った事ではありません。 とりつきやすいイメージの大和ハウスですが、その単価というのも、注文の仕方によってもだいぶ違ってきます。 最初に高い単価の物を選んで、そこから最初に、値引きしてもらえる金額幅、もしくはこちらの予算の上限を伝える、というのも一つの方法です。 また、逆に最初に安い単価で進めて、オプションを付けて金額をあげつつ、オプションとの調整で値引きをしてもらう、という方法もあるといえます。 安いイメージのある大和ハウスの軽量鉄骨ですが、最近は単価50万円台以上というのが増えていますので、かしこく値引きをしてもらえるよう交渉したいものです。 大和ハウスの値引き交渉のポイントは、他のハウスメーカーと迷っていますと営業マンに伝えることです。 下記のタウンライフでは、無料で各ハウスメーカーの総額が一度にもらえます。 いろんな会社の値段を知らべておいて、値引きに役立ててくださいね。 また、間取りプランもいろいろともらえますので、各ハウスメーカーの間取りを比べるにも最適ですよ。

次の