エッ ゲ シュタイン。 次のレベルへ駆け上がるマキシミリアン・エッゲシュタイン。U

【FIFA20 厳選おすすめ固有フェイス選手】RW/RM(右ウィング / 右サイドハーフ)編 €5,000,000以下

エッ ゲ シュタイン

写真提供: Gettyimages 現在、所属クラブを離れ国際チームの試合が行われているサッカー界。 ヨーロッパではEURO2020予選が行われており、先日にはベルギー代表が一足先に本大会出場を決めた。 そこで今回は若手選手が豊富なヨーロッパの代表チームを紹介。 来年行われるEURO2020や2022年カタールワールドカップで活躍する選手たちがいるかもしれない。 写真提供: Gettyimages ドイツ代表 主な若手選手たち カイ・ハフェルツ(20歳) マキシミリアン・エッゲシュタイン(22歳) ヨハネス・エッゲシュタイン(21歳) ロビン・ハック(21歳)など 現在、世代交代を進めているドイツ代表。 指揮官のヨアヒム・レーブ監督はマッツ・フンメルス、ジェローム・ボアテング、トーマス・ミュラーの3選手の招集しないことを明言し、話題にもなった。 すでにカイ・ハフェルツはドイツ代表としてプレーし、レバークーゼンでも主力としてプレー。 エッゲシュタイン兄弟やロビン・ハックもレーブ監督から一目置かれている選手だ。 写真: FCBarcelona スペイン代表 主な若手選手たち ブライス・メンデス(22歳) ウナイ・ヌニェス(22歳) ミケル・オヤルサバル(22歳) ダニ・オルモ(21歳) カルレス・アレニャ(21歳) アンス・ファティ(16歳)など 2008年と2012年の欧州選手権と2010年の南アフリカW杯で優勝したスペイン代表。 ジェラール・ピケやアンドレス・イニエスタ 、ダビド・シルバなど当時の主力メンバーが代表を離れ若手の台頭が求められている。 ブライス・メンデスやウナイ・ヌニェス、ミケル・オヤルサバルはすでに代表でプレー。 ロベルト・モレノ監督は今後、どの若手選手を招集するのかにも注目が集まる。

次の

M.エッゲシュタイン、来季への決断は?

エッ ゲ シュタイン

選手プロフィールや プレースタイルなど、リアルな情報もご一緒にお楽しみください。 ポルトガル・リスボンで生まれ、2008年に地元の名門 スポルティングの下部組織に加入。 2013年に マンチェスター・シティへ渡り、2016年からは リバプールでユース時代を過ごした。 2019年1月のFAカップ3回戦で トップチームデビュー。 リーグ戦で1分間のみプレーした途中出場と合わせて、トップチームの公式戦出場は2試合に終わったが、 U-23カテゴリーでは 18歳ながら14試合8ゴール5アシストを記録する活躍を見せた。 今夏、 古巣の スポルティングCPへ移籍。 キャリアをスタートさせた地で、 至極の才能の開花を目指す。 《プレースタイル》 ウィングを主戦場とするアタッカーだが、リバプールでのデビュー戦は 右サイドバックとして出場。 サイドから敵陣を切り崩す パワフルなドリブル突破と 果敢にゴールを仕留めにいくプレースタイルから、 サディオ・マネに続く選手になれると期待されていた。 敏捷性と スピードの能力が高めで操作性が良く、 抜群のポテンシャルを秘めた 大化け必至のヤングスターだ。 ドイツ・ハノーファーで生まれ、 TSVシュロス・リックリンゲンでプレーを始めた後、 元プロサッカー選手の父がかつて所属した TSVハヴェルセを経て、2013年に ヴェルダー・ブレーメンの下部組織に加入。 2015-16シーズンには U-19チームの 28試合で34ゴールを記録するなど、ユースカテゴリーで過ごした 3シーズン全てで得点王に輝く活躍を見せる。 既に常連となっていた年代別ドイツ代表でも、2015年に出場した U-17ワールドカップで 4ゴールを決めて シルバーブーツ賞を獲得し、バイエルンやドルトムントなどドイツ国内をはじめとする複数クラブからの注目を集めたが、2016年6月に 18歳でブレーメンと プロ契約を結んだ。 同年8月のDFBポカール1回戦で トップチームデビューを飾ったが、以降は出場機会が得られず、新指揮官に就任した フロリアン・コーフェルトによって2017年11月に リザーブチームへ降格。 2018-19シーズンの第2節バイエルン・ミュンヘン戦で遂に ブンデスリーガ初出場を果たすと、後半戦にはスタメンに定着し、 23試合出場4ゴール1アシストでシーズンを終えている。 今夏には、 U-21ドイツ代表で U-21欧州選手権準優勝と 東京オリンピック出場権獲得に貢献。 同じくブレーメンに所属する 2歳年上の兄マクシミリアンも、オーバーエイジ枠での招集が噂されており、 エッゲシュタイン兄弟のオリンピックでの活躍に期待がかかる。 《プレースタイル》 幼少期から ストライカーとして活躍してきたヨハネスは、 冷静沈着な得点力を最大の武器とする。 敵DFの間のスペースを突く才能を見出され、ブレーメンで 右ウィングを主戦場としてからは、持ち前の スピードと ドリブル技術、周囲との連動性を生み出す パスセンスによって攻撃陣を牽引。 守備面での献身性も兼ね備えた オールラウンダーとして評価されている。 優れた ポテンシャルは秘めているものの、ウィンガーとして武器となるほどの ペース性能は成長待ちとなるため、即戦力とするならばストライカーのポジションに据えるのがおすすめだ。 フランスで生まれ、5歳の頃 ベルギーへ移住。 9歳から ROFCストッケル、 FCブリュッセル、 KVメヘレンと国内クラブの下部組織を渡り歩く。 17歳となった2013年にフランスの ヴァランシエンヌに加入。 リザーブチームでプレー後、2015年に トップチームへ昇格すると、2015-16シーズンは 主力として35試合に出場し6ゴールをマークした。 翌シーズンにベルギーの スタンダール・リエージュへ移籍したが、わずか半年で モンペリエに移籍。 再びフランスに戻ると、2017-18シーズンは 38試合に出場し8ゴール1アシストの活躍を見せた。 昨季レンタル移籍で ハダースフィールドに渡り、プレミアリーグでプレー。 シーズン終了後に完全移籍で契約を結び、今夏から2部で戦うチームを 奮起させる起爆剤として期待が高まる。 世代別代表では ベルギー代表に招集され、2017年には U-21欧州選手権にも出場しているが、フル代表ではまだプレーしていないため、国籍を持つ フランスと コンゴも選択肢に残されている。 《プレースタイル》 両サイドのウィングと ストライカーのポジションでプレーできる スピードスター。 圧倒的なスピードを活かした ドリブル突破やカットインからの 強烈なシュートを武器とする。 正確で鋭いクロスも得意とし、敵DFにとっては対応に手を焼く存在だ。 シュートパワーもあるため、スピードで突破を図るだけでなく、隙があらばペナルティーエリア外からも 積極的にゴールを狙えるアタッカーとして活躍する。 デンマークで生まれ、4歳から地元クラブ・ ブレンシェイでプレーし始める。 リンビーを経て、2015年に加入した ノアシェランでトップチームデビュー。 類い稀な才能が高く評価され、2016年の欧州選手権に挑む トルコ代表へのメンバー入りを果たすと、 弱冠18歳で フル代表デビューを含む2試合に出場した。 ドイツで定位置の確保に苦しみ、翌シーズンからはスペインの セルタへプレーの場を移すが、 2シーズンで 33試合出場1ゴール3アシストと不発。 2019年8月、代表では馴れ親しむ トルコの強豪ガラタサライへレンタル移籍。 リーグ戦で 10試合に出場し、UEFAチャンピオンズリーグでは4試合でピッチに立ったが、2020年1月には ギリシャの名門オリンピアコスへ戦いの場を移した。 ラストパスの質も高く、課題である 球離れの悪さが改善されれば、 最高峰のプレイメーカーともなり得る素質を持つ。 これらのスキルに加え、 小柄で左利きという特徴から、 リオネル・メッシに例えられることが多い。 ゴールゲッターとしての性能も成長によって高くなるが、 空中戦に弱いため、プレッシャーの少ない状況でボールを持てる サイドでの起用がおすすめだ。 イラン人の両親のもとに生まれ、 7歳の頃オーストラリアへ移住する。 シドニーFCの下部組織から2016年に メルボルン・シティに加入。 17歳で迎えた2016-17シーズンに早速 トップチームデビューを果たすと、翌シーズンには 18試合2ゴール3アシストでAリーグの 最優秀若手選手賞を受賞した。 U-17から オーストラリア代表でプレーし、U-21とU-23にも飛び級で出場。 出身国のイランから代表招集の声がかかる可能性もあったが、2018年6月に オーストラリアで フル代表デビューを果たす。 その直後に発表された ロシアW杯の代表メンバーにも選出され、 大会最年少選手として注目を集める中、いずれも途中出場ながら グループリーグ全試合に出場。 19歳にして 国際大会最高峰の大舞台を経験した後、8月に マンチェスター・シティへの完全移籍が発表された。 実戦経験を積むため、イングランド入りした数日後には セルティックへ2年間の長期レンタルで加入。 スコットランドの地での飛躍が期待されていたが、10月に出場した リーグデビュー戦で膝の十字靭帯を損傷し長期離脱を強いられる。 2019年9月にリザーブチームでようやく復帰を果たしたが、未だプレー時間は デビュー戦の23分間のみ。 思わぬ形でレンタル期間の半分以上を失ったヤングスターが欧州の第一線で活躍していくためには、残された時間の中でいかに実力を示せるかが鍵となるだろう。 《プレースタイル》 インサイドでボールを保持し、敵DFを誘って一気に抜き去る 駆け引きの上手いドリブラー。 視野も広く、 スルーパスやクロスの精度も高いため、 チャンスメーカーとして活躍する。 全ての プレースピードが速く、相手にとっては寸分の油断も許されない 厄介なアタッカーだ。 ペース性能にも優れ、キープのみならず縦への突破も可能。 サイドだけでなく 中央でもプレーできるため、マルチな役割で重宝できるアタッカーだ。 イギリス・ヨーヴィルで生まれ、2011年に サウサンプトンの下部組織へ加入。 2014年に U-17イングランド代表でU-17欧州選手権を制した後、サウサンプトンのユースカテゴリーでは U-23チームの中心選手としてプレーし、2016-17シーズンには 開幕から9試合で5ゴール2アシストの活躍が評価され、 トップチーム昇格を果たす。 2016年11月にプレミアリーグ第13節エバートン戦で プロデビュー。 以降、 UEFAヨーロッパリーグなどカップ戦も含め 13試合の出場機会を得るが、翌シーズンは7試合と ファーストチームに定着できず、2018年8月に 英2部の レディングFCへレンタル移籍。 2019年8月には アメリカ・MLSの ニューヨーク・レッドブルズへ再びレンタルで渡り、武者修行を続けている。 《プレースタイル》 プレーの俊敏性と 足元のテクニックに長けた、 左利きの スピードドリブラー。 縦方向への 大胆な突破や切れ味鋭い カットインからゴールを脅かす。 かと言って個人技に頼るスタイルでもなく、 冷静に周りを見渡してラストパスを供給し、 チャンスメイクも得意とする ウィンガーだ。 初期能力では シュートと パス双方に特徴がなく、適した役割は見えづらいが、将来的には得点もアシストも重ねられる器用な サイドアタッカーへと成長するだろう。

次の

ブレーメン、ヨハネス・エッゲシュタインとも延長(kicker日本語版)

エッ ゲ シュタイン

409kmという数字は、エッゲシュタインが昨年のブンデスリーガで記録したものだ。 これだけの距離を走り抜け、走行距離の新記録を樹立したのだ。 試合で常に長い距離を走ることが彼の強みになっている。 しかし、エッゲシュタインの強みはこれだけにとどまらない。 スペースに対する嗅覚、安定したパフォーマンス、修正能力、得点能力……エッゲシュタインはまさに完璧なプレイヤーなのだ。 次に伸ばしていく点があるとしても、些細なものだろう。 いずれにせよ、エッゲシュタインは今夏大きな飛躍を遂げるだろう。 チームのリーダーになれるはずだ。 僕もそうあろうと努力しているよ」 エッゲシュタインは自身に求められていることを理解している。 そして、このように要求しているのはブレーメンのフロリアン・コーフェルト監督やチームスタッフだけではない。 U-21のシュテファン・クンツ監督や代表監督であるヨアヒム・レーヴも同じく彼に期待しているのだ。 自身の役割を果たし、チームを導いていくエッゲシュタインを誰もが信頼しており、コーフェルトは、彼の姿勢が「チームメイトを良くしている」とさえ話す。 すでにU-21では中心メンバーだ。 『マイン・ヴェーダー』に対してクンツは「チームのメンバーに対しても常に良い感情を持っている」と彼を評した。 3月にA代表に招集されて以来、エッゲシュタインの責任感は増している。 U-21のヨーロッパ選手権が、彼にとって最初のテストということになるが、ここまでのところ2試合で先発して勝利に貢献。 来季に向けての見通しは明るい。 キャプテンを努めたマックス・クルーゼが退団するため、ヴェルダー・ブレーメンでは選手の序列が変わってくる。 そんな中、エッゲシュタインが注目の的になっている。 ブレーメンで2011年からプレーしているエッゲシュタインは、チームを象徴する存在となりつつある。 契約延長によって年俸が引き上げられたが、それでもクラブ幹部が投げかける期待には釣り合わない額だ。 「我々の戦術的なアイデアを実現するために、彼は重要な存在なんだ」。 コーフェルトはお金だけでは代えられない彼への高い信頼を覗かせた。 エッゲシュタインは「マックスはとても重要なプレイヤーで、キャプテンだった。 彼の役割は複数人のコンビネーションで埋め合わせていくしかないね」と認めるところ。 ただ一方で、クルーゼの離脱をあまりネガティブにはとらえていないようだ。 「彼にとっても多分すべてが順調とはいかないだろうから、僕らもこれをチャンスと考えなきゃいけないよ。 それに、フロリアン・コーフェルトが夏のオフの間にいろいろ考えるだろうしね」 おそらくは、エッゲシュタインはより攻撃的な役割を任されることになるだろう。 彼自身も攻撃的な役割に興味を持っているようだ。 「僕はいつでも上達できる。 変わるのはプレーするポジションだけなんだ。 危険なエリアでプレーしたいね。 もっとペナルティエリアで仕事をしたいね」 これまでは、エッゲシュタインはインテリジェントに敵陣深くに走り込み、チームメイトの動くスペースを作ってきた。 しかしこれからは自分から攻撃のアクションを起こさなくてはいけなくなる。 彼の走りによってブレーメンは上位で安定した戦いができ、チームメイトは素晴らしい瞬間を受けてきた。 「エンジン」は今動き出す時を待っている。 クンツは次のように語った。 「2年前に初めて一緒に仕事をしたときから、マキシは確かに世界最高レベルの成長を見せる選手だった。 技術的にも、人間的にもね」 ほぼ順調な成長(アレクサンダー・ヌーリ元監督下では停滞したが)を遂げたおかげで、3月には初めてA代表に招集された。 しかし、レーヴ監督と「よい会話」ができただけでは、エッゲシュタインにとって十分ではない。 セルビア戦とオランダ戦では起用されなかったが、「代表での時間は本当に短く感じたし、実際1週間ほどだったけれど、努力し続けてまたここに戻って来たい」と代表への意欲を語っている。 クラブで新たに課される役割が代表再招集の一助となるだろう。 「彼にはたくさんチャンスがある」とクンツも語っている。

次の