ギガゴリwifi 口コミ。 ギガゴリWi

【ギガゴリWiFi】特徴とメリット・デメリットをプロが解説!評判も調査してみた!

ギガゴリwifi 口コミ

ギガゴリwifiの口コミと評判の実態がえぐい? ギガゴリwifiの実態はえぐいのでしょうか・・・。 実際にギガゴリwfiを使っている人の口コミを見てましょう。 ギガゴリwifi公式サイトはこちら ギガゴリwifi契約したけど特に不満はない。 ゲームに使って動画も音楽ダウンロードもしててスマホだけじゃなかなか厳しかったからギガゴリwifiはめっちゃ便利だと思ってる。 良くない口コミも聞くけど何がいけないのか私には解らない。 ギガゴリwifiは便利という方も多いようですね。 ゲームやインターネットをどんどん使いたいという方にとってはギガゴリwifiは魅力です。 いろんなwifiを比較しているだけど、1年契約できるギガゴリwifiはとてもいいと思う。 8日以内なら解約金もいらないし、全国無料で届けてくれるし、これかなり優良案件のような気がしている。 モバイルルーターが欲しいけど、3年契約とかばっかりでちょっとなぁと思っていたらギガゴリwifiが1年契約だった!3年も今の場所にいるか解らないし、契約期間が長いのは忘れちゃいそうで心配だったけど1年くらいなら大丈夫そう。 引っ越しするかもしれないし、契約期間が短いのはすっごくありがたいんだよね。 ギガゴリwifiは1年契約なので、長期間の契約は避けたいという方や、引っ越しの予定があるかたにもオススメです。 3年契約となるとちょっとハードルがあがりますが1年なら安心できます。 今、WiFi入るなら一年契約できるギガゴリWiFiかな 二年経ったら無制限で2000円以下のがでてる気がするので 端末は返却しなければなりませんが そう言っときながら俺はフジWiFi50G一年おまとめ払いです — ばななっち bananacchi どんどん新しい会社がモバイルルーターに参入してるから、できれば契約期間が短いとこがいいよなって思ってギガゴリwifiにした。 どんどん魅力がある料金体系のルーターが出てるのにわざわざ3年契約とかありえないけど、1年ならありでしょ。 しかもルーターの性能もいいし、電波もいまのところ満足してる。 ルーターのバッテリーもよく持つから、1日でかけてても大丈夫。 ギガゴリWiFi良さそう — Re:kako Rekako5 スマホだけじゃ通信量がぜんぜん足りなかったからギガゴリwifiにしてる。 ドラクエウォークもポケモンGOも快適にプレイできるし、YouTubeもさくさく見れていい感じ。 いままではできるだけ通信量を節約しなきゃと思って外では通信しないようにしてて暇だったけど、これで安心できるな。 たくさんインターネットしよう。 毎月、毎月、通信制限がかかるのにうんざりしてたけど、3年契約とかは嫌だったからモバイルルーターも持たずに頑張ってたんだけどとうとう1年契約できるギガゴリwifiをゲットした。 対応もすごく良かったし、インターネットも超快適。 家のインターネットと外出先のインターネットと両方をギガゴリwifiでやってるから、スマホで課金してギガを追加しなくてよくなってかえって節約になってる。 料金も安いし、エリアも広いし超満足。 1年契約のギガゴリwifiはすごくいいんたけど、海外で使えないのは難点。 ほかのモバイルルーターには海外で使えるものもあるし、どうしても仕事で外国に行く自分にとって国内専用ってのはかなりのデメリット。 手続きすれば使えるようにとかしてくれないかな。 ギガゴリwifiいいなっておもうけど、トリプルキャリアじゃなくてソフトバンクだけかーーってちょっとがっかり。 ソフトバンクはあんまり電波がよくないイメージがあるんだど実際のところどうなんだろ。 外出先でインターネットをしたいから、エリアが心配だけど、1年契約は超魅力だし、料金も安いから迷ってる。 ポケットWiFiおすすめ安い比較口コミランキング ギガゴリwifiの特徴 ギガゴリwifiの特徴は• 通信制限なし• 直近3日の通信制限なし• 1年契約• 全国送料無料• スマートフォンから申し込み可能• 8日以内なら手数料なしで解約できる• ソフトバンクの4G電波を使える という点です。 ギガゴリwifiには、使い放題プランなら通信制限がありません。 ですので、好きなだけインターネットを使えますし、直近3日間の使用量によって通信速度を落とされることもありませんので安心です。 直近3日の通信制限は、すべてのプランでありません。 ですので、短期間でたくさんwifiを使うことがあるというかたにとってもギガゴリwifiはとてもお得です。 ですので、インターネットヘビーユーザーで、ガンガン通信するという方にピッタリです。 オンデマンドの映画も動画も音楽ダウンロードも、そして、ゲームも通信制限を気にすることなく楽しむことができます。 そして、ギガゴリwifiは1年契約ですので、3年とか長期の契約はちょっと不安とか、そんなに長い期間使うか解らないという方にとっては安心のプランです。 自動更新されますが、1年ごとなので自分のインターネット環境を定期的に見直したいという方にもオススメです。 ルーターは1種類のみで、持ち運びがてきるコンパクトなルーターです。 バッテリー内蔵でバッテリー容量も大きく、外出的でもインターネットが楽しめますし、自宅のインターネットもこれ1台でOKです。 15台まで同時接続ができるので家族で使うこともできます。 このルーターはレンタルなので、解約時には返却が必要です。 スマートフォンから申し込みをすればOKで、工事も必要ありません。 ちょっと、うれしいのが契約から8日以内であれば、事務手数料と日割りの使用料金のみで解約可能です。 8日以内であれば、解約金はかかりません。 そして、ギガゴリwifiは、ソフトバンクの4Gの電波をつかっているので電波も安定していて、エリアも広く快適なインターネット環境をゲットできます。 他にも、料金体系がシンプルでわかりやすいことや、安心サポートプランのオプションがあることもギガゴリwifiの特徴です。 運営しているのは、インターネットプロバイダーの運営で20年以上実績があり、東証一部にも上場している有名企業の企業GMOインターネット株式会社ですので安心です。 インターネットをどこでも快適に、通信制限を気にせずに楽しみたい!という方や、ビジネスでインターネットをたくさん使うという方にもオススメです。 ギガゴリwifiは国内のみですが、日本国内のの利用のみで十分という方にとっては使い放題で1年目3050円というギガゴリwifiはとても魅力です。 ギガゴリwifiの機種 ギガゴリwifiのルーターの機種はFS030Wです。 長時間持続するバッテリー内蔵の高性能ルーターです。 スペックはこちら・・・。 3mm 重量(電池パック含む) 約128g ギガゴリwifiの機種は上記1機種のみですので、迷わずにすんでいいかみしれません。 安心サポートや安心サポートワイドをつければ故障や水濡れの場合も安心です。 FS030W ギガゴリWiFiの機種端末は下記の通りです。 製造元は富士ソフトです。 国産なので安心ですね。 LTEにも対応しており、連続待受時間は約600時間(休止状態時)、連続通信時間は約20時間(WiFiテザリング時)、約24時間(Bluetoothテザリング時)となっています。 端末名 FS030W 製造元 富士ソフト 端末SIMカード形状 LTE対応microSIM 連続待受時間 約600時間(休止状態時) 連続通信時間 約20時間(WiFiテザリング時) 約24時間(Bluetoothテザリング時) 電池パック リチウムイオンポリマー3000mAh(脱着式) 充電用端子 microUSB 同時接続可能台数 WiFi15台、Bluetooth5台、USB1台 ギガゴリwifiの保障サービスは 月に300円で加入できる安心サポートと月に500円で加入できる安心サポートワイドです。 安心サポートの場合は故障修理が無料になります。 安心サポートワイドの場合は故障終了と水濡れの場合の修理が無料になります。 条件は「ギガゴリWiFi接続サービスと同時お申込み」で、故意に故障させてしまった場合やルーターを改造した場合、盗難や紛失などは対象外となります。 ルーターを持ち運ぶという方はつけておくと安心かもしれません。 ギガゴリwifiの料金 ギガゴリwifiの料金プランを確認してみましょう。 どのくらいで使えるのでしょうか・・・。 20GBプラン 30GBプラン 使い放題プラン 月額料金 1年目 月額2,350円2年目以降 月額2,850円 1年目 月額2,650円2年目以降 月額3,100円 1年目 月額3,050円2年目以降 月額3,500円 契約期間 1年間 1年間 1年間 直近3日間の速度制限 なし なし なし ギガゴリwifiは契約期間が1年で直近3日の使用量によって通信が制限されることがないので、インターネットヘビーユーザーの方にピッタリです。 1年間の自動更新で支払いはクレジットカードのみの対応となっています。 1年ですので、2年契約や3年契約はちょっとなぁ・・・不安という方にもオススメです。 利用開始日は日割り計算で料金が請求されます。 ルーターの発送は全国無料!離島でもすべて無料で届けてくれるのはうれしいポイントですよね。 申込みはスマートフォンから簡単にできますし、インターネット上でエリア検索も可能です。 ギガゴリwifiは無制限でok。 20GBや30GBで使用する人にはぴったり ギガゴリwifiは通信は無制限です。 そして、直近3日間の使用量によって速度が制限されることもありません。 ですので、20Gや30Gの通信をするようなヘビーユーザーの方にはぴったりなのがギガゴリwifiです。 インターネットヘビーユーザーの場合、スマホの契約で通信していたらすぐに通信制限がかかってしまうことでしょう。 通信制限がかかったら、大幅に速度が制限されるので動画や音楽ダウンロードはもちろん、TwitterやInstagramなどのSNSもほぼ使えない状態になってしまいます。 ギガゴリwifiなら、安心です。 ギガゴリwifiなら、制限なしでしようできるので、ついついインターネットを使いすぎちゃっても大丈夫です。 他のwifiでよく見る直近3日間の利用での速度制限もありません(20GBもしくは30GBプランで契約している場合は、月間で利用できる通信量を超えたら月末まで通信速度が制限されて128kbpsになります)。 ソフトバンク4Gが使える ギガゴリwifiは、ソフトバンクの4GLTEを使用しています。 ですので、通信できるエリアが広く通信も安定していて速度もばっちりの快適な高速通信をエリア内ならどこでも可能です。 ルーターはコンパクトなので、持ち運び可能です。 ですので、自宅にいても外出でも快適なインターネットを利用できます。 高速インターネットで快適にゲームや動画を楽しめます。 ソフトバンクにもwifiルーターはありますが、同じ電波を使っているのなら、ギガゴリwifiの方がお得という考え方もあります。 エリアも広く、快適なインターネットができますし、持ち運びにも便利ですので、ドラクエウォークやポケモンGoなどの移動式のゲームをしている方にもピッタリです。 8日以内であれば違約金なしで解約可能 ギガゴリwifiは、契約から8日以内であれば、違約金を支払うことなく解約できます。 ギガゴリwifiの違約金は解約違約金につきましては、端末発送月を1ヶ月目として、1ヶ月目~12ヶ月目の間に解約した場合は18,000円(税抜)、契約から13ヶ月目の解約で、契約更新月ではない月に解約した場合は8,000円(税抜)です。 ですが、契約から8日以内であれば18000円の解約金は支払う必要がありません。 初期契約解除というのですが、この場合は解約したい旨を連絡して、端末を返却するだけでOKです。 ですが、この場合でも事務手数料3,000円は請求されますので注意しましょう。 解約する場合には、初期契約解除でもそうではない解約で端末を返却する必要があります。 もし、単価を返却しない場合は、解約月翌々月に、補償料として10,000円(税抜)が請求されますので、必ず返却してください。 長期間使用しても機種は自分のものにはなりませんので、捨てたり壊したりしなうようにしましょう。 故障が心配であれば、安心サポートや安心サポートワイドへの加入がオススメです。 ギガゴリwifiのデメリット。 海外で使用不可 料金も安くて、料金プランもシンプルで、通信制限もなく、直近3日間での通信制限もかからないといいことだらけの条件でソフトバンクの4Gの電波を使えるギガゴリwifiですが、デメリットもあります。 それは海外で使用できないということです。 使い放題で通信制限がないモバイルルーターの中には、海外で手続きなして使用できるものもありますので外国で使いたいという方はギガゴリwifiより、ほかのサービスの方が向いているかもしれません。 国内のみで十分!外国で通信することはないし、そもそも外国に行くことがないという方にとってはギガゴリwifiは十分、検討の余地があるwifiと言っていいでしょう。 海外で使えないことはギガゴリwifiのデメリットですが、国内利用のみで満足という場合はこの料金と1年契約で端末はレンタルというギガゴリwifiは魅力です。 ギガゴリwifiのデメリット。 ここまでギガゴリwifiのメリットについて紹介してきましたが、ここからはデメリットについて紹介していきます。 メリット・デメリットの双方を理解し、正しく利用できるようにしましょう。 ギガゴリwifiのデメリットとしては以下の項目が挙げられます。 ギガゴリwifiのプランは20GBプラン・30GBプラン・ワールドプランの3つのプランがありますが、このうち海外での使用に対応しているのはワールドプランのみとなっています。 20GBプランと30GBプランの二つは、国内のみの使用に限られ、海外での出張・留学の際にはワールドプランに契約しないとWi-Fiを利用することができません。 近々、海外へ渡航する可能性がある方は、ワールドプランを契約しておいた方が良いかもしれません。 ギガゴリwifiのデメリットの一つとして、海外で使用できないプランが存在することを紹介しました。 違約金が高額である。 1年目以降の違約金が高い 解約のタイミング 違約金 1~12ヶ月目 18,000円 13ヶ月目以降(更新月以外) 8,000円 まず、ギガゴリwifiのデメリットとしては、違約金が高いことが挙げられます。 そんな中、ギガゴリwifiの違約金は18,000円と、比べるとかなり高額な違約金の料金設定となっています。 ギガゴリwifiは一年契約なので、この高額な違約金を払うくらいならキチンと一年間使って契約満了を迎えた段階で解約したほうがよさそうです。 また、ギガゴリwifiは一年目以降の違約金が高いこともデメリットと言えるでしょう。 ギガゴリwifiを始めとするWi-Fiサービス会社のほとんどは、更新月に解約を申し込まなければ、契約が自動で更新されます。 契約の自動更新は不都合だ、違約金がもっと安いところがいいといった方は、別のWi-Fiサービス会社をおススメします。 安心サポートで補償されるものが少ない 補償オプション 正式名称 月額料金 補償の範囲 安心サポート 修理保証サービス 300円 正常な使用で故障した箇所の修理 安心サポートワイド 水濡れ・修理保証サービス 500円 上記+故障・破損・水濡れ ギガゴリwifiの三つ目のデメリットとして、安心サポートで補償されるものが少ないことを採り上げました。 他のWi-Fiサービス会社は、月額300円ほどで水没を含めた補償サービスを提供しています。 より手頃な料金で、多くのサポートをしている他社と比較すると、ギガゴリwifiの安心サポートで補償されるものが少ないということはデメリットと言えるでしょう。 クレジットカードのみしか使えない ギガゴリwifiは、支払い方法としてクレジットカードしか利用できません。 口座振替やデビットカードによる支払い、コンビニ払いができるWi-Fiサービス会社が増える中、ギガゴリwifiはクレジットカードによる支払いしかできないようになっています。 クレジットカードを作成していない方はギガゴリwifiのサービスを受けることができないので、クレジットカードを作成するのが手間だと思う方や、諸事情でクレジットカードを作成できないといった方は、クレジットカード以外の支払いにも対応しているWi-Fiサービス会社を選ぶようにしましょう。 以上、ギガゴリwifiのデメリットについて紹介しました。 口座振替の手数料が高い ギガゴリwifiは、口座振替を利用すると高額な初期契約手数料が発生します。 現在はまだ口座振替を取り入れていませんが、今後利用する際には初期契約手数料として20,000円を払わなければなりません。 さらには、現在は記載されていませんが、利用時に200円ほどの手数料も掛かるだろうと予想されています。 今後、口座振替が適応されるようになり、少しでも利用しようと考えている方は、以上の内容に気を付けて利用するようにしてください。 端末は返却 ギガゴリwifiは端末をレンタルしているので、解約の手続きを行ったら、外箱を含む端末一式を期限までに返送する必要があります。 返送の期限は、解約月の翌月20日までとなっており、返送の際の送料などはお客様自身の負担となります。 解約してから端末を返却する際にも気を付けるべきことは多くあるので、しっかりと確認するようにしましょう。 ギガゴリwifiの会社概要 ギガゴリwifiを運営しているのは、GMOインターネット株式会社です。 インターネット事業で有名な会社ですので聞いたことがあるというかたも多いのではないでしょうか。 プロバイダー運営の実績はなんと20年以上にもなる会社ですし、東証一部に上場している優良企業です。 よく解らない聞いたことがないような会社と契約するのはちょっと・・・という方でも、有名企業企業のGMOインターネット株式会社なら安心できます。 会社名 GMOインターネット株式会社 (英文表記:GMO Internet, Inc. しっかりした会社であることは一目瞭然ですよね。 安心して契約できる有名企業がいいという方にもギガゴリwifiはオススメです。 ギガゴリwifiの速度 Wi-Fiサービスを利用する上で気になるのは、やはり速度ですよね。 ギガゴリwifiの速度はどのような感じなのでしょうか。 下りは受信速度、上りは送信速度を指し、Mbpsとは一秒あたりに転送することができるデータ量の値を指しています。 ですので、上記の速度をかみ砕いて説明すると、一秒あたりに最大で150M分のデータを受信でき、一秒あたり最大で50M分のデータを送信できるという風になります。 この数値は、あくまでも理論上出すことのできる最大の速度であり、住居の通信環境や、通信の混雑具合で変動します。 一般的に見て、下りの最大速度150Mbps・上りの最大速度50Mbpsは少し遅めの値となっています。 速度が少し遅め 先ほどギガゴリwifiの通信速度は、下りの最大速度150Mbps・上りの最大速度50Mbpsと紹介しました。 この数値は、一般的なWi-Fiの通信速度と比較しても少し遅めの値となっています。 多くの人がアクセスし、通信が混雑するピークタイムに高画質での動画の視聴がスムーズにできないくらいの速度と考えておくとよいでしょう。 快適に使用するために、Wi-Fiを使用する際は、できるだけピークタイム(夕方から夜間にかけての利用者が多くなる時間帯)を避けたり、Wi-Fiの接続台数を減らしたり、Wi-Fiから近く、障害物(壁など)の少ない空間で利用したりするようにしましょう。 使い放題プランは三日制限がない ギガゴリwifiには、「20GBプラン」・「30GBプラン」・「ワールドプラン(使い放題プラン)」の3種類があります。 このうち、使い放題プランでは、他のWi-Fiサービスを提供する会社にあるような「3日で10GB以上使用したら速度制限」といった制限がありません。 他の会社であれば、使い放題プランの契約であっても、3日間で上限を超えて通信制限を受けた場合にはピークタイムはスムーズに使用できず、ストレスが溜まってしまうことでしょう。 その点で「3日で10GB以上使用したら速度制限」といった制限のないギガゴリwifiは、通信が混雑するピークタイム時にもストレスなく使用したいという方におススメです。 20GBプラン・30GBプランは、その名の通り、月間20GB、または30GBまで利用し放題のデータプランとなっています。 仮に20GBプランを契約していて、一か月の間で使用データ量が20GBを超えてしまったら、その場合は速度制限を迎え、月末まで128kbpsという通信速度となります。 30GBプランでも同様に、一か月でデータ使用量が30GBを超えると月末まで128kbpsとなります。 128kbpsという通信速度は、メールやSNSといった通信データ量が比較的少ないサービスであればスムーズに利用できるといった速度となっています。 ギガゴリwifiのワールドプランは、クラウドSIMを活用したWi-Fiサービスで、月間の使用量に制限はなく、さらには国内だけでなく海外でも使用できるというサービスとなっています。 先ほども紹介したように、このギガゴリwifiのワールドプランは「3日で10GB以上使用したら速度制限」といった制限がなく、思うままに快適なWi-Fiライフを満喫することができます。 また、ポケットWi-Fiの電源を入れるだけで海外の132国で使用することができる優れもので、海外への出張・留学などがあっても、国内と変わらない通信速度で利用できます。 契約期間が1年 ギガゴリwifiの各プランの月額料金や契約年数をまとめた表をご覧になってお気づきになった方もいらっしゃると思いますが、ギガゴリwifiの20GBプラン・30GBプランの契約年数は一年間なのです。 他のWi-Fiサービスを展開する会社の多くは、設定している契約年数が2~3年で、ギガゴリwifiよりも長いことです。 契約年数が長いことで発生するデメリットとしては、途中解約することで発生する違約金がネックとなって新しいサービスを受けられないということです。 現在サービスを受けている会社ではなく、別の会社に申し込みたいと思ったり、契約会社からレンタルしている端末が古くなってきたので変えたいと思ったりしても、契約満了を迎えていなければ違約金を払う必要性が出てきます。 また、度々転勤などで引っ越す機会が多いという方にとっても、契約年数が長いことはネックとなってしまうでしょう。 そういった点で考えると、ギガゴリwifiの一年契約は利用者にとって非常に優しい設定になっていると思います。 20GBプラン・30GBプランは、一年間契約の自動更新となっています。 契約して一年が経つ頃に、さらに一年間契約を続行するかどうかを尋ねる趣旨の連絡が入りますので、しっかりと確認するようにしましょう。 ギガゴリwifiのメリット これまでギガゴリwifiの概要を紹介してきましたが、改めてギガゴリwifiのメリットについて紹介していこうと思います。 ギガゴリwifiのメリットとしては以下の項目が挙げられます。 また、ギガゴリwifiはプランの数も多くあります。 ギガゴリwifiは、20GBプラン・30GBプラン・ワールドプランの3つのプランを提供していますが、他のWi-Fiサービス会社は1つか2つのプランしか用意していません。 プランが豊富であれば、その分自分にとって利用しやすいプランに近いものがあると言えるでしょう。 予算や、自身のデータ使用量に合わせて適切なプランを選択しましょう。 ギガゴリwifiのワールドプランは、月間のデータ使用量の制限がなく、さらには「3日で10GB以上使用したら速度制限」といった制限もありません。 そのため、使いたいときに不自由なく利用することができます。 ストレスフリーに使用したい方にとっては非常におススメです。 端末損害金がお得 ギガゴリwifiのメリットとして、端末損害金がお得であるということも挙げられます。 そもそも、端末損害金とは何かご存知でしょうか。 端末損害金とは、端末を補償する内容のオプションに未加入の方が、端末を故障・破損させてしまったり、解約の際に端末を返却しなかったりしたときに発生する弁済金を指します。 この端末損害金の料金設定は、一般的なWi-Fiサービス会社は15,000円~20,000円となっていますが、ギガゴリwifiの料金設定は10,000と、相場から見てもかなり安い設定になっています。 ギガゴリwifiなら、万が一破損させてしまった場合も、大きな負担にならないので安心ですね。 ということで、端末損害金が安いこともギガゴリwifiのメリットと言えるでしょう。 電話サポートの受付対応時間が長い ギガゴリwifiのメリットとして最後に採り上げるのは、電話サポートの受付対応時間が長いということです。 レンタル型のモバイルWi-Fiの多くは、そもそも電話対応を採用しておらず、メールを通したお問い合わせのみ受け付けている会社がほとんどです。 電話対応を採用していても、その電話はフリーダイヤルではなく、通話料金がお客様自身の負担ということもしばしば見受けられます。 フリーダイヤルの電話対応を取り入れているとあるWi-Fiサービス会社の電話受付時間は、11:00~18:00となっています。 サポートセンターの休日は日・年末年始となっています。 対して、ギガゴリwifiの電話受付時間は、10:00~19:00で、フリーダイヤルであるので、お客様自身が通話料金を負担することはありません。 さらにはサポートセンターの休日がなく、年中無休で対応しているので、不安なことがあればすぐに相談できるのが大きなメリットとなっています。 ギガゴリwifiの解約方法 ここで、ギガゴリwifiの解約方法について紹介していきたいと思います。 注意点として、契約更新月以外の解約には違約金が生じるので、高額な違約金を支払いたくないという方は、契約更新月をしっかりと確認しておきましょう。 ギガゴリwifiの解約の流れを簡潔にまとめると以下の通りです。 注意点を以下でいくつか紹介していくのでご確認ください。 解約手数料 急な事情で、契約を満了する前に解約しなければならなくなった場合、解約手数料が発生します。 契約してから一年以内の解約手数料は18,000円、契約更新月を除く一年目以降に解約する場合の解約手数料は8,000円となっています。 契約月数に応じて手数料の値段が変わるので、事前に調べておきましょう。

次の

ギガゴリWi

ギガゴリwifi 口コミ

どんなときもWiFi• ネクストモバイル• Mugen WiFi• クラウドWiFi• よくばりWiFi• 限界突破WiFi などなど、かなりの数があってどこが良いのかサッパリわからない・・・という人も多いと思いますが、無制限ポケットWiFiを比較する時は基本的に価格の安さで選べばOKです。 なぜなら、使える回線はどれもキャリア回線なのでエリア的にはどのプロバイダを選んでも問題なく、通信速度は使う環境に大きく左右されるのでこればっかりは実際に使ってみなとわからないからです。 そのため、無制限ポケットWiFiを比較する時のポイントは価格の安さなんです。 ギガゴリWiFiとネクストモバイルを比較 無制限ポケットWiFiで今一番おすすめなのはネクストモバイルです。 ネクストモバイルはとにかく価格が安いのが魅力のプロバイダ。 そこでギガゴリWiFiとネクストモバイルの価格を比較してみました。 ネクストモバイルの契約期間は2年です。 どちらのプロバイダも契約更新月を迎えると月額料金が少し高くなる料金形態になっているため、更新月で解約するかどうかでトータルコストを安く抑えられるプロバイダが変わってきます。 結論としては、 1年の利用であれば「ギガゴリWiFi」、 2年の利用であれば「ネクストモバイル」がおすすめとなります。 1年契約できる!• ソフトバンク回線でエリアが広い!• 使い放題プランが最安級! 契約期間が1年で短い ギガゴリWiFiの契約期間は1年となっています。 ポケットWiFiの契約期間は2年や3年というプロバイダが多いので、長期契約は申し込みに躊躇してしまう・・・という人でも契約しやすいプロバイダです。 また1年も経てばさらに安いポケットWiFiが出ている可能性が高いので、契約期間が短いのはギガゴリWiFiの大きなメリットです。 ソフトバンク回線でエリアが広い ギガゴリWiFiはソフトバンク回線が使えるポケットWiFiです。 ソフトバンクのスマホ・携帯を1度は利用したことがある人も多いと思いますが、繋がらなかったり圏外になることってほとんどないですよね。 ギガゴリWiFiはソフトバンクのスマホ・携帯の電波を利用しているため、全国の広いエリアで使うことができます。 使い放題プランが最安級 ここ最近、使い放題・無制限のポケットWiFiが数多く発売されていますが、ギガゴリWiFiはその中でも価格が最安級です。 特に1年間の短期利用であれば、ギガゴリWiFiの安さはトップクラス!めちゃくちゃおすすめです。 月額料金 1年間総額 2年間総額 ギガゴリWiFi 3,050円 2年目から3,500円 36,600円 78,600円 ネクストモバイル 3,100円 3年目から3,600円 37,200円 74,400円 そのためギガゴリWiFiを長期で使ってしまうと、1年間の利用料金が激安!というギガゴリWiFiのメリットが薄れてしまいます。 ギガゴリWiFiを使うなら1年間と決め、更新月を迎えたら他社に乗り換えするのがオススメです。 ギガゴリWiFiの速度制限 ギガゴリWiFiは、 月間容量を超えた場合に月末まで通信速度が128kbpsに制限されます。 つまり、速度制限があるのは20GBプランと30GBプランのみです。 公式サイトには「一度に大量のデータを送受する通信を一定期間継続した場合、通信速度を制限することがある」との記載がありますが、動画を見たり音楽を聞いたり普通にインターネットを使う程度で制限がかかることはありません。 そのためギガゴリWiFiの使い放題プランであれば通信容量を気にせずインターネットを使うことができます。 なぜなら通信速度は通信環境やネットワークの混雑状況、接続機器などによって大きく左右されるから。 そのためスペック上の最大通信速度は気にしなくてOK! FS030Wは私も実際に使ったことがありますが、通信速度が遅いと感じたことは一度もありませんでした。 むしろFS030Wは バッテリーのもちが良いので外出先での長時間の使用も安心ですし、何より コンパクトなので持ち運びにも凄く便利なポケットWiFiです。 ギガゴリWiFiの契約について ギガゴリWiFiの契約時の注意点などについてまとめました。 初月は日割り計算 ギガゴリWiFiの初月の利用料金は日割り計算されます。 プロバイダによっては申込日が月末であっても1ヶ月分の料金が必要になるところもありますが、ギガゴリWiFiはちゃんの日割り計算してくれるので何日に申し込みしても損してしまうことはありません。 契約には本人確認書類が必要 ギガゴリWiFiの申し込みには、運転免許証や保険証などの本人確認書類が必要です。 ただし 更新月であっても違約金がかからないのは20日まで。 20日を過ぎると翌月扱いとなり違約金が発生してしまうので、早めに手続きを済ませておきましょう。 解約手続きを早めに済ませておいても月末までポケットWiFiの使用はできるので、損してしまうことはありません。 端末の返却は忘れずに ギガゴリWiFiのポケットWiFiはレンタルなので、契約終了時には端末の返却が必要です。 端末の返却期限は解約月の翌月20日までです。 返却期限にはかなり余裕があるので解約月の最終日までしっかり使うことができます。 ただ、翌月20日までに返却しないと補償料として10,000円が必要になるので、返却期限は過ぎないように注意してください。 8日以内であればクーリングオフできる ギガゴリWiFiは初期契約解除制度の対象サービスです。 初期契約解除とはクーリングオフに似た制度で、端末を受け取ってから8日以内であれば違約金なしで解約することができます。 ポケットWiFiは実際に使ってみないと電波状況や通信速度などわからない部分も多いですが、初期契約解除があるのでポケットWiFiの使用が初めての人でも安心してお試しすることができます。 ギガゴリWiFiはこんな人におすすめポケットWiFi.

次の

【GMO】ギガゴリWiFiの料金・速度・エリアを解説~レビューも有り~

ギガゴリwifi 口コミ

回線提供元の都合により、2020年4月10日にて競合クラウドWiFiサービスのMugen WiFiの新規申し込み受付が終了となりました。 現状、 ソフトバンクSIMを利用した類似サービスは、サービス停止となる予定です。 また、既に契約済の大容量WiFiに関しましても上記都合により今後容量制限が設けられる可能性が高いです。 (限界突破WiFiの前例あり。 ) そのため、 これから新しくポケットWiFiを契約するようでしたら「WiMAX」の契約をおすすめします。 月間容量が無制限な上に、通信速度が非常に速く安定しています。 下記ボタンの飛び先で、31社のした結果、業界最安値で最もおすすめのWiMAX「」について詳しく解説しています。 ぜひ、チェックしてみてくだい。 特に50GB超プランが目玉で、こちらのプランはほぼほぼ容量無制限のプランとなっています。 競合のネクストモバイルと比べて、縛り期間が短く月額料金が安い点で優れています。 ただし、 Mugen WiFiや限界突破wifiの様な無制限wifiと比べると海外利用できない点で劣ります。 ギガゴリWiFiは、国内で使えれば良くて通信速度にも拘らず容量無制限のwifiを安く使いたい人におすすめのWiFiです。 「ギガゴリWiFi」のネット上での口コミ評判まとめ! まずは、ギガゴリWiFiに関するネット上の口コミ評判についてまとめていきます。 悪い口コミ・良い口コミの順番で紹介していきます。 ギガゴリWiFiの口コミが気になっているようでしたら、是非参考にしてください。 結果、現状悪い口コミは1件しかありませんでした。 また、 口コミの内容は、「サービス内容が微妙」という内容の口コミです。 実際の契約者の口コミは存在しませんでした。 実際、口コミの通りギガゴリWiFiの20GBプランと30GBプランは微妙です。 契約するなら無制限プラン1択なのですが、無制限プランは提供準備中の現状です…汗 おそらく、無制限プランの受付が始まって契約者数が増えたら口コミ件数も増加していきます。 口コミ件数が増加してきたら、悪い口コミについても追記しますね! ギガゴリWiFiのネット上での良い口コミ! ギガゴリWiFi良さそう — Re:kako Rekako5 次に、ギガゴリWiFiのネット上での良い口コミについて調べてみました。 結果、現状良い口コミも1件しかありませんでした。 口コミの内容としては「ギガゴリWiFi良さそう」という期待を込めた口コミです。 実際、サービス内容に好感を持っている人は多そうですよね。 無制限プランの提供が開始されてユーザーが増えれば、良い口コミ評判も自然に増えて行くかと思います。 今後もギガゴリWiFiの口コミについては定期的にウォッチして、参考になる口コミが出てきたら紹介していきますね! ギガゴリWiFiのネット上での悪い口コミと良い口コミまとめ ギガゴリWiFiのネット上での悪い口コミと良い口コミについてまとめてきました。 結果、 サービスが始まったばかりの現状では、実際の利用者の参考になる口コミを見つける事ができませんでした。 ですが、サービス内容について期待を持っている人は多いです。 そのため、無制限プランの受付が始まり次第ユーザーが増えて行くでしょう。 なるほどwifi編集部では、 ギガゴリWiFiの口コミを定期的にウォッチしていく予定です。 その中で、参考になる口コミを見つけ次第しっかり紹介していきますね! 「ギガゴリWiFi」の5つのデメリットを解説! ギガゴリWiFiのデメリット• ここでは、ギガゴリWiFiのデメリットについて解説していきます。 ギガゴリWiFiには上記5つのデメリットがあります。 この後からそれぞれについて詳しく解説していきます。 ギガゴリWiFiの競合サービスである「ネクストモバイル」と「それがだいじWiFi」は、解約時に端末を返却する必要がありません。 端末の返却はめんどうですし、FS030WはSIMフリー端末なのでもっていれば活用できる機会はいくらでもあります。 ギガゴリWiFiと「ネクストモバイル」「それがだいじWiFi」で違うのは月額料金だけなのに、ギガゴリWiFiだけ端末を返却する必要があるのは大きなデメリットですね。 ギガゴリWiFiは契約期間が1年間で、2年目からは月額が500円前後高くなります。 また、契約は自動更新なので解約月を逃すと解約金がかかります。 もし解約月を逃してしまった場合、500円高い月額で1年契約し続けるか8,000円の違約金を支払って解約するかの2択になってしまいます。 正直1年毎に契約と解約を繰り返すのって面倒ですよね…汗。 そこで、契約2年目から月額が高くなることはギガゴリWiFiの大きなデメリットであると言えます。 口座振替を選択するとギガゴリWiFiは15,000円近く損をすることになりますね。 上記のように、口座振替で契約すると20,000円の手数料が必要な点はギガゴリWiFiのデメリットであると言えます。 2Gbps ギガゴリWiFiの4つ目のデメリットは、最大通信速度が非常に遅い事です。 上記表で、代表的な他のサービスの端末の最大通信速度を記載しました。 ギガゴリWiFiは、最近トレンドの「無制限wifi」と同程度の最大通信速度があります。 ですが、WiMAXと比較した場合最大通信速度が非常に遅いですよね…汗 この違いは実際の通信速度にも表れています。 近頃は、動画サービスなどの流行で通信速度が要求される場面が増えています。 そう考えると、最大通信速度が遅い点はギガゴリWiFiの大きなデメリットと言えますね。 現状、日本と海外どちらでも利用できるWiFiは「」を始めとする無制限wifiだけです。 ギガゴリWiFiは、月額3,050円で月間容量無制限で利用できるWiFiです。 一方で、無制限WiFiは月額3,280円前後で月間容量無制限な上に、日本と海外どちらでも通信できます。 ほぼ同じような機能・価格で、「日本だけで通信できるWiFi」と「日本と海外どちらでも通信できるWiFi」があるなら後者を選ぶ人が多いのでは? そんな訳で、海外で通信できない点はギガゴリWiFiのデメリットの1つであると言えますね。 「ギガゴリWiFi」の3つのメリットを解説! ギガゴリWiFiのメリット• ギガゴリWiFiのデメリットについて紹介できたところで、メリットについても解説していきます。 ギガゴリWiFiには、上記3つのメリットがあります。 この後から、それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。 「縛り期間1年」は数あるモバイルWiFiの中でも非常に短い期間です。 上記表に、競合サービスの縛り期間をまとめてみました。 ネクストモバイルは2年、それがだいじWiFiが3年と ギガゴリWiFiの縛り期間が一番短いことが分かりますね。 同じサービスを受けられるのであれば、なるべく縛り期間は短い方が良いですよね。 そこで、縛り期間が1年と短い事はギガゴリWiFiの大きなメリットであると言えます。 他社と比較してみると、 「20GB」「30GB」「無制限」の全てのプランでギガゴリWiFiの月額最安値であることがわかりますね! 同じサービスを契約するなら、月額は安い方がお得ですよね?そこで、月額料金が業界最安値である点はギガゴリWiFiの大きなメリットであると言えます。 最近になって無制限wifiは増えてきたものの、まだまだ容量制限のあるWiFiがメジャーです。 上記表に、現在代表的なモバイルWiFiサービスの容量制限についてまとめてみました。 WiMAXは3日で10GB、ポケットwifiは1日3GBまでの制限がありますね…! 最近では、 YouTubeなどの動画コンテンツが人気なのでモバイルWiFiの速度制限に悩まされている人も多いのでは? そこで、容量無制限のプランの取扱がある点はギガゴリWiFiの大きなメリットの1つであると言えますね! 上記から分かった「ギガゴリWiFi」をおすすめする人・しない人 ここでは、ギガゴリWiFiのメリット・デメリットから分かる、ギガゴリWiFiを「おすすめする人」「おすすめしない人」について解説していきます。 ギガゴリWiFiの契約を考えているようでしたら、是非簡単に目を通してみてくださいね! 「ギガゴリWiFi」をおすすめする人! おすすめする人• 無制限wifiを契約したい人• 月額料金は最安値で契約したい人• 縛り期間が短い方が良い人 ギガゴリWiFiをおすすめする人は、「無制限wifiを契約したい人」の中でも「月額最安値」「縛り期間が短い」ことを重視する人です。 メリット・デメリットでも解説したように、 ギガゴリWiFiは「容量無制限」「月額最安円」「縛り期間1年」が特徴のサービスです。 逆に、安い分「違約金負担」や「乗り換えサポート」などユーザーをサポートするサービスには乏しいです。 サポート対応にも不安が残ります。 そのため、無制限wifiを契約したくて「安さ」と「縛り期間の短さ」を追求しているようでしたらギガゴリWiFiを契約しましょう! 「ギガゴリWiFi」をおすすめしない人… おすすめしない人• 口座振替で契約したい人• 解約後に端末を活用したい人• 通信速度が速いWiFiを契約したい人• 海外でも通信できるWiFiを契約したい人• ギガゴリWiFiは、月額料金が安い分口座振替での手数料が高いですし端末返却の必要があるなどのデメリットが存在します。 また、ソフトバンク回線しか受信できないので海外では通信できませんし、通信速度はどちらかと言えば遅いです。 ここで紹介した「おすすめしない人リスト」に当てはまる項目が多いようでしたら「」や「WiMAX」の契約をおすすめします。 「ギガゴリWiFi」を契約するための全手順! ギガゴリWiFiを契約するための全手順• ギガゴリWiFiのメリット・デメリットやおすすめする人・しない人について解説できたところで、ギガゴリWiFiの契約方法についても解説していきます。 ギガゴリWiFiは上記3ステップで契約することができます。 この後から1ステップずつ解説していくので、是非目を通してみてください。 URLは「」です。 ネクストモバイルやそれがだいじWiFiなど 類似のサービスが複数あります。 20GBプランと比較して月額700円しか違いません。 無制限プラン以外の選択肢は無いでしょう。 もし、20GBプランや30GBプランの契約を考えているのであればAmazonなどでsimフリーのFS030Wを買って「ijmio」などでsimを契約した方が安い場合があります。 また、 低容量プランを契約するのであればWiMAXを契約した方が速度の点でメリットがあります。 ちなみに、2020年1月現在ギガゴリWiFiの無制限プランは「準備中」となっています。 今すぐ契約したいならギガゴリWiFiは避けた方が無難です。 「ギガゴリWiFi」の解約方法についても事前に理解しておこう! ギガゴリWiFiの解約方法• 電話で解約の旨を伝える• 端末を返却する• まずは、「0120-377-109」に電話してギガゴリWiFiを解約したい旨を伝えましょう。 締め日が20日なので、毎月20日より前に連絡してください。 すると、端末を返却してくださいと言われるので翌月20日までに「東京都江戸川区一之江2丁目11-13」に端末を返却しましょう! 最後に、ギガゴリWiFiのサポートセンターから端末受領のメールを受け取って解約完了です! 「ギガゴリWiFi」の会社概要 正式名称 ギガゴリWiFi 会社名 住所 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー 4~14階・総合受付11階 電話番号 03-5456-2555 公式HP 「ギガゴリWiFi」に関するまとめ この記事で紹介したこと• ギガゴリWiFiの口コミは現状ほとんど無い• ギガゴリWiFiのメリットは料金が安く無制限なこと• ギガゴリWIFiのデメリットは端末返却の必要があること• ギガゴリWiFiは安く無制限wifiを利用したい人におすすめ• ギガゴリWiFiは海外でも通信したい人にはおすすめしない 今回の記事では、ギガゴリWiFiの口コミやメリット・デメリットについて解説してきました。 ギガゴリWiFiのネット上での口コミ評判をしらべた結果、 サービスが始まったばかりなこともあり口コミ評判はほとんどありませんでした…汗 料金や性能を他社と比較した場合、ギガゴリWIFIは「料金が安い」「契約期間が短い」「通信容量無制限」の3点がメリットであると言えます。 逆に「端末を返却する必要があること」「通信速度が遅いこと」「海外では通信できないこと」などがデメリットとして上げられます。 メリット・デメリットから考えて、ギガゴリWiFiは「無制限WiFiを最安値で使いたい人」におすすめです。 この条件に当てはまるなら、是非契約を前向きに検討しましょう!.

次の