科学技術研究科。 自然科学技術研究科

科学研究費助成事業|日本学術振興会

科学技術研究科

本書は、科学技術と政治の接点に存在する課題について俯瞰することを目的としている。 科学技術と政治の接点には大きく2つの課題がある。 第1の課題は、科学技術に対する政治の影響という課題である。 科学技術の研究開発、科学技術の実社会の各分野での利用に際して必要になるリスク規制やイノベーションの促進は様々な主体の利益や価値に関わり、諸主体間での政治が展開される。 科学技術に関する判断には多くのトレードオフや不確実性等に関する判断が埋め込まれており、一定の政治的裁量が埋め込まれている。 また、科学技術に関わる政治においては、各主体が科学技術に関する能力をどのように確保するのか、各主体が能力確保に投資するインセンティブ構造が確保されているのかというのも、重要な課題となる。 第2の課題は、科学技術の政治への影響の課題である。 現代政治の活動は様々な科学技術的条件の上に成立している。 交通手段、コミュニケーション手段の変容は政治プロセス自身に影響を与えている。 このような技術手段の変容はグローバル化を規定する重要な要因でもある。 核兵器や最近のサイバー攻撃の拡大に見られるように、軍事技術の展開は国際政治プロセスに大きな影響を与えてきた。 今後の情報技術の進展や人工知能の利用によるコミュニケーションの個別化も政治プロセスに影響を与えると思われる。 科学技術に関わる政治は個別の科学技術に関わる制度的文脈に埋め込まれた形で展開される。 その意味で、ここで対象とする政治には、様々な制度的組織的文脈に埋め込まれた政治を包含するという点で、いわゆる行政を幅広く含むこととなる。 本書においては、序論において科学技術自体の性格とダイナミズム、科学技術政策の概念について検討した後、I部、II部、III部という3部構成により科学技術に関わる政治の課題を概観する。 第I部では、科学技術に関わる主体と科学技術に関わる政治的ダイナミズムの分析視角を整理した上で、国内におけるリスク評価・管理や事故調査・インシデント情報共有による学習メカニズムについて扱う。 第II部では、国内における知識生産や技術の社会導入に関わるイノベーションのメカニズムについて扱う。 また、科学技術に関する調整メカニズムや科学技術に関する調整メカニズムと他の調整メカニズムの関係の課題についても扱う。 そして、第III部においては、国際レベルにおけるリスク規制 安全保障に関するリスクも含む と国際的な知識生産、技術の社会導入を進めていくための国際協力のメカニズムについて検討する。

次の

UTokyo BiblioPlaza

科学技術研究科

本書は、科学技術と政治の接点に存在する課題について俯瞰することを目的としている。 科学技術と政治の接点には大きく2つの課題がある。 第1の課題は、科学技術に対する政治の影響という課題である。 科学技術の研究開発、科学技術の実社会の各分野での利用に際して必要になるリスク規制やイノベーションの促進は様々な主体の利益や価値に関わり、諸主体間での政治が展開される。 科学技術に関する判断には多くのトレードオフや不確実性等に関する判断が埋め込まれており、一定の政治的裁量が埋め込まれている。 また、科学技術に関わる政治においては、各主体が科学技術に関する能力をどのように確保するのか、各主体が能力確保に投資するインセンティブ構造が確保されているのかというのも、重要な課題となる。 第2の課題は、科学技術の政治への影響の課題である。 現代政治の活動は様々な科学技術的条件の上に成立している。 交通手段、コミュニケーション手段の変容は政治プロセス自身に影響を与えている。 このような技術手段の変容はグローバル化を規定する重要な要因でもある。 核兵器や最近のサイバー攻撃の拡大に見られるように、軍事技術の展開は国際政治プロセスに大きな影響を与えてきた。 今後の情報技術の進展や人工知能の利用によるコミュニケーションの個別化も政治プロセスに影響を与えると思われる。 科学技術に関わる政治は個別の科学技術に関わる制度的文脈に埋め込まれた形で展開される。 その意味で、ここで対象とする政治には、様々な制度的組織的文脈に埋め込まれた政治を包含するという点で、いわゆる行政を幅広く含むこととなる。 本書においては、序論において科学技術自体の性格とダイナミズム、科学技術政策の概念について検討した後、I部、II部、III部という3部構成により科学技術に関わる政治の課題を概観する。 第I部では、科学技術に関わる主体と科学技術に関わる政治的ダイナミズムの分析視角を整理した上で、国内におけるリスク評価・管理や事故調査・インシデント情報共有による学習メカニズムについて扱う。 第II部では、国内における知識生産や技術の社会導入に関わるイノベーションのメカニズムについて扱う。 また、科学技術に関する調整メカニズムや科学技術に関する調整メカニズムと他の調整メカニズムの関係の課題についても扱う。 そして、第III部においては、国際レベルにおけるリスク規制 安全保障に関するリスクも含む と国際的な知識生産、技術の社会導入を進めていくための国際協力のメカニズムについて検討する。

次の

情報科学科|学科・大学院|理工学部|成蹊大学

科学技術研究科

科学技術イノベーションに 挑む! 異分野融合で 挑む! 北陸先端科学技術大学院大学と金沢大学は、将来が見通しにくい現代社会において、卓越した発想と行動力を基に、社会を力強く導いていけるような 「科学技術イノベーション人材」を養成するため、大学院レベルでの共同教育課程構想を立ち上げました。 教員紹介 一人の学生に対し、次の教員のうち1名が、主任研究指導教員として指導にあたります。 また、金沢大学の専任教員のうち1名が、副主任研究指導教員として主任研究指導教員とは異なる見地からの指導・助言を行います。 【北陸先端科学技術大学院大学】• 塚原俊文• 松見紀佳• 小矢野幹夫• 堀田將• 林幸雄• 小谷一孔• 青木利晃• ホ アン ヴァン• 西村 俊• 池田 心• 由井薗 隆也 【金沢大学】• 後藤典子• 髙橋智聡• 松本邦夫• 鈴木健之• 井上啓• 佐藤純• 須釜淳子• Richard Wong• 小川数馬• 柴田幹大• 水野元博• 當摩哲也• 仁宮一章• 菅沼直樹• 坂本二郎• 飯山宏一• 松井三枝• 小島治幸• 河合望• 寒河江雅彦.

次の