ポケットwifi レンタル ドコモ。 ドコモのポケットWiFiの料金まとめ!無制限で利用するおすすめの方法

E5383(無制限/月)

ポケットwifi レンタル ドコモ

国内WiFiレンタルサービスとは? 国内WiFiレンタルは、モバイルWiFiルーターをレンタルするサービスで、一時的にインターネット環境が必要になった場合に便利に利用できるサービスです。 モバイルWiFiルーターを利用する為、手元に届いた直後から、簡単な設定をするだけですぐにインターネットが利用できる点が魅力です。 モバイルWiFiルーターとは? モバイルWiFiルーターは、スマホと同じくらいのサイズや重さで、外出先でもパソコンやスマートフォンなどWiFi機能を備えたWiFiルーターでワイモバイルやWiMAXなどの通信事業者のネットワークを利用してインターネット接続を可能にする携帯型のWiFiルーターです。 国内WiFiレンタルは、帰省、一時帰国、出張・旅行、引越し、テレワーク(在宅勤務)などの場合に利用すると便利です。 代表的なものとして、WiMAXやワイモバイル(Y! mobile)が提供しているPocket WiFi(ポケット ワイファイ)があります。 インターネット環境がない 実家への帰省時に!• 海外にお住まいで、一時帰国時の インターネット環境に!• 出張や国内旅行など、 短期間の遠出に!• 引越し時の新居へのインターネット開通までのつなぎとして!• テレワーク 在宅勤務 で自宅に インターネット環境がない時に! モバイルWiFiルーターの選び方 どの端末でも、サイズや大きさなどに大きな違いはなく、バッテリーの稼働時間も8時間以上利用できるものが多いため、端末スペックは気にしなくてもよいと考えられます。 一番大きな違いは、受信できる電波の種類となります。 一般的に、受信できる電波の周波数の種類が豊富な端末はつながるエリアが広く、速度も比較的速いといわれています。 モバイルWiFiルーターには、FDD-LTEとTD-LTEの2種類の周波数帯があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。 使用する端末によって受信できる電波が異なるのでWiFiルーターを選ぶ際は注意が必要です。 FDD-LTEの周波数帯は、国内の主流であり、プラチナバンド(700M〜900MHz帯)という電波がつながりやすい回線が割り当てられていますので、広範囲でもつながりやすいですが、同時利用しているユーザーが多いとき、速度が低下しやすいといった難点もあります。 一方、TD-LTEは、高い周波数帯(2. 5GHz帯)を使用するため、高層階や鉄筋等の建物内での利用時はややつながりにくいが、アクセス集中による通信障害の緩和には優れているという利点があります。 山間部や郊外、建物の高層階での利用には、FDD-LTEが対応している端末が向いています。 都心の混雑している場所での利用には、TD-LTE対応している端末が向いています。 端末 FDD-LTE TD-LTE Y! mobile GL01P Y! mobile - Y! mobile GL04P Y! mobile - Y! mobile GL06P Y! mobile - Y! mobile GL10P Y! mobile Softbank Y! mobile - Softbank 304HW Y! mobile Softbank docomo E5383 docomo - docomo HW-02E docomo - docomo FS010W docomo - docomo FS020W docomo - docomo MR03N docomo - WiMAX WX02 - WiMAX WiMAX WX03 - WiMAX WiMAX W01 au WiMAX WiMAX HWD15 au WiMAX au HWD11 au - ワイモバイル回線(ポケットWiFi)の場合、GL10P、305ZT、502HWがワイモバイルの電波以外、Softbankの電波も受信できるため、山間部や沿岸部の利用では比較的につながりやすくなります。 国内Wi-Fiレンタルサービスの流れは?• 翌日出荷となる場合、返却日が翌日扱いとなります。

次の

【最新】新料金プランでドコモのポケットWiFiがおすすめになった理由

ポケットwifi レンタル ドコモ

ポケットWiFiのレンタルサービスを行っている業者は沢山あって何処からレンタルしたら良いのかわからないと言う人多いですよね。 レンタルWiFiの場合、 短期レンタル向け・長期レンタル向けの業者があったりと 、利用期間・利用目的に応じて選ぶ業者は変わってきます。 このページでは、貴方にあった最適のレンタルWiFiが見つかるように利用用途別に紹介しています! ポケットWiFiのレンタルについて ポケットWiFiをY! mobileやUQ WiMAXから契約すると2年~3年といった長期契約になってしまいますが、 レンタルWiFiの場合は業者によって違いますが1日~1ヶ月単位で契約することができます。 最近でよく使われている例として• 光回線の開通までレンタルWiFiを使う• 自宅のWiFi代わりに利用• スマホが通信制限になるからレンタルWiFiで補う 上記のように利用方法は人それぞれですが、 レンタルといういつでも解約できる面を考えると便利ですね。 レンタルの特徴は、契約期間を気にせず使えることです。 スマホの通信料金が高いので、とりあえずレンタルWiFiを使うと言う人も増えています。 ポケットWiFiレンタルのデメリット レンタルWiFiのデメリットは、大きく分けて3つあります。 端末が壊れたら高額の請求が!?• 本人確認書類の提出が必要な場合がある• 初期費用が高い業者がある 特に注意したほうが良いのは、レンタル端末を壊してしまったときです。 詳しくみていきましょう! 1.端末が壊れたら高額の請求が!? ポケットWiFiのレンタルの場合、当然ですが 端末はレンタル品です。 そのため、落下・水没等で壊してしまった場合弁償しないといけません。 弁償金として18,000円~40,000円と業者によって値段が違いますが、高額の請求が来ますので気をつけてください。 高額の弁償金が嫌という人には「安心保障サービス」が月額500円~600円にて申し込みができます。 安心保障サービスに加入していれば、モバイルルーターが故障しても無料もしくは最大1万円の支払いですみます。 ただし、毎月支払わないといけないからお財布と相談して申し込んでね! 2.本人確認書類の提出が必要な場合がある レンタル業者によっては、本人確認書類の提出が必要な場合があります。 正直言ってちょっと手間ですし、 運営元が知らない会社名だと自分の個人情報を渡すと言うのは抵抗がありますね。 最近では、本人確認書類提出不要のポケットWiFiのレンタルも増えてきましたので、 本人確認書類提出が嫌と言う人は、その業者を避けて提出不要の業者と契約した方が良いですね! 3.初期費用が高い業者がある レンタルWiFiは初期費用が0円の業者から7,000円~8,000円を請求してくる業者もあります。 どの業者も初期費用はホームページに記載してありますが、 ウッカリ見落としてしまうと大変です。 クレジットカードの引き落とし明細を見たら高額の請求が来ていたという話も聞いたことがあります。 通常は契約事務手数料で3,000円前後となっておりますので、 それ以上に高い場合は警戒をしつつ、必要であれば納得の上契約をしてください。 レンタル方法は大きくわけて3種類• 短期レンタル向け、1日単位で契約可能(料金高い)• 長期レンタル向け、1ヶ月単位で契約可能(料金安い)• 3ヶ月、半年、1年間等のレンタル予定期間を一括で支払う 料金安い) レンタルWiFiには、短期レンタル(1日単位)から長期レンタル(1ヶ月単位・1年単位・2年単位)での契約があります。 料金は短期レンタルよりも長期レンタルの方が安く使える業者が多いです。 短期レンタル向け、1日単位で契約可能(料金高い)について 1日単位で契約できるレンタルWiFiは高額です。 契約時に利用期間を申請してレンタルする場合が多いです。 相場としては、 1日辺り300円~500円ですが、1ヶ月使ってしまうと10,000円前後になりますので、 1ヶ月以上の利用は長期レンタルと考えてください。 短期レンタルWiFiの利用用途としては、• 病院の入院時• 光回線の開通までの間• 旅行で必要• 電波が入るか試してみたい 等々他にも利用ケースは考えられますが、 大体2週間以内の使用を目的としたレンタルを短期レンタルと考えてください。 短期レンタルは料金が高いから注意してね! 長期レンタル向け、1ヶ月単位で契約可能(料金安い)について 今大人気のレンタルWiFiのプランは1ヶ月単位です。 特徴的なのは全体的に月額料金が安く、月間無制限のプランが3,200円、3,300円と言った格安の料金でお使いいただけます。 長期レンタルWiFiの利用用途としては、• 自宅の回線代わりに• スマホが通信制限になるから代わりに• 長期出張でWiFiが欲しい 長期レンタルWiFiは全体的に料金も安く使えます。 3ヶ月、半年、1年間等のレンタル予定期間を一括で支払う 料金安い) 一部のレンタルWiFiで行われているサービスですが、 当サイトではおすすめしていません。 2年分一括払い等ありますが、「 果たしてそこのレンタル会社は2年後残っているのでしょうか」という疑問により一括払いは推奨していません。 【国内版】おすすめレンタルWiFi5選 ポケットWiFiのレンタルを5つ紹介します。 利用用途、利用期間に応じてレンタル先を選んでくださいね! 【長期利用】1ヶ月単位で契約可能な激安WiFi「縛りなしWiFi」 当サイトからの申し込み数NO. 1の「縛りなしWiFi」です。 契約期間は1ヶ月毎の自動更新となっているため、解約申請をしない限り継続されます。 縛りなしWiFiの特徴は• 月額料金が安い(月額3,300円)• 初期費用1,000円• レンタルWiFiのため解約金なし• 契約期間の縛りなし• 月間無制限(WiMAX端末の場合3日で10GB、SoftBank端末の場合1日2GBの速度制限有) となっております。 WiMAXプランを選ぶと、月額料金が3,800円と少し高くなりますので注意してください。 但し、縛りなしWiFiは契約期間の縛りがありませんので(1ヶ月毎の自動更新)、いつでも気軽に解約する事ができます。 1ヶ月単位でのレンタルの場合「縛りなしWiFi」は安く、プランが複数用意されています。 注意事項としては、 端末を壊してしまった際の弁済金が39,800円と高額です。 安心保障サービスに入るか、物凄く大切に取り扱いましょうね! レンタルWiFiの中で料金は間違いなく安いよ!1ヶ月単位での契約だから、気軽に解約もできるよ!ポケットWiFiが気になってる人は縛りなしWiFiを試してみるといいね! 通常プランは在庫有!契約期間の縛りがないWiFi! 【短期利用7日からOK】Mobile Peace Mobile Peaceでは、レンタル期間7日間からポケットWiFiのレンタルに対応しており、 短期レンタルの人にもおすすめです。 なお、レンタル期間によって料金が変わってきます。 料金表を見ての通り、長期レンタルであれば、料金が安くなる仕組みになっております。 平日の午後2時までの申込で当日出荷だよ! 在宅ワークで急遽必要という人にもおすすめです。 特徴として、• 空港受け取り可• コンビに受け取り可• 5GB~無制限までプランが豊富• 当日発送可• 海外WiFiの取扱いも有• LINE でお得情報も!?• 法人契約可 となっており、入院したときや海外からの一時帰国等、短期間だけどレンタルWiFiが使いたいと言うときに 「WiFiレンタルどっとこむ」は低価格で利用できるのでおすすめです。 利用料金については、端末によって変わりますので詳しくは公式サイトでご確認ください。 申し込んで直ぐ届くというのは嬉しいサービスだね! ソフトバンクの4G LTE回線のため、エリアも広く繋がりやすいWiFiとなっております。 【1ヶ月毎の自動更新】WiMAX端末がレンタル可能「famifi」 famifi(ファミファイ)では、民泊施設向けにポケットWiFiのレンタルを行っていますが、現在は通常のレンタルも可能となっております。 famifiでレンタルできる端末は、2020年4月21日時点で 「WiMAXのWX03」のみとなっております。 WiMAX端末をレンタルしたいという人におすすめのサービスです。 月額料金も最初の 2ヶ月間は2,480円、 3ヶ月目以降は3,980円と格安でWiMAXを利用でき、契約期間の縛りもありません。 そうなんだよね!でも、 注意点があるから契約前に確認してね! 実はfamifiは、解約するときに「 解約事務手数料5,000円」が発生します。 そのため、他社と比較すると5,000円余計に支払わないといけませんが、 レンタルの在庫がどこもない中で、WiMAXのレンタルプランがあるという事を考えると「famifi」も選択肢としては有りです。 注意点としては、解約時に 解約事務手数料5,000円がかかります。 WiMAX端末のレンタル可能【DMMいろいろレンタル】 DMMいろいろレンタルでは、その名の通り色々レンタル可能となっており、• WiMAX:月額2,375円~• SoftBankポケットWiFi:月額2,880円~ という料金でレンタルする事が可能です。 契約できる期間は1ヶ月~6ヶ月となっており、 長期契約をすれば料金が安くなる仕組みです。 WiMAXの端末が多くあります。 他で在庫なしでも「DMMいろいろレンタル」なら見つかりやすいです。 NETAGEのレンタルWiFiの特徴としては、• 通信量月7GB~無制限と品揃え豊富• 料金が安い(最安値は1日370円、1ヶ月1,980円等)• 最短即日発送• 請求書発行可能(法人限定) となっております。 在宅勤務、テレワーク等で、自宅でポケットWiFiが必要という人にもおすすめです。 1日単位でのレンタルも可能ですし、 1ヶ月単位でのレンタルも可能となっております。 大きな特徴として、「英語」「中国語」での端末操作マニュアルが用意されていたり、日本語・中国語に対応したコールセンター(9時~22時)が用意されています。 そのため、 民泊経営者が民泊の設備の一環として「SPACE Wi-Fi」を契約することが多いです。 何か端末操作に不具合があっても、民泊利用者から直接SPACE Wi-Fiに問い合わせしてもらうことも可能ですから、経営者としては便利なサービスです。 支払い方法はクレジットカード払い、口座振替の2通りが選べます。 WiMAXをレンタルしたい方へ 2020年4月6日時点で、殆どのWiMAXのレンタルは在庫切れの状態です。 どうしてもWiMAXを使いたいという人は 「ビッグローブWiMAX」がおすすめです。 ちょっと待って!注意点もあるから必ず確認してね。 BIGLOBE WiMAXは 本体代19,200円(税抜)の費用がかかります。 本体代を支払っても良いという人であれば、「Biglobe WiMAX」はおすすめです。 さらに、キャンペーン中のためサービス開始翌月に 15,000円のキャッシュバックを受け取ることが可能です。 そのため本体代はかかりますが、キャッシュバックで15,000円が貰えますので端末代の負担は少ないです。 レンタルのWiMAXの在庫が不足している中で、どうしてもWiMAXを使いたいという人におすすめです。 申込手数料 3,000円(税抜) 月額料金 初月無料 月額3,980円(税抜) 本体代 19,200円(税抜) キャッシュバック 15,000円 WiMAXは月間無制限に通信を利用できますが、3日で10GBの速度制限があります。 直近の3日間で10GB超えた場合は、 翌日の18時~2時まで速度制限になります。 在宅ワークでネットが必要という人にもBIGLOBE WiMAXは人気です。 最短翌日発送!最新端末が19,200円で購入可能! まとめ ポケットWi-Fiのレンタルは利用期間、利用用途によって、最適のレンタル会社は変わってきます。 上記以外にも沢山レンタルWiFi業者はありますが、料金が高かったり、 無制限と記載してあるのに100GBで速度制限になってしまったりとおすすめできません。 他にも高額の初期費用を取られてしまったり、レンタルなのに解約金5,000円が必要だったり、ひどい業者が多いので注意してください。 当サイトでは、殆どが実際にレンタルして体験及び費用の確認をしております。 そのため、 このページで掲載しているレンタルWiFiは自身を持っておすすめできます。

次の

docomo Wi

ポケットwifi レンタル ドコモ

国内ドコモ公式のモバイルwifi ポケットwifi はおすすめ? 10日間使うだけでなんと15,000円です。 mobilerental. html ドコモ docomo のレンタルwifi ポケットwifi の本当の口コミ・評判 ドコモのポケットWifiも高いため、口コミも当然こうなります。。 結局インスタはタブレットにアプリ入れ起動してます。 wifi考えなきゃな〜ポケットwifiはどうなんやろ。 ドコモのポケットwifiは高いからな〜。 他のレンタルwifiショップで借りようという人もいるでしょう。 その方がましです。 ドコモ回線は一応あります。 詳しくはこちらの記事をみてください。 ただ各社ともどちらかというとサービス終了の流れになっています。 また、回線でいうと、ドコモでもではなくau wimaxかソフトバンク回線かの選択肢が一般的です。 1日~1ヵ月程度借りたい場合はこちらの記事をみてください。 ドコモ回線にするメリットは特別にありません。 2ヵ月以上借りたい場合はこちらの記事をみてください。 ドコモ docomo のレンタルwifi ポケットwifi で無制限プランは? 無制限プランを探すなら、au wimaxやソフトバンク回線がおすすめです。 こちらの記事がおすすめです。 スマモバよりwimaxの方が料金が安いです。 また、前日・前々日・3日前で利用通信総量が3GB以上となった場合、上り下りともに200kbps以下に速度低下します。 wimaxは3日10gbです。 動画などを利用すると3gbは超える場合があります。 200kbpsでは楽天などで買い物をすることも難しいレベルになり、ネットが繋がらないとぼやくことになるでしょう。 やはりWimaxの方がおすすめになってしまいます。 スマモバの口コミや評判などもちゃんとチェックしてみましょう。 スマモバのLTE使い放題プラン使っているんだけど、使いすぎて制限かかった後がひどすぎる。 スマモバの被害をネットで見てたら、総務省は動くの遅いなという印象。 改善されるのかね? 光通信は離職率が酷くて、ノウハウも蓄積されず、仕事がまわってないという噂はよく聞く。 解約処理の遅れも、人手不足なんじゃないかな。 — ソクラテス Zivic123 ついに行政指導か、、スマモバ苦情がひどいようですね。。。 最良の組み合わせはレンタルwifiと格安simです。 wifiをレンタルすると、この時点で通信容量の不便さは解消されますから、それに加えてlineモバイルやDMMモバイルの格安simの最安プランで電話をあわせて使うことです。 snsの利用が多い人はsnsの通信量が無料なlineモバイルがおすすめです。 dmmはポイントは、dmmポイントがもらえます。 そのポイントがたまると漫画などの電子書籍をなんでも購入できます。 どちらかにするかは生活スタイルにあわせてお好みでいいでしょう。 dmm mobileもline mobileもワンコイン 500円 ぐらいからはじめられます 注:電話端末にするともう少しかかります。 スマモバも今後、サービスの改善に期待しましょう。 ファミレスで使えるdocomo wifi ドコモ wifi とは? お店で使えるdocomo wifi ドコモ wifi があります。 他にもwi 300みたいなものですね。 しかし、結局、格安simやレンタルsimがお手軽です。 lineモバイルのソフトバンク回線、フジワイファイのfuji simのソフトバンク回線 電話回線は使えませんが大容量で格安です があります。 docomo wifi ドコモ wifi を辞めた理由 docomo wifiはファミレスなどで使えて便利なのですが、単純に料金の問題です。 docomo wifiは他社端末と契約できるようなことは書いてあったのですが、価格が違うようです。 docomo Wi-Fiのみをご利用になりたい場合は、以下のサービスプランはご契約できません。 「docomo Wi-Fi月額プラン(月額1,500円)」でのご利用となります。 nttdocomo. wi 300を辞めた理由 公衆無線lanのwi 300はプランが劣化していました。 申し込みページに赤字で下記のように書かれていました。 ご利用予定のSSID名をご確認のうえお申し込みください。 それらが月額では使えず、毎回100円かかるらしいです。 使えるのは下記のものだけです。 予備知識ですが、clubが付いているのはセキュリティ保護されています。 au wifiは他社携帯と契約できない au wifiは他社携帯と契約できません。 softbank wifiは使いたいところで使えず softbank wifi ソフトバンク wifi はファミレス系が弱いため最初から検討しませんでした。 simカードは差し替えて使います、結構、そのような使い方をしている方がいます。 というわけで格安simにしました。 docomo wifi ドコモ とsoftbank wifi ソフトバンク とau wifiの比較 今回は導入を見送りましたが、一応比較しておきます。 au wifiはガストやジョナサンなどのすかいらーく系列はすべて使えます、 softbank wifiはマクドナルドがすべて使えます、 docomo wifiも結構いいです。 公式サイトでは、デニーズなどファミレスとラインナップが少なめです。 ただ、実際は多くのガストやジョナサンなどでファミレスで使えます。 ただ他者端末はやはり値段がネックですね。 海外でドコモ docomo のレンタルwifiは? 「docomo 海外パケ・ホーダイ」、「docomo 海外1dayパケ」、「docomo パケットパック海外オプション」などがありますが、「イモトのwifi」やクラウドsim、あるいはプリペイドsimを使う人が多いようです。 「イモトのwifi」などほかのレンタルwifiについてはこちらの記事をみてください。 クラウドsimはこちらの記事をみてください。 プリペイドsimはこちらの記事をみてください。

次の