パラジ クロロベンゼン と は。 パラジクロロベンゼン と アンチクロロベンゼン の意味を教えて...

【←レン】アンチxパラジ クロロベンゼン 合わせてみた【リン→】 [ニコニコあっぷる]

パラジ クロロベンゼン と は

使用前に取扱説明書を入手すること。 この製品を使用する時に、飲食又は喫煙をしないこと。 熱、火花、裸火、高温のもののような着火源から遠ざけること。 -禁煙。 防爆型の電気機器、換気装置、照明機器を使用すること。 静電気放電や火花による引火を防止すること。 保護手袋、保護眼鏡、保護面を着用すること。 屋外又は換気の良い区域でのみ使用すること。 ミスト、蒸気、スプレーを吸入しないこと。 取扱い後はよく手を洗うこと。 環境への放出を避けること。 【応急措置】 火災の場合には適切な消火方法をとること。 吸入した場合:空気の新鮮な場所に移動し、呼吸しやすい姿勢で休息させること。 吐かせないこと。 眼に入った場合:水で数分間、注意深く洗うこと。 コンタクトレンズを容易に外せる場合には外して洗うこと。 皮膚に付着した場合:多量の水と石鹸で洗うこと。 眼の刺激が持続する場合は、医師の診断、手当てを受けること。 気分が悪い時は、医師の診断、手当てを受けること。 皮膚刺激があれば、医師の診断、手当てを受けること。 漏出物は回収すること。 【保管】 容器を密閉して涼しく換気の良いところで施錠して保管すること。 【廃棄】 内容物や容器を、都道府県知事の許可を受けた専門の廃棄物処理業者に業務委託すること。 直ちに医師を呼ぶこと。 皮膚に付着した場合: 汚染された衣類を取り去り、再使用する前に洗濯すること。 皮膚を速やかに多量の石鹸と水で洗浄すること。 気分が悪い時は医師を呼ぶこと。 脱いだ衣類を再使用する前に洗濯し汚染除去すること。 目に入った場合: コンタクトレンズを着用していて容易に外せる場合は外すこと。 洗浄を続けること。 水で数分間、注意深く洗うこと。 眼の刺激が持続する場合は、医師の診断、手当てを受けること。 飲み込んだ場合: ロを洗うこと。 直ちに医師を呼ぶこと。 吐かせないこと。 予想される急性症状及び遅発性症状: 眼・皮膚の刺激、結膜炎、皮膚炎、頭痛、めまい、吐き気、意識喪失、麻酔作用。 遅発性症状:肺障害(化学肺炎)。 最も重要な兆候及び症状: 応急措置をする者の保護: 救助者は、状況に応じて適切な保護具を着用する。 医師に対する特別注意事項: 安静と医学的な経過観察が必要。 5.火災時の措置 消火剤: 小火災:二酸化炭素、粉末消火剤、散水、耐アルコール性泡消火剤 大火災:散水、噴霧水、耐アルコール性泡消火剤 使ってはならない消火剤: 棒状注水 特有の危険有害性: 引火性液体及び蒸気 加熱により容器が爆発するおそれがある。 火災によって刺激性、又は毒性のガス及びヒュームを発生するおそれがある。 特有の消火方法: 危険でなければ火災区域から容器を移動する。 移動不可能な場合、容器及び周囲に散水して冷却する。 引火点が極めて低い:散水以外の消火剤で消火の効果がない大きな火災の場合には散水する。 消火後も、大量の水を用いて十分に容器を冷却する。 消火を行う者の保護: 消火作業の際は、適切な空気呼吸器、化学用保護衣を着用する。 6.漏出時の措置 人体に対する注意事項、保護具及び緊急時措置: 作業者は適切な保護具(「8.ばく露防止及び保護措置」の項を参照)を着用し、眼、皮膚への接触やガスの吸入を避ける。 直ちに、全ての方向に適切な距離を漏洩区域として隔離する。 漏洩物に触れたり、その中を歩いたりしない。 漏洩しても火災が発生していない場合、密閉性の高い、不浸透性の保護衣を着用する。 関係者以外の立入りを禁止する。 風上に留まる。 低地から離れる。 密閉された場所に入る前に換気する。 環境に対する注意事項: 環境中に放出してはならない。 河川等に排出され、環境へ影響を起こさないように注意する。 回収、中和: 少量の場合、乾燥土、砂や不燃材料で吸収し、あるいは覆って密閉できる空容器に回収する。 少量の場合、吸収したものを集めるとき、清潔な帯電防止工具を用いる。 大量の場合、盛土で囲って流出を防止し、液の表面を泡消火剤で覆った後、密閉可能な空容器に回収する。 封じ込め及び浄化の方法・機材: 危険でなければ漏れを止める。 漏出物を取扱うとき用いる全ての設備は接地する。 二次災害の防止策: すべての発火源を速やかに取除く(近傍での喫煙、火花や火炎の禁止)。 排水溝、下水溝、地下室あるいは閉鎖場所への流入を防ぐ。 7.取扱い及び保管上の注意 取扱い 技術的対策: 「8.ばく露防止及び保護措置」に記載の設備対策を行い、保護具を着用する。 局所排気・全体換気: 「8.ばく露防止及び保護措置」に記載の局所排気、全体換気を行なう。 安全取扱い注意事項: 周辺での高温物、スパーク、火気の使用を禁止する。 容器を転倒させ、落下させ、衝撃を加え、又は引きずるなどの取扱いをしてはならない。 接触、吸入又は飲み込んではならない。 取扱い後はよく手を洗うこと。 屋外又は換気の良い区域でのみ使用すること。 蒸気、ミスト、スプレーを吸入しないこと。 眼に入れないこと。 使用前に取扱説明書を入手すること。 すべての安全注意を読み理解するまで取扱わないこと。 作業衣、安全靴は導電性のものを用いる。 接触回避: 「10.安定性及び反応性」を参照。 保管 技術的対策: 保管場所は壁、柱、床を耐火構造とし、かつ、はりを不燃材料で作ること。 保管場所は屋根を不燃材料で作るとともに、金属板その他の軽量な不燃材料でふき、かつ天井を設けないこと。 保管場所の床は、床面に水が浸入し、又は浸透しない構造とすること。 保管場所の床は、危険物が浸透しない構造とするとともに、適切な傾斜をつけ、かつ、適切なためますを設けること。 保管場所には危険物を貯蔵し、又は取り扱うために必要な採光、照明及び換気の設備を設ける。 保管条件: 熱、火花、裸火のような着火源から離して保管すること。 -禁煙。 冷所、換気の良い場所で保管すること。 容器は直射日光や火気を避けること。 容器を密閉して保管すること。 施錠して保管すること。 混触危険物質: 「10.安定性及び反応性」を参照。 容器包装材料: 消防法及び国連輸送法規で規定されている容器を使用する。 高熱工程で粉じん、ヒューム、ミストが発生するときは、空気汚染物質を管理濃度以下に保つために換気装置を設置する。 この物質を貯蔵ないし取扱う作業場には洗眼器と安全シャワーを設置すること。 保護具 呼吸器の保護具: 適切な呼吸器保護具(有機ガス用防毒マスク、高濃度の場合:送気マスク又は空気呼吸器等)を着用すること。 手の保護具: 製造業者又は当局が指定する保護手袋を着用すること。 眼の保護具: 適切な眼の保護具を着用すること。 皮膚及び身体の保護具: 適切な顔面用の保護具、衣類及び防護靴等を着用すること。 衛生対策: 取扱い後はよく手を洗うこと。 8 vol% 上限 9. 6vol% 6 、下限 1. 3vol% 上限 9. 6vol% 2 、下限 1. 3vol% 上限 11vol% 5 蒸気圧: 1. 危険有害反応可能性: 酸化性物質と反応し、火災や爆発の危険をもたらす。 避けるべき条件: 高温、混触危険物質との接触。 混触危険物質: 酸化性物質(塩素酸ナトリウム、過塩素酸ナトリウム、硝酸等)。 危険有害な分解生成物: 燃焼により、一酸化炭素、二酸化炭素、塩化水素、ホスゲン。 13 皮膚刺激(区分2) 眼に対する重篤な損傷・眼刺激性: ウサギ、モルモットを用いた眼刺激性試験 12 及びヒトに対する事例から中等度の刺激性を有する。 17 強い眼刺激(区分2A) 呼吸器感作性又は皮膚感作性: 呼吸器感作性:データなし 皮膚感作性: モルモットを用いたマキシマイゼーション試験で、陰性。 17 生殖細胞変異原性: 経世代変異原性試験 優性致死試験 で陰性、生殖細胞 in vivo 変異原性試験なし、体細胞 in vivo 変異原性試験(小核試験)で陽性、生殖細胞 in vivo 遺伝毒性試験なし。 17 遺伝性疾患のおそれの疑い(区分2) 発がん性: ACGIHはグリープA3(動物発がん性が確認され、ヒトの関連は不明な物質)。 発がんのおそれの疑い(区分2) 生殖毒性: ラットの世代繁殖毒性試験において、親動物に毒性影響がみられる用量まで生殖・発生への影響がみられていない。 13 特定標的臓器・全身毒性 (単回ばく露): ヒトの職業ばく露による急性中毒の一般症状は衰弱、吐き気、し眠である。 13 全身毒性の障害(区分1) 眠気又はめまいのおそれ(区分3) 特定標的臓器・全身毒性 (反復ばく露): ヒトで、しびれ感, チアノーゼ 呼吸中枢の機能低下による ,知覚過敏、筋肉の痙攣が認められる。 14 実験動物で、肝細胞壊死、腎皮質尿細管の変性、副腎網状帯細胞の空胞化、好中球比率の減少が認められる。 13 中枢神経系、末梢神経系、肝臓、腎臓、副腎、血液系が標的臓器と考えられた。 長期又は反復ばく露による中枢神経系、末梢神経系、血液系の障害(区分1) 長期又は反復ばく露による肝臓、腎臓、副腎の障害のおそれ(区分2) 吸引性呼吸器有害性: この液体を飲み込むと、誤嚥により化学性肺炎を起こす危険がある。 (BOD分解度=5%) 18 生体蓄積性: 高濃縮性でないと判断される物質である。 6 8 水生生物に非常に強い毒性(区分1) 長期的影響により水生生物に非常に強い毒性(区分1) 13.廃棄上の注意: 残余廃棄物: 廃棄においては、関連法規ならびに地方自治体の基準に従うこと。 都道府県知事などの許可を受けた産業廃棄物処理業者、もしくは地方公共団体がその処理を行っている場合にはそこに委託して処理する。 廃棄物の処理を委託する場合、処理業者等に危険性、有害性を十分告知の上処理を委託する。 燃焼法 少量の場合、ケイソウ土等に吸収させ、開放式の焼却炉で少量ずつ焼却する。 あるいは、可燃性溶剤とともに焼却炉の火室へ噴霧し、焼却する。 汚染容器及び包装: 容器は清浄にしてリサイクルするか、関連法規ならびに地方自治体の基準に従って適切な処分を行う。 空容器を廃棄する場合は、内容物を完全に除去すること。 14.輸送上の注意 国際規制 海上規制情報 IMOの規定に従う。 UN No. UN No. : 1134 Proper Shipping Name: Chlorobenzene Class: 3 Sub Risk: Packing Group: III 国内規制 陸上規制情報 消防法の規定に従う。 海上規制情報 船舶安全法の規定に従う。 国連番号: 1134 品名: クロロベンゼン クラス: 3 副次危険 容器等級: III 海洋汚染物質: 非該当 航空規制情報 航空法の規定に従う。 国連番号: 1134 品名: クロロベンゼン クラス: 3 副次危険 容器等級: III 特別の安全対策 消防法の規定に従う。 危険物は当該危険物が転落し、又は危険物を収納した運搬容器が落下し、転倒もしくは破損しないように積載すること。 危険物又は危険物を収納した容器が著しく摩擦又は動揺を起こさないように運搬すること。 危険物の運搬中、危険物が著しく漏れる等災害が発生するおそれがある場合には、災害を防止するための応急措置を講ずると共に、もよりの消防機関その他の関係機関に通報すること。 食品や飼料と一緒に輸送してはならない。 移送時にイエローカードの保持が必要。 15.適用法令 労働安全衛生法: 名称等を表示すべき危険有害物(法第57条、施行令第18条別表第9) 名称等を通知すべき危険有害物(法第57条の2、施行令第18条の2別表第9) リスクアセスメントを実施すべき危険有害物(法第57条の3) 第2種有機溶剤等 (施行令別表第6の2・有機溶剤中毒予防規則第1条第1項第4号) 危険物・引火性の物 (施行令別表第1第4号) 化学物質排出把握管理促進法 (PRTR法) 第1種指定化学物質 (法第2条第2項、施行令第1条別表第1) (政令番号 第93号) 消防法 第4類引火性液体、第二石油類非水溶性液体 (法第2条第7項危険物別表第1) 船舶安全法: 引火性液体類 (危規則第2,3条危険物告示別表第1) 航空法 : 引火性液体 (施行規則第194条危険物告示別表第1) 16.その他の情報 1 Merck 13th, 2001 2 NEPA 13th, 2001 3 SIDS 2001 4 Lide 84th, 2003 5 ICSC 2000 6 HSDB Access on Oct 2005 7 EHC 215 1999 8 SRC:Henry Win 2005 9 EPA 2000 10 NTP DB Access on Dec 2005 11 IARC 1987 12 ACGIH 2001 13 CERI・NITE有害性評価書 No. 75 2004 14 ATSDR 2004 15 CERIハザードデータ集96-10 1997 16 化学物質の危険・有害性便覧 中央災害防止協会 1992 17 環境省リスク評価第1巻 2002 18 通産省公報「既存化学物質の安全性点検結果」 1979. 20 19 発がん性物質の分類とその基準第6版 日本化学物質安全・情報センター 2004 20 GHS分類結果 NITE 21 日化協「緊急時応急措置指針、容器イエローカード(ラベル方式)」 22 日化協「化学物質法規制検索システム」(CD-ROM) 2005 23 日本ケミカルデータベース 株 「化学品総合データベース」 2005 24 環境省生態毒性試験報告 2002 25 Amoore,J. and Haulate,E. 1983 Journal of Applied Toxicology,3 6 272 26 Handbook of Environmental Data on Organic Chemicals 27 NIOSH:Pocket Guide to CHEMICAL HAZARDS 1997 28 RTECS CD-ROM 29 CICAD 80 2004 災害事例 1 化学工場で、反応器から反応液を抜き出す際にホースが破れた。 その際防毒マスクを一時はずしたため中毒した。 2 クロロベンゼンに硝酸を流下してニトロベンゼンを製造中に、反応缶が爆発した。 3 ゴム製品製造工場で、ゴム布地を重ね、厚地の製品を作るため、ゴム布地の接着乾燥作業中、接着剤の溶剤であるクロロベンゼン蒸気を吸入し、頭痛、めまいを起こした。 4 か性ソーダとフェニルヒドラジンの混入したクロロベンゼンの溶液を分離タンクに移送中に、溶液がオーバーフローして霧状となって付近一帯に充満した。 この際、空気の入れ換えを行った作業員が煙霧にて両眼を痛めた。

次の

【←レン】アンチxパラジ クロロベンゼン 合わせてみた【リン→】 [ニコニコあっぷる]

パラジ クロロベンゼン と は

概 要 『』、『』、『』と続いたの第4作。 第3作である曲『』を巡る解釈に対する自身からのと位置づけられており、楽曲中にに同曲の及びがされて使用されている。 そのため、楽曲の理解についてはのこと。 尚、前三作と異なり本作に同名の物質は存在しない。 これは上記の曲名由来からと思われる。 反響と再生数の推移 にされた『 』において、のから一周年となる05:のが予告されていた。 そのため、開直後から反を呼び、 :24にを突破。 後僅か一日と間弱でのを達成。 及び同日にてを獲得。 においては後僅か一日での3位を達成している。 その後も勢いは衰えず、06:07には20万再生、:には万再生を突破。 からの間に万再生強を数え、において の制において 歴代3位となる高数での首位を獲得することとなった。 14:ごろ 突破。 0:ごろ を達成した。 付で上位200曲中16位に入り、付けで配信が開始。 発売されたへ収録された。 楽曲について による発言より抜。 あれから、一年。 これが、の答え。 そして、問い掛け。 より 今回はいろいろと危ない気がします。 ですが、たくさんの方にそのに焼き付けていただきたいので、よろしければ見てやってくださいませ。 解読募集中 0:02 どうしても許せなくて... 0:08 が物顔で秩序を乱す連中が憎過ぎて... 0:12 そう、彼らはただ、憎いだけなのだ。 0: 私と劣等感の塊に礼儀などいらない。 0: 互いに 憎しみあい、 壊れていく。 0: の方が凄いだろ!よりもを評価 有名な人を使ってとか許せない 自分が嫌いなものは全て悪だ っぽいし、じゃね? の方が凄いのを作れる が評価されて、自分がのか。 をうは全部敵だ。 なんていらない。 嫌いだからく。 が参入してくるのはズルイんだよ。 私の方が絵が上手いのにだけ…。 0:38 達はただの、醜い なんだろう? 妬む と 憎む と 0: 結果も出していないが偉そうに…。 出来ないに限って偉そうに言うよね。 お客様感覚がこの上なく陶しい。 曲やを作るのは、タダじゃないんだよ。 じゃあ、が作ってみろよ。 たの言うとやらを紹介してください。 何も知らずに好き勝手言いやがって が参入してくるのはズルイんだよ。 だけでってるんじゃないよ 0:47 積み重なった 私 創られる 偽の 0: の 狂おしい 1:01 例えその手段がどれほど でも ナ手ヲ使ッテ 潰シテヤル… 1:02 二度と 立てなくなるまで など 関係ない… ラノ ノダカラ 1:03 ただの建前なのだ… 1:07 らの失態を作り上げてやる 自分よりもけているのが気に食わない 似ているものは全部 など作り上げてやる がのは全部 1:07 を建前にした 自己顕示 感の裏の 1: 憶測と それに縋るしかない。 1: 本当は自分の裏切り それを視して喚き続け 実際は自身が悪だったのだ 1:29 で騒ぎ立てる それが自らの 滅びに繋がるとも知らずに 1: 構わずにはいられない。 とのぶつけ合い。 その様相は、人ではなく、ただのである。 しかできない、という名のたち。 自らで、自らの居場所を潰していく者たち。 自らの行動が、自らを枯渇させていく。 1: の上に振りかざす それは最、ただのの戯言 1: それは最「」と呼べるでもない。 互いが本のままに吼え続ける 1:38 との潰し合い 1:47 行き着く先は互いの 滅び 1: ただ、対を追い詰めたい の深層心理 自らの恥をしていることさえ気付くことができない 1: 浅はかな知識をひけひらかしたいだけのたち 1: 嘲笑うことが 嘲笑われていることも知らずに 2:01 らの感情は同じである とが渦巻く中で 何が正しいのかもわからず ただ、底の 喚き続け その姿は、まるで期のである。 本のまま噛み付き を理解しようとしない。 と断定するしか 2:11 そしてまた、同じ場所を回り続ける。 嘲笑われていることも気付かずに 2: 認めたくない 2: 感と劣等感 2:36 だったのは自分 2: のみを振りまき、自らの救いのみめていく 2:56 0:と同じ 2:56 貶めることでしか存在理由を見出せない 2: 0:と同じ 2: のたち 自称 自らの 浅はかさを 誇る者たち 3:00 愚かなる と 虚勢から抜け 出せますか? 3:07 のままでいるものと、になろうとする者 あなたはどちらを選びますか? 解釈について による発言より抜。 ここで今作の立ち位置をはっきりさせていただきたいと思います。 一から作り直した、独自のよく似た曲だと思ってください。 1年前にされたとは逆のからつづったとなっております。 をわかりやすくしたものではございません。 の「」とアンチクロロベンゼンの「」は別だということをご理解していただければと思います。 前作の「」「」「」「」「」その他様々な単を別の言葉に変換してみましょう。 詞の裏の意味が、浮かび上がってくると思います。 どのような単に置き換えるかは、新作を隅々まで見渡せばある程度予測がつくと思われます。 今作は私なりのあの曲に対する返歌「解答編」となります。 そのまま素直に受け取るのも結構ですが、さらなる「別解釈」が存在します。 前作と今作を併せて考えたら、なんとなくできるのではないでしょうか。 もちろん、十人がいれば十通りの解釈があると思いますし、そのどれもが正しいでしょう。 ただ、前作でも述べたとおり、私の中にはきちんとした解釈が存在しますとだけ述べておきます。 のより 場は設けましたので、あとはみなさんで好き勝手使っていただければと思います。 パラジクロロベンゼンとあわせてみた 本曲の直後より複数の者によってされ、は週間~付近や達成している。 PV による版 関連 コミュニティ 関連マイリスト 関連商品 関連項目• / /• / / / /• 関連リンク• (楽曲)• (作成者•

次の

職場のあんぜんサイト:化学物質:パラ‐ニトロクロロベンゼン

パラジ クロロベンゼン と は

使用前に取扱説明書を入手すること。 この製品を使用する時に、飲食又は喫煙をしないこと。 熱、火花、裸火、高温のもののような着火源から遠ざけること。 -禁煙。 防爆型の電気機器、換気装置、照明機器を使用すること。 静電気放電や火花による引火を防止すること。 保護手袋、保護眼鏡、保護面を着用すること。 屋外又は換気の良い区域でのみ使用すること。 ミスト、蒸気、スプレーを吸入しないこと。 取扱い後はよく手を洗うこと。 環境への放出を避けること。 【応急措置】 火災の場合には適切な消火方法をとること。 吸入した場合:空気の新鮮な場所に移動し、呼吸しやすい姿勢で休息させること。 吐かせないこと。 眼に入った場合:水で数分間、注意深く洗うこと。 コンタクトレンズを容易に外せる場合には外して洗うこと。 皮膚に付着した場合:多量の水と石鹸で洗うこと。 眼の刺激が持続する場合は、医師の診断、手当てを受けること。 気分が悪い時は、医師の診断、手当てを受けること。 皮膚刺激があれば、医師の診断、手当てを受けること。 漏出物は回収すること。 【保管】 容器を密閉して涼しく換気の良いところで施錠して保管すること。 【廃棄】 内容物や容器を、都道府県知事の許可を受けた専門の廃棄物処理業者に業務委託すること。 直ちに医師を呼ぶこと。 皮膚に付着した場合: 汚染された衣類を取り去り、再使用する前に洗濯すること。 皮膚を速やかに多量の石鹸と水で洗浄すること。 気分が悪い時は医師を呼ぶこと。 脱いだ衣類を再使用する前に洗濯し汚染除去すること。 目に入った場合: コンタクトレンズを着用していて容易に外せる場合は外すこと。 洗浄を続けること。 水で数分間、注意深く洗うこと。 眼の刺激が持続する場合は、医師の診断、手当てを受けること。 飲み込んだ場合: ロを洗うこと。 直ちに医師を呼ぶこと。 吐かせないこと。 予想される急性症状及び遅発性症状: 眼・皮膚の刺激、結膜炎、皮膚炎、頭痛、めまい、吐き気、意識喪失、麻酔作用。 遅発性症状:肺障害(化学肺炎)。 最も重要な兆候及び症状: 応急措置をする者の保護: 救助者は、状況に応じて適切な保護具を着用する。 医師に対する特別注意事項: 安静と医学的な経過観察が必要。 5.火災時の措置 消火剤: 小火災:二酸化炭素、粉末消火剤、散水、耐アルコール性泡消火剤 大火災:散水、噴霧水、耐アルコール性泡消火剤 使ってはならない消火剤: 棒状注水 特有の危険有害性: 引火性液体及び蒸気 加熱により容器が爆発するおそれがある。 火災によって刺激性、又は毒性のガス及びヒュームを発生するおそれがある。 特有の消火方法: 危険でなければ火災区域から容器を移動する。 移動不可能な場合、容器及び周囲に散水して冷却する。 引火点が極めて低い:散水以外の消火剤で消火の効果がない大きな火災の場合には散水する。 消火後も、大量の水を用いて十分に容器を冷却する。 消火を行う者の保護: 消火作業の際は、適切な空気呼吸器、化学用保護衣を着用する。 6.漏出時の措置 人体に対する注意事項、保護具及び緊急時措置: 作業者は適切な保護具(「8.ばく露防止及び保護措置」の項を参照)を着用し、眼、皮膚への接触やガスの吸入を避ける。 直ちに、全ての方向に適切な距離を漏洩区域として隔離する。 漏洩物に触れたり、その中を歩いたりしない。 漏洩しても火災が発生していない場合、密閉性の高い、不浸透性の保護衣を着用する。 関係者以外の立入りを禁止する。 風上に留まる。 低地から離れる。 密閉された場所に入る前に換気する。 環境に対する注意事項: 環境中に放出してはならない。 河川等に排出され、環境へ影響を起こさないように注意する。 回収、中和: 少量の場合、乾燥土、砂や不燃材料で吸収し、あるいは覆って密閉できる空容器に回収する。 少量の場合、吸収したものを集めるとき、清潔な帯電防止工具を用いる。 大量の場合、盛土で囲って流出を防止し、液の表面を泡消火剤で覆った後、密閉可能な空容器に回収する。 封じ込め及び浄化の方法・機材: 危険でなければ漏れを止める。 漏出物を取扱うとき用いる全ての設備は接地する。 二次災害の防止策: すべての発火源を速やかに取除く(近傍での喫煙、火花や火炎の禁止)。 排水溝、下水溝、地下室あるいは閉鎖場所への流入を防ぐ。 7.取扱い及び保管上の注意 取扱い 技術的対策: 「8.ばく露防止及び保護措置」に記載の設備対策を行い、保護具を着用する。 局所排気・全体換気: 「8.ばく露防止及び保護措置」に記載の局所排気、全体換気を行なう。 安全取扱い注意事項: 周辺での高温物、スパーク、火気の使用を禁止する。 容器を転倒させ、落下させ、衝撃を加え、又は引きずるなどの取扱いをしてはならない。 接触、吸入又は飲み込んではならない。 取扱い後はよく手を洗うこと。 屋外又は換気の良い区域でのみ使用すること。 蒸気、ミスト、スプレーを吸入しないこと。 眼に入れないこと。 使用前に取扱説明書を入手すること。 すべての安全注意を読み理解するまで取扱わないこと。 作業衣、安全靴は導電性のものを用いる。 接触回避: 「10.安定性及び反応性」を参照。 保管 技術的対策: 保管場所は壁、柱、床を耐火構造とし、かつ、はりを不燃材料で作ること。 保管場所は屋根を不燃材料で作るとともに、金属板その他の軽量な不燃材料でふき、かつ天井を設けないこと。 保管場所の床は、床面に水が浸入し、又は浸透しない構造とすること。 保管場所の床は、危険物が浸透しない構造とするとともに、適切な傾斜をつけ、かつ、適切なためますを設けること。 保管場所には危険物を貯蔵し、又は取り扱うために必要な採光、照明及び換気の設備を設ける。 保管条件: 熱、火花、裸火のような着火源から離して保管すること。 -禁煙。 冷所、換気の良い場所で保管すること。 容器は直射日光や火気を避けること。 容器を密閉して保管すること。 施錠して保管すること。 混触危険物質: 「10.安定性及び反応性」を参照。 容器包装材料: 消防法及び国連輸送法規で規定されている容器を使用する。 高熱工程で粉じん、ヒューム、ミストが発生するときは、空気汚染物質を管理濃度以下に保つために換気装置を設置する。 この物質を貯蔵ないし取扱う作業場には洗眼器と安全シャワーを設置すること。 保護具 呼吸器の保護具: 適切な呼吸器保護具(有機ガス用防毒マスク、高濃度の場合:送気マスク又は空気呼吸器等)を着用すること。 手の保護具: 製造業者又は当局が指定する保護手袋を着用すること。 眼の保護具: 適切な眼の保護具を着用すること。 皮膚及び身体の保護具: 適切な顔面用の保護具、衣類及び防護靴等を着用すること。 衛生対策: 取扱い後はよく手を洗うこと。 8 vol% 上限 9. 6vol% 6 、下限 1. 3vol% 上限 9. 6vol% 2 、下限 1. 3vol% 上限 11vol% 5 蒸気圧: 1. 危険有害反応可能性: 酸化性物質と反応し、火災や爆発の危険をもたらす。 避けるべき条件: 高温、混触危険物質との接触。 混触危険物質: 酸化性物質(塩素酸ナトリウム、過塩素酸ナトリウム、硝酸等)。 危険有害な分解生成物: 燃焼により、一酸化炭素、二酸化炭素、塩化水素、ホスゲン。 13 皮膚刺激(区分2) 眼に対する重篤な損傷・眼刺激性: ウサギ、モルモットを用いた眼刺激性試験 12 及びヒトに対する事例から中等度の刺激性を有する。 17 強い眼刺激(区分2A) 呼吸器感作性又は皮膚感作性: 呼吸器感作性:データなし 皮膚感作性: モルモットを用いたマキシマイゼーション試験で、陰性。 17 生殖細胞変異原性: 経世代変異原性試験 優性致死試験 で陰性、生殖細胞 in vivo 変異原性試験なし、体細胞 in vivo 変異原性試験(小核試験)で陽性、生殖細胞 in vivo 遺伝毒性試験なし。 17 遺伝性疾患のおそれの疑い(区分2) 発がん性: ACGIHはグリープA3(動物発がん性が確認され、ヒトの関連は不明な物質)。 発がんのおそれの疑い(区分2) 生殖毒性: ラットの世代繁殖毒性試験において、親動物に毒性影響がみられる用量まで生殖・発生への影響がみられていない。 13 特定標的臓器・全身毒性 (単回ばく露): ヒトの職業ばく露による急性中毒の一般症状は衰弱、吐き気、し眠である。 13 全身毒性の障害(区分1) 眠気又はめまいのおそれ(区分3) 特定標的臓器・全身毒性 (反復ばく露): ヒトで、しびれ感, チアノーゼ 呼吸中枢の機能低下による ,知覚過敏、筋肉の痙攣が認められる。 14 実験動物で、肝細胞壊死、腎皮質尿細管の変性、副腎網状帯細胞の空胞化、好中球比率の減少が認められる。 13 中枢神経系、末梢神経系、肝臓、腎臓、副腎、血液系が標的臓器と考えられた。 長期又は反復ばく露による中枢神経系、末梢神経系、血液系の障害(区分1) 長期又は反復ばく露による肝臓、腎臓、副腎の障害のおそれ(区分2) 吸引性呼吸器有害性: この液体を飲み込むと、誤嚥により化学性肺炎を起こす危険がある。 (BOD分解度=5%) 18 生体蓄積性: 高濃縮性でないと判断される物質である。 6 8 水生生物に非常に強い毒性(区分1) 長期的影響により水生生物に非常に強い毒性(区分1) 13.廃棄上の注意: 残余廃棄物: 廃棄においては、関連法規ならびに地方自治体の基準に従うこと。 都道府県知事などの許可を受けた産業廃棄物処理業者、もしくは地方公共団体がその処理を行っている場合にはそこに委託して処理する。 廃棄物の処理を委託する場合、処理業者等に危険性、有害性を十分告知の上処理を委託する。 燃焼法 少量の場合、ケイソウ土等に吸収させ、開放式の焼却炉で少量ずつ焼却する。 あるいは、可燃性溶剤とともに焼却炉の火室へ噴霧し、焼却する。 汚染容器及び包装: 容器は清浄にしてリサイクルするか、関連法規ならびに地方自治体の基準に従って適切な処分を行う。 空容器を廃棄する場合は、内容物を完全に除去すること。 14.輸送上の注意 国際規制 海上規制情報 IMOの規定に従う。 UN No. UN No. : 1134 Proper Shipping Name: Chlorobenzene Class: 3 Sub Risk: Packing Group: III 国内規制 陸上規制情報 消防法の規定に従う。 海上規制情報 船舶安全法の規定に従う。 国連番号: 1134 品名: クロロベンゼン クラス: 3 副次危険 容器等級: III 海洋汚染物質: 非該当 航空規制情報 航空法の規定に従う。 国連番号: 1134 品名: クロロベンゼン クラス: 3 副次危険 容器等級: III 特別の安全対策 消防法の規定に従う。 危険物は当該危険物が転落し、又は危険物を収納した運搬容器が落下し、転倒もしくは破損しないように積載すること。 危険物又は危険物を収納した容器が著しく摩擦又は動揺を起こさないように運搬すること。 危険物の運搬中、危険物が著しく漏れる等災害が発生するおそれがある場合には、災害を防止するための応急措置を講ずると共に、もよりの消防機関その他の関係機関に通報すること。 食品や飼料と一緒に輸送してはならない。 移送時にイエローカードの保持が必要。 15.適用法令 労働安全衛生法: 名称等を表示すべき危険有害物(法第57条、施行令第18条別表第9) 名称等を通知すべき危険有害物(法第57条の2、施行令第18条の2別表第9) リスクアセスメントを実施すべき危険有害物(法第57条の3) 第2種有機溶剤等 (施行令別表第6の2・有機溶剤中毒予防規則第1条第1項第4号) 危険物・引火性の物 (施行令別表第1第4号) 化学物質排出把握管理促進法 (PRTR法) 第1種指定化学物質 (法第2条第2項、施行令第1条別表第1) (政令番号 第93号) 消防法 第4類引火性液体、第二石油類非水溶性液体 (法第2条第7項危険物別表第1) 船舶安全法: 引火性液体類 (危規則第2,3条危険物告示別表第1) 航空法 : 引火性液体 (施行規則第194条危険物告示別表第1) 16.その他の情報 1 Merck 13th, 2001 2 NEPA 13th, 2001 3 SIDS 2001 4 Lide 84th, 2003 5 ICSC 2000 6 HSDB Access on Oct 2005 7 EHC 215 1999 8 SRC:Henry Win 2005 9 EPA 2000 10 NTP DB Access on Dec 2005 11 IARC 1987 12 ACGIH 2001 13 CERI・NITE有害性評価書 No. 75 2004 14 ATSDR 2004 15 CERIハザードデータ集96-10 1997 16 化学物質の危険・有害性便覧 中央災害防止協会 1992 17 環境省リスク評価第1巻 2002 18 通産省公報「既存化学物質の安全性点検結果」 1979. 20 19 発がん性物質の分類とその基準第6版 日本化学物質安全・情報センター 2004 20 GHS分類結果 NITE 21 日化協「緊急時応急措置指針、容器イエローカード(ラベル方式)」 22 日化協「化学物質法規制検索システム」(CD-ROM) 2005 23 日本ケミカルデータベース 株 「化学品総合データベース」 2005 24 環境省生態毒性試験報告 2002 25 Amoore,J. and Haulate,E. 1983 Journal of Applied Toxicology,3 6 272 26 Handbook of Environmental Data on Organic Chemicals 27 NIOSH:Pocket Guide to CHEMICAL HAZARDS 1997 28 RTECS CD-ROM 29 CICAD 80 2004 災害事例 1 化学工場で、反応器から反応液を抜き出す際にホースが破れた。 その際防毒マスクを一時はずしたため中毒した。 2 クロロベンゼンに硝酸を流下してニトロベンゼンを製造中に、反応缶が爆発した。 3 ゴム製品製造工場で、ゴム布地を重ね、厚地の製品を作るため、ゴム布地の接着乾燥作業中、接着剤の溶剤であるクロロベンゼン蒸気を吸入し、頭痛、めまいを起こした。 4 か性ソーダとフェニルヒドラジンの混入したクロロベンゼンの溶液を分離タンクに移送中に、溶液がオーバーフローして霧状となって付近一帯に充満した。 この際、空気の入れ換えを行った作業員が煙霧にて両眼を痛めた。

次の