アクサ 生命 年収。 アクサ生命の評判とランキング《生保40社比較》

アクサ生命保険の年収【大卒高卒】や20~65歳の年齢別・社員・役職者【課長・部長】年収推移|平均年収.jp

アクサ 生命 年収

アクサ生命保険ってどんな会社? アクサ生命保険は、フランスの保険会社であるアクサが日本に設立したアクサ生命と、日本団体生命が統合して生まれた生命保険会社です。 アクサグループは世界各国に拠点を有し、世界最大級の一大保険グループを形成しています。 日本ではCM等でのアクサダイレクトを通じて知名度があります。 他にもアクサ損害保険株式会社がありますが、規模や知名度等を考慮すると、「生命保険会社」として日本市場に展開しています。 スポンサードリンク アクサ生命保険の年収は!? 年収事例は、 測定不可能!!!! となっています。 と同様にほぼ完全歩合制であるため、推測不能です。 年収レンジとしても以下のようなブレがあります。 管理人の知り合いがに勤めており、その友人の話と上記のレンジを踏まえて、年齢毎の年収目安を算出したいと思います。 従って、同社の実際の年収とは無関係であり、あくまで目安値として参考にして頂ければと思います。 アクサ生命保険の年収は高い!?低い!? 程極端ではないですが、ほぼフルコミッションに近い体制をとっています。 それなりの営業成果が出れば、年収も極めて高水準と言っていいでしょう。 ただ、、特に外資系投資銀行、証券会社と比べると年収水準は高くありません。 入社難易度もそこまで高くないのも、このコミッション制や年収水準、また 生命保険会社 がとても安定的で高水準であることが理由ではないでしょうか。 スポンサードリンク 業界内での日系他企業の年収はこちら。 業界内での外資系企業の年収はこちら。 【学生の方へ】 就活生の皆さん!今、色々な思いで就職活動をしているかと思います。 リーマンショック真っ只中の中、外資系に何とか就職できた管理人も毎日が不安や希望で一杯でした。 そんな就活生にとても有益な情報があります。 管理人が就職活動をしている時は以下のようなものはまだあまり一般的に広まっていませんでしたが、このようなスカウト方式のサポートがあれば、もっと上手く就職活動を潜り抜けていたのだと思います。 日本最大級であり、親身にキャリア相談に乗ってくれます。 転職しようか迷っている方は是非とも以下のリンクより登録だけでもする価値はあります。

次の

アクサ生命の評判とランキング《生保40社比較》

アクサ 生命 年収

アクサ生命保険株式会社は世界50カ国以上に展開する大手生命保険会社であるが、そこでFAと呼ばれるファイナンシャルアドバイザーとして転職入社し勤務しているWさんに、ファイナンシャルアドバイザーの仕事内容、採用時に評価されたキャリア、残業時間、年収、賞与、評価など、転職評判についてお伺いした。 仕事内容:FA/ファイナンシャルアドバイザーで販売担当 「肩書きはFAと呼ばれるファイナンシャルアドバイザーという名前ですが、営業職です。 具体的な業務は保険商品の販売及び各ご家庭様、個人様のライフプランの作成を行っています。 保険販売の資格だけでなく、FPの知識が必要になります。 私の役割は他業種の営業マンの方々と同じように、売ることです。 販売が主だった仕事で、もちろん、金融のアドバイスもしますが、コンサルティング料は一切取らず、あくまで保険商品の販売額が数字として評価されています。 」 採用時に評価されたキャリア・実績:銀行で経理業務を経験 「中途採用で入社しました。 以前は、銀行で2年弱、経理の仕事をしていました。 同じ金融業界で働いていた経験が、採用面接ではまず知識面が役に立ちました。 というのは、前職で金融に関する様々な資格を取らされていたので、金融という大きな視点で物事を判断できることをアピールし、その点が採用時に役に立ったと思います。 」 仕事のやりがい・大変なところ:日々努力を継続することは大変 「今月自分が頑張ったこととが、目に見える数字ではっきりするところはやりがいを感じます。 何となしに会社に行って雑談を交えながら仕事をするというのでなく、数字に向かって行動をしていたので、擬似経営者の体験ができている感じがあります。 大変なところは、自分で時間や仕事量を管理して行動計画を立てるので、事前準備と戦略を立てること、そしてそれを実行して継続し続けなければいけないところです。 技術だけでなく、メンタルも鍛えていく必要があります。 」 残業時間:目標達成には業務がい時間もかなり要する 「月に土日も営業活動を自主的に行っていたので、通常の残業時間とそれらを含めると(土日それぞれ4時間弱)70時間弱になります。 繁忙期や閑散期という考えはあまりなく、目標達成するべく毎月、残業してでも営業活動を行っています。 」 年収・手当・福利厚生:27歳転職入社社員の年収は、新卒採用と27歳社員と同等くらい 「わたしは大卒で、転職入社2年目の27歳正社員です。 年収500万円弱で、内訳はざっくり、基本給300万円、賞与(インセンティブ)200万円です。 昇給体系は毎月の営業成績によって報酬として返ってきます。 月で目標数値の達成度合いに合わせてインセンティブが入り、反対に、月で最低限の数値をクリアできない場合、それが続くと基本給をカットしていくという給与体系になっています。 私の年収は社内の同世代の方とほとんど変わらないと思います。 中途採用だったので、基本給は前職の年収に左右されるのですが、私は丁度新卒採用社員の27歳前後の同年代と同等の基本給で採用され、インセンティブに関しては社内で一律に決められているからです。 もちろん、毎月コンスタントに同じ数値をクリアし続けることは難しいことなので波はあります。 しかし、逆に、大きなインセンティブを得ることもあるので平均すると同じくらいに収まっています。 なお、福利厚生は厚生年金とディズニーランドで使用できるキングダムチケットです。 」 評価制度:マネージャー職はチーム全体の数値で評価 「新卒採用、中途採用で評価が分かれることはないと思います。 営業成績という目に見える成果というまさに成果主義の会社なので、入社された方の実力次第です。 もともと体育会だったこともあり、競争したり勝ち負け、結果がはっきりすることが好きだったせいか、評価制度と制度への納得度は高かったです。 社内での昇進コースはファイナンシャルアドバイサーとしてスペシャリストを目指していく道と、管理者となり、チームを率いていくマネージャー職というふた通りがあります。 マネージャー職の場合は、個人の成績ではなく、チーム全体の数値で評価されます。 」 キャリアアップ・市場価値 「個人の数字に特化しているので、支社や会社全体でランクインすると営業成績としてはっきりとアピールできる点が転職市場で活きると思います。 また、自己管理して営業活動を進めるので、マネジメント能力や時間配分といった意識も非常に育つので、その点も活かせると思います。 」 女性の待遇:実力があれば女性上司もOK 「女性上司であっても仕事ができる、つまり実力があれば、女性の上司でも私は全く抵抗がありません。 どの業界にもいえることですが、厳しい社会で管理職につくことは大変なことです。 それに相応しいと会社が判断した人であれば男性女性は関係なく、抵抗はありません。 」 仕事はおすすめ?:社内政治なし、実力評価派におすすめ 「先ほども述べたように競争することが好きだったり、実力を磨きたい方、実力で評価されたい方にはオススメです。 成果主義なので、上司に気に入られたからといった社内政治で評価するということはあまり見られなかったので、そういった実力の世界で仕事をしたいという方にはお勧めです。 一方、数字や競争ということがあまり執着がない方はやめておいたほうがいいと思います。 なぜなら、社内全体が、数値を追う人で占め尽くされているので、人間関係を形成する上で、そういった執着がない方には合わないと思うからです。

次の

アクサ生命保険株式会社の年収・転職評判/FA・営業職の給料・賞与など

アクサ 生命 年収

関連相談• メットライフ生命の年収は高いの?低いの? では、メットライフ生命の年収を社員に聞いてみたので、確認していきましょう。 どれほど年収をいただくことができるのか、気になりますよね。 メットライフ生命の年収は高いんですか?低いんですか? メットライフ生命で働く社員の方に相談です。 メットライフ生命の年収について伺いたいのですが、メットライフ生命は年収をどれほどいただくことができるのでしょうか。 ネットでよくみかける口コミだと年収は低いとか高いとか両方の意見が多いのですが、実際はいかがでしょうか。 生の声を聞きたいです、回答お願いします。 メットライフ生命で働く社員です。 年収はかなり高いと思います!特に、特筆べきものはボーナスは年に3回あることですね。 結局は、仕事の成果がそのまま年収に反映されますので、成果が重要視されます。 仕事ができるかできないかで年収に差がでます。 頑張れば頑張った分だけ、リターンが大きいので社員それぞれが仕事に真剣に取り組んでいますね。 逆に、成果が出ないと年収が増えないので、成果には敏感な社員が多いです。 基本給は10万円プラス売上、保有高、継続率などで月収が決まります。 最初の2年間は初期補給がありますが一定ではないです。 粗売上次第です。 賞与は3ヶ月ごとで年4回あります。 という回答でした。 社員からの投稿ということで、非常にリアルな口コミではないでしょうか。 社員の年収は成果に準ずるということで、成果がそのままの年収へとつながっているそうです。 2 年収の高いハイクラス層が対象 関連相談• メットライフ生命の営業職社員の年収は? では、メットライフ生命の営業職社員へ年収を聞いた相談がありましたので、こちらも確認していきましょう。 メットライフ生命の営業職社員の年収はどのくらいなのでしょうか。 メットライフ生命の営業職社員の年収はどれくらいですか? メットライフ生命への転職を希望しているものです。 同社の年収についてお伺いしたく、相談しました。 メットライフ生命の営業職を希望しており、営業職社員は実際に年収をどれくらいもらうことができるのでしょうか。 また、年収はどのように決定し、営業職だとどれほどもらうことが可能なんですか?教えてください。 メットライフ生命で働いています。 営業職の場合の年収は非常に単純に決定します。 ほぼ営業職の収入は成果で年収が決まりますので、成果が無い場合は、基本給の部分のみとなってしまいます。 一方で、年齢や性別関係無く頑張った分だけ成果として年収にかえってくるので、やる気がある社員にはもってこいの会社なのではないかと思いますね。 年収については青天井なので、具体的には答えれないですが、20代でも1000万円以上はゴロゴロいますよ。 という回答をいただきました。 こちらの回答からも分かる通り、20代でも1000万円以上の年収をもらっている社員が多数いるそうですね。 年収が青天井、かなり魅力的なのではないでしょうか。 営業職の場合は特に年収は成果で決まるので、しっかりと成績を残す事ができれば年収もどんどん増えていくということですね。 メットライフ生命の年収システムとは? では、これまで成果で年収が決まるということを話してきましたが、実際に年収のシステムはどのようなモノとなっているのでしょうか。 確認していきましょう。 メットライフ生命の年収システムはどのようになっていますか? メットライフ生命へ転職を検討しています。 とある転職エージェントに勧められての転職となっていて、来週最終面接を控えています。 まだ内定はいただいていないのですが、メットライフ生命の年収システムについて知りたく相談しました。 軽く聞いた感じだと成果で年収が決まるそうですが、これって本当ですか?教えてください。 メットライフ生命ではたらいています。 おそらく、営業職だと思うので、営業職と仮定してお答えしますね。 メットライフ生命の営業職の年収システムは至って単純で、成果主義です。 よって、年収は頑張った分だけもらうことができます。 これは、保険業界特有だとも思うのですが、メットライフ生命についても同様です。 ボーナスについては3ヶ月に一度、成績に則ってもらうことができます。 ボーナスのシステムについても、年収のシステムについても成果に連動するので、年齢関係なく活躍するとかなりの額の年収をいただくことが可能となります。 という回答でした。 メットライフ生命の年収システムそのものは成果に則っているということですので、仕事の成果を上げていくことが年収アップへとつながっていきます。 メットライフ生命はブラック? 就職・転職を検討する上で、ブラックかブラックではないか、というポイントはやはり気になるところです。 ここで実際の社員の方々の口コミを見てみましょう。 成果さえ出していれば何も言われることはない。 休みたい時に休め、長期休養もとれる。 逆に成果がでないと行動管理され、目も当てられない程である。 部署にもよるようですが、残業が長時間、長期間続くことはなく、休みもとりやすいようなので、ブラックとは言えなさそうです。 ぜひ参考にしてみてください。 転職にはエージェントを利用しよう メットライフ生命への転職を成功させるためには、転職エージェントの利用がおすすめです。 転職エージェントには企業ページにない非公開求人があったり、職種や年代によって得意・不得意があったりします。 専門職の方におすすめな転職エージェント2選 「 」は転職総合実績No. 1を誇る、実力ある転職エージェントです。 アナタに専属のキャリアアドバイザーが、転職を成功までサポートしてくれます。 複数の非公開求人を抱えているのもリクルートエージェントの特徴であるため、まずは面接をして話を聞くことから始めると良いかもしれないです。 あらゆる職種や業界への転職のチャンスが大いにあると言えるでしょう。 JobQに寄せられた転職エージェントの口コミからは、• 求人数が質も合わせて非常に高く、ほぼ全方位をカバーできる対応力がある• 充実した面接の対策 以上のことが伺えます。 ここで実際にリクルートエージェントを利用した方の口コミ情報を見てみましょう。 リクルートエージェントは、転職をトータルでプロデュースしてくれる転職エージェントだと感じました。 当初希望していた企業の面接に落ちたり、給与条件のすり合わせがうまくいかなかった時も、担当コンサルタントが間に入って交渉してくれました。 結果、希望していた企業の別部署に再度面接を行っていただき、内定を頂きました。 給与面での話し合いも、スムーズにいきました。 転職エージェントを利用するならば、リクルートエージェントは絶対に抑えた方が良いです。 リクルートエージェントの様々な業種・職種を網羅した幅広い求人、豊富な求人数に魅力を感じている利用者が多いです。 リクルートは求人数や実績が高く総合的に評価の高い転職エージェントなので、転職に強いこだわりがない方は向いているでしょう。 は豊富な求人数と他の追随を許さない独自のシステムを持つ、大手転職サイトです。 母体であるリクルートキャリアは有名どころで、学生時代に同社が運営するリクナビにお世話になったという人も多いことと思います。 転職サイトのリクナビNEXTの売りはこちらです。 充実した求人情報• グッドポイント診断で自分の強みを知れる• スマホ向けアプリがある• 自分のペースで転職活動ができる「転職サイト型」 ここで実際にリクナビNEXTを利用した人の口コミを見ていきます。 リクナビNEXTは、絶対に押さえておく必要があると感じました。 他の転職サイトと違うところは、求人の量と探しやすさだと思います。 求人量については、大手サイトという安心感があるのかもしれませんが、他のところにない求人や、同じような求人があったときに一番条件が良い事が多いです。 また、一度登録し、転職した後も、定期的に閲覧する事で、今の自分の評価がわかります。 また、検索しやすいのもポイントが高いです。 もう1つおすすめなのがメールマガジンです。 他の転職サイトのメールマガジンよりも有益な情報が得られると感じました。 転職のTIPS的な内容はもちろんですが、転職が成功した後、社会人としての心構えやノウハウも載せているところはすばらしいと感じました。 転職すると決めた時、私が真っ先に使ったサイトです。 勤務地から検索すると色々な企業が見つかり、各企業の募集要項も分かりやすく、手軽に応募できるシステムがいいなと感じています。 現場の声が載せられているのも、興味深く読み応えがありました。 新卒採用のリクナビとはまた少し違った形の応募システムなのも面白いです。 似ている求人が出てくるのも、次の目当て企業を探しやすくて助かりました。 特集の記事内容も読んでいて楽しく、そちらからの検索もしています。 転職ランキングなどの統計も出しているので、時に楽しみながらの転職活動ができました。 オファーが来るシステムも、自分では気づかなかった自分の幅に気づかせて貰い、大変有難いなと感じています。 また転職する時には是非活用したいと思っています。 総合職の方におすすめな転職エージェント2選 新卒の分野では業界1位となった「 」ですが、転職エージェントの分野では比較的新しく、まだ他の転職エージェントの実績には及ばないこともあります。 しかし、マイナビエージェントは第二新卒向けの求人が多い転職エージェントで、比較的若い第二新卒の方が転職を考えた時に、「新卒の時によく利用していたマイナビ」のサービスであるマイナビエージェントを利用するという特徴があります。 JobQに寄せられた転職エージェントの口コミからは• サポートが手厚い• 中小企業を中心に求人数が充実• 第二新卒に強い 以上のことが伺えました。 ここで実際にマイナビを利用した方の口コミ情報を見てみましょう。 私は実際にマイナビエージェントを利用して転職する事が出来ました。 会社に1年しか在籍がなく、とても不安のある転職活動だったのですが、非常に親身になって相談に乗っていただき安心しました。 第二新卒のための求人が多数ある転職エージェントとして、想像以上の選択肢から選べたことも驚きました。 面接や職務経歴書等を添削して頂けるサービスがあるとの事です。 1人だと難しい転職対策もサポートしてくれるため、転職者にとっては助かるサービス内容を持つ転職エージェントではないでしょうか。 マイナビエージェントは第二新卒向けの求人が多く、比較的若い方や経歴・実績があまりない方の利用をオススメします。 転職サイト「 」は、株式会社ビズリーチが運営しているハイクラス層向けの転職エージェントです。 テレビCMで積極的に広告を行っているので知っている方も多い有名な転職エージェントといえるのではないでしょうか。 ハイクラス層向けの転職エージェントですので、 求人もハイクラス層向けの内容となっています。 キャリアアップを考えている転職の際にはまず登録すべき転職エージェントといえるでしょう。 ここで実際にビズリーチを利用した方の口コミ情報を見てみましょう。 管理職に転職して年収も上げたいと考えて、ビズリーチを利用しました。 希望条件にぴったりのヘッドハンターがいらっしゃり、話を聞いていただきました。 的確なアドバイスや今後の方向性のアドバイスをビズリーチからいただけたおかげで、非常に転職がうまくいきました。 ビズリーチはハイクラス層の転職サポートに力を入れている転職エージェントです。 そのため、 すでに年収がある程度高く、スキルを持っている利用者の方がより多くのスカウトや厚いサポートを受けることができる可能性は高いでしょう。 メットライフ生命年収の総括 いかがでしたでしょうか。 今回はメットライフ生命の年収についてご紹介しました。 転職や就職の決め手となれば幸いです。

次の