新聞 記者 映画 ラスト。 映画 ”新聞記者”の軽い感想:ラストから感じる孤独

映画【新聞記者】これは実話か?ネタバレ感想とあらすじ。ラストシーンのセリフの意味は?日本アカデミー賞受賞の快挙も批判殺到の問題作!

新聞 記者 映画 ラスト

スポンサーリンク 映画「新聞記者」は2019年6月28日に公開された日本映画です。 原案は東京新聞記者・望月衣塑子による同名ベストセラーで、上映された本作もまた新藤兼人賞や第11回TAMA映画賞を受賞し大ヒット映画となりました。 社会派サスペンスという重いテーマながら、ダブル主演を務めた韓国の実力派女優・シム・ウンギョンさんと人気実力共に国内トップクラスの若手俳優・松坂桃李さんお二人の演技が素晴らしく、また脇を固める俳優陣も流石の一言に尽きます。 真実を追い求める新聞記者と葛藤を抱えるエリート官僚の二人が出会い、現代社会に隠された深い闇を知った時、何が起こるのか…。 目を黒く塗りつぶした羊の絵と共に送られてきたのは、ある大学の新設計画の極秘情報。 その内容は、本来なら文部科学省の管轄である筈の大学新設を内閣府が主導し、更には民間へ運営を任せるというものでした。 一般的な流れとは異なるこの新設計画の真相を探るべく、若手女性記者の吉岡エリカは編集長の陣野からFAXの送り主を探すよう命じられます。 同じ頃、内閣府では内閣情報調査室 内調 に移動した官僚・杉原が自身の仕事に葛藤を抱いていました。 移動前に勤めていた外務省で「誠心誠意、国民に尽くす」という信念を上司の神崎から学んだ杉原でしたが、内調での仕事は現政権に都合の悪い人物の悪評を探し、時には捏造し世間に拡散するというものでした。 そんな時、元上司の神崎が飛び降り自殺したという一報が届き杉原は愕然とします。 つい先日、久しぶりに会って酒を飲み交わし「俺のようにはなるなよ」と語った神埼。 彼は5年前にある事件の責任を一人で背負い外務省を辞職していました。 「責任をとったらこれからも面倒をみてやる」と、その言葉に従って。 この神埼の死をきっかけに杉原と吉岡は出会います。 神埼の葬儀に赴いた杉原。 そして吉岡もまた、取材を重ねるにつれてあのFAXを送ったのは神埼だったのではと突き止め、葬儀の場へ向かうのでした。 新聞記者と内閣の官僚。 まるで立場の違う二人ですが、真実を知りたいという共通の意思により徐々に信頼関係が生まれ、そして真相に近づいていきます。 神埼は何故自殺したのか。 そして大学の新設計画には何が隠されているのか…。 現実社会を髣髴とさせるリアリティの重さは物語ラストの際の際まで続き、観た人に強いメッセージを投げかける作品です。 ネタバレと感想 映画は大学新設計画に隠された謎を中心に、一般市民さえ陥れる内調の隠蔽工作や吉岡の父の自殺など数多くの「闇」が散見されます。 昨今の日本映画には珍しい鋭い社会風刺を盛り込んだ作品だからか、上演する映画館も限られていました。 しかし衝撃的な内容に果敢に挑んだ甲斐もあり、視聴後の感想では「良作」「絶対に見るべき」との声も多いです。 リアリティに富んだ社会派映画であるために、いわゆる娯楽映画としてのエンターテインメント的な爽快感は得にくいかもしれませんが、社会とは何か、正義とは何かなど、民主国家で生きる私達にとって思い思いの答えを考えさせてくれる作品だと思います。 また、俳優さん達の演技も必見です。 難しい役どころ故に中々決まらなかったヒロイン、吉岡を演じたシム・ウンギョンさんの緩急ある表現力。 内調での杉原の上司・多田を演じる田中哲司さんの怪演も素晴らしく、終盤で「この国は見せかけの民主主義で良いんだ」と語る様は背筋が凍ります。 そして自身の正義と、現実の圧力に苦しむ杉原役の松坂桃李さん。 愛する家族と共にいる時の穏やかさと、官僚としての誇りと葛藤を見事に演じきってくれました。 物語ラストの憔悴しきった顔と「あのセリフ」に、胸を掻き毟る想いを味わった観客もいるのではないでしょうか。 ラストセリフの意味は? 上記でも少し触れました「あのセリフ」。 つまり映画のラストで杉原が語った言葉ですが、厳密には小さく呟くだけで何と言ったかは定かではありません。 ただし、方々の感想を見てみると「ごめん」と呟いたのではないかという意見が多いようです。 確かにあのラストならこのセリフが妥当のような気がします。 とはいえほぼ口パクなので断言も出来ませんが…。 ただ、あえて聞き取りにくい演出にすることで見る者の想像力を掻き立てる。 そして何より、ラストのあの杉原の心情をこれ以上なく表しているのではないでしょうか。 しかしその分、「現実でこんなことが行われているのかも…」と考えさせられるところは多く、間違いなく観て損の無い作品です。 もしご覧になる場合は物語は勿論のこと、役者さん達の繊細な演技にも是非注目していただきたいですね。

次の

映画『新聞記者』あらすじと原案は?感想・評価とラストについての考察

新聞 記者 映画 ラスト

Contents• よくある構図のストーリー ものがたり自体の構図は、よくある話だと思います。 こう聞くと、あー、よくある話ね。 って思うのではないかと思うのですが。。。 この映画の良いとこは、その中でも、色々と現代風の作りになっているところが秀逸です。 昔のこの手の話なら、正義感一本槍の超硬派の登場人物が、その正義感によって、対抗できるはずもない巨大組織に挑む って感じだと思うのですが、この作品は、人物たちの感情がもう少し複雑に伝わってきます。 それが、現代の若い世代の感情にマッチしてるようでいい物語に出来上がっています。 現代風ですが、当然、先輩世代にも受け入れられる作品に仕上がっていますので、一度、観て感じてもらいたい作品です。 スポンサーリンク 実際の事件にもかなりよっています この映画の中では、色々事件が出てきますが、この事件が、実際の事件にかなりよっています。 ここまで、よせる必要があるのか?は少し疑問に思いましたが、結構わかりやすく出ています。 露骨な登場だと思うのですが、日本映画では珍しいので、直接的な表現で少し驚きました。 ハリウッドとかだと全然あるんでしょうけど、日本映画でここまで突っ込んだ感じの映画あまり知らないです。 また、内調の描きかたとかも、かなり偏っていて面白かったですね。 本来のあの組織が何をやってるところかは知らないですが、ある程度似通ってることはしてるんじゃないかと想像してしまいます。 もう、Twitterは信用できないですね(笑) 表情の演出が絶品 この作品は、言葉にできない感情的な部分が多いため、表情やしぐさの表現が多いです。 演出なのか? 俳優陣の器量なのかわからないですが、それだけに観てる方は、色々想像してしまいます。 それによって、映画に深みが与えられるのだと思います。 個人的に印象的だったのは、内調の杉原(松坂桃李)が、告発を決めて新聞記者の吉岡(ジム・ウンギョン)と出会う場面ですかね。 いい表情でした。 スポンサーリンク ラストシーンに漂う孤独感 ラストはかなり意味深なシーンでした。 あのシーンも含めて、冒頭でも話ように、キャラクタたちが今っぽい葛藤を抱いたキャラたちだと思います。 以前のようなキャラクタではないかもしれませんが、今風なキャラ設定が新鮮な雰囲気を持ち込んでくれてる気がしました。 耳に残るいい曲です。 日本のバンドなんですね。 ちょっとこのあたりアンテナ低めなので知らなかったです。 でも、英語ですよ。 有名な方々なら、すみません。

次の

松坂桃李主演映画「新聞記者」の女性記者役決定が超難航した“理由” (2019年7月3日)

新聞 記者 映画 ラスト

そして、内閣府の神崎(高橋和也)という人物が浮上してきますが、その神崎は自殺してしまいます。 神崎は、内閣情報調査室の官僚・杉原(松坂桃李)の元上司でした。 真実に迫ろうともがく吉岡と、政権の暗部に気づき選択を迫られる杉原。 立場の違いを超えて調査を進める2人の前に、ある事実が明らかになります・・・ もし、文章のネタバレではなく動画で見たい!なら で今すぐ無料ポイントで見る事が出来ます。 無料登録して、31日間のお試しの後で本契約をするかどうか決めれば良いです。 「新聞記者」ネタバレ ある日、東都新聞あてに匿名FAXが送られてきます。 それは医療系大学施設建設に関する極秘書類で、その中の一枚には目を黒く塗りつぶした奇妙な羊が描かれていました。 編集長・陣野(北村有起哉)から資料の調査を命じられた記者・吉岡エリカ(シム・ウンギョン)はその施設の認可が厚生省や文部省ではなく内閣府である事に疑問をもちます。 一方、内閣情報調査室の若手エリート官僚・杉原拓海(松坂桃李)は、自分の仕事に疑問と罪悪感を持ち始めていました。 彼は上司の多田(田中哲司)の指示で、現政権に不都合な人間を社会的に抹殺するようSNSを使った情報操作を主に行っていました。 しかし、首相と懇意にしているジャーナリストが起こしたレイプ事件をもみ消す為に、勇気を出して顔や実名を出して記者会見まで行った女性被害者を対立政党の回し者で、ハニートラップを仕掛けたかのように仕立て上げるなど、罪の無い人間を陥れるような裏工作ばかりだったからです。 しかし、出産間近の妻との暮らしを守る為に仕事を辞めるわけにはいかない状況でした。 しかも、女性がハニートラップを仕掛けたとでっちあげる為のフローチャート図が何故か外部に流出して週刊誌に載ってしまい、多田から激しく叱責されます。 杉原は指示通りの人物に渡しただけで納得いかないものの、反論する術もなくモヤモヤした気持ちを抱えていました。 そんな時、外交官として北京大使館時代に駐在していた時の上司・神崎(高橋和也)から誘われ料亭で会食をします。 5年前、外務省内での書類偽造が発覚した時に庇ってくれた恩人で、尊敬し目標としていた上司との再会にすっかり上機嫌の杉原でしたが、神崎は何故か浮かない顔をしていました。 珍しく深酒をして酔いつぶれた神崎は、家まで送ってくれた杉原に対して「実は5年前は、一人で責任を被ったら面倒を見てやると言われたんだ」と言い、「俺のようにはなるなよ」と自嘲気味につぶやきました。 次の日、杉原は神崎が飛び降り自殺をしたと知って愕然とします。 慌てて駆け付けた葬儀が一段落したとき、杉原は妻から何度も連絡があったことに気が付き、あわてて病院に駆けつけました。 妻が家で破水し、病院に運ばれましたが、今は母子ともに命に別状はないということでした。 杉原はほっとすると同時に、悔恨の念にとらわれました。 そして東都新聞の吉岡エリカも神崎の死に衝撃を受けていました。 吉岡は送られてきたFAXを取材を基に重ね、大学新設計画に関する極秘情報を送ってきたのは神埼だったのではないかという結論に達していたのです。 神崎の死をきっかけとして吉岡と知り合った杉原も、神崎の死の裏にまだ明らかになっていない何かがあると感じ、神崎の周囲を探り始めます。 そして、5年前の事件後に神崎が外務省から内閣府に異動となり、新潟に作られるはずだった医療系大学院とその施設の建設認可に携わっていた事を知ります。 神崎はその施設の認可を認めませんでした。 しかし、神崎が死んだのと同時に計画が設置場所を変えて再び進行中である事も分かりました。 一方、吉岡は、編集長から大学新設問題を報道する事に圧力がかかっていると聞かされます。 しかし吉岡は「だからやめろと言うんですか?」と反発し、逆に真相を追及する意思をより一層強くしたのでした。 そこには、かつて優秀なジャーナリストとして名を馳せながら、スクープ記事で誤報を出してしまった事が原因で自殺した父への想いがありました。 尊敬する父と同じ道を選んだ以上、権力に屈するような仕事はできないと吉岡は思っていたのです。 吉岡は再び杉原に接触します。 神崎の死は、大学新設を止めたかったことと関係しているのではないか、そして新しく立ち上がったという新設大学に関する別の資料を持っているのではないかと二人は考えます。 その資料を探すため、二人は神崎の家に向かいます。 出迎えてくれた神崎の夫人(西田直美)に事情を説明した後、吉岡が以前にFaxで送られてきた羊の絵を見せました。 妻はそれを見て、一冊のスケッチブックを出してきました。 子供のお絵かき帳ですが、その中にFaxそっくりの羊が描かれていました。 「それは主人が描いたものです」 と夫人はいいました。 そして、夫人は2人を神崎の書斎に案内してくれました。 引き出しの鍵をあけると、「DUGWAY SHEEP INCIDENTS」という本が入っていました。 ダグウェイとはアメリカのユタ州にある生物兵器の実験場のことで1968年に細菌が流出して近隣の羊が大量死するという事件が起き、大問題となったことで知られています。 「神崎さんは、日本でも同じ事態が起こると考えていたのではないか?」 吉岡と杉原、編集長・陣野の3人は、内閣府が日本国内に「大学の研究設備」と言う形で生物兵器の研究や開発が可能な施設を作ろうとしているという結論に達します。 しかし、記事にするには軍事目的という明確な証拠が必要です。 吉岡は杉原に協力を仰ぎました。 朝早く、杉原は神埼の後任の都築(高橋努)の元を訪れます。 約束をしているので、部屋で待たせてくださいと部屋に入り込むと、資料を探し始めました。 一方、吉岡は出勤の途中の都築を取材と称して足止めし時間稼ぎをします。 その間に目的の大学建設に関わる資料を探し出した杉原は一枚、一枚、スマホで撮影をしてゆき、間一髪で都築がやってくる前に部屋から抜け出す事が出来ました。 資料も証拠も揃い、後は記事を書くだけです。 しかし陣野は「誤報と言われたら跳ね返せる手段がない」とまだ不安を隠せないようすでした。 そんな陣野に杉原は言い切りました。 「そのときは僕の実名を出してください」 実は暫く前、証拠の画像を吉岡たちに渡して一段落した杉原は、退院する妻と娘に付き添ってマンションに帰ってきました。 杉原は、暫く見ていなかった郵便受けの中に神埼からの手紙があったことに気が付きます。 それは、杉原に宛てた遺書でした。 そこには軍事目的の設備が施された大学の認可に自分の判子が押されていることに対する苦しみが書かれていたのです。 神崎の無念を知った杉原の表情には固い決意が刻まれていました。 そんな杉原の意志を受け、ついに吉岡の書いた記事が新聞の一面を飾りました。 「新聞記者」ラスト最後の結末 数日後、吉岡は陣野からホテルの一室に呼び出され、悪い知らせと良い知らせがあると聞かされます。 悪い方は、政府がマスメディアを使い、死んだ上司のために杉原が暴走した事にして間違った内容を記事にさせたと情報操作をしようとしている事、良い方は、大手新聞各社が東都新聞のスクープのあとを追い続々と記事を載せている事でした。 「続報として杉原さんの名前を出します」と吉岡は言い、彼のもとへ向かいました。 その途中、電話がかかってきます。 電話の主は「あなたがあの記事を書いた吉岡さんですね」と語りかけてきました。 「よく書けている。 お父さんにそっくりだ。 知っていますよ、貴方のお父さんの記事は誤報じゃなかった。 でも死んでしまった。 残念ですね」 電話の主は多田(田中哲司)でした。 吉岡は激しく動揺するものの、何とか礼を言って電話を切りました。 「これ、お前じゃないよな、お前なワケない」 受話器を置いた多田は目の前に立っている杉原に問いかけます。 顔面蒼白で無言の杉原に向かい、表情を変えない多田は更にささやきました。 「外務省に戻りたいか? しばらく外国に駐在しろ。 そのうち、世間は忘れる。 そのかわり、今持っている情報はすべて忘れろ」 黙って出ていこうとする杉原の背中に向かって多田は更に言葉をぶつけます。 「杉原、撤回することは恥ずかしいことじゃないぞ」 吉岡は杉原に電話し続けながら、歩き続けていました。 一方、杉原の頭には先程の多田の言葉が渦巻いていました。 苦悩に満ち、頭を抱える杉原。 横断歩道の向こう側に杉原を見つけた吉岡は大きく手を振りました。 杉原の顔はげっそりとやつれ、唇が何かを伝えるように動き、吉岡は目を見開きました。 ここでTHE ENDです。 「新聞記者」見どころと最後のセリフ この作品はフィクションですが、現実の事件・スキャンダルを思わせる話が随所に出てきてリアリティがあり、実際の事件経過を見ているような緊張感に満ちていました。 人を陥れたり秘密を守らせる為に、その人の将来や家族を盾にとって脅すやり方や、SNSを使った情報操作など、本当にこんな事が行われているかもしれないと思うと、空恐ろしくなってゾッとしました。 また、杉原の上司である多田や、彼の命令で淡々とPCに向かってSNSにコメントを書き込む内閣情報調査室の職員たちの無表情さは不気味そのものです。 対して、子供の誕生を待ち望む杉原夫婦の会話や、圧力をかけられればかけられる程に逆に奮起して真相を追求しようとする吉岡の表情は生気に満ちて、血が通ったものを感じました。 自分の過ちに耐え切れなくなりながらも、それを正すにはどうしたらいいかを真剣に考え、人として真っ当な道を歩もうとする神崎や杉原の姿からは仕事に対する誇りが感じられ背筋を正される思いがしました。 中でも吉岡を演じたシム・ウンギョンさんの演技は秀逸で、人生を賭けて政府の陰謀を暴こうとする気迫は真に迫っていて見事でした。 エンターテインメントとしての映画が多い中、見る者の心をまっすぐに貫く、骨太の社会派作品でした。 ラストシーン、杉原(松坂桃李)何と言ったのか? ここ、意見がわかれそうですが・・・ 「ごめん」です。 杉原はすべてを理解したうえで(納得はしていない)上司に従うのでしょう・・・.

次の