ロケーション履歴を自動で削除。 Googleの位置情報と検索履歴、18か月での自動削除が標準設定に

ロケーション履歴の管理

ロケーション履歴を自動で削除

Google Googleは6月24日、個人情報保護を強化するため、Googleアカウントのロケーション履歴、およびウェブとアプリのアクティビティについて、18か月で自動削除する設定をデフォルトにすると発表しました。 ロケーション履歴とウェブとアプリのアクティビティの自動削除は2019年に導入されたもの。 それ以前は、保存しない設定こそ選べるものの、保存する場合は手動での削除が必須となっていました。 ユーザーは自動削除の期間を3か月と18か月から選択が可能。 自動削除しないという選択も残っており、手動による削除は随時行えます。 今回の新しいルールでは、新規ユーザーあるいはロケーション履歴、ウェブとアプリのアクティビティを初めて有効にする場合、18か月での削除がデフォルトになるというもの。 今回の変更はデフォルト設定のみに影響するため、3か月や自動削除しない設定への変更も、もちろん可能です。 なお、既存ユーザーについては設定は変更されませんが、Google側は自動削除の制御について、積極的な通知を行っていくとしています。 これらのデータは、検索結果や広告のパーソナライズなどに利用されており、広告事業を手がけるGoogleにとっては重要なもの。 発表の中でも「マップでお気に入りの目的地を見つけたり、YouTubeで何を見るべきかの推奨情報を得たりするなど、ユーザーにとって有用で役に立つ限り、ユーザーの情報を保持すべきだと考えている」と述べています。 にもかかわらず、自動削除をデフォルト設定にするのは、18か月前であれば、さほど影響はないとの判断なのでしょう。 なお、YouTubeの履歴については、新規にアカウントを作成したり、初めてYouTubeの履歴を有効にする場合には、36か月後の自動削除がデフォルトになるとのこと。 既存ユーザーは従来通り、3か月、18か月、削除しないオプションを選択可能です。 YouTubeの視聴履歴は広告以外にも、過去に視聴したお気に入りシリーズの新シーズンや、お気に入りのアーティストの新作がリリースされた際に通知するためにも使われるとのこと。 検索やロケーション履歴よりも自動削除期間が長めなのは、よりパーソナライズの影響力が大きいためなのかもしれません。 source:.

次の

自分の行った場所がバレる?Googleのロケーション履歴をON/OFFしたり消す方法(Android / iOS)

ロケーション履歴を自動で削除

ロケーション履歴は Google アカウントごとに設定されるもので、以下の条件を満たすモバイル デバイスを持って訪れた場所が保存されます。 Google アカウントにログインしている• ロケーション履歴がオンになっている• デバイスの現在地送信機能がオンになっている ロケーション履歴をオンにすると、Google サービス全体でさまざまなメリットが得られます。 たとえば、カスタマイズされた地図、訪れた場所に基づくおすすめを表示したり、紛失したスマートフォンを探したり、通勤経路の交通状況をリアルタイムで確認したり、有用性の高い広告を表示したりできます。 Google アカウントのロケーション履歴はデフォルトでオフになっており、オプトインした場合にのみオンにできます。 Google アカウントので、いつでもロケーション履歴を一時停止できます。 ロケーション履歴に保存する情報を管理できます。 訪れたことがある場所を に表示できるほか、タイムラインを介して情報を編集または削除することもできます。 注: この手順の一部は、Android 8. 0 以降でのみ動作します。 詳しくは、をご覧ください。 ロケーション履歴をオンまたはオフにする アカウントのロケーション履歴はいつでもオフにできます。 職場や学校のアカウントを使用している場合は、管理者にロケーション履歴を利用できるようにしてもらう必要があります。 これにより、他のユーザーと同じようにロケーション履歴を使用できるようになります。 ログインしている各デバイスの現在地送信機能の設定は変更できます。 また、ロケーション履歴に記録する位置情報を送信するデバイスを制限できます。 ロケーション履歴の設定を変更する場合、次のように選択できます。 一部のデバイスのみから位置情報を送信し、その他のデバイスからは送信しない。 すべての端末から位置情報を送信する。 Google アカウントのロケーション履歴をオフにして、どの端末からも位置情報を送信しないようにし、新しいロケーション履歴をアカウントに記録しないようにする。 端末で利用している他の位置情報サービス(Google 位置情報サービスや「端末を探す」など)の設定は変更されません。 ロケーション履歴がオフの場合• 新しい位置情報がロケーション履歴に保存されなくなります。 以前のアクティビティはロケーション履歴から削除されません。 ことは可能です。 端末で利用している他の位置情報サービス(Google 位置情報サービスや「端末を探す」など)の設定は変更されません。 ロケーション履歴をオフにしても、一部の位置情報が他の設定(ウェブとアプリのアクティビティなど)内に残り、Google 検索や Google マップなどの他のサービスで使用されることがあります。 ロケーション履歴を削除する でロケーション履歴の情報を管理、削除できます。 履歴を一括ですべて削除することも、一部のみ削除することもできます。 重要: タイムラインからロケーション履歴の情報を削除すると、以後その情報は確認できなくなります。 ロケーション履歴の一部またはすべてを削除すると、個々のユーザーに合わせて提供される Google のさまざまな機能が低下したり失われたりする場合があります。 たとえば、次のものが挙げられます。 訪れた場所から自動的に作成される Google フォトのアルバム• 訪れた場所に基づくおすすめ• 渋滞を避けるための最適な帰宅時間や出勤時間のリアルタイム情報 重要: などの他の設定がオンになっている場合、ロケーション履歴を一時停止したり、ロケーション履歴から位置情報を削除したりしても、他の Google サイト、アプリ、サービスのご利用に伴い、位置情報データが Google アカウントに保存されることがあります。 たとえば、がオンになっている場合、Google 検索や Google マップでのアクティビティの一部として位置情報が保存されることがあります。 また、カメラアプリの設定によっては、位置情報が写真に記録されることもあります。 ロケーション履歴の使用状況と診断情報 ロケーション履歴をオンにすると、ロケーション履歴に関して何が動作しているか(何が動作していないか)についての診断情報がデバイスから Google に送信される場合があります。 ロケーション履歴をオフにした場合、かどうかを指定できます。 使用状況と診断に関するすべての情報は、に基づいて使用されます。 使用状況と診断情報は、Google のアプリやサービスのほか、Android デバイスの機能向上に役立ちます。 たとえば、Google では次のような改善に情報を使用しています。 電池寿命: 送信された情報を基に何が電池を多く消費するかを調べ、よく使用される機能の電池消費量の抑制に役立てます。 位置情報の精度: 位置センサーや位置情報の設定からの情報を、アプリやサービスでの位置予測の精度向上に役立てます。 その他の位置情報の設定の詳細• 位置情報を使用可能なアプリを選択する: をご覧ください。 をご覧ください。 地図上で現在地を特定する: をご覧ください。 訪れた場所や移動したルートの履歴を管理する: Google マップでをご覧ください。

次の

Googleの検索履歴を非表示または自動削除にする方法|@DIME アットダイム

ロケーション履歴を自動で削除

Google Googleは6月24日、個人情報保護を強化するため、Googleアカウントのロケーション履歴、およびウェブとアプリのアクティビティについて、18か月で自動削除する設定をデフォルトにすると発表しました。 ロケーション履歴とウェブとアプリのアクティビティの自動削除は2019年に導入されたもの。 それ以前は、保存しない設定こそ選べるものの、保存する場合は手動での削除が必須となっていました。 ユーザーは自動削除の期間を3か月と18か月から選択が可能。 自動削除しないという選択も残っており、手動による削除は随時行えます。 今回の新しいルールでは、新規ユーザーあるいはロケーション履歴、ウェブとアプリのアクティビティを初めて有効にする場合、18か月での削除がデフォルトになるというもの。 今回の変更はデフォルト設定のみに影響するため、3か月や自動削除しない設定への変更も、もちろん可能です。 なお、既存ユーザーについては設定は変更されませんが、Google側は自動削除の制御について、積極的な通知を行っていくとしています。 これらのデータは、検索結果や広告のパーソナライズなどに利用されており、広告事業を手がけるGoogleにとっては重要なもの。 発表の中でも「マップでお気に入りの目的地を見つけたり、YouTubeで何を見るべきかの推奨情報を得たりするなど、ユーザーにとって有用で役に立つ限り、ユーザーの情報を保持すべきだと考えている」と述べています。 にもかかわらず、自動削除をデフォルト設定にするのは、18か月前であれば、さほど影響はないとの判断なのでしょう。 なお、YouTubeの履歴については、新規にアカウントを作成したり、初めてYouTubeの履歴を有効にする場合には、36か月後の自動削除がデフォルトになるとのこと。 既存ユーザーは従来通り、3か月、18か月、削除しないオプションを選択可能です。 YouTubeの視聴履歴は広告以外にも、過去に視聴したお気に入りシリーズの新シーズンや、お気に入りのアーティストの新作がリリースされた際に通知するためにも使われるとのこと。 検索やロケーション履歴よりも自動削除期間が長めなのは、よりパーソナライズの影響力が大きいためなのかもしれません。 source:.

次の