地震予言 2020 年。 ババ・ヴァンガとは?2020年の予言は?2021年以降もまとめ

【予言】魔の水曜日&祝日になる2020年4月29日or5月6日に巨大地震が来る!?首都直下地震・南海トラフ地震・富士山噴火が一緒に来たら日本滅亡!!

地震予言 2020 年

2010年の第三次世界大戦の戦争期間、2011年の核放射降下物で生物に被害を及ぼすという予言がそうです。 2014年の皮膚病で苦しむという予言、2016年のヨーロッパはほとんど孤独、2018年中国は世界の超大国となるなど、殆どが極端な内容でしょう。 中国の経済は2000年前半がバブル景気です。 2018年に中国が世界の超大国になるというも、2000年前半以降は緩やかな下降を続けている印象です。 間違いなく経済大国の一つですが「世界の超大国」と言うには少々大げさではないでしょうか。 ババ・ヴァンガの2020年の予言は?日本を含む大地震が発生する? ババ・ヴァンガの2020年予言は、大きな震災の年になるという内容の不吉なものであるようです。 太平洋岸北西部が危険地帯になるという予測のようです。 カリフォルニア州南部から西部にかけて1000km以上続いている断層、サンアンドレアス断層があります。 過去にも巨大地震を引き起こしたとされる断層です。 環太平洋火山帯全土に影響があると予測され、実は日本も他人事ではありません。 大地震・津波には気をつけなければならない可能性があるのです。 亥年は地震が起こりやすい年なのだそうです。 日にち、時間帯によって莫大なエネルギーが引き合うことがあるそうですが、その時地震が発生しやすいと彼女は語ります。 詳しくは動心学を勉強する必要がありますが、2020年は地震を引き寄せるパワーのある年のようです。 来年2021年はオリンピックyearですので、大事にならなければと願うばかりです。 ジュセリーノ氏も南海トラフの巨大地震を予言? ブラジル・英会話教室の教師であるジュセリーノ氏(ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルース)は、予知夢により予言が出来ると日本のマスコミに紹介されたことのある人物です。 ジュセリーノ氏は2018年6月21日に、日本の東海でM10. 6の地震が起こると予言していました。 しかしまだこの大地震は起こっていません。 この予言は外れていますが、ジュゼリーノ氏の予言は予測より後に起こる可能性が高いようなのです。 南海トラフの巨大地震はもうすぐすると起こると、考えていいのかもしれません。 聖徳太子も日本列島が八つ裂きになると予言していた? 予言書に多くの予知を残した聖徳太子ですが、「クハンダが来る」「東の都は親と七人の子供のように分かれる」という内容の予言があります。 どういた意味なのでしょうか。 謎に包まれたこの予言を学者達は、2023年までに「クハンダ」(末世に現れる悪鬼)が来襲する意味で、恐ろしいことが起こることを記していると解釈しています。 クハンダ来襲のため、東京の首都機能が7つに解体されるという予測と、大地震が起こり日本の国土が分かれてしまうという2つの説が考えられており、やはり大地震の危機感は否めません。 数多くの大地震・大噴火を予測 木村政昭・琉球大学名誉教授 琉球大学名誉教授の木村政昭氏は、数多くの大地震・大噴火を予測してきました。 木村氏は2009年~2020年までには富士山噴火の可能性が高いとみているようです。 富士山の宝永大噴火が起こった300年前、宝永地震(南海トラフ地震)も同時に起こっていることも考えると、まもなく大噴火・大地震が起こるということなのでしょうか。 大学教授の観点から見ても、2020年の大地震を予測しています。 2020年が震災の年と予言したババ・ヴァンガと同じです。 岡山県のドリームセラピスト 七曜高耶氏も予知夢で地震を予測 霊感が強いといわれるたくさんの一般人が、今年の大地震を予言しています。 その中の一人「2020年に南海トラフ巨大地震が発生する」という予言をしネット上で噂の、ダウンローラー千尋さんです。 「ダウンローラー」とは未来の出来事が頭の中に下りてくるという意味で、未来視する力をお持ちのようです。 ダウンローラー千尋さんは熊本地震を予言したという「口コミ」の噂が立っています。 当たると「口コミ」で噂の方が、2020年南海トラフの大地震が起こると予言、今年は本当に要注意な年なのかもしれません。 ババ・ヴァンガの2021年以降の予言は?一覧まとめ ババ・ヴァンガの2021年以降の予言は、5079年・世界の終わりまですべての内容が驚異的です。 ブルガリア政府が機密にした理由に納得です。 2021年から5079年の予言一覧を、一挙まとめてご紹介します。 地球の軌道の変化で間違いなく、日射量に影響が出てきます。 2025年には欧州の人口がゼロに近づくとあります。 大げさな表現といえそうですが、国連の予測で2050年までに人口が15%以上減少すると予測される国は、中東欧の元共主義国に集中しているようです。 現在、臓器提供を受けなければならない患者はたくさんおりますが、2046年には自分に合った臓器を再現できると予言しています。 臓器移植手術が難しいものではなくなる日も近いのでしょう。 2023年地球の軌道が変わる。 2025年ヨーロッパは依然として過疎の常態が続く。 2028年新たなエネルギー源が発見される。 飢餓が克服される。 金星に向けて有人の宇宙飛行が出発する。 2033年極地の氷冠が溶け、世界の水位レベルが上昇する。 2043年経済は良好。 イスラム教徒がヨーロッパを動かすことになる。 2046年すべての身体器官が、簡単かつ一般的な方法で再現可能となる。 「プロジェリア症候群」はご存知のかたも多いでしょう。 カナダのアシェリー・ベイや、アメリカテキサス州のアダリア・ローズらのドキュメントは世界的反響が大きいものでした。 この病気が2097年には治療可能になり、難病を克服できるようになります。 人口太陽もそうですが、2050年から2100年の期間は、現在開発中であるものが、実用化されているようです。 2066年アメリカが、イスラム教徒に対して気象兵器を使う。 2076年共産主義が処理を引き継ぐ。 2084年自然が生まれ変わる。 2088年新しい病気は、人を数秒で老いさせる。 2097年「プロジェリア症候群」(早老症)が治療される。 2100年人工太陽が地球の暗がりを照らす。 2015年に宇宙からの信号をハンガリーで受信されるようになるのは、このジョークが理由なのでしょうか。 現在はまだ、宇宙人が存在するのかどうかはっきりしていない状況の中、2130年にエイリアンの力を借りて水中で生活をする文明になるという予言があります。 2111年人々はロボットになる。 それはおそらくアンドロイドのようなものである。 2123年小さな国家間の戦争が起こる。 大きな国はそれに手を出さない。 2125年宇宙からの信号はハンガリーで受信される。 2130年エイリアンの助けを借りて、水中で生活する文明が生まれる。 生物の進化も予言されています。 (2164年の動物が半分人となる、2196年アジア人とヨーロッパ人のミックスなど) 2164年動物が半分人となる。 2167年新宗教が生まれる。 2170年:大きな干ばつ。 2183年火星のコロニーが核保有国になり、地球からの独立を要求する。 2187年2つの大きな火山噴火の停止に成功する。 2195年海のコロニーがエネルギーと食糧を持つことになる。 2196年アジア人とヨーロッパ人は完全にミックスされる。 (引用:知的好奇心の扉 トカナ).

次の

【予言】魔の水曜日&祝日になる2020年4月29日or5月6日に巨大地震が来る!?首都直下地震・南海トラフ地震・富士山噴火が一緒に来たら日本滅亡!!

地震予言 2020 年

「 2020年頃、肺や気管支にダメージを与える肺炎と似た病気が世界中に広がり、あらゆる治療法が効果を発揮しないだろう」 2008年に出版された「End of Days: Predictions and Prophecies About the End of the World」という書籍の中に、現在世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルスのことを予言したと思われる個所がみつかり世界中で話題になっている。 す、すげ~!! というわけでこの記事では、彼女の新型コロナウイルスについての予言や、この書籍に記載されたその他の予言も紹介したい。 In around 2020 a severe pneumonia-like illness will spread throughout the globe, attacking the lungs and the bronchial tubes and resisting all known treatents. Almost more baffling than the illness itself will be the fact that it will suddenly vanish as quickly as it arrived, attack again ten years later, and then disappear completely. 2020年頃、肺や気管支にダメージを与える肺炎と似た病気が世界中に広がり、あらゆる治療法が効果を発揮しない。 病気そのものよりも不可解なのは、それは突如として表れ、同じように突如として消え失せてしまうだろう。 そうして10年後、再び流行し、そして完全に消えさる。 これは2008年に出版された「End of days」の中の新型コロナウイルスに関して言及していると思われる部分。 2020年。 肺炎と似た疾患。 治療が困難。 すべてが現状を正確にいい当てているような気がする!! この予言が正しいとすれば、新型コロナウイルスは近い未来、ある日突然収束に向かうのだろうか。 もしシルビアさんがホンモノの予言者なら、ほかにどんな予言をしていたのか? どんな未来を見ていたのか? 気になるところ。 というわけで、予言者シルビア・ブラウンが著書で語ったその他の予言がこちら。 2020年代後半までにドーム型の都市が建設され、最終的には裕福な人たちだけがそこに住む。 未来の建物=ドーム型。 だれもが考えそうな近未来像だ。 でも、このまま地球の気候変動が加速して人が住みにくい環境になったら、都市をまるごとドームで囲って気温や湿度を管理するってのも合理的な気がする。 地球の気候を変動させるのは無理でも、ドームの中の気候を自由にコントロールするのはできそうだしね。 シルビアさんの予言は当たるのか?? シルビア・ブラウンさんは予言の内容と同じくらいブッ飛んだ人だったらしい。 いろんなトークショーにゲストとして参加して、ブッとんだ予言を披露!! その予言がまったく当たらなかったので、評判も非常に悪かったとか。 重い精神疾患を患っていたという話もある。 2020年の肺炎と似た疾患についての予言も、2003年頃に世界中で流行したSARSにインスパイアされたものだとも考えられる。 彼女は生前に何千もの適当な予言を残しているが、そのうちのひとつが偶然、現実と似通っていた。 真相はそんなところだろう。 結局シルビアさんは、予言の結果を見ることなく2013年に亡くなっている。 シルビアさんはホンモノの予言者なのか? もしそうだとしたら、アトランティス大陸やレムリア大陸が浮上したり、隕石が降ってきたり、少子化が進んだり、いろいろ大変そう。 でもまあ…恐らただのデタラメだろう、きっと。 もしホンモノの予言者なら、新型コロナウイルスの治療法についても予言しておいて欲しかったものですね。

次の

木村藤子2020年の地震予知の予言・占いの評判はどうなのか!?

地震予言 2020 年

2019年9月にクレイグ・ハミルトン・パーカーさんの2020年についての予言動画がにアップされていました。 最近、クレイグ・ハミルトン・パーカーさんの2019年の予言ブログへのアクセスが増えていたので、ちょっと気になってのチャンネルをチェックしたら、いつのまにか2020年についての予言動画がアップされておりました。 気が付きませんで、すみません。 あまり時間がないので、簡単に抜粋、要約しました。 本番の大統領選では、いくつかのクリティカルな州をが奪うが、をがとって、大統領選はトランプが制する。 2021年から下降するだろう。 仮想通貨への投資は避けた方がいい。 最終的には暴落する。 2020年中か、その前に暴落すると思う。 一方、金と銀の価格は2021年によくなると思うので、2020年に金や銀に投資するのはいいと思う。 カのテクの会社への投資はいいだろう。 (グーグルはダメ) ドイツやヨーロッパの会社の株価は下がると思う。 の仮想通貨リブラへの投資はまったくダメだと思う。 カの製薬会社への投資がいい。 特に、イー・ライリー社のような製薬会社が。 石油会社はアップダウンする。 私の予言に賭けるのはやめてくれ。 トランプとがともに解決しようとする。 カがサウジを支援し、イランにはロシアが介入するような形だが、2021年以降にふたたび激化するだろう。 カが武器などをコロンビアに供給する。 だが、トランプはからの難民を受け入れることを拒否する。 2020年には、香港だけでなく、中国本土でもデモが発生し、最終的には、現在の指導部が退いて、真の民主的な国家体制に変化する。 カの旗の下でのイギリス帝国の再興という感じ。 特にニューヨーク辺りは酷い状況になる。 夏には、だけでなく、全米のいたるところで、活動が起こる。 また、すさまじいハリがマイアミを襲う。 そのときには、カ人も環境問題について何かしなければ、ということになる。 2020年には、カでプラスチックに関する画期的な技術が生まれ、か何かでリサイクルするような形の技術が出てくる。 CO2についてもに何かするような大きなステップがある。 また、水からのクリーンエネルギー、ではない方法で、水素と酸素に分解する格安の方法が出てくる。 こういった技術がすべて2020年に出てくるわけではないが、将来生まれて来て、現在よりももっと調和した形のエネルギーを活用して、砂漠を緑に変えるようなことに繋がっていく。 ゼロポイントエネルギーではなく、少し違った形のエネルギーで、そのブレークスルーが2020年に起こるだろう。 また主要な病気を治すコードのようなものが出てくるのを感じる。 dream-kb.

次の