ウーバーイーツ クロスバイク。 【UberEats】今稼げるウーバーイーツ攻略法【自転車で副業】

ウーバーイーツのバイト代っていくら稼げるの? 配達員の時給と給料について

ウーバーイーツ クロスバイク

ARGON18(アルゴン18)• ANCHOR(アンカー)• BIANCHI(ビアンキ)• BMC• BOARDMAN(ボードマン)• BOMA(ボーマ)• CANYON(キャニオン)• CANNONDALE(キャノンデール)• CENTURION(センチュリオン)• CERVELO(サーヴェロ)• CHINELLI(チネリ)• COLNAGO(コルナゴ)• CORRATEC(コラテック)• CUBE(キューブ)• DIAMONDBACK(ダイアモンドバック)• DE ROSA(デ・ローザ)• EDDYMERCKX(エディメルクス)• FELT(フェルト)• FOCUS(フォーカス)• FUJI(フジ)• GARNEAU(ガノー)• GIOS(ジオス)• GT(ジーティー)• JAMlS(ジェイミス)• KESTREL(ケストレル)• KHODAA BLOOM(コーダブルーム)• KOGA(コガ)• KUOTA(クォータ)• LAPIERRE(ラピエール)• LOOK(ルック)• LOUISGARNEAU(ルイガノ)• MARIN(マリン)• MASI(マジィ)• MERIDA(メリダ)• NEILPRYDE(ニールプライド)• ORBEA(オルベア)• PANASONIC(パナソニック)• ASAHI(あさひ)• PINARELLO(ピナレロ)• RALEIGH(ラレー)• RHIDLEY(リドレー)• GIANT(ジャイアント)• SCOTT(スコット)• SPECIALIZED(スペシャライズド)• TIME(タイム)• TREK(トレック)• YONEX(ヨネックス)• WILIER(ウィリエール)• その他• CARRERA(カレラ)• GUERCHOTTI(グエルチョッティ).

次の

ウーバーイーツは自転車だと稼げない?【やってみて分かった盲点】

ウーバーイーツ クロスバイク

ウーバーイーツはネット登録可能 ウーバーイーツの配達パートナーになるためには まず、ネットから登録する。 流れとしては以下の通りだ。 1.パソコンやスマホでウーバーイーツの登録サイトから情報を入力する 電話番号やメールアドレスなどの個人情報を入力する必要がある。 以前に作ったアカウントがある場合はそのアカウントでログインできる。 忘れて2つ目のアカウントを作ってしまうと 1つ目以外のアカウントは消される危険性があるので気をつける。 もし私のように2つ目のアカウントを作ってしまった場合は登録センターで事情を話して1つ目のアカウントを消してもらおう。 2.身分証明書の写真を撮って送る 運転免許証などを写真に撮って送る。 どうしても無理な場合は登録センターで出来るが、スムーズにすすめるために先に送っておいたほうが良いかもしれない。 3.ウーバーからの連絡を待つ 登録が認められると電話がかかってくる。 非通知でかかってくるので気をつけよう。 私は無視してしまったのだが、つながらない場合は ショートメールで登録できましたという内容が送られてくる。 電話が苦手すぎるなら最初から電話に出ずにショートメールを待ってもいいだろう。 ネットからの登録の流れは以上である。 何度かSMSで認証番号が送られてきたりしてかなりシステマチックな感じがする。 登録画面の動作が時々おかしい時があるのが気になったがそれ以外はスムーズに出来た。 ウーバーイーツのパートナーセンターへ行く 私の場合は難波から近いへ行った。 周りには自転車置場が極めて少ないのでその点は注意が必要。 四ツ橋駅の方にある自転車置き場が無難だと思われる。 ウーバーイーツのパートナーセンターは12時にならないとオープンしないので、午後から出発して14時ぐらいに到着。 心斎橋のりそな銀行ビルの6階だったが、なんか受付とかあってちょっとキョドる。 でも ウーバーイーツどこですか?って聞いたら丁寧に教えてくれるので安心。 604の部屋はちょっと奥の方にあった。 入ると受付におじさんとお兄さんがいて、先客と話をしていた。 どうやら外国人で日本語があまり良くわからないようで 日本語がもっと上手くなったらまた来てねって言ってお引取り願っていた。 銀行口座登録をする ショートメールで銀行口座登録してねって書いてあったがセンターでも出来るって書いてあったのでしないで来たわけだが、ここで待っている間に銀行口座登録をさせられた。 Uberはアメリカから送金するらしく、全部英語で入力する必要があるらしい。 ローマ字で住所などを入れたが、県はいらないとか市はハイフン付けてとか丁寧に教えてくれるのでスムーズに出来た。 個別に説明がある 終わったらスマホにショートメールが届き、説明の準備が出来たことをお知らせされる。 こんなシステムなの?って感じで戸惑っていたら呼びに来てくれた。 最初からそれでいいやん…。 私はてっきり何人か集まったところで説明が始まるのかな?って思っていたけど 個別なんよね。 びっくり。 受付カウンターみたいなのが合計6箇所ほどあり、全部埋まっていた。 私はお姉さんがいいなぁと思っていたのだが お兄さんだったので残念…。 でも感じの良いお兄さんで説明もわかりやすかったのでいいけど。 ウーバーイーツはどういうサービスなのかとかそういう説明から始まる。 ウーバーイーツは 個人事業主で自由な働き方を実現する仕事らしい。 なので確定申告してねって言ってた。 あと、知らなかったお店を発見できたり、街を再発見できる素晴らしい仕事だと教えてもらった。 賃金の発生する仕組みとかアプリの使い方なんかも全部スライドを使って説明してもらえる。 個別なのでわからないところを質問しやすい。 まぁだいたい知ってるから質問することはないけど。 どこで待っているのがいいのかとかそういう説明もあって、やっぱり大阪のキタからミナミにかけてのエリアが一番注文数が多くて良いようだ。 私の家の近所も赤のエリア(色分けされたエリアで青が少なくて赤になるにつれて多くなる)になっているので恐らく注文が多く稼げるエリアだと思われる。 この商売は都心で待機し続ける必要があり、待機場所が確保できないと結構つらそう。 時々なんばハッチのところで待機しているウーバーイーツの人がいるけど寒い時期や暑い時期はきついだろう…。 あと、友達紹介キャンペーンについて教えてもらったが、今大阪で新規のウーバーイーツ配達パートナーを紹介したら紹介者に6万円入るらしい!これはでかい!(時期によっては3万円だったり無かったりします)。 そして最後にあの 立方体のカバンを渡されて終了。 いつも見かけるUber Eatsのカバンは緑なのに今は黒になったらしいです。 いろいろあるんやね。 なんか最新式のはピザが入る仕組みとか搭載されているのでピザも運べる。 ピザ屋もUberやる時代ということだ…。 ちなみにデポジットとして4000円振込報酬から引かれる(4週にわたり1000円ずつ)が、辞める時に返せば4000円戻ってくる。 ウーバーイーツの配達パートナーに登録してみたのまとめ 私は元々自転車好きでロードバイクで一日100キロ以上サイクリングしたこともあるほどの サイクリングマニアなのだが、好きな自転車を仕事にしようと思ってもそれこそ会社の資料を運んだりするメッセンジャーぐらいしか仕事は無かった。 Uber Eatsはそんな自転車マニアが好きな自転車で街を走りながら小銭を稼ぐ事のできる良い仕事だと言えるだろう。 まだ、一度も運んでいないのでなんとも言えないが今後ウーバーイーツがどんどんと普及して行くと感じる。

次の

ロードバイク初心者が教えるウーバーイーツ配達員の仕事|100回目までの記録

ウーバーイーツ クロスバイク

Uber Eats ウーバーイーツ 配達パートナーを始めようとしているんだけど、ロードバイクか電動自転車はどっちがいいのか教えてほしい。 Uber Eats ウーバーイーツ が提携しているシェアサイクルもあるけど、どれがいいのか知りたい。 本記事では、そんな疑問にお答えします。 結論としては、ロードバイク・電動自転車・シェアサイクル ドコモが運営しているサービス は、それぞれにメリットがあります。 なので、自分のライフスタイルにあったものをを選んだほうがいいですね。 ということで本記事では、Uber Eats配達パートナーを始めるにあたって、電動自転車・ロードバイク・シェアサイクル、どれを使ったほうがいいのか比較してきました。 初期費用• 維持費 ランニングコスト• 疲労度• スピード• それぞれ詳しく解説していきます。 初期費用 ロードバイクや電動自転車を持っていない人は、まず購入する必要があります。 ロードバイクの値段はピンキリで5万円以下で買えるものもあれば、100万円以上するものもあります。 値段が高いほうが少ない力でたくさんこげるし、乗り心地もいいようです。 なので、ある程度のロードバイクを買うなら10万円ほどは必要でしょう。 電動自転車も一般的な値段はだいたい10万円前後ですね。 シェアサイクルだと初期費用は一切かからないので0円です。 維持費 ランニングコスト ロードバイクも電動自転車も駐車場代や保険代がかかってきます。 あとは、壊れたときの修理やメンテナンスも必要です。 それを踏まえた上で計算しています。 駐車場代は月2000円、保険は年間4000円 ロードバイクにかかる維持費は、年間でだいたい2万円弱くらいと考えておくといいです。 なので、ロードバイクの維持費は月3000円くらいですね。 電動自転車は、壊れない限りほとんど費用がかかりません。 充電も1回10円程度なので月に20回充電しても200円程度なので、維持費は月2000円くらいですね。 シェアサイクルは、Uber専用プランであれば月に4000円で乗り放題になります。 駐車場は専用の場所があるので必要ないですし、シェアサイクルには保険が付与されているので月に4000円だけでOKです。 疲労度(疲れやすさ) ロードバイクの性能にもよりますが、街中を走る分には圧倒的に電動自転車のほうが疲れません。 特に坂道。 ドコモのシェアサイクルは、すべて電動自転車なのでめちゃくちゃ楽です。 ロードバイクは直線が多かったり、信号が少ないとかなりスイスイ行けるんじゃないでしょうか。 スピード スピードは、ロードバイクが一番速いです。 電動自転車の場合だと、24kmまでしか電動アシストが作動しません。 それ以上は自力でこぐ必要があるので辛いです。 なので、ロードバイクが一番スピードを出すことができます。 ただ、バッグの中に商品が入っているのでそこまで速いスピードを出すのは危ないかもしれません。 もちろん電動自転車でも遅いわけではないので、配達に遅れるということはないので安心しましょう。 便利さ ロードバイクは、自分の家から乗って配達エリアに行くことができるし、自分の趣味としても使えるのでロードバイクが趣味の人はめちゃくちゃいいですね。 電動自転車だと、1回の充電で3~5時間程度しか電動アシストが使えません。 なので、充電が切れたら電動アシスト無しで漕ぐか、もう一度充電すう必要があります。 シェアサイクルであれば、充電が切れたらまた別の自転車を借りればいいので問題ありません。 Uber Eats ウーバーイーツ の配達エリアに駐車場はいくつかあるので大丈夫ですが、利用者が多い地域だと借りようとしても充電が切れていたり、自転車自体が無いとうことがあります。 あとは、住んでいる場所が配達エリアから離れている場合、電車でそのエリアまで行く必要があるので交通費がかかってきます。 その辺は自分の住んでいる場所や環境に合わせないといけませんね。 年間にかかる費用 コスト でも比較 一応、さいごに年間費用で3つを比較してみます。 ざっくりと費用を計算してみた シェアサイクルは、配達エリアに住んでいなくて配達エリアまで電車で行く必要がある場合で計算してみます。 1ヶ月のうち20回稼働したとして、交通費は往復で400円 ロードバイク 電動自転車 シェアサイクル 初期費用 約10万円 約10万円 0円 月額費用 0円 約200円 4000円 修理費やメンテナンス費 約2万円 0円 0円 駐車場代 月額 2000円 2000円 0円 交通費 0円 0円 8000円 初年度費用 144000円 126400円 144000円 2年目以降 44000円 26400円 144000円 結果的にそこまで変わらない結果になりました。 2年目以降は、圧倒的に自分でロードバイクや電動自転車を持っているほうが費用が安くなりますね。 ただ、上記の表はすべて費用がかなりかかった場合の計算です。 トラブルなく無駄な出費を抑えられた場合の費用 最後は、費用が抑えられる人で計算してみます。 ロードバイク、電動自転車ともに駐車場代がかからない。 配達エリア内まで交通費が必要ないとする。 ロードバイク 電動自転車 シェアサイクル 初期費用 約10万円 約10万円 0円 月額費用 0円 約200円 4000円 修理費やメンテナンス費 約2万円 0円 0円 駐車場代 月額 0円 0円 0円 交通費 0円 0円 0円 初年度費用 120000円 122400円 48000円 2年目以降 20000円 2400円 48000円 こんな感じになりました。 維持費のほとんどかからない電動自転車のコストが一番低いですね。 ただ、配達エリア内までの交通費が必要のない人だと2年経ってもシェアサイクルを利用したほうがトータルの費用は低い結果になります。 Uber Eats ウーバーイーツ 配達パートナーはロードバイクか電動自転車かシェアサイクルどれがいい? ロードバイクがいいのはこんな人• すでに電動自転車を持っている• 配達エリア内に住んでいる• 空いた時間にだけUber Eats ウーバーイーツ 配達をするつもり 電動自転車をすでに持っている人は、電動自転車で配達するのもアリです。 あとは、配達エリア内に住んでいるなら数時間は配達することができるので、ちょっとした時間にだけ働きたい人はいいかもしれません。 ただ、電動自転車を持っていなくて、配達エリア内に住んでいないのにわざわざ買うのはもったいないので購入は避けるべきです。 電動自転車は、フル充電しても3~5時間しか使えないので、配達エリア内まできてから配達を始めたらすぐに充電が切れてしまいます。 電動アシストのない電動自転車は、普通の自転車よりも重くなります。 シェアサイクルがいいのはこんな人• とりあえずUber Eats ウーバーイーツ 配達パートナーをやってみたい• 1年以上続けるかわからない• 想定外の出費をしたくない とりあえずUber Eats ウーバーイーツ 配達パートナーをやってみたい人は、シェアサイクル一択です。 1回30分150円から借りることができるので、お試しでやってみることができます。 本気で始める人もUber Eats ウーバーイーツ 専用プランなら月額4000円で乗り放題なので、シェアサイクルを利用するのがいいです。 ただ、シェアサイクルを自分の家まで乗っていくことは禁止されているので、毎回どこかの駐車場に返却する必要があります。 自分の住んでいる家から配達エリアが遠いと、毎回そこまで電車などで行く必要があるので、その分の交通費がかかってしまうので計算に入れておきましょう。 ぼくは、配達エリア内に住んでいて近くにシェアサイクルの駐車場もあるので他の費用が一切かかりません。 まとめ|Uber Eats配達パートナーをとりあえず始めてみるならシェアサイクル一択! Uber Eats ウーバーイーツ 配達パートナーは、ロードバイク、電動自転車、シェアサイクルの中でどれがよいのかを比較してみました。

次の