横須賀線 遅延 多い。 電車遅延が多い路線ランキング-Manegyニュース

都内の「電車遅延が一番多い路線」ランキング(テンミニッツTV)

横須賀線 遅延 多い

ほぼ毎日電車の遅れ発生…その理由は? 最近よく電車が遅れるな…、と思う方も多いのでは?なぜここまで遅延が多発するのだろうか。 3月初日の朝もJR山手線や京浜東北線など各所で発生した電車の遅れ。 2月25日には、停電によりJR中央線などが運転を見合わせ大混乱、多くの受験生にも影響がでた。 27日は湘南新宿ライン、28日は東武スカイツリーラインで遅れが生じた。 街の人からは、「多いですね、困っちゃいますね」「かなり昔より多いと思います。 なんでだろうね」などの声が聞かれる。 国土交通省によると、 30分以上の遅延や運休は、2017年度には約6000件。 30年前に比べ3倍以上増えているという。 特に遅延が多いのは、 JRの宇都宮線・高崎線、埼京線・川越線。 そして、中央快速線。 実は、 30分以上の大規模な遅れの大半は、人が原因。 自殺や線路の立ち入り、火災などが8割を占め、鉄道会社のミスや災害はごくわずか。 一方で、よくある「10分遅れ」などの小規模な遅れの原因はというと・・・ 6割が電車の利用者によるものだ。 その一番の理由は、乗り降りに時間がかかりすぎることだという。 渋滞学の権威・東京大学の西成教授は、「遅延っていうのは、ちょっとの要因が積み重なっている。 『発車間際に駆け込むのはやめてください』っていう放送が入りますけど、個人としてはどうしても乗りたい。 でもそうすることで、また一つの駅で遅延が増える」と指摘する。 駆け込み乗車などで起きる各駅での遅れが、ひと駅、ふた駅と、積もり積もって、大きな遅れにつながっていくという。 鉄道会社の電車遅延対策は? では、遅延を避けるための手立てはないのか?鉄道会社の対策を取材すると… 京王線の駅のホームには、乗る人と降りる人の場所が示されたマークがある。 これにより、スムーズな乗り降りを促し、電車の遅れを避ける狙いがあるという。 さらに線路にも工夫が…。 京王線・井の頭線の上り線と下り線とをつなぐ線路により、駅の先でトラブルがあった際も、折り返し運転が可能に。 混乱の影響を最小限に抑える事ができるという。 住みたい街ランキングの上位に、郊外の街が入る今、乗り換えなしで遠くまで行ける相互乗り入れは、近年、急速に首都圏で広がっている。 しかし、これにより、「遠くの影響が、いろんなところに伝わっていく」と西成教授は指摘する。 例えば、3月1日朝も遅れがでた東急東横線。 これは実は、西武池袋線の影響によるもの。 大泉駅と保谷駅間で踏切の安全確認があったためで、その影響が、相互直通運転を行う東京メトロの副都心線や、有楽町線、そして東急東横線にまで及んだのだ。 今後、毎日のように起こる電車の遅れが解消される日はくるだろうか…。 (「プライムニュース イブニング」3月1日放送より).

次の

最多は月19回!「遅延の多い路線」ランキング

横須賀線 遅延 多い

まず挙げられるのが相互直通運転。 2019年11月に開業した相鉄・JR直通線の開業によって相鉄でも遂に他の首都圏の鉄道会社と同じく他社線への乗り入れを開始。 相鉄線内だけでなく、JR横須賀線、埼京線のダイヤの乱れの影響を受けるようになったことが1つ目の原因。 次に乗降時間の延長によって発車時刻が遅れる点。 混雑による乗車時間超過、駆け込み乗車などの乗客のマナーによって停車時間が長くなる。 人身事故や列車緊急による安全確認等も遅延の理由の1つに。 こちらは主に踏切関連の内容が多い。 相互直通運転による影響 相鉄線では以前は相互直通運転とはまったく無関係の路線だった。 横浜~海老名の相鉄本線、二俣川~湘南台の相鉄いずみ野線の2路線で運転系統は完結していた。 相鉄新横浜線が開業したことでJR線との相互直通運転が開始されたのは2019年11月。 羽沢横浜国大駅を経由して、JR横須賀線、埼京線へも乗り入れるようになった。 この一連の直通運転の形態を「相鉄・JR直通線」という。 渋谷駅や新宿駅などの都心直結が実現した反面、相鉄線も遅延が生じやすい環境に変わった。 JR横須賀線、埼京線は遅延の王者。 毎日のように遅延が発生している路線のため、同時に相鉄・JR直通線の列車にも遅れが生じやすい。 結果的に相鉄線内の電車にもダイヤの乱れの影響が波及する形に切り替わった。 慢性的な混雑• JR横須賀線に起因する遅延とは、慢性的な混雑、湘南新宿ラインとの線路共有の点が主流。 駅構内の列車緊急停止ボタン作動による緊急停止などもあるが、大きな原因はこれら2点が該当。 混雑の場合、最も詳しく言うと武蔵小杉駅に起因する内容である。 朝ラッシュの時間帯では武蔵小杉駅からの大量の乗車人員で乗降時間の延長しやすい。 混雑率はここ最近は190%前後で推移。 首都圏の中でも首位クラス。 相鉄・JR直通線も武蔵小杉駅に停車するが、横須賀線の電車と比較した場合の混み具合の差は大きい。 横須賀線の電車の方が圧倒的に混んでいて超満員電車の様相を呈する。 さらに湘南新宿ラインの電車も横須賀線の線路を走る点も遅延につながる。 湘南新宿ラインは東海道線、宇都宮線、高崎線と直通運転を行う関係上、これらの路線内でのトラブルで運転見合わせ、遅延等のダイヤの乱れが生じやすい。 JR横須賀線(湘南新宿ライン含む)は相鉄本線とは比べ物にならないくらい定時運行が困難な状態の下にある。 慢性的な混雑• JR埼京線に起因する遅延も横須賀線と類似する。 朝ラッシュを中心に慢性的な混雑が問題となっている。 混雑によって乗降時間の延長しやすく、相鉄線直通の埼京線が遅れやすい。 そして、埼京線もまた湘南新宿ラインの電車と大崎~池袋間にて線路を共有。 他の線区のダイヤの乱れに左右されやすい。 踏切関連の運行障害 踏切は運転見合わせ、大幅な遅延をもたらす典型的な原因。 相鉄本線では踏切がいくつも存在。 連続立体交差事業が整備された区間もあるが、大半ではまだまだ踏切が点在。 人身事故のような実際の交通事故に加え、列車通過直前横断、線路内立ち入りといった一般市民の行動に問題によって電車の緊急停止があり得る。 人身事故 人身事故が起きる場所としては主要ポイント。 クルマなどの一般交通と電車が衝突する可能性も高い。 踏切での事故は「運転見合わせ」という形で電車の運転が100%止まってしまう要因になる。 一度人身事故が生じると復旧には時間を要するため、大幅にダイヤが乱れるのは回避できない。 ところで、人身事故には不運による本当の「交通事故」の場合と、走行中の電車への飛び込み自殺の場合がある。 相鉄本線はスピードを出す部分が乏しいこともあって自殺行為は少ない。 一方の不運の事故は踏切が存在するという特徴から起きてしまう。 連続立体交差ができない限りは遅延の主要原因になり続ける。 緊急停止による安全確認 列車通過直前横断、線路内立ち入りなども起こりやすい。 電車が緊急停止する根拠の1つでもある。 運転士による目視判断の結果から踏切内の障害物検知センサーが作動して自動的に急ブレーキがかかる場合の2パターンがある。 踏切には周辺の人たちが緊急時に電車を停止させる「非常ボタン」が付いているが、これが作動しなくても障害物検知センサーが反応して電車が止まる仕組みにもなっている。 運転士が危険を見て急ブレーキをかけることもある。 同じく緊急停止という形で電車が止まる。 どちらにせよ、一旦非常停止すると運転再開までには5分はかかる。 1回でも踏切にて電車が緊急停止すれば、相鉄線内で「遅延」が発生という情報が駅の電光掲示板などに登場する。 乗降時間の延長 相鉄線にて遅延が起こるもう1つの原因が、乗降時間の延長。 駅にて乗客の乗り降りが通常よりも長くなることで発車時刻が遅れ、その結果1本の電車または路線全体が遅れる。 乗降時間が長くなる原因としては、混雑という利用状況や駆け込み乗車などの乗客のマナーのどちらかがほとんど。 混雑による遅れ 混雑が原因での遅延の詳細• 3両編成のため1本当たりの輸送力が小さい >> 混雑が激化することもあり、そうなると停車駅での乗降時間が長くなって遅れにつながる。 相鉄本線の朝ラッシュの混雑率は130%近くの数値を出している。 相鉄本線そのものはターミナル駅が横浜駅で東京都内ではないこともあり、首都圏では下位。 とはいえ、特急・急行などの優等列車を中心に混雑が集中。 各駅停車と緩急接続を行う駅では、乗り換え客の大量発生で停車時間が長くなりやすい。 乗車マナーによる遅れ 一方で乗客の行動による電車の遅延が起きやすい。 停車時間が伸びる原因として、駅での停車中にドア付近に立ち止まる乗客の存在、駆け込み乗車が挙げられる。 満員電車の場合、駅に到着してドアが開いた際には、車内奥の乗客が降りられるように一旦降車するのがマナー。 1駅だけなら数秒の遅れにとどまる。 しかし、何駅も続くと大規模な遅延につながる。 できるだけスムーズに迅速に乗降できる環境を作るには、こうした乗客のマナーが問われる。

次の

最も遅延率が高かった路線は?~首都圏11事業者遅延証明書の発行状況

横須賀線 遅延 多い

総武線が毎日遅延するんです…電車遅延率及び、その理由と対策は? まず第一にJR中央線・総武線が現在どの位遅れているかチェックしてみましょう。 下の一覧は2016年9月17日~2016年10月17日の間の遅延証明書の発行状況を示した物です。 (並びは逆です) それを見ると興味深い結果になりました。 中央・総武各駅停車遅延証明書発行状況 日付 午前7時から11時 10月16日: 掲載はありません(日曜日) 10月15日 10分 10月14日 20分 10月13日 20分 10月12日 10分 10月11日 20分 10月10日: 掲載はありません(祝日) 10月9日: 掲載はありません(日曜日) 10月8日: 掲載はありません(土曜日) 10月7日 10分 10月6日 10分 10月5日 20分 10月4日 20分 10月3日 20分 10月2日: 掲載はありません(日曜日) 10月1日 10分 9月30日 10分 9月29日 10分 9月28日 10分 9月27日 60分 9月26日 10分 9月25日: 掲載はありません(日曜日) 9月24日 掲載はありません(土曜日) 9月23日 30分 9月22日: 掲載はありません(祝日) 9月21日 20分 9月20日 20分 9月19日: 掲載はありません(祝日) 9月18日 10分 9月17日: 掲載はありません(土曜日) となっています。 ここで注目すべきは「掲載はありません」と書かれている欄になります。 もうお分かりでしょうが「掲載はありません」と書かれている日は基本的に日曜日か祝日になっています。 つまり一般的な勤務日の月曜日から金曜日までは(祝日は除く)基本的に遅れているということになります。 これでいつも遅れていると感じる理由が分かりましたね。 遅れている時間は最低10分~30分ですね。 体感的には5分~30分位だと思うのですが、詳しくわかりません。 この問題に対するネットの反応を見てみましょう。 — とれいんふぉ 🎄 首都圏エリア NEXTRAINFO 今日、ミスチル武道館だったっけ。 皆さん困っていたり、運がいい人もいるようですが… 急いでいる時に遅れるのはきびしいですね。 ほかの路線はどうなっているのでしょうか? もう少し詳しく見ていきましょう。 総武線なぜ遅れる?首都圏における電車遅延率に見る遅れの原因とは ちょっと前のデータになりますが、国土交通省の発表した「首都圏11事業者51路線の平成25年11月の平日20日間における遅延証明書の発行状況」を参考にしてみてみますと、東京メトロの半蔵門線が衝撃的な100%の遅延。 私がいつも使用していた中央線・総武線が80%です。 一部抜粋 各鉄道会社が発行している遅延証明書の発行割合を見てみると、首都圏の全51路線中16路線で、平日の3分の2以上の日に「慢性的な」遅延が発生している状況です。 このうち第1位は「東京メトロ半蔵門線」で遅延証明書発行率は衝撃的な100%。 続けて第2位は「東京メトロ千代田線」で95%、第3位が「JR山手線(全線)」で90%となっており、上位1位、2位が地下鉄という結果になりました。 しかし、4位以下を見てみるとJRの遅延が目立っています。 私も、遅刻が嫌で隣を並走している京成電車に乗り変えた事が何度かありますが、いつも空いている印象がありました。 JRで遅延している場合何故乗り換えないのか不思議に思っていましたが、裏付けられた感じです。 総武線なぜ遅れる?遅延原因に見る現在の交通状況とは 電車の遅延については、突発的な理由と慢性的な理由の、主に2つに大別することが出来ます。 この内突発的な遅延理由については自然災害や路線の立ち入り、動物の侵入などがありますが、今回の本題からずれると思われ割愛したいと思います。 では、慢性的な理由はどうなっているのでしょうか? 報告によりますと、3分以上30分以下の遅れのうち主要19路線の原因の94%は鉄道事業者側ではなく、「部外要因」であるとの報告でした。 特に混雑や混雑を背景にしたドア挟みで34%、急病人が12%、その他落とし物などによる線路故障など、じつに65%が「利用者」に起因する原因によって占められているそうです。 つまり、駅を使う人は増えているが、鉄道や駅の設備が追いついておらず、ホームの混雑によって停車時間が長くなってしまうという事です。 総武線何故遅れる?各路線の取る対応とは こうした慢性的な遅延を解決するために、各鉄道会社の取り組みをみてみましょう。 JR東日本では、山手線線や中央線などを中心に、定員が従来の車両と比べて約1割多い「拡幅車両」を導入しました。 東武東上線「朝霞台駅」では、階段やエスカレーター付近に配置していたベンチを撤去し、移設しました。 その他にも、東京メトロ東西線「南砂町駅」ではホームを増設し、同一方向の列車が交互に発着することが可能になったそうです。 改良車両の導入やホーム増設と言ったハード対策は有効ですが、一方で啓発活動を始めとするソフト対策も重要な取り組みとして捉えられています。 東京メトロでは、ホーム要員の増員に加えて、同時間帯の利用者集中を避けるために、「早起きキャンペーン」として、比較的混雑率の低い早朝の時間帯の利用を推進する取り組みを過去2回実施しています。 ただ、慢性的な遅延の7割が、駆け込み乗車によるドア挟まりや落とし物と言った利用者に起因していることから「鉄道利用者との協慟」も重要な対策となります。 「駆け込み乗車はご遠慮ください」、「ご乗車されましたら、立ち止まらずに社内の奥までお進み下さい」などのアナウンスからも分かるように、鉄道会社は利用者に向け事故を未然に防いだり、混雑を緩和するために様々な啓蒙活動を行なっています。 その他にも、最近はスマートフォンを操作しながら歩行する「ながらスマホ」による事故が報じられることが多くなっています。 鉄道会社によるハード対策、高密度のダイヤ設計のあり方の議論に加えて、ドア挟まりや落とし物、車内での客同士のトラブルなど、利用者自身の行動を改善し、「協同」していくことが、首都圏の電車遅延解消につながるのではないでしょうか。 またスマホアプリなどによって電車利用者が列車の運行情報をリアルタイムで入手する出来るケースも多く、利用者自身が混雑が予想される路線を避けるなどの対策も可能です。

次の