ムーニー プーさん。 新生児用 おむつ比較 !「 パンパース・ムーニー・メリーズ 」どれがオススメ?

『ムーニー』「くまのプーさんデザイン10周年記念パッケージ」発売|2010年|ニュースリリース|企業情報|ユニ・チャーム

ムーニー プーさん

回答 「ムーニーマン」、「マミーポコパンツ」どちらも基本的な紙おむつの機能を備えた製品となっており、オープンプライスで販売しております。 ムーニーマンシリーズは、かわいいくまのプーさんデザインでお子様のための品質と機能を追求した紙おむつとなっております。 「Sサイズ」と「Mサイズおすわり・はいはい」には、ゆるうんちポケットを搭載しており、4~8キロの「Sサイズ」から18~35キロ「スーパービッグ」まで、幅広いサイズ展開がございます。 また「Lサイズ」以上のサイズには男の子用、女の子用のそれぞれのご用意がございます。 なお、「マミーポコパンツ」は、かわいいディズニーデザインを楽しいんでいただける紙おむつでモレやムレを防ぐ基本機能を持った製品となっておりますが、 ムーニーマンのほうが若干通気性や吸収力が大きく、柔らかい肌触りの製品となっておりますため、マミーポコパンツはお手頃価格を実現している製品となっております。 お子様の体型との相性や肌ざわりのお好み、キャラクターのお好み、テープの材質やオムツの形などが異なりますので、お客様のお好みに応じて、弊社製品をお選びいただければと思います。 マミーポコパンツは同メーカーのムーニーマンに比べ通気性や吸収力は劣るが、その分低価格での販売が実現しているということでした。 マミーポコパンツ ムーニーマン 価格 オープン価格 オープン価格 サイズ展開 M/L/ビッグ ビッグより大きいサイズ S M おすわり・はいはい M たっち L/ビッグ ビッグより大きい スーパービッグ デザイン ドラえもん くまのプーさん オープン価格ってどのくらい? オープン価格とは販売する値段を小売業者に一任したものです。 なので今回比較する マミーポコパンツとムーニーマンエアフィットは店舗により購入価格が異なります 参考のため同じ店舗のLサイズ 44枚入り のリンクを下に表示しています。 商品詳細は画像をクリック マミーポコパンツ969円 税込 ムーニーマンエアフィット1,401円 税込 一目で分かる比較結果• 肌触りはムーニーマンが素晴らしい• ギャザーの形状が異なるが、どちらもズレる事なく使える• サイドはムーニーマンの方が破りやすい• 濡れた後の肌触りはどちらも良い• 吸収スピードはムーニーマンが良い• おしっこお知らせサインは両方付いている• 丸める時のテープに違いは見られない 以下で詳しく説明していきます。 肌触り 双方の紙おむつを手に取ってまず感じるのは 肌触りの違いです。 ムーニーマンに比べマミーポコパンツのほうが固い印象。 お尻が直接当たる部分もムーニーマンよりマミーポコパンツの方がゴワゴワしています。 さらにマミーポコパンツの方がオムツの厚みがあるので、お子さんが履いた時に少し動きにくさを感じるかなと思いました。

次の

ムーニー、プーさん柄生産終了|ムーニーのプーさん柄は生産終了なんですね…

ムーニー プーさん

回答 「ムーニーマン」、「マミーポコパンツ」どちらも基本的な紙おむつの機能を備えた製品となっており、オープンプライスで販売しております。 ムーニーマンシリーズは、かわいいくまのプーさんデザインでお子様のための品質と機能を追求した紙おむつとなっております。 「Sサイズ」と「Mサイズおすわり・はいはい」には、ゆるうんちポケットを搭載しており、4~8キロの「Sサイズ」から18~35キロ「スーパービッグ」まで、幅広いサイズ展開がございます。 また「Lサイズ」以上のサイズには男の子用、女の子用のそれぞれのご用意がございます。 なお、「マミーポコパンツ」は、かわいいディズニーデザインを楽しいんでいただける紙おむつでモレやムレを防ぐ基本機能を持った製品となっておりますが、 ムーニーマンのほうが若干通気性や吸収力が大きく、柔らかい肌触りの製品となっておりますため、マミーポコパンツはお手頃価格を実現している製品となっております。 お子様の体型との相性や肌ざわりのお好み、キャラクターのお好み、テープの材質やオムツの形などが異なりますので、お客様のお好みに応じて、弊社製品をお選びいただければと思います。 マミーポコパンツは同メーカーのムーニーマンに比べ通気性や吸収力は劣るが、その分低価格での販売が実現しているということでした。 マミーポコパンツ ムーニーマン 価格 オープン価格 オープン価格 サイズ展開 M/L/ビッグ ビッグより大きいサイズ S M おすわり・はいはい M たっち L/ビッグ ビッグより大きい スーパービッグ デザイン ドラえもん くまのプーさん オープン価格ってどのくらい? オープン価格とは販売する値段を小売業者に一任したものです。 なので今回比較する マミーポコパンツとムーニーマンエアフィットは店舗により購入価格が異なります 参考のため同じ店舗のLサイズ 44枚入り のリンクを下に表示しています。 商品詳細は画像をクリック マミーポコパンツ969円 税込 ムーニーマンエアフィット1,401円 税込 一目で分かる比較結果• 肌触りはムーニーマンが素晴らしい• ギャザーの形状が異なるが、どちらもズレる事なく使える• サイドはムーニーマンの方が破りやすい• 濡れた後の肌触りはどちらも良い• 吸収スピードはムーニーマンが良い• おしっこお知らせサインは両方付いている• 丸める時のテープに違いは見られない 以下で詳しく説明していきます。 肌触り 双方の紙おむつを手に取ってまず感じるのは 肌触りの違いです。 ムーニーマンに比べマミーポコパンツのほうが固い印象。 お尻が直接当たる部分もムーニーマンよりマミーポコパンツの方がゴワゴワしています。 さらにマミーポコパンツの方がオムツの厚みがあるので、お子さんが履いた時に少し動きにくさを感じるかなと思いました。

次の

ムーニー|ベビー用品|商品情報|ユニ・チャーム

ムーニー プーさん

第6回「マザーズセレクション大賞」受賞 日本マザーズ協会が主催するマザーズセレクション大賞で、「自分で使ってみて他のママにも推薦したい商品・サービス施設」に選ばれました。 1万4千人もママからの投票で高評価を得ている紙おむつです。 ムーニーの価格 Amazonの2017年2月時点での価格です。 ムーニーちゃんという白いキャラクターがいるのにプーさん…。 ムーニーちゃんがちょっとかわいそうな気もしますが、プーさん好きのママには好評です。 ハイハイ用、Lサイズからは男の子用、女の子用があり、赤ちゃんの成長に合わせた作りになっていてバリエーションが豊富! 肌ざわりがやわらかく、おなか周りと足まわりがしっかりとフィットしている印象です。 それなのによく伸びるので、動き回る赤ちゃんにもはかせやすかったです。 おむつの内側が凸凹していてゆるゆるうんちが広がりにくくなっています。 股上が深いおかげで、うんちもれはしませんでした。 通気性もよくムレにくいので、おむつかぶれはしませんでした。 おしっこラインははっきりと変わるので見やすかったです。 HPがほかのメーカーと比べると「はかせ方」「せなか漏れが気になるときのテープの止め方」「脱がせ方」など、動画があるのでわかりやすく親切です。 ほかのメーカーも使い方は同じなので、参考にするといいと思います。 ママの体験談も、とても参考になります。 ムーニーのデメリット おしっこをすると、モリッと膨らみます。 1回おしっこをするとすごく膨らむので、赤ちゃんにとって動きづらくなるかもしれません。 おしっこをしたあとの表面を触ってみると、湿り気が少し気になります。 ですが、おむつかぶれはしなかったので、通気性はいいのかな。 サイドが破りにくいときがあって、引っかかりがあります。 破るというより、引きちぎっている印象です。 ユニチャームの紙おむつは、マミーポコもそうですがサイドが破れにくい印象です。 ギャザーの部分にプーさんの柄が入っているので、プーさんなのか、なんなのか分かりません。 個人的に「プーさんじゃなくて、ムーニーちゃんでいいよ。 その方が少し安くできるんじゃない?」と思ってしまいます。 moony(ムーニー)の口コミを見てみると• プーさんがかわいい• サイズが大きいけどコンパクト• ウエストまわり、足まわりがフィットしている• ギャザーが伸びてはかせやすい• ムレにくい プーさんがかわいいという口コミが多かったです。 ギャザーが伸びるので、はかせやすいという口コミも多く、おむつをはかせるのに手こずっているママには助かると思います。 12時間吸収とうたっているように、夜中につけっぱなしでもれにくいようです。 デメリットの口コミも少なく、ママたちの評価が高い紙おむつです。

次の